●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



W-pI.164.1:1 ~ W-pI.164.9:8

Lesson 164



Now are we one with Him Who is our Source.

  • source [sɔ́ːrs] : 「もと、源、起源」
❖ "Now are we ~ "「今や私達は、私達の源である神と一体である」。神から分離しているという考えは誤りである。単に夢の中でそう見ているだけだ。夢から目覚めれば、あなたは神の下(もと)から一歩たりとも離れていないことに気付く。



1. What time but now can truth be recognized? The present is the only time there is. 
  • recognize [rékəɡnàiz] : 「〜を認識する、認める」
  • present [préznt] : 「今、現在」
❖ "What time but ~ "「今でなくて、いったいいつ、真実は認識され得るだろう」。"The present is ~ "「現在だけが、時間として存在する」。真実は実相的に時間を超越しているので、過去や未来において認識できるものではない。あえて時間的な、あるいは空間的な用語を使うなら、真実は今ここに存在するだけだ。



And so today, this instant, now, we come to look upon what is forever there; not in our sight, but in the eyes of Christ. 
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • this instant : 「この瞬間、今すぐ」
  • look upon : 「〜を見る」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
  • sight [sáit] : 「視力、視覚、視野、視界」
❖ "And so today ~ "「そこで今日、この瞬間、今、私達はここに永遠にあるものを目撃しにやって来たのだ」。"not in our ~ "「私達の視覚によって見るのではなく、キリストの視覚によって見ることになる」。真実は今ここで、キリストの視覚がとらえるヴィジョンの中に展開する。それを、私達は心の目で目撃するのである。



He looks past time, and sees eternity as represented there. He hears the sounds the senseless, busy world engenders, yet He hears them faintly. 
  • past [pǽst] : 「〜のそばを通り越して」
  • eternity [itə́ːrnəti] : 「永遠、無限」
  • represent [rèprizént] : 「〜を表す、描く」
  • senseless [sénslis] : 「無分別な、無意味な」
  • engender [endʒéndər] : 「〜を生じさせる、発生させる」
  • faintly [féintli] : 「かすかに、ぼんやりと」
❖ "He looks past ~ "「キリストは時間を超越してものを見、そこに描かれたものとして永遠を目撃する」。これがキリストのヴィジョン。幻想を通り越し、その向こうにある永遠の真実を認識する。"He hears the ~ "「キリストは、この意味もなく忙しいこの世界が生み出す騒音を耳にすることはあるが、しかし、微(かす)かに聞きとるだけだ」。この世の喧噪を耳にはするが、心が動かされることはない。雑音は雑音として、キリストの耳を通り過ぎて行くだけだ。



For beyond them all He hears the song of Heaven, and the Voice for God more clear, more meaningful, more near.
  • beyond [bijάnd] : 「〜の向こうに、〜を越えて」
  • clear [klíər] : 「澄んだ、きれいな、明快な」
  • meaningful [míːniŋfəl] : 「意味のある、重要な」
  • near [níər] : 「近い、近くにある」
❖ "For beyond them ~ "「なぜなら、騒音を越えたところに、キリストは天の王国の歌を聴いているからであり、神に代わる声をより明確に、より意味のあるものとして、そして、それを身近に聞き取っているからだ」。



2. The world fades easily away before His sight. Its sounds grow dim. 
  • fade [féid] : 「薄くなる、消えていく」
  • fade away : 「消えていく、薄れる」
  • sight [sáit] : 「視力、視覚、視野、視界」
  • grow [gróu] : 「〜の状態になる」
  • dim [dím] : 「ぼやけた、不鮮明な」
  • grow dim : 「ぼやけてくる」
❖ "The world fades ~ "「キリストの目の前で、世界は容易に消えていく」。真実を見抜くキリストのヴィジョンの中で、幻想の世界は徐々に消えていく。"Its sounds ~ "「この世界が生み出す騒音も薄れていく」。



A melody from far beyond the world increasingly is more and more distinct; an ancient call to which He gives an ancient answer. 
  • increasingly [inkríːsiŋli] : 「ますます、だんだんと」
  • distinct [distíŋkt] : 「はっきり聞こえる」
  • ancient [éinʃənt] : 「古くからの、古い」
  • answer [ǽnsər] : 「答え、回答、返事」
❖ "A melody from ~ "「この世界を遙かに越えた所からやって来る調べは、ますますはっきり聞こえて来る」。天の王国からの優しい調べである。神の子に天の王国への回帰を促す誘(いざな)いのメロディーである。"an ancient call ~ "「それは、古(いにしえ)の呼び声に対してキリストが与えた古の答えである」。神の子が神から分離した大昔からずっと、神は神の子の回帰を呼びかけており、神に代わってホーリー・スピリット(キリスト)が神の子の回帰を手助けしている。神の子を悪夢から救うという答えをもって、神の願いに答えようとしている。その両者の願いが、優しい調べとなってあなたの耳に届く。



You will recognize them both, for they are but your answer to your Father's Call to you. 
  • both [bóuθ] : 「両方ともに、双方ともに」
❖ "You will recognize ~ "「あなたはその両方を認識するだろう」。神の呼びかけも、ホーリー・スピリット(キリスト)による救いという答えも、共にあなたの耳に聞こえて来る。"for they are ~ "「なぜなら、両者とも、あなたの父なる神の呼びかけに対する、あなたの答えだからだ」。ホーリー・スピリットによる救いという答えは、本当はあなた自身の答えである。なぜなら、あなたの心の中にはホーリー・スピリットが住んでおり、それこそが本当のあなた自身だからだ。ホーリー・スピリットと一体である本当のあなた自身は、眠りこけてエゴに支配された自分自身を救い出そうとしているわけだ。ホーリー・スピリットに耳を傾けることは、あなた自身の声に耳を傾けることであり、神の呼び声に対する本当の答えを認識することなのだ。理屈で言えばそのようになるだろうが、本文は、簡単に言えば、神への回帰を本当のあなたは望み、幻想世界からの救いもあなたは望んでいる、という意味合いである。



Christ answers for you, echoing your Self, using your voice to give His glad consent; accepting your deliverance for you.
  • echo [ékou] : 「反響する」
  • glad [ɡlǽd] : 「うれしい、喜ばしい」
  • consent [kənsént] : 「同意、承諾」
  • accept [əksépt]: 「受け入れる、承認する」
  • deliverance [dilívərəns] : 「救出、解放」
❖ "Christ answers ~ "「キリストはあなたに代わって(神に)答える」。あなた自身の望み(救い)を、ホーリー・スピリットであるキリストが神に伝える。"echoing your ~ "「それはあなた自身を反映し、」キリストによる神への答えなのだが、本当はあなた自身の答えであり、"using your voice ~ "「あなたの声を利用してキリストの喜びに満ちた同意を(神に)伝える」。キリストによる救いに同意する答えを、本当のあなたの声を通して神に伝える。"accepting your ~ "「それは、あなたのための解放を受け入れる答えなのだ」。幻想世界からの救い、エゴからの解放を受け入れる答えである。
 少々混乱してくる箇所である。まず、神から分離した神の子を、神は天の王国へ回帰するように呼びかける。眠りこけた神の子は、神の呼び声を聞くことが出来ない。そこで、神は神の代理としてホーリー・スピリット(キリスト)を神の子に遣わして、眠って夢を見ている神の子を目覚めさせようとする。ホーリー・スピリットは神の子の心に入り込み、神の子と一体となって、悪夢からの目覚め、幻想からの救いを願うことをもって神の呼び声に対する答えとする。その声はホーリー・スピリットの声であると同時に、あなた自身の声でもある。本当のあなた自身は、ホーリー・スピリットと一体化しているからだ。



3. How holy is your practicing today, as Christ gives you His sight and hears for you, and answers in your name the Call He hears! 
  • practice [prǽktis] : 「練習する、実践する、実施する」
❖ "How holy is ~ "「今日、あなたが練習することは何と神聖であることか」。"as Christ gives ~ "「その間、キリストはあなたにキリストの視覚を与え、あなたに代わって聞き、キリストが聞いた呼び声に対して、あなたの名によって答えてくれる」。あなたは心の目で見、心の耳で聞き、心の声で神に答える。あなたは今日、心の中のキリスト(ホーリー・スピリット)と一体化できるからだ。あなたの誤った知覚は正しいヴィジョンへと生まれ変わる。



How quiet is the time you give to spend with Him, beyond the world. 
  • quiet [kwáiət] : 「静かな、平穏な、穏やかな」
  • spend [spénd] : 「使う、費やす」
❖ "How quiet is ~ "「あなたが、この世界を越えてキリストと共に過ごすために与える時間は、何と静かなことか」。



How easily are all your seeming sins forgot, and all your sorrows unremembered. 
  • forgotten [fərɡάtn] : 「forgetの過去分詞形」
  • sorrow [sάrou] : 「悲しみ、悲哀」
❖ "How easily are ~ "「あなたの見掛けの罪のすべてを忘れ、あなたの悲しみのすべてを思い出さずにいることは、何と容易なことか」。



On this day is grief laid by, for sights and sounds that come from nearer than the world are clear to you who will today accept the gifts He gives.
  • grief [ɡríːf] : 「悲しみ、嘆き、苦悩、心痛」
  • laid [léid] : 「layの過去・過去分詞形」
  • lay by : 「捨てる、〜を一時中止する」
❖ "On this day ~ "「今日、悲しみは捨て去らる」。"for sights and ~ "「なぜなら、今日キリストが与えてくれる贈り物を受け入れるあなたにとって、この世界よりずっと近い所からやって来る光景や音は鮮明になるからだ」。この世界の混沌と騒音は影をひそめ、静寂が訪れる。キリストが与えてくれるヴィジョン(贈り物)の中にあなたは存在し、罪も悲しみも消えてしまう。



4. There is a silence into which the world can not intrude. There is an ancient peace you carry in your heart and have not lost. 
  • silence [sáiləns] : 「静けさ、静寂、沈黙」
  • intrude [intrúːd] : 「侵入する、押し入る、邪魔をする」
  • ancient [éinʃənt] : 「古くからの、古い」
  • carry [kǽri] : 「〜を持ち運ぶ」
  • lost [lɔ́st] : 「loseの過去・過去分詞形」
❖ "There is a ~ "「この世界が侵入できない静寂がある」。"There is an ~ "「あなたの心の中に運び入れ、決して失うことのない古(いにしえ)の平和がある」。神から分離する前の、神の子の静寂であり平和である。



There is a sense of holiness in you the thought of sin has never touched. All this today you will remember. 
  • sense [séns] : 「感覚、感触、感じ」
  • holiness [hóulinis] : 「神聖、神聖さ、高潔」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考、思想」
  • touch [tʌ́tʃ] : 「動かす、いじる、手を出す」
  • remember [rimémbər] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
❖ "There is a ~ "「罪の思いが決して触れたことのない神聖さの感覚が、あなたの心の中にある」。いわゆる、神の子の無辜(むこ)の感覚である。



Faithfulness in practicing today will bring rewards so great and so completely different from all things you sought before, that you will know that here your treasure is, and here your rest.
  • faithfulness [féiθfəlnis] : 「忠実、誠実」
  • bring about : 「〜をもたらす、〜を引き起こす」
  • reward [riwɔ́ːrd] : 「褒美、利益、恩恵」
  • different [dífərənt] : 「違っている、異なる」
  • sought [sɔ́ːt] : 「seek の過去・過去分詞形」
  • treasure [tréʒər] : 「宝、富、宝物」
  • rest [rést] : 「休息、休養、眠り」
❖ "Faithfulness in ~ "「今日、忠実に練習することは、あまりにも大きいご褒美をもたらしてくれるので、そして、以前あなたが探し求めていたあらゆるものとはあまりにも完全に異なるご褒美をもたらしてくれるので、」"that you will ~ "「あなたは、ここにこそあなたの宝物があると知り、ここで安らぐことが出来ると知る」。



5. This is the day when vain imaginings part like a curtain, to reveal what lies beyond them. 
  • vain [véin] : 「無駄な、はかない」
  • imaginings [imǽdʒəniŋz] : 「想像上の物」
  • part [pάːrt] : 「分けられる、終わる、壊れる」
  • curtain [kə́ːrtn] : 「カーテン、幕」
  • reveal [rivíːl] : 「見せる、明らかにする、啓示する」
  • lie [lái] : 「ある、存在する」
  • beyond [bijάnd] : 「〜の向こうに、〜を越えて」
❖ "This is the day ~ "「今日は、無駄な想像がカーテンのように開かれ、その向こうにあるものを明らかにしてくれる日だ」。意味のない幻想というカーテンが開けられ、窓の向こうに真実の光景が見えてくる。



Now is what is really there made visible, while all the shadows which appeared to hide it merely sink away. 
  • visible [vízəbl] : 「目に見える、可視の、明らかな」
  • while [hwáil] : 「そして一方では」
  • shadow [ʃǽdou] : 「影」
  • appear [əpíərəns] : 「〜のように見える、〜と思われる」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する」
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
  • sink [síŋk] : 「沈む、衰える」
❖ "Now is what ~ "「今や、実際そこに存在するものが見えるようになり、一方で、それらを隠していたかのように見えたあらゆる影は、ただ単に消えてしまう」。幻想の黒雲は晴れ渡る。光が差し込めば、そこに実在する真実だけが見えてくる。



Now is the balance righted, and the scale of judgment left to Him Who judges true. 
  • balance [bǽləns] : 「平衡、バランス」
  • right [ráit] : 「〜を正しい位置に戻す」
  • scale [skéil] : 「尺度、基準」
  • judgment [dʒʌ́dʒmənt] : 「判断、判断力、分別」
  • left [léft] : 「leaveの過去・過去分詞形」
  • leave [líːv] : 「〜を残す、〜を任せておく」
  • judge [dʒʌ́dʒ] : 「判断する、〜だと思う」
  • true [trúː] : 「正確に、正しく」
❖ "Now is the balance ~ "「今や、バランスは正しい位置に戻される」。実在と非実在を見分ける知覚のバランスは正常な位置に戻され、その結果、キリストのヴィジョンが展開する。"and the scale ~ "「そして、判断基準は、正しく判断するキリストに委ねられる」。真偽、善悪、正邪、等々の判断は、キリスト(ホーリー・スピリット)に委ねられる。



And in His judgment will a world unfold in perfect innocence before your eyes. 
  • unfold [ʌ̀nfóuld] : 「開く、展開する、姿を現す」
  • innocence [ínəsəns] : 「無罪、潔白、無垢」
❖ "And in His judgment ~ "「キリストが判断する中で、あなたの目の前に、完全な無辜なる世界が展開する」。ホーリー・スピリットは、この世界は幻想であり、この世界の罪もまた夢の中の出来事に過ぎないと判断する。いわば、この世界は苦と痛みを絵柄としたカーテンに過ぎなかったのだと知るのだ。そんなカーテンが開かれたとき、窓の向こうに完全に無辜なる真実の世界が見えてくる。



Now will you see it with the eyes of Christ. Now is its transformation clear to you.
  • transformation [træ̀nsfɔːrméiʃən] : 「変化、変容」
❖ "Now will you ~ "「今や、あなたはキリストの目をもって世界を見る」。"Now is its ~ "「今や、世界の変容はあなたにとって明白だ」。キリストのヴィジョンは、幻想世界があたかも実相世界に変容したかのように見せてくれる。幻想世界が消滅し、実相世界が目の前に出現するのだ。



6. Brother, this day is sacred to the world. Your vision, given you from far beyond all things within the world, looks back on them in a new light. 
  • sacred [séikrid] : 「神聖な、聖なる」
  • look back on : 「回想する、振り返る」
❖ "Brother, this day ~ "「同胞よ、今日という日は世界にとって神聖である」。"Your vision ~ "「あなたのヴィジョンは、この世界の内にあるあらゆるものを遠く越えた所からあなたに与えられたものであるから、新しい光の中で世界を見直すことになる」。真実の実在性を見極めるヴィジョンは、この世界が幻想であることを見抜く。しかしヴィジョンは、この世界を否定し破壊するのではない。この世界の幻想性を赦し、見過ごして、その向こうにある実相の世界を光の中に見い出すのだ。



And what you see becomes the healing and salvation of the world. 
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い」
❖ "And what you ~ "「そして、あなたが目にするものは、この世をヒーリングし、この世の救いとなる」。あなたのヴィジョンは世界を救うからこそ、キリストのヴィジョンという名にふさわしい。



The valuable and valueless are both perceived and recognized for what they are. 
  • valuable [vǽljuəbl] : 「役立つ、有益な、重要な」
  • valueless [vǽljuːlis] : 「無価値な、価値のない」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜を理解する」
  • recognize [rékəɡnàiz] : 「〜を認識する、認める」
❖ "The valuable and ~ "「価値あるものと価値のないものは共に、あるがままに知覚され認識される」。幻想と実相、虚偽と真実が、あるがままに知覚され、あるがままに受け入れられる。



And what is worthy of your love receives your love, while nothing to be feared remains.
  • worthy [wə́ːrði] : 「尊敬すべき、価値ある」
  • receive [risíːv] : 「受け取る、知る」
  • fear [fíər] : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
  • remain [riméin] : 「とどまる、残る」
❖ "And what is ~ "「そして、あなたの愛にふさわしいものが、あなたの愛を受け取る」。"while nothing ~ "「一方、恐れを抱かされるものは何も残らない」。



7. We will not judge today. We will receive but what is given us from judgment made beyond the world. 
  • judge [dʒʌ́dʒ] : 「判断する、〜だと思う」
  • judgment [dʒʌ́dʒmənt] : 「判断、判断力、意見」
❖ "We will not ~ "「今日、私達は判断しない」。私達は理性的な判断評価を下さない。判断はキリストに委ねられる。"We will receive ~ "「この世界を越えた所で下された判断から私達に与えられたものを受け取ることになる」。ホーリー・スピリットは実相世界の判断基準に則って判断した内容を私達に伝える。つまり、神の意思に裏打ちされたホーリー・スピリットの思考システムに準拠した評価判断を私達は与えられる。



Our practicing today becomes our gift of thankfulness for our release from blindness and from misery. 
  • thankfulness [θǽŋkfəlnis] : 「感謝」
  • release [rilíːs] : 「救出、解放」
  • blindness [bláindnis] : 「盲目、無分別、無知」
  • misery [mízəri] : 「悲惨、不幸、惨めさ」
❖ "Our practicing ~ "「今日、私達が練習することは、盲目と惨めさから私達を解放してくれることへの感謝の贈り物となる」。ホーリー・スピリットが私達に実相的判断を与えてくれたことに対して、その判断にしたがってレッスンを行うことがホーリー・スピリットへの感謝の贈り物となる。つまり、神への捧げ物となる。



All that we see will but increase our joy, because its holiness reflects our own. 
  • increase [inkríːs] : 「増える、増大する」
  • holiness [hóulinis] : 「神聖、神聖さ」
  • reflect [riflékt] : 「〜を映す、示す、反映する」
❖ "All that we ~ "「私達が目にするすべてのものは、私達の喜びを増大させる」。この世界を越えたところにある真実を目にすれば、喜びがどんどん増していく、ということ。"because its ~ "「なぜなら、目にするものの神聖さは、私達自身の神聖さを反映しているからだ」。たとえば、この世で分離した他者を見たとき、その他者の表面的な姿を越えた所に自分と分離してはいない神の子の姿を目撃する。他者は神聖な神の子であり、他者と自分は自他一如であるから、その神聖さは自分の神聖さでもあるのだ。



We stand forgiven in the sight of Christ, with all the world forgiven in our own. 
  • forgiven [fərɡívn] : 「forgiveの過去分詞」
  • forgive [fərɡív] : 「許す、容赦する」
❖ "We stand forgiven ~ "「私達は、キリストのヴィジョンの中で赦されて立つ」。"with all the world ~ "「同時に、世界のすべては、私達のヴィジョンの中で赦される」。キリストのヴィジョンの中で、私達の幻想のすべては赦されて消滅し、真実に目覚めた私達のヴィジョンの中で、世界の幻想性は赦されて、これもまた消滅していく。キリストが私達の心の黒雲を払拭し、クリアーになった私達の心が今度は世界の黒雲を払拭するのである。



We bless the world, as we behold it in the light in which our Savior looks on us, and offer it the freedom given us through His forgiving vision, not our own.
  • bless [blés] : 「〜を祝福する、〜を賛美する」
  • behold [bihóuld] : 「見守る、注視する」
  • savior [séiviər] : 「救い手、救済者、救い主」
  • look on : 「〜を見る」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる、〜を提供する」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放、自主、独立」
❖ "We bless ~ "「私達は世界を祝福し、その時、光の中に世界を見ることになる」。真実の光に満たされた世界を目撃し、生まれ変わった世界を祝福する。"in which our ~ "「その光の中で、私達の救い主は私達に視線を注ぎ、私達自身のものの見方ではなく救い主の赦しのヴィジョンを通して私達に与えられた解放を世界にも与える」。光の中で(in the light)キリストは私達を見守り(our Savior looks on us)、キリストのヴィジョンは幻想のすべてを赦して(through His forgiving vision)、私達と世界を幻想から解放してくれる(offer it the freedom)。私達自身のものの見方をもって私達が自力で世界を解放するわけではない(not our own)。



8. Open the curtain in your practicing by merely letting go all things you think you want. 
  • curtain [kə́ːrtn] : 「カーテン、幕」
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
❖ "Open the curtain ~ "「あなたが(今日のレッスンを)練習するに際して、あなたが欲しいと思っているものすべてを単に手放すことで、カーテンを開けなさい」。簡単に言えば、この世の物欲や支配欲や攻撃欲、等々をすべて捨てて、幻想に閉ざされている心のカーテンを開けなさい、ということ。



Your trifling treasures put away, and leave a clean and open space within your mind where Christ can come, and offer you the treasure of salvation. 
  • trifling [tráifliŋ] : 「取るに足りない、つまらない」
  • put away : 「片付ける、しまい込む」
  • leave [líːv] : 「〜を残す」
❖ "Your trifling treasures ~ "「あなたの取るに足らない宝物を片付けてしまいなさい」。"and leave ~ "「そして、キリストがあなたの心にやって来てあなたに救いという宝物を差し出すことが出来るように、あなたの心の中にクリーンでオープンなスペースを残しておきなさい」。



He has need of your most holy mind to save the world. Is not this purpose worthy to be yours? 
  • save [séiv] : 「救う、助ける」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、目標」
  • worthy [wə́ːrði] : 「尊敬すべき、価値ある」
❖ "He has need ~ "「キリストは、この世界を救うために、あなたの最も神聖な心を必要としている」。神聖な神の子としてのあなたの協力を、キリストは求めている。"Is not this ~ "「これこそが、あなたの目的とするに価値ある目的ではないだろうか」。あなたもキリストになること、それこそがあなたにとって最も価値ある目的だ。



Is not Christ's vision worthy to be sought above the world's unsatisfying goals?
  • sought [sɔ́ːt] : 「seek の過去・過去分詞形」
  • seek [síːk] : 「探し求める、捜し出す」
  • unsatisfying [ʌnsǽtisfàiŋ] : 「満足のいかない」
  • above [əbʌ́v] : 「〜よりも上側に、〜の上に」
  • goal [ɡóul] : 「目標、目的」
❖ "Is not Christ's ~ "「キリストのヴィジョンを求める価値は、この世界の満足のいかない目的よりも上位に位置しないだろうか」。この世の成功ははかないものだ。そんなものよりも、キリストのヴィジョンを求める方がずっと価値がある。



9. Let not today slip by without the gifts it holds for you receiving your consent and your acceptance. 
  • slip by : 「いつの間にか過ぎて行く」
  • receive [risíːv] : 「受け取る」
  • consent [kənsént] : 「承諾、同意」
  • acceptance [əkséptəns] : 「受け入れること、容認」
❖ "Let not today ~ "「あなたが同意し、受け入れることを求めて今日という日が差し出す贈り物を、あなたが手にすることなく一日を過ごしてしまわないようにしよう」。簡単に言えば、ヴィジョンを手に入れることの出来る今日という日を無駄に過ごしてはいけない、ということ。



We can change the world, if you acknowledge them. You may not see the value your acceptance gives the world. 
  • acknowledge [æknάlidʒ] : 「認める、受け入れる」
  • value [vǽljuː] : 「価値、値打ち」
❖ "We can change ~ "「もしあなたが贈り物を受け入れるなら、私達は世界を変えることが出来る」。"You may not ~ "「あなたには、あなたの同意が世界に与える価値が分からないかもしれない」。あなたが世界を見る見方を変えれば、世界は変わる。あなたがヴィジョンを通して世界を見ることで、世界は確実に変わる。でも、まだあなたにはそれが分からないかもしれない。



But this you surely want; you can exchange all suffering for joy this very day. Practice in earnest, and the gift is yours. 
  • surely [ʃúərli] : 「疑いなく、確かに、確実に」
  • exchange [ikstʃéindʒ] : 「〜を交換する」
  • suffering [sʌ́fəriŋ] : 「苦しむこと、苦しみ、苦痛」
  • earnest [ə́ːrnist] : 「熱心、真剣」
  • in earnest : 「真剣に、本気で」
❖ "But this you ~ "「しかしあなたは、確かにこのことを望んでいる」。あなたは苦と痛みの世界を変えたいと、確かに望んでいる。"you can exchange ~ "「今日、まさにこの日、あなたはすべての苦しみを喜びに変えることが出来るのだ」。"Practice in ~ "「本気で練習しなさい」。"and the gift ~ "「そうすれば、贈り物はあなたのものとなる」。



Would God deceive you? Can His promise fail? Can you withhold so little, when His Hand holds out complete salvation to His Son?
  • deceive [disíːv] : 「欺く、だます、裏切る」
  • promise [prάmis] : 「約束、契約」
  • fail [féil] : 「失敗する、しくじる」
  • withhold [wiðhóuld] : 「〜を差し控える、与えないでおく」
  • hold out : 「差し出す、提供する」
❖ "Would God ~ "「神はあなたを騙そうと思っているだろうか」。"Can His promise ~ "「神の約束が果たされずに終わってしまうことがあり得るだろうか」。"Can you withhold ~ "「神の手が神の子に完全な救いを差し出しているというのに、あなたは何もせずにいられるだろうか」。もちろん、そうではない。あなたは今ACIMを学び、自分を変え、世界を変えることを切望している。神の計画に確実に参画している。それをどこまで信じ通せるか、それはあなたの力量にかかっている。






Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

Powered by Blogger.