●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



W-pI.157.1:1 ~ W-pI.157.9:4

Lesson 157



Into His Presence would I enter now.
  • presence [prézns] : 「存在すること、存在、面前」
  • enter [énter] : 「〜に入る、〜に立ち入る」
❖ "Into His Presence ~ "「今、私は神の存在の中へ入って行こう」。神が神の子としてのあなたを包み込んでいる。それを素直に受け入れるのだ。神の存在とは、言い換えれば、神の愛である。その愛の中にあなたは入る。



1.This is a day of silence and of trust. It is a special time of promise in your calendar of days. 
  • silence [sáiləns] : 「静けさ、静寂」
  • trust [trʌ́st] : 「信頼、信用」
  • promise [prάmis] : 「約束、契約」
❖ "This is a day ~ "「今日は、静寂と信頼の日である」。"It is a special ~ "「それは、あなたのカレンダーに記された特別な約束の時である」。ホーリー・スピリットが(あるいはイエスが)、神の計画にしたがって予定した特別の日である。あなたにとっての約束の日がやって来た。



It is a time Heaven has set apart to shine upon, and cast a timeless light upon this day, when echoes of eternity are heard. 
  • set apart : 「引き立たせる、際立たせる」
  • shine [ʃáin] : 「輝く、光る」
  • cast [kǽst] : 「〜を投げる、投じる」
  • echo [ékou] : 「こだま、反響」
  • eternity [itə́ːrnəti] : 「永遠、無限」
❖ "It is a time ~ "「天の王国が今日という日に無限の光を投げかけ、光輝かせ、今日の日を際立たせる時である」。"when echoes ~ "「それは永遠が奏でる響きを耳にする日である」。



This day is holy, for it ushers in a new experience; a different kind of feeling and awareness. 
  • usher [ʌ́ʃər] : 「〜を案内する、先がけとなる」
  • usher in : 「案内して通す、〜の到来を告げる」
  • experience [ikspíəriəns] : 「経験、体験」
  • awareness [əwéərnəs] : 「認識、意識性」
❖ "This day is ~ "「今日という日は神聖である」。"for it ushers ~ "「なぜなら、今日は新しい経験の到来を告げてくれるからだ」。"a different kind ~ "「異なるフィーリング、異なる意識の到来である」。



You have spent long days and nights in celebrating death. Today you learn to feel the joy of life.
  • celebrate [séləbrèit] : 「祝う、祝賀する」
❖ "You have spent ~ "「あなたはずっと、昼も夜も、死を祝う長い日々を過ごしてきた」。"Today you learn ~ "「今日あなたは、命の喜びを感じることを学ぶのである」。命の喜びであり、生きる喜び、真実を知る喜びである。究極、神の愛に抱かれる喜びである。その中に、あなたは入って行くのだ。



2. This is another crucial turning point in the curriculum. 
  • crucial [krúːʃəl] : 「極めて重要な」
  • turning point [tə́ːrniŋ pɔ́int] : 「転機、岐路」
  • curriculum [kəríkjuləm] : 「カリキュラム、履修過程」
❖ "This is another ~ "「これは、カリキュラムにおける、また別の極めて重要なターニング・ポイントである」。今日のレッスンは、このワークブックのカリキュラムにおいて、重要な転換点になる。



We add a new dimension now; a fresh experience that sheds a light on all that we have learned already, and prepares us for what we have yet to learn. 
  • dimension [diménʃən ] : 「側面、特徴、次元」
  • fresh [fréʃ] : 「新鮮な、新たな」
  • experience [ikspíəriəns] : 「経験、体験」
  • shed [ʃéd] : 「発する、発散する」
  • prepare [pripέər] : 「〜に準備させる、〜に覚悟させる」
❖ "We add a new ~ "「私達は今、新しい次元を付け加える」。"a fresh experience ~ "「それは、既に学んだことすべてに光を投げかけ、今から私達が学ばねばならないことの準備を私達にさせる新鮮な経験である」。学びの新しい次元が始まり、新鮮な経験が待っている。



It brings us to the door where learning ceases, and we catch a glimpse of what lies past the highest reaches it can possibly attain. 
  • cease [síːs] : 「〜をやめる、中止する」
  • glimpse [ɡlímps] : 「一目、一瞥」
  • catch a glimpse of : 「〜をちょっと見る」
  • lie [lái] : 「ある、存在する」
  • reaches [ríːtʃ] : 「理解範囲、広がり」
  • possibly [pάsəbli] : 「もしかすると、多分」
  • attain [attain] : 「到達する、手に入れる」
❖ "It brings us ~ "「その経験は、学びを終える場所にあるドアへと私達を連れて行ってくれる」。学びが必要とされなくなる地点まで到達する。"and we catch ~ "「そして、学びよって手に入れることが多分可能な最も高い到達点を超えたところにあるものを、私達は垣間見るのである」。学びによって知り得る真実を超越した、さらなる真実を、私達は垣間見る。つまり、学びでは到達出来ない『叡智』を垣間見るのである。



It leaves us here an instant, and we go beyond it, sure of our direction and our only goal.
  • leave [líːv] : 「〜を残す、ある状態のままにしておく」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • beyond [bijάnd] : 「〜の向こうに、〜を越えて」
  • be sure of : 「〜に自信がある、〜を確信している」
  • direction [dirékʃən] : 「方角、方向、目標」
❖ "It leaves us ~ "「もうしばらく、私達はこの場所に止まり、そして、進むべき方向と唯一の目的地を確信しながら、ここを越えて行く」。学びによって得られる真実の領域を超えて、叡智の領域へと進んでいく。



3. Today it will be given you to feel a touch of Heaven, though you will return to paths of learning. 
  • touch [tʌ́tʃ] : 「触れること、感触」
  • return [ritə́ːrn] : 「戻る、帰る、返還する」
❖ "Today it will ~ "「今日、天の王国に触れる感覚があなたに与えられる」。"though you will ~ "「ただし、学びの道に戻ってくるのだが」。学びはまだ完全には終わっていないが、天の王国に触れる感触は味わえる。



Yet you have come far enough along the way to alter time sufficiently to rise above its laws, and walk into eternity a while. 
  • alter [ɔ́ːltər] : 「変える、変更する」
  • sufficiently [səfíʃəntli] : 「十分に、足りて」
  • rise above : 「〜を突破する、〜から超然とする」
  • eternity [itə́ːrnəti] : 「永遠、無限」
  • a while [hwáil] : 「しばらくの間」
❖ "Yet you have ~ "「しかしあなたは、時間を変質させる道にそって十分遠くまでやって来たので、時間の法則を越えて、しばらくの間永遠性の中を歩いて行ける」。時間の物理法則を超越して、無時間の空間に入り込むことが可能なまでに、あなたは歩みを進めてきた。



This you will learn to do increasingly, as every lesson, faithfully rehearsed, brings you more swiftly to this holy place and leaves you, for a moment, to your Self.
  • increasingly [inkríːsiŋli] : 「ますます、次第に」
  • faithfully [féiθfəli] : 「忠実に、誠実に」
  • rehearse [rihə́ːrs] : 「〜を稽古する、繰り返し練習する」
  • swiftly [swíftli] : 「速く、迅速に」
  • leave [líːv] : 「〜を任せる、委ねる」
❖ "This you will ~ "「あらゆるレッスンを忠実に実行することで、あなたがスムーズにこの神聖な場所にやって来て、しばらくの間本当のあなた自身に自分を委ねるにしたがい、あなたは、ますますこういうことをなすための学びを行うだろう」。今は天の王国に触れる感触はほんの少しの間だけだが、本当のあなた自身であるホーリー・スピリットに自分を委ねるにしたがい、学びに弾みがついて、最終的には時間を消滅させ、天の王国に完全に回帰できるようになる。そのために、すべてのレッスンを忠実に実行すればいい。学びはもう少しの間続く。



4. He will direct your practicing today, for what you ask for now is what He wills. 
  • direct [dirékt] : 「指揮する、命令する」
  • will [wíl] : 「〜を望む、意図する」
❖ "He will direct ~ "「今日は、本当のあなた自身があなたの練習の指揮をとる」。"for what you ~ "「なぜなら、今あなたが求めていることは、本当のあなた自身が意図していることだからだ」。あなたとホーリー・スピリットの意志が一致しているので、あなたはホーリー・スピリットに練習の指揮を任せればいい。



And having joined your will with His this day, what you are asking must be given you. 
  • join [dʒɔ́in] : 「結び付ける、結合する」
❖ "And having joined ~ "「今日、あなたの意志とホーリー・スピリットの意志を結びついたので、あなたが求めるものは必ずあなたに与えられるだろう」。



Nothing is needed but today's idea to light your mind, and let it rest in still anticipation and in quiet joy, wherein you quickly leave the world behind.
  • still [stíl] : 「静かな、穏やかな」
  • anticipation [æntìsəpéiʃən] : 「予想、期待」
  • wherein [hwweərɪ́n] : 「そこで、その場所で」
  • quickly [kwíkli] : 「速く、すぐに」
  • leave [líːv] : 「〜を残す」
  • leave behind : 「〜を置き去りにする」
❖ "Nothing is needed ~ "「あなたの心を光輝かせ、その心を静かな期待と穏やかな喜びの中に休ませるためには、今日のものの見方だけが必要だ」。"wherein you ~ "「その状態にあるとき、あなたはすぐにもこの世界を置き去りに出来る」。幻想から目覚めることが出来るということ。



5. From this day forth, your ministry takes on a genuine devotion, and a glow that travels from your fingertips to those you touch, and blesses those you look upon. 
  • forth [fɔ́ːrθ] : 「前へ、先へ、前方へ」
  • ministry [mínəstri] : 「職務、聖職」
  • take on : 「呈する、帯びる、持つようになる」
  • genuine [dʒénjuin] : 「本物の、真の、純粋な」
  • devotion [divóuʃən] : 「情熱、没頭、専念、愛」
  • glow [ɡlóu] : 「幸福感、白熱光」
  • fingertip [fíŋɡərtìp] : 「指先」
  • bless [blés] : 「〜を祝福する、清める」
  • look upon : 「〜を見る」
❖ "From this day ~ "「今日からその先、あなたの神聖な役割は純粋な情熱を帯びてきて、あなたの指先からあなたが触れる人達へと広がり、あなたが視線を向けた人達を祝福する光を発する」。



A vision reaches everyone you meet, and everyone you think of, or who thinks of you. 
  • vision [víʒən] : 「先見の明、洞察力、視覚」
❖ "A vision reaches ~ "「あなたが出会う人すべて、あなたが思う人すべて、あるいはあなたを思う人すべてに、ヴィジョンが到達する」。真実を見極めることが出来るヴィジョン、心の目をもって、あなたの同胞達すべてを見ることが出来るようになる。ヴィジョンが真実の光を発すると思えばいい。あるいは、真実の光が真実のヴィジョンを浮き上がらせてくれるとイメージしてもいい。



For your experience today will so transform your mind that it becomes the touchstone for the holy Thoughts of God.
experience [ikspíəriəns] : 「経験、体験」
transform [trænsfɔ́ːrm] : 「〜を変形する」
touchstone [tʌ́tʃstòun] : 「試金石」
thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考、思想」
❖ "For your experience ~ "「なぜなら、あなたの今日の経験は、あなたの心を大きく変えるので、それは、神の神聖な思いに合致するかどうかの試金石になる」。ヴィジョンをもって同胞すべての真実を見極めることが出来るかどうか、それが神の意志と合致しているかどうかの試金石となる。



6. Your body will be sanctified today, its only purpose being now to bring the vision of what you experience this day to light the world. We cannot give experience like this directly. 
  • sanctify [sǽŋktəfài] : 「神聖にする、浄化する」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、目標」
  • experience [ikspíəriəns] : 「〜を経験する、〜を体験する」
  • experience [ikspíəriəns] : 「経験、体験」
  • directly [diréktli] : 「直接に、真っすぐに」
❖ "Your body will ~ "「あなたの肉体は、今日、浄化される」。肉体的な知覚が修正され、浄化される。"its only purpose ~ "意訳する、「浄化された肉体のもつ目的は、今や、今日あなたが経験したヴィジョンを世界にもたらし、世界を照らし出すことだ」。修正された知覚は真実を見極め、心の目が正しいヴィジョンをとらえる。あなたは経験したヴィジョンを同胞に与え、世界を真実の光で照らし出す。"We cannot give ~ "「私達はこのような経験を直接与えることは出来ない」。あなたが経験したヴィジョンを、同胞にも直接経験させることは出来ない。しかし、あなたは経験したヴィジョンを同胞達に伝えることは出来るので、それを知った同胞達はあなたの後を追って、あなたとともに歩んで行くことになる。



Yet it leaves a vision in our eyes which we can offer everyone, that he may come the sooner to the same experience in which the world is quietly forgot, and Heaven is remembered for a while.
  • leave [líːv] : 「〜を残す」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、〜を提供する」
  • forgotten [fərɡάtn] : 「forgetの過去分詞形」
  • for a while [hwáil] : 「しばらく、当分、少しの間」
❖ "Yet it leaves ~ "「浄化された肉体は、私達がみんなに差し出すことが出来るヴィジョンを私達の目の中に残す」。"that he may ~ "「その結果、同胞はずっと早くあなたと同じ経験に到達することが出来、その経験の中で、世界は静かに赦され、しばらくの間、天の王国が思い出される」。天の王国に回帰したわけではないが、ヴィジョンが天の王国の様子を描いてみせる。同胞もまた、この世界は幻想に過ぎないと知って、赦すことが出来るのだ。



7. As this experience increases and all goals but this become of little worth, the world to which you will return becomes a little closer to the end of time; a little more like Heaven in its ways; a little nearer its deliverance. 
  • increase [inkríːs] : 「増える、大きくなる」
  • worth [wə́ːrθ] : 「価値」
  • return [ritə́ːrn] to : 「〜に帰る、〜戻る」
  • way [wéi] : 「状況、状態」
  • deliverance [dilívərəns] : 「救出、解放」
❖ "As this experience ~ "「この経験が増大し、これ以外の目的すべての価値がほとんど無くなるにしたがい、あなたが戻って行く世界は時間の終焉にずっと近づいていく」。"a little more ~ "「様子は天の王国にほんの少し似てくるし、解放もほんの少し近づいてくる」。今日の経験はつかの間の内に消えてしまうかもしれないが、あなたは確実に前進している。



And you who bring it light will come to see the light more sure; the vision more distinct. 
  • distinct [distíŋkt] : 「はっきりと見える」
❖ "And you who ~ "「そして、世界に光をもたらすあなたは、光がより確かに見えてきて、ヴィジョンをよりはっきりととらえるようになる」。



The time will come when you will not return in the same form in which you now appear, for you will have no need of it. Yet now it has a purpose, and will serve it well.
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、現れ、姿」
  • appear [əpíər] : 「現れる、出現する」
  • serve [sə́ːrv] : 「〜に役立つ、果たす、〜に仕える」
❖ "The time will ~ "「あなたが今とっている姿と同じ姿で戻って来ることがない時がやって来る」。"for you will ~ "「なぜなら、あなたにはもうその必要がなくなるからだ」。"Yet now it ~ "「が、今はそれには目的であって、目的のためによく役立っている」。あなたがこの世でこのような姿をしていることには学びという目的があって、今のあなたはうまく行っている。



8. Today we will embark upon a course you have not dreamed of. 
  • embark [imbάːrk] : 「着手する、乗り出す」
  • embark on : 「〜に着手する、〜に乗り出す」
❖ "Today we will ~ "「今日私たちは、夢にも見たことのないコースに乗り出すことになる」。



But the Holy One, the Giver of the happy dreams of life, Translator of perception into truth, the holy Guide to Heaven given you, has dreamed for you this journey which you make and start today, with the experience this day holds out to you to be your own.
  • translator [trænsléitər] : 「翻訳者、通訳者」
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、認知、知見」
❖ "But the Holy One ~ "「しかし、神聖な唯一者、命の幸せな夢の与え手、知覚を真実へ解釈し直してくれる翻訳家、あなたに与えられた天の王国へ案内してくれるガイド役、つまりホーリー・スピリットが、あなたが今日から始めるこの旅をあなたのために夢に見てくれた」。"with the experience ~ "「そして、今日の日があなたに差し出した経験はあなた自身のものとなる」。



9. Into Christ's Presence will we enter now, serenely unaware of everything except His shining face and perfect Love. 
  • presence [prézns] : 「存在すること、存在」
  • enter [énter] : 「〜に入る、〜に立ち入る」
  • serenely [səríːnli] : 「静かに、穏やかに」
  • unaware [ʌ̀nəwέər] : 「気付かない、知らない」
  • be unaware of : 「〜に気付いていない」
❖ "Into Christ's Presence ~ "「今、私達はキリストの存在する中に入って行く」。"serenely unaware ~ "「そして、キリストの輝く顔と完璧な愛を除いて、すべてを穏やかに忘れ去る」。今回のレッスンは詩的表現を多用しているので、あまり理屈を追う必要はない。声に出して読んで、その息づかいを感じ取れればいい。



The vision of His face will stay with you, but there will be an instant which transcends all vision, even this, the holiest. 
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • transcend [trænsénd] : 「超える、〜を超越する」
❖ "The vision of ~ "「キリストの顔のヴィジョンはあなたの下(もと)に止まるが、この最も神聖なヴィジョンも含めて、あらゆるヴィジョンを超越する瞬間がやって来る」。ヴィジョンが叡智へと昇華すれば、ヴィジョンさえ不必要となる。



This you will never teach, for you attained it not through learning. 
  • attain [attain] : 「到達する、獲得する」
❖ "This you will ~ "「あなたは、このことを教えることはないだろう」。"for you attained ~ "「なぜなら、あなたはその瞬間を、学びを通して得たのではないからだ」。叡智は学んで得られるものではない。したがって、叡智を教えることは不可能だ。しかし、ヴィジョンが叡智に昇華する一瞬はやって来る。



Yet the vision speaks of your remembrance of what you knew that instant, and will surely know again.
  • remembrance [rimémbrəns] : 「記憶、思い出」
  • surely [ʃúərli] : 「疑いなく、確かに、確実に」
❖ "Yet the vision ~ "「しかし、その瞬間、ヴィジョンはあなたが知っていたもの、そして、再び確実に知ることになるものの記憶を語る」。ヴィジョンが消滅する瞬間、あなたの記憶の中の叡智が思い出される。ヴィジョンが叡智に昇華するのだ。あなたは叡智を思い出し、そして、永遠に忘れることはない。






Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

Powered by Blogger.