●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



Lesson 155




I will step back and let Him lead the way.
  • step back : 「後に下がる、後退する」
  • lead [líːd] : 「案内する、導く」
❖ "I will step ~ "「私は一歩下がって、ホーリー・スピリットに道案内をしてもらおう」。一歩下がるとは、頭脳による理性的評価判断を中断するという意味合い。判断をホーリー・スピリットに委ねるのである。判断はホーリー・スピリットに委ねるとしても、ホーリー・スピリットを選択するのはあなたの自由意志である。道とは、神への道、天の王国への道、夢から覚醒に至る道、赦しと贖罪の道、等々。



1. There is a way of living in the world that is not here, although it seems to be. 
  • way [wéi] : 「方法、やり方、様式」
  • although [ɔːlðóu] : 「〜ではあるが」
❖ "There is a way ~ "「存在しているように見えてはいるが、ここには存在しない世界にあっても、生き方はある」。この世界は心が投射によって作り出した幻想であって、存在しているように見えるが、本当は存在していない。しかし、その中にあっても、覚醒へ至る正しい生き方というものは存在する。



You do not change appearance, though you smile more frequently. Your forehead is serene; your eyes are quiet. 
  • appearance [əpíərəns] : 「外観、外見、見掛け」
  • smile [smáil] : 「ほほ笑み、笑顔」
  • frequently [fríːkwəntli] : 「頻繁に、たびたび」
  • forehead [fɔ́ːrhèd] : 「額、前額部」
  • serene [səríːn] : 「静かな、穏やかな」
  • quiet [kwáiət] : 「静かな、平穏な、穏やかな」
❖ "You do not ~ "「あなたがより頻繁に微笑むことがあっても、外見は変わらない」。ここは、文の流れから言って「あなたの外見は変わらないが、以前よりも頻繁に微笑むようになる」という意味合い。"Your forehead is ~ "「あなたの額は穏やかであり、目は静(しず)やかだ」。



And the ones who walk the world as you do recognize their own. 
  • recognize [rékəɡnàiz] : 「〜を認識する、認める」
❖ "And the ones ~ "「あなたと供にこの世界を歩む者達は、彼ら自身(の生き方)を認識する」。あなたが心穏やかな生き方をするとき、それを見た同胞達もまた、そういう生き方が自分自身の生き方だと認識するようになる。同胞達はあなたと同類の自分を受け入れるのだ。



Yet those who have not yet perceived the way will recognize you also, and believe that you are like them, as you were before.
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
❖ "Yet those who ~ "「しかし、まだ(正しい)生き方に気付いていない者達でさえあなたを認識し、あなたが以前そうであったように、あなたが彼らと似ているはずだと信じる」。ホーリー・スピリットの導きによる穏やかな生き方に気付いていない者達も、あなたの生き方を目撃して、自分もまたあなたと同類であるに違いないと思うようになる。彼らの心の中のホーリー・スピリットがあなたの心の中のホーリー・スピリットと共鳴し合うのだ。それは、あなたが自分の心の中のホーリー・スピリットに気付く前と同じ過程である。



2. The world is an illusion. Those who choose to come to it are seeking for a place where they can be illusions, and avoid their own reality. 
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • avoid [əvɔ́id] : 「避ける、回避する、逃れる」
❖ "The world is ~ "「この世界は幻想である」。"Those who choose ~ "「この世界にやって来ることを選択した者は、自分が幻想になり得る場所を探し、自分自身の実存を回避する」。この幻想世界で生きることを選択した者は、自分自身も幻想の一部として幻想に参加することを求めている。いわば夢の中の自分を演じるのだ。そして、幻想から目覚めた本当の自分を求めることを回避する。



Yet when they find their own reality is even here, then they step back and let it lead the way. 
  • find [fáind] : 「発見する、見いだす、気付く」
❖ "Yet when they ~ "「しかし、彼らが自分自身の実存はこの世界の中にさえ存在し得ると知ったとき、彼らは一歩退いてその実存に道案内してもらう」。幻想世界にあって自らも幻想として生きているにもかかわらず、本当の自分自身、スピリットという実存に気付いたとき、彼は幻想の自己から一歩退いて、実存たるスピリットに道を譲る。あなたの実存たるスピリットとは、とりもなおさず、ホーリー・スピリットである。



What other choice is really theirs to make? To let illusions walk ahead of truth is madness. 
  • choice [tʃɔ́is] : 「選ぶこと、選択」
  • ahead [əhéd] : 「前方に、前途に」
  • madness [mǽdnis] : 「狂気、熱狂」
❖ "What other choice ~ "「実際、それ以外のどんな選択が出来るだろうか」。"To let illusions ~ "「真実の前方に幻想を歩かせることは狂気である」。真実より幻想を優先させるような生き方は狂気の沙汰だ。



But to let illusion sink behind the truth and let the truth stand forth as what it is, is merely sanity.
  • sink [síŋk] : 「沈む、沈没する」
  • behind [biháind] : 「〜の後ろに、後方に」
  • forth [fɔ́ːrθ] : 「前へ、先へ、前方へ」
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
  • sanity [sǽnəti] : 「正気、健全さ」
❖ "But to let ~ "「しかし、真実の後方に幻想を沈め、真実をあるがままに幻想の前方に立たせることは、まったく正気なことである」。幻想を消滅させ真実として生きることは正しい。



3. This is the simple choice we make today. The mad illusion will remain awhile in evidence, for those to look upon who chose to come, and have not yet rejoiced to find they were mistaken in their choice. 
  • simple [símpl] : 「簡素な、易しい」
  • remain [riméin] : 「とどまる、残る、残存する」
  • awhile [əhwáil] : 「しばらくの間」
  • evidence [évədəns] : 「証拠、痕跡」
  • in evidence : 「はっきり見えて」
  • those to do : 「〜する人々」
  • rejoice [ridʒɔ́is] : 「うれしがる、喜ぶ」
❖ "This is the simple ~ "「これは、今日私達がなす簡単な選択である」。"The mad illusion ~ "「狂気の幻想は、もうしばらくの間、はっきり見えるままであろう」。"for those to look ~ "「なぜなら、(この世界に)やって来て、誤った選択をしたことを知って喜びを感ずることがまだ出来ない人々が(この世界を)見ているからだ」。幻想から目覚めていない同胞がまだ投影を続けているので、もうしばらく、幻想世界はあなたの目の前に存続するだろう。その同胞はこの幻想世界に生まれることを選択したのであるが、それは誤った選択であって、本当は実相世界を選択すべきだったと気付いて喜びを感じることがまだ出来ていない。



They cannot learn directly from the truth, because they have denied that it is so. 
  • directly [diréktli] : 「直接に、真っすぐに」
  • deny [dinái] : 「否定する、認めない、信じない」
❖ "They cannot learn ~ "「彼らは真実から直接学ぶことが出来ない」。"because they have ~ "「なぜなら、彼らはそうだということを否定しているからだ」。目覚めていない同胞達は、真実を真実から直接学ぶことが出来ない。つまり、真実の総体である叡智の泉から真実をくみ取ることが出来ないのだ。幻想というフィルターを通して学ぶことに奔走し、真実を直視することを拒否しているからだ。



And so they need a Teacher Who perceives their madness, but Who still can look beyond illusion to the simple truth in them.
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜を見抜く」
  • beyond [bijάnd] : 「〜の向こうに、〜を越えて」
❖ "And so they ~ "「そこで、彼らは彼らの狂気を見抜く教師が必要なのだ」。もちろん、ホーリー・スピリットのこと。"but Who still can ~ "「ホーリー・スピリットはそれでも、幻想を見透かして、彼らの心の中のシンプルな真実を見ることが出来る」。彼らの狂気的な幻想をホーリー・スピリットは知覚するのだが、その狂気の向こうに、彼らの真実を見抜くことが出来る。その真実は仰々しい難解なものではなく、いたってシンプルな真実である。たとえば、彼らは神が創造した神の子であって、完全に無辜である、等々。



4. If truth demanded they give up the world, it would appear to them as if it asked the sacrifice of something that is real. 
  • demand [dimǽnd] : 「求める、要求する」
  • give up :  「あきらめる、断念する」
  • appear [əpíərəns] : 「〜のように見える」
  • sacrifice [sǽkrəfàis] : 「犠牲、犠牲にすること」
❖ "If truth demanded ~ "「もし真実が、彼らが世界を諦めることを求めたなら、」"it would appear ~ 「それは、彼らにとって、まるで真実が現実的な何かの犠牲を求めているかのように見えるだろう」。この世の現実的な幸せや豊かさなどを犠牲にしてしまえと言われているように感じるだろう。



Many have chosen to renounce the world while still believing its reality. 
  • chosen [tʃóuzn] : 「chooseの過去分詞形」
  • renounce [rináuns] : 「放棄する、断念する」
❖ "Many have ~ "「多くの者はこの世界を放棄することを選択したが、同時にこの世界の現実性をまだ信じている」。言われるがままにこの世界を放棄するが、この世界が幻想に過ぎないとは信じ切れない。いわば、我慢してこの世界を放棄しているようなものだ。



And they have suffered from a sense of loss, and have not been released accordingly. 
  • suffer [sʌ́fər] : 「苦しむ、苦痛を感じる」
  • sense [séns] : 「感覚、感触、感じ」
  • loss [lɔ́s] : 「失うこと、喪失」
  • releas [rilíːs] : 「 〜を解放する、自由にする」
  • accordingly [əkɔ́ːrdiŋli] : 「それに応じて、それゆえ」
❖ "And they have ~ "「そして、彼らは喪失感に苦しみ続け、したがって、解放されたとは言えない」。この世の現実的なものを犠牲にしたと感じる限り、喪失感は必然だ。犠牲にしたように見えるものが単なる夢の中のものだと理解できるまで、この幻想世界からの本当の解放は現実化しない。



Others have chosen nothing but the world, and they have suffered from a sense of loss still deeper, which they did not understand.
  • deep [díːp] : 「深い、深さがある」
❖ "Others have chosen ~ "「また他の者は、この世界だけを選択した」。この世の犠牲を拒否したわけだ。"and they have ~ "「そして、彼らはさらに深い喪失感に苦しんできたのだが、彼らはそれを理解できなかった」。この世の幻想性に気付いていないので、この世界にしがみついてはみるが、なぜ喪失感だけが付きまとうのか、理解できない。



5. Between these paths there is another road that leads away from loss of every kind, for sacrifice and deprivation both are quickly left behind. 
  • path [pǽθ] : 「道筋、方向、生き方」
  • away from : 「〜から離れて」
  • deprivation [dèprəvéiʃən] : 「剥奪、奪うこと、喪失」
  • quickly [kwíkli] : 「速く、すぐに」
  • left [léft] : 「leaveの過去・過去分詞形」
  • leave [líːv] : 「〜を残す、ある状態のままにしておく」
  • behind [biháind] : 「〜の後ろに、後方に」
❖ "Between these paths ~ "「これらの道以外に、いかなる喪失へも導かないまた別の道がある」。"for sacrifice and ~ "「なぜなら、その道は、犠牲も喪失も速(すみ)やかに後方へ残してしまうからだ」。第三の道には犠牲も喪失もない。神への回帰の道である。



This is the way appointed for you now. You walk this path as others walk, nor do you seem to be distinct from them, although you are indeed. 
  • appoint [əpɔ́int] : 「決める、指定する、定める」
  • distinct [distíŋkt] : 「はっきりと区別できる」
  • indeed [indíːd] : 「実に、本当に、確かに」
❖ "This is the way ~ "「これは、今あなたに指定されている道である」。"You walk this ~ "「あなたは、他者が歩むと同時にこの道を歩む」。"nor do you ~ "「あなたは他者とはっきり区別できないように見えるだろう」。"although you ~ "「もっとも、あなたは確かにあなたなのだが」。他者は犠牲や喪失の道を歩み、あなたは犠牲や喪失と無縁の道を歩む。見かけは、あなたと他者の間に違いはない。しかし、あなたの内面は、彼らとまったく違っている。



Thus can you serve them while you serve yourself, and set their footsteps on the way that God has opened up to you, and them through you.
  • serve [sə́ːrv] : 「〜に役立つ、〜に仕える」
  • footstep [fútstèp] : 「足跡、歩み」
  • open up : 「打ち明ける」
❖ "Thus can you ~ "「こうして、あなたがあなた自身に仕える間、彼らに仕えることが出来、神があなたに開いた道を、そして、あなたを通して彼らにも開かれ道を、彼らは歩むことが出来るのだ」。あなたが犠牲や喪失と無縁な道を自ら歩む限り、つまり、自分自身(スピリット)に仕えてる限り、犠牲や喪失の道を歩んでいた他者にもその道を教え、同じ道を彼らとともに歩むことが出来る。



6. Illusion still appears to cling to you, that you may reach them. Yet it has stepped back. 
  • cling [klíŋ] : 「しがみつく、くっついて離れない」
  • step back : 「後ずさりする、後退する」
❖ "Illusion still ~ "「幻想はまだあなたにくっついて離れていないように見えるので、彼らに手が届くかもしれない」。幻想が完全には消滅していないので、分離もまだ消滅しておらず、手を伸ばせば彼らに触れることが出来るように思われるかもしれない。"Yet it has ~ "「しかし、幻想は後退している」。もうすぐ幻想は消滅し、分離も消える。その時、あなたと彼らは自他一如なのだと知ることが出来る。



And it is not illusion that they hear you speak of, nor illusion that you bring their eyes to look on and their minds to grasp. 
  • speak of : 「〜を口にする、〜のことを話す」
  • look on : 「〜を見る」
  • grasp [ɡrǽsp] : 「〜を握る、把握する、理解する」
❖ "And it is not ~ "意訳する、「そして、あなたが話すのを彼らが聞くことは幻想ではなく、彼らの目が見えるようにし、彼らの心が理解できるようにすることも幻想ではない」。彼ら(同胞)とあなたはまだ分離した状態にあるが、幻想が退縮しつつある今、あなたが話す真実に彼らが耳を傾けたり、彼らが真実を目撃したり、彼らの心がそれを理解できるようにすることは出来る。それは幻想ではない。



Nor can the truth, which walks ahead of you, speak to them through illusions, for the road leads past illusion now, while on the way you call to them, that they may follow you.
  • ahead [əhéd] : 「前方に、前途に」
  • on the way : 「途中で」
  • call to : 「〜に声をかける」
  • follow [fάlou] : 「〜の後について行く、〜に従う」
❖ "Nor can the truth ~ "「また真実は、あなたの先を行っているのだが、幻想を通して彼らに語りかけることは出来ない」。あなたはまだ真実の総体である叡智にたどり着いてはいないが(真実はあなたの先を行っているが)、それでも、真実に目覚めたあなたは幻想を通してではなく、あなたの知った真実を通して彼らに語りかけることが出来る。"for the road ~ "「なぜなら、あなたが彼らに、あなたの後をついて来るようにと呼びかけている間に、道は今や幻想を通り過ぎてしまったからだ」。真実へ向かう旅の途中ではあるが、幻想の黒雲を通り越して、今や晴れ上がった空の下をあなたは歩いている。そしてあなたは、同胞にあなたの後を追うようにと呼びかけている。



7. All roads will lead to this one in the end. For sacrifice and deprivation are paths that lead nowhere, choices for defeat, and aims that will remain impossible. 
  • in the end : 「結局、ついに」
  • path [pǽθ] : 「小道、道筋、方向」
  • choice [tʃɔ́is] : 「選ぶこと、選択」
  • defeat [difíːt] : 「敗北、挫折」
  • aim [éim] : 「目標、目的」
  • remain [riméin] : 「依然として〜のままである」
  • impossible [impάsəbl] : 「不可能な、あり得ない」
❖ "All roads will ~ "「究極的に、すべての道はこの道につながる」。すべての道は、今あなたが歩んでいる真実への道につながる。"For sacrifice and ~ "「なぜなら、犠牲と剥奪はどこにも導くことない道であり、挫折の選択、そして、不可能のままにとり残される目的だからだ」。



All this steps back as truth comes forth in you, to lead your brothers from the ways of death, and set them on the way to happiness. 
  • forth [fɔ́ːrθ] : 「前へ、先へ、前方へ」
  • come forth : 「現れる、出てくる」
❖ "All this steps ~ "「真実があなたの心の中に現れるにしたがい、犠牲と剥奪の道はすべて後退し、あなたは死への道からあなたの同胞を導き出し、幸せへ続く道を歩ませる」。



Their suffering is but illusion. Yet they need a guide to lead them out of it, for they mistake illusion for the truth.
  • suffering [sʌ́fəriŋ] : 「苦しむこと、苦しみ」
  • mistake A for B : 「AをBと間違える」
❖ "Their suffering ~ "「彼らの苦しみは幻想に過ぎない」。"Yet they need ~ "「しかし彼らは、苦しみから抜け出す導きをしてくれるガイドを必要としている」。"for they mistake ~ "「なぜなら、彼らは幻想を真実と取り違えているからだ」。幻想と真実の見極めが出来ていない同胞は、自分の苦しみが幻想であることをまだ知らない。あなたは真実へのガイド役となって、彼らを真実への道に招くのである。これがあなたの実相的な役割であり、あなたがキリストとなって世界を救うという神の計画の第一歩となる。仏教的な言い方をすれば、菩薩業である。



8. Such is salvation's call, and nothing more. It asks that you accept the truth, and let it go before you, lighting up the path of ransom from illusion. 
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い」
  • let go : 「放す、手放す、解放する、捨てる」
  • let it go : 「あきらめる」
  • ransom [rǽnsəm] : 「身代金、受け戻し、身請け、解放」
❖ "Such is salvation's ~ "「救いを求めるとはそういうことであって、それ以上のものではない」。"It asks that ~ "「救いは、あなたが真実を受け入れ、真実があなたの前を行くようにさせることを求めている」。"lighting up the ~ "「そうすれば、真実は幻想からの解放の道を照らし出してくれる」。ここで"ransom"という言葉を使っているが、幻想によって拘束されたあなたを解放し身請けするという意味合いである。いわば、あなたは幻想の人質(ひとじち)になっているわけだ。



It is not a ransom with a price. There is no cost, but only gain. Illusion can but seem to hold in chains the holy Son of God. 
  • cost [kɔ́st] : 「費用、経費、原価」
  • gain [géin] : 「利益、得ること、獲得」
❖ "It is not ~ "「それは対価を支払う解放ではない」。身代金も犠牲も伴わない解放である。"There is no ~ "「対価を支払うことはなく、むしろ得るだけだ」。"Illusion can ~ "「幻想は、神聖な神の子を鎖で拘束しているように見せかけることが出来るだけなのだ」。そんな夢から目覚めるだけなので、代償も犠牲も伴わない。



It is but from illusions he is saved. As they step back, he finds himself again.
  • save [séiv] : 「救う、助ける」
❖ "It is but from ~ "「神の子が救われるのは幻想からである」。"As they step ~ "「幻想が後退すれば、神の子は再び自分自身を見出すのだ」。



9. Walk safely now, yet carefully, because this path is new to you. 
  • safely [séifli] : 「安全に、支障なく、無事に」
  • carefully [kέərfəli] : 「注意深く、丁寧に、慎重に」
❖ "Walk safely ~ "「今、安全に、しかし注意深く歩きなさい」。"because this ~ "「なぜなら、この道はあなたにとって初めてなのだから」。



And you may find that you are tempted still to walk ahead of truth, and let illusions be your guide. 
  • tempt [témpt] : 「〜を誘惑する、〜を唆す」
  • ahead [əhéd] : 「前方に、前途に」
❖ "And you may ~ "「真実の前を歩き、あなたの案内を幻想にやってもらいたいという誘惑に駆られるかもしれない」。エゴの誘惑に負けそうな自分を発見するかもしれない。



Your holy brothers have been given you, to follow in your footsteps as you walk with certainty of purpose to the truth. 
  • follow [fάlou] : 「〜の後について行く、〜に追随する」
  • footstep [fútstèp] : 「足跡、歩み」
  • certainty [sə́ːrtnti] : 「確実、確実性、間違いないこと」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、目標」
❖ "Your holy brothers ~ "「あなたが目的の確実性を抱きながら真実に向かって歩むとき、あなたの歩みに追随する神聖な同胞をあなたは得た」。本文は受動的な表現になっているので、あなたが強引に同胞を勧誘したのではなく、同胞の自由意志によってあなたに追随することを選択するのだと理解できる。ACIMは勧誘を良しとしない。



It goes before you now, that they may see something with which they can identify; something they understand to lead the way.
  • identify [aidéntəfài] : 「〜を同一視する、同定する」
❖ "It goes before ~ "「今、真実はあなたの前を行くので、同胞が自己同定出来る何か、正しい道だと理解できる何かを、彼らは目にすることが出来るだろう」。真実はあなたの行く先に立って、道を照らし出してくれる。その光の中で同胞達は、自分は何者なのか、その道がどんな道なのか、目にすることも出来、理解することも出来る。つまり、自分が神の子であって、実相への道を歩んでいることを受け入れるのである。



10. Yet at the journey's ending there will be no gap, no distance between truth and you. 
  • journey [dʒə́ːrni] : 「旅、旅行」
  • gap [ɡǽp] : 「すき間、隔たり」
  • distance [dístəns] : 「距離、間隔、隔たり」
❖ "Yet at the journey's ~ "「しかし、旅の終わりでは、真実とあなたの間に少しのギャップも隔たりもなくなる」。あなたは真実そのものとして存在することになる。あなた自身が道を照らす光となるのだ。



And all illusions walking in the way you travelled will be gone from you as well, with nothing left to keep the truth apart from God's completion, holy as Himself. 
  • travel [trǽvəl] : 「進む、旅する」
  • as well : 「同じに、その上」
  • left [léft] : 「leaveの過去・過去分詞形」
  • apart from : 「〜から離れて、〜は別として」
  • completion [kəmplíːʃən] : 「完成、完了、完全さ」
❖ "And all illusions ~ "「そして、あなたが旅をしている道中付きまとっていた幻想のすべては、同時にあなたから立ち去って行き、神自身のように神聖な神の完全性から真実を引き離しておくようなものは何も残らない」。幻想は消滅し、あなたは神のように神聖な、神のように完成した存在となる。それを遮るものは何もなく、あなたの真実を神の神聖さや完全性から遠ざけるものも何もない。



Step back in faith and let truth lead the way. You know not where you go. But One Who knows goes with you. Let Him lead you with the rest.
  • in faith : 「本当に、疑いもなく、実に」
  • rest [rést] : 「残り、残りの部分、残余」
❖ "Step back in ~ "「信じて一歩退き、真実に道案内させなさい」。自分で真実の先を行こうとせずに、ホーリー・スピリットに道案内してもらいなさい。"You know not ~ "「あなたは、どこに行くのか知らない」。"But One Who ~ "「しかし、それを知っているホーリー・スピリットがあなたと供に歩んでくれる」。"Let Him lead ~ "「残りの道のりは、ホーリー・スピリットに案内してもらになさい」。



11. When dreams are over, time has closed the door on all the things that pass and miracles are purposeless, the holy Son of God will make no journeys. 
  • pass [pǽs] : 「通り過ぎる、通過する」
  • purposeless [pə́ːrpəslis] : 「目的のない、無益な」
❖ "When dreams are ~ "「夢が終わるとき、時間は、過ぎゆくものすべての扉を閉じ、奇跡は目的なきものとなる」。時間が過ぎゆくものの扉を閉じるとは、時間依存する現象を停止させる、つまり、時間が消滅する、ということ。幻想(夢)が消滅したので、もはや奇跡は不必要なり、奇跡は目的なきものとなる。"the holy Son ~ "「神聖な神の子はもはや旅をすることはない」。覚醒への旅は終わるのだ。



There will be no wish to be illusion rather than the truth. And we step forth toward this, as we progress along the way that truth points out to us. This is our final journey, which we make for everyone. 
  • wish [wíʃ] : 「願い、願望、希望」
  • forth [fɔ́ːrθ] : 「前へ、先へ、前方へ」
  • toward [təwɔ́ːd] : 「〜の方へ、〜に向かって」
  • progress [prάɡres] : 「進む、前進する」
  • point out : 「〜を指摘する、指し示す」
  • final [fáinl] : 「最後の、最終の、確定的な」
❖ "There will be ~ "「真実より幻想を望むこともなくなる」。"And we step ~ "「私達は、真実が私達に指し示す道に沿って前進しながら、これに向けて歩みを進める」。これとは、幻想より真実を望むこと。"This is our ~ "「これが、最後の旅路であり、私達はみんなのためにその旅を行く」。後に続く同胞のためにも、最後の旅を実行する。



We must not lose our way. For as truth goes before us, so it goes before our brothers who will follow us.
  • lose one's way : 「道に迷う、迷子になる」
❖ "We must not ~ "「私達は決して道に迷うことはない」。"For as truth ~ "「なぜなら、真実が私達の前を行くように、真実は、私達の後を追う同胞達の前を行くからだ」。真実が私達の先頭に立って道案内をしてくれるので、道に迷うことはない。もちろん、道案内をしてくれる真実とはホーリー・スピリットのこと。あるいは、イエス本人と考えてもいい。



12. We walk to God. Pause and reflect on this. Could any way be holier, or more deserving of your effort, of your love and of your full intent? 
  • pause [pɔ́ːz] : 「休止する、一息つく」
  • reflect [riflékt] on : 「〜を熟考する、思案する」
  • deserving [dizə́ːrviŋ] : 「〜に値する」
  • deserving of : 「〜を受けるべき、〜に値する」
  • effort [éfərt] : 「尽力、努力、取り組み」
  • intent [intént] : 「意図、意志」
❖ "We walk ~ "「私達は神へと向かって歩みを進める」。"Pause and ~ "「立ち止まって、このことをよく考えてみなさい」。"Could any way ~ "「いったいどんな道がこれ以上に神聖で、あなたの努力、あなたの愛、あなたの漲(みなぎ)る意志に値するだろうか」。



What way could give you more than everything, or offer less and still content the holy Son of God? 
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、〜を提供する」
  • content [kάntent] : 「〜を満足させる」
❖ "What way could ~ "「どんな道が、すべて以上をあなたに与え得るだろうか」。神への道がすべてをあなたに与えてくれる、ということ。"or offer less ~ "「あるいは、どんな道がより少なく与え、しかも神聖な神の子を満たしてくれるだろうか」。それ以外の道はわずかなものを与えるかもしれないが、神の子を満たすことは出来ない、ということ。



We walk to God. The truth that walks before us now is one with Him, and leads us to where He has always been. What way but this could be a path that you would choose instead?
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • instead [instéd] : 「代わりに、それよりむしろ」
❖ "We walk ~ "「私達は神へと向かって歩みを進める」。"The truth that ~ "「私達の前を歩む真実は神と一体であり、神がいつもいる場所へと私達を導いてくれる」。ホーリー・スピリットは神と一体であり、天の王国へと私達を導いてくれる。"What way but ~ "「この道を除いてどんな道が、あなたが代わりに選択できる道になり得るだろうか」。あなたが選択できる唯一の道は神への道である。



13. Your feet are safely set upon the road that leads the world to God. Look not to ways that seem to lead you elsewhere. 
  • safely [séifli] : 「安全に、支障なく、無事に」
  • set upon : 「進む、促進する」
  • look to : 「〜に目をやる、〜に目を向ける」
  • elsewhere [élshəwὲər] : 「ほかの場所に、ほかのどこかで」
❖ "Your feet are ~ "「あなたの足は、この世界を神へと導く道の上に安全にセットされている」。幻想世界から実相世界へ移行する道の上をあなたが歩むことが出来るように、あなたは足はその道の上にある。"Look not to ~ "「それ以外の場所へ導くように見える道に目を向けてはいけない」。



Dreams are not a worthy guide for you who are God's Son. 
  • worthy [wə́ːrði] : 「尊敬すべき、価値ある」
❖ "Dreams are not ~ "「夢は、神の子であるあなたにとって価値のあるガイドではない」。幻想はあなたを真実へ導いてはくれない。幻想は神の子であるあなたにとって何の価値もない。



Forget not He has placed His Hand in yours, and given you your brothers in His trust that you are worthy of His trust in you. He cannot be deceived. 
  • forget [fərɡét] : 「〜を忘れる、〜を思い出せない」
  • trust [trʌ́st] : 「信頼、信用」
  • worthy [wə́ːrði] of : 「〜にふさわしい」
  • deceive [disíːv] : 「欺く、惑わす、裏切る」
❖ "Forget not He ~ "「神が神の手をあなたの手の中に置いていることを忘れてはいけない」。"and given you ~ "「そして、あなたは神の信頼に値するという、その神の信頼の下で、神があなたに同胞を委ねたことを忘れてはいけない」。



His trust has made your pathway certain and your goal secure. You will not fail your brothers nor your Self.
  • pathway [pǽθwèi] : 「小道、進路」
  • certain [sə́ːrtn] : 「確実な、確かな、信頼できる」
  • secure [sikjúər] : 「不安のない、安全な、しっかりした」
  • fail [féil] : 「〜を裏切る、〜を失望させる」
❖ "His trust has ~ "「神の信頼は、あなたが歩む道を確かなものとし、あなたが目的地に到着できることを確実にする」。"You will not ~ "「あなたは、あなたの同胞もあなた自身も、失望させることはない」。



14. And now He asks but that you think of Him a while each day, that He may speak to you and tell you of His Love, reminding you how great His trust; how limitless His Love. 
  • a while [hwáil] : 「しばらくの間、ちょっとの間」
  • remind [rimáind] : 「〜に思い出させる、〜に気付かせる」
  • limitless [límitlis] : 「制限のない、無限の」
❖ "And now He ~ "「今、神は、毎日少しの間でもいいから、あなたが神を思うことを求めている」。"that He may ~ "「そうすれば、神はあなたに語りかけ、神の愛についてあなたに話すだろう」。"reminding you ~ "「そして、神の信頼がどんなに大きいか、神の愛がどんなに無限であるか、あなたに思い出させるだろう」。



In your Name and His Own, which are the same, we practice gladly with this thought today:

        I will step back and let Him lead the way, 
        For I would walk along the road to Him.
  • practice [prǽktis] : 「練習する、実践する、実施する」
  • gladly [ɡlǽd] : 「喜んで、喜々として」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考」
  • walk along : 「歩く」
❖ "In your Name ~ "「あなたの名と神自身の名において、それは同じなのだが、私達は今日、次の考え方を喜んで練習する」。
"I will step ~ "「私は一歩下がって、ホーリー・スピリットに道案内をしてもらおう」。"For I would ~ "「なぜなら、私は神への道を歩んで行きたいからだ」。







Lesson 154



I am among the ministers of God.

  • among [əmʌ́ŋ] : 「〜の中の、〜の間で」
  • minister [mínəstər] : 「聖職者、僕、代理人」
❖ "I am among ~ "「私は、神の神聖な役割を担う者達の一員である」。同胞をこの幻想世界から救うという役割をあなたは担っている。その役割は、神によってあなたに与えられた神聖な使命である。



1. Let us today be neither arrogant nor falsely humble. We have gone beyond such foolishness. 
  • neither [níːðər] A nor B : 「AでもなくBでもない」
  • arrogant [ǽrəɡənt] : 「尊大な、傲慢な」
  • falsely [fɔ́ːlsli] : 「偽って、不誠実に、不当に」
  • humble [hʌ́mbl] : 「謙虚な、謙遜する」
  • foolishness [fúːliʃnis] : 「愚かさ」
❖ "Let us today ~ "「今日は、尊大になることも、誤って謙虚になることもしないようにしよう」。"We have gone ~ "「私達はすでに、そんな愚かさを越えた所まで来ている」。



We cannot judge ourselves, nor need we do so. These are but attempts to hold decision off, and to delay commitment to our function. 
  • judge [dʒʌ́dʒ] : 「判断する、〜だと思う」
  • attempt [ətémpt] : 「試み、企て」
  • hold off : 「寄せ付けない、遅らせる」
  • decision [disíʒən] : 「決定、決断、決心」
  • delay [diléi] : 「遅れる、〜を遅らせる」
  • commitment [kəmítmənt] : 「約束、義務、献身」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、働き、職務、役割」
❖ "We cannot judge ~ "「私達は、私達自身を判断することは出来なし、そうする必要もない」。"These are but ~ "「自分で自分を判断することは、決断を遅らせ、私達の役割に献身することを遅延させる試みに過ぎない」。



It is not our part to judge our worth, nor can we know what role is best for us; what we can do within a larger plan we cannot see in its entirety. 
  • part [pάːrt] : 「役割、責任、義務」
  • worth [wə́ːrθ] : 「価値」
  • role [róul] : 「役、役割、役目、任務」
  • within [wiðín] : 「〜の中に、〜の内側に」
  • entirety [intáiərti] : 「全体、全部」
  • in its entirety : 「全体として、そっくりそのまま」
❖ "It is not our ~ "「私達の価値を判断することは私達の役割ではないし、どんな役割が私達にとってベストなのか、私達は知ることが出来ない」。"what we can ~ "「より大きな計画の中で、私達は何が出来るのか、その全体を私達は見ることが出来ないのだ」。より大きな計画とは、神の子を幻想から救い出すという神の計画のこと。その全体像を、まだ夢の中にいる私達は知ることは出来ない。そして、自分の役割は何なのか、自己判断することも不可能だ。自分で判断することは出来ないが、神から与えられた役割を担うという決断は、もちろん私達自身の役割である。



Our part is cast in Heaven, not in hell. And what we think is weakness can be strength; what we believe to be our strength is often arrogance.
  • cast [kǽst] : 「〜に役を与える、割り当てる」
  • hell [hél] : 「地獄、生き地獄、修羅場」
  • weakness [wíːknis] : 「弱さ、虚弱、脆弱性」
  • strength [stréŋkθ] : 「力、強さ、体力」
  • arrogance [ǽrəɡəns] : 「尊大、横柄、傲慢」
❖ "Our part is ~ "「私達の役割は天の王国で割り当てられるのであって、地獄で与えられるのではない」。ここの地獄とは、この幻想世界、つまり世俗という意味合い。"And what we ~ "「そして、弱さだと思っていたものは強さになり得るし、」"what we believe ~ "「強さだと信じていることが、時には尊大であることもあり得る」。



2. Whatever your appointed role may be, it was selected by the Voice for God, Whose function is to speak for you as well. 
  • whatever [hwʌtévər] : 「どんな〜が〜でも」
  • appoint [əpɔ́int] : 「決める、指定する、定める」
  • select [səlékt] : 「〜を選択する、〜を選ぶ」
  • as well : 「同じに、同様にうまく、おまけに、その上」
❖ "Whatever your ~ "「あなたが定めた役割がどんなものであれ、それは神に代わって話す声によって選択されたものであって、その声の役割は、あなたに代わって話すことでもある」。もちろん、ホーリー・スピリットのこと。ホーリー・スピリットは神に代わって神の意志をあなたに伝え、同時に、心の本当の意志をあなたに代わってあなたの意識に伝える。



Seeing your strengths exactly as they are, and equally aware of where they can be best applied, for what, to whom and when, He chooses and accepts your part for you. 
  • exactly [iɡzǽktli] : 「正確に、厳密に」
  • equally [íːkwəli] : 「同じように、同様に」
  • aware [əwέər] : 「気付いている、気が付いて」
  • apply [əplái] : 「適用する、応用する、当てはめる」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • accept [əksépt]: 「受け入れる、承認する」
❖ "Seeing your strengths ~ "「あなたの力をありのままに正確に知っており、その力をどこに、何に、誰に、いつ適用するのが一番良いか、同様に気付いているので、ホーリー・スピリットは、あなたに代わってあなたの役割を選択し受け入れている」。普段、あなたはホーリー・スピリットの声に気付いていないかもしれないが、あなたはホーリー・スピリットの声にいつも導かれている。ふと、これは天命だと感じた時、それはホーリー・スピリットが選択し、承認したあなたの役割だと思えばいい。



He does not work without your own consent. But He is not deceived in what you are, and listens only to His Voice in you.
  • consent [kənsént] : 「承諾、承認、同意」
  • deceive [disíːv] : 「欺く、惑わす、だます」
❖ "He does not ~ "「ホーリー・スピリットは、あなた自身の同意なしでは働くことが出来ない」。ホーリー・スピリットが選択したあなたの役割を最終的に採用するのはあなた自身である。あなたには完全に自由な選択権がある。"But He is ~ "「しかし、ホーリー・スピリットは、あなたが何であるか、騙されることはないし、」ホーリー・スピリットは本当のあなた(神の子)を知っているので、あなたがホーリー・スピリットの選択に同意しなくても、それに騙されることはないし、"and listens ~ "「あなたの心の中の神の声だけに耳を傾けている」。ここの"His Voice"はホーリー・スピリットの声なのだが、神に代わって話すホーリー・スピリットの声なので、神の声と解釈した。次の文章で、その詳細がわかる。



3. It is through His ability to hear one Voice which is His Own that you become aware at last there is one Voice in you. 
  • ability [əbíləti] : 「能力、才能、できること」
  • aware [əwέər] : 「気が付いて」
  • at last : 「最後に、ついに」
❖ "It is through ~ "「それは、ホーリー・スピリット自身の声であるたった一つの声を聞くというホーリー・スピリットの能力を通してなされるものであり、あなたはあなたの心の中にたった一つの声しかないのだと、ついに気付くことになる」。再三にわたって、ホーリー・スピリットは神と神の子の間をとりもつ仲介者だと言ってきたが、実は、ホーリー・スピリットと神の子であるあなたは究極的に同一なのだ。ホーリー・スピリットの声はあなた自身の声であり、あなたがホーリー・スピリットの声に耳を傾けることで、あなたは自分自身の正しい声を聞くことなる。その声は神からのメッセージを伝えている。
 ヘレンが内奥の声を聞き始めた当初、ヘレンにはその声が本当にナザレのイエスの声なのか、ヘレンの無意識が作り出す単なる自分自身の声なのか、困惑と疑いに翻弄された。信じるべき声なのか、否定すべき声なのか、判断しかねたヘレンは、内奥の声に対する『反抗』という形をとった。しかし、本文を読んでわかるように、ヘレンの聞いた内奥の声は、ホーリー・スピリット(イエス)の声でもあり、ヘレン自身の声でもある。そこに区別を付ける必要はない。したがって、ACIMの著者はイエスであり、同時にヘレンである。ACIMはヘレンの創作であり、イエスの伝言である。



And that one Voice appoints your function, and relays it to you, giving you the strength to understand it, do what it entails, and to succeed in everything you do that is related to it. 
  • appoint [əpɔ́int] : 「決める、指定する、定める」
  • relay [riléi] : 「〜を中継する」
  • entail [entéil] : 「〜を伴う、引き起こす」
  • succeed [səksíːd] : 「成功する」
  • be related to : 「〜に関連している」
❖ "And that one ~ "「そして、単一の声はあなたの役割を指定し、それをあなたに伝え、あなたがそれを理解しそれがもたらす事柄を実行する力を与え、それに関連してあなたがなすすべてのことが成功するように計らう」。これがホーリー・スピリットの役割である。同時に、それは神の意志でもある。そして、神の意志はあなたの意志になるのだ。



God has joined His Son in this, and thus His Son becomes His messenger of unity with Him.
  • join [dʒɔ́in] : 「結び付ける、結合する」
  • messenger [mésəndʒər] : 「使者、メッセンジャー」
  • unity [júːnəti] : 「単一性、一つである状態、調和」
❖ "God has joined ~ "「こうして、神は神の子と結ばれ、神の子は神と結びついた神のメッセンジャーとなる」。あなたの心はスピリットに昇華し、神と結ばれたホーリー・スピリットになる。ホーリー・スピリットは神のメッセンジャーである。"spirit(スピリット)"とは蒸留された酒のことであり、不純物を含んだ醸造酒が浄化されたものであることを思い出せば、あなたとホーリー・スピリットの関係性のイメージが湧く。



4. It is this joining, through the Voice for God, of Father and of Son, that sets apart salvation from the world. 
  • set apart : 「分離する、際立たせる」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い」
❖ "It is this joining ~ "「この世界から救いを引き出すのは、神に代わる声を通してなされる父なる神と神の子の、この結合である」。ホーリー・スピリットを介して神と神の子がその意志を結合することで、この幻想世界からの覚醒、すなわち救いがもたらされる。



It is this Voice which speaks of laws the world does not obey; which promises salvation from all sin, with guilt abolished in the mind that God created sinless. 
  • obey [oubéi] : 「〜に従う、〜の言うことに従う」
  • promise [prάmis] : 「〜を約束する」
  • guilt [ɡílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
  • abolish [əbɑ́li] : 「〜を廃止する、撤廃する」
  • sinless [sínlis] : 「罪のない、潔白な」
❖ "It is this Voice ~ "「この世界が従うことのない法を語るのは、この声である」。この世界は神の法に従うことはなく、エゴの法に従っている。ホーリー・スピリットが語る法は、もちろん、神の法である。神の法に準じた考え方が、ホーリー・スピリットの思考システムである。"which promises ~ "「(ホーリー・スピリットが語る)その法は、あらゆる罪からの解放を約束し、神が無辜なるものとして創造した心の中の罪を撤廃してくれる」。



Now this mind becomes aware again of Who created it, and of His lasting union with itself. So is its Self the one reality in which its will and that of God are joined.
  • aware [əwέər] : 「気付いている、気が付いて」
  • lasting [lǽstiŋ] : 「長続きする、持続的な」
  • union [júːnjən] : 「結合、結ばれること」
❖ "Now this mind ~ "「今やこの心は、誰が心を創造したのか、再び気付くようになるし、また、神が(神の子の)心自体といつまでも結ばれていることを知るようになる」。



5. A messenger is not the one who writes the message he delivers. 
  • deliver [dilívər] : 「配達する、伝える」
❖ "A messenger is ~ "「メッセンジャーは、彼が配達するメッセージを書いた本人ではない」。



Nor does he question the right of him who does, nor ask why he has chosen those who will receive the message that he brings. 
  • chosen [tʃóuzn] : 「chooseの過去分詞形」
  • receive [risíːv] : 「受け取る、聞く、知る」
❖ "Nor does he ~ "「またメッセンジャーは、メッセージを書いた人物の権利に疑問を持つことはないし、彼が届けるメッセージを受け取る人物をなぜメッセージの書き手が選んだかなどと問うこともない」。



It is enough that he accept it, give it to the ones for whom it is intended, and fulfill his role in its delivery. 
  • enough [inʌ́f] : 「十分な、足りる」
  • intend [inténd] : 「〜するつもりである、〜を意図する」
  • fulfill [fulfíl] : 「〜を実行する、〜を果たす」
  • delivery [dilívəri] : 「配達、引き渡し」
❖ "It is enough ~ "「メッセンジャーは、(依頼を)受け入れ、意図された通りの人にそれを届け、メッセージを配達するという役割を果たすだけで十分だ」。



If he determines what the messages should be, or what their purpose is, or where they should be carried, he is failing to perform his proper part as bringer of the Word.
  • determine [ditə́ːrmin] : 「決定する、決心させる」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、目標」
  • carry [kǽri] : 「〜を持ち運ぶ」
  • fail [féil] : 「失敗する、しくじる」
  • perform [pərfɔ́ːrm] : 「〜を行う、実行する」
  • proper [prάpər] : 「適した、適切な」
  • bringer [bríŋər] : 「持って来る人、もたらす人」
❖ "If he determines ~ "「もしメッセンジャーが、メッセージの内容はこうあるべきだとか、その目的は何であるか、それをどこに運ぶべきか、などを決定したなら、」"he is failing to ~ "「言葉を伝えるという者として、彼の適切な役割を果たし損ねることになる」。ここの"the Word(言葉)"は大文字になっているので、『神の言葉』というニュアンスが込められている。もちろん、ここのメッセンジャーはホーリー・スピリットのことである。



6. There is one major difference in the role of Heaven's messengers, which sets them off from those the world appoints. 
  • major [méidʒər] : 「主要な、重要な」
  • difference [dífərəns] : 「相違、相違点、区別」
  • set off : 「際立たせる、目立たせる」
  • appoint [əpɔ́int] : 「決める、指定する、定める」
❖ "There is one ~ "「天の王国のメッセンジャーの役割には、この世界が任命するメッセンジャーと比べて、際だった一つの大きな違いがある」。メッセンジャーとしてのホーリー・スピリットの役割は、神の意志を神の子に伝えること。その神の子が、今度はホーリー・スピリットの伝言を他者に伝えるメッセンジャーとなる。そこが大きな違いである。



The messages that they deliver are intended first for them. 
  • deliver [dilívər] : 「配達する」
  • intend A for B : 「AをBに提供するよう意図する」
❖ "The messages that ~ "「彼らが伝えるメッセージは、第一に、彼らのために意図される」。まず、あなたが自分自身のためのメッセージをホーリー・スピリットから受け取り、そのメッセージを他者に伝えるように意図されている。



And it is only as they can accept them for themselves that they become able to bring them further, and to give them everywhere that they were meant to be. 
  • accept [əksépt]: 「受け入れる、承認する」
  • be able to : 「〜することができる」
  • further [fə́ːrðər] : 「さらにまた、さらになお」
  • be meant to do : 「〜するように意図されている」
❖ "And it is only ~ "「彼らがそのメッセージを更に広く伝え、メッセージが伝えられるようにと意図された場所すべてに配ることが出来るようになるのは、彼らが自分自身のためにそのメッセージを受け入れることが出来るときだけに限る」。ホーリー・スピリットから伝えられたメッセージをあなたが受け入れたときに限って、あなたはメッセンジャーとなって、そのメッセージを多くの他者に伝えることが出来る。単に伝言をリレーするだけではいけないのだ。



Like earthly messengers, they did not write the messages they bear, but they become their first receivers in the truest sense, receiving to prepare themselves to give.
  • earthly [ə́ːrθli] : 「地上の、この世の」
  • bear [bέər] : 「負う、持つ」
  • receiver [risíːvər] : 「受取人、受信者」
  • sense [séns] : 「感覚、感触、感じ」
  • prepare [pripέər] : 「〜を準備する、用意する」
❖ "Like earthly ~ "「地上のメッセンジャーと同じく、受け持つメッセージを彼らが書いたのではない」。"but they become ~ "「そうではなく、彼らは、最も正しい意味で、最初の受取手となるのだ」。"receiving to ~ "「つまり、メッセージを自ら与えることが出来る準備のために受け取るのである」。回りくどい言い方をしているが、要するに、あなたは神のメッセージを自分で作成する必要はなく(もっとも、それは不可能なのだが)、ホーリー・スピリットから神のメッセージを受け取り、それを受け入れる時点で、今度はそのメッセージを他者に伝える心の準備をする必要がある、ということ。神のメッセージ(真実)を分かち合うことで、それを拡張増大させていくのである。これが、実相的創造である。あなたは、神の王国の創造に参加するのだ。



7. An earthly messenger fulfills his role by giving all his messages away. 
  • fulfill [fulfíl] : 「〜を実行する、〜を果たす」
  • give away : 「引き渡す、引き渡す」
❖ "An earthly messenger ~ "「地上におけるメッセンジャーは、メッセージをすべて引き渡すことで彼の役割を果たす」。メッセージを渡すことだけが、この地上におけるメッセンジャーの仕事である。



The messengers of God perform their part by their acceptance of His messages as for themselves, and show they understand the messages by giving them away. 
  • perform [pərfɔ́ːrm] : 「〜を行う、実行する」
  • part [pάːrt] : 「役割、責任、義務」
  • acceptance [əkséptəns] : 「受け入れること、受諾」
  • give away : 「引き渡す、引き渡す」
❖ "The messengers of ~ "「神のメッセンジャーは、神のメッセージを彼ら自身のためのものだと受け入れ、それらのメッセージを(他者に)渡すことでメッセージを理解したのだと示すことによって、彼らの役割を果たす」。



They choose no roles that are not given them by His authority. And so they gain by every message that they give away.
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • authority [əθɔ́ːrəti] : 「権力、権限、権力者」
  • gain [ɡéin] : 「得る、獲得する」
❖ "They choose no ~ "「神のメッセンジャーは、彼らの権威者によって与えられた役割だけを選択する」。ここの"His authority"は神のことであるが、もちろん神は権威を振りかざすようなことはしない。あえて言うなら、真実を発信する権威をもった神、という意味合い。"And so they gain ~ "「それゆえ、彼らは、彼らが渡すメッセージのすべてによって、得るのだ」。神のメッセージを他者に伝え、分かち合うことで、さらなる真実を得ることが出来る。



8. Would you receive the messages of God? For thus do you become His messenger. You are appointed now. 
  • receive [risíːv] : 「受け取る、聞く、知る」
  • appoint [əpɔ́int] : 「決める、指定する、定める」
❖ "Would you ~ "「神のメッセージを受け取ってみたいとは思わないだろうか」。神のメッセージを是非受け取ってほしいという気持ち。"For thus do ~ "「なぜなら、こうしてあなたは神のメッセンジャーになるのだから」。"You are appointed ~ "「今、あなたは指名されているのだ」。あなたは、神のメッセンジャーに指名されている。それを受け入れればいい。



And yet you wait to give the messages you have received. And so you do not know that they are yours, and do not recognize them. 
  • wait [wéit] : 「待つ」
  • recognize [rékəɡnàiz] : 「〜を認識する、受け入れる」
❖ "And yet you wait ~ "「しかしあなたは、あなたが受け取ったメッセージを(他者に)与えることを渋っている」。受け取ったまま、ぐずぐずして他者と分かち合おうとしていない。"And so you ~ "「だから、あなたは、神のメッセージがあなたのものであると知ることがないし、それを(正しく)認識することもない」。神からのメッセージを受け取っただけでは、それが自分のものであることも、内容を完璧に理解することも出来ない。他者に伝え、分かち合うという創造行為に及ばない限り、神のメッセンジャーは不完全なのだ。



No one can receive and understand he has received until he gives. For in the giving is his own acceptance of what he received.
  • until [əntíl] : 「〜する時まで」
❖ "No one can ~ "意訳する、「誰も、(神からの)メッセージを(他者に)伝えるまでは、自分が神のメッセージを受け取ったとは言えないし、それを理解することも不可能だ」。"For in the giving ~ "「なぜなら、メッセージを伝えることで、彼が受け取ったものを彼自身が受け入れたことになるからだ」。ACIMが何度も繰り返し言っているように、教えることと学ぶことは一体であって、学んだことは教えなくてはいけない。教えて初めて、学んだことになる。受け取り学んだだけでは、実相的創造とは言えないのだ。



9. You who are now the messenger of God, receive His messages. For that is part of your appointed role. 
  • appoint [əpɔ́int] : 「決める、指定する、定める」
❖ "You who are ~ "「今や神のメッセンジャーとなったあなたよ、神のメッセージを受け取りなさい」。"For that is ~ "「なぜなら、それがあなたに定められた役割だから」。



God has not failed to offer what you need, nor has it been left unaccepted. 
  • fail [féil] : 「失敗する、しくじる」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる、〜を提供する」
  • left [léft] : 「leaveの過去・過去分詞形」
  • leave [líːv] : 「〜を残す、ある状態のままにしておく」
  • unaccept [ʌ̀næksépt] : 「受け入れない、認めない」
❖ "God has not ~ "「神は、あなたが必要とするものを与え損ねたことはないし、それが受け入れられなかったこともない」。



Yet another part of your appointed task is yet to be accomplished. 
  • another [ənʌ́ðər] : 「もう一つの、別の、ほかの」
  • task [tǽsk] : 「仕事、職務、役割」
  • accomplish [əkɑ́mpliʃ] : 「成し遂げる、果たす、成就する」
❖ "Yet another part ~ "「しかし、あなたに割り当てられた役割の他の部分は、今から達成されることになる」。神からのメッセージを受け取り、その後、それを同胞に伝えることが、あなたに割り当てられた役割の別の部分。



He Who has received for you the messages of God would have them be received by you as well. For thus do you identify with Him and claim your own.
  • as well : 「同じに、その上」
  • identify [aidéntəfài] : 「〜を同一視する、同定する」
  • claim [kléim] : 「主張する、言い張る、要求する」
❖ "He Who has ~ "「神のメッセージをあなたのために受け取ったホーリー・スピリットは、そのメッセージをあなたによって同様に受け取ってもらいたいと思っている」。



10. It is this joining that we undertake to recognize today. We will not seek to keep our minds apart from Him Who speaks for us, for it is but our voice we hear as we attend Him. 
  • join [dʒɔ́in] : 「結び付ける、結合する」
  • undertake [ʌ̀ndərtéik] : 「企てる、〜に着手する」
  • seek [síːk] : 「探し求める、捜し出す」
  • apart from : 「〜から離れて、〜は別として」
  • attend [əténd] : 「参加する、注意を向ける」
❖ "It is this joining ~ "「今日私たちが受け入れることに着手するのは、この結びつきである」。神のメッセンジャーとして、あなたとホーリー・スピリットは連携して事に当たることになる。それを今日、認識する。"We will not ~ "「私達のために語ってくれるホーリー・スピリットから私達の心を離したままにしておこうなどとしない」。"for it is but ~ "「なぜなら、私達がホーリー・スピリットの声に注意を向けるとき、私達は私達の声を聞いていることになるからだ」。あなたの心の奥の声であるホーリー・スピリットの声は、今や、あなた自身の声と同一となった。あなたとホーリー・スピリットが融合するのである。



He alone can speak to us and for us, joining in one Voice the getting and the giving of God's Word; the giving and receiving of His Will.
  • will [wíl] : 「意志、意欲、願望」
❖ "He alone can ~ "「ホーリー・スピリットだけが、私達のために私達に語りかけることが出来る」。"joining in one ~ "「一つの声の中で、神の言葉を受け取ることと与えこと、神の意志を受け取ることと与えることを結合するのである」。あなたの声とホーリー・スピリットの声が融合するとき、神のメッセージを受け取ったり、それを他者に与えたりすることが融合する。得ることと与えること、学ぶことと教えること、それらの区別は消滅する。神の意志を伝えるメッセージを軸として、あなたとホーリー・スピリットが一体化するからだ。



11. We practice giving Him what He would have, that we may recognize His gifts to us. 
  • practice [prǽktis] : 「練習する、実践する、実施する」
❖ "We practice ~ "「神がもっていたいと思うものを神にあげる練習をする」。"that we may ~ "「その結果、私達は神が私達に与えた贈り物を認識できる」。ここの"that"は"so that"で、「〜するために、その結果」。また、"what He would have"は、神が神の子にしてほしいと思うことという意味合い。ホーリー・スピリットを介して神の子が神の意志を知ることを神は望んでいる。それを知れば、神が神の子に与えてくれた神の属性という贈り物はもちろんのこと、神の愛を知ることが出来る。



He needs our voice that He may speak through us. He needs our hands to hold His messages, and carry them to those whom He appoints. 
  • through [θrúː] : 「〜の手を経て、手を通して」
❖ "He needs our ~ "「神が私達を通して語ることが出来るために、神は私達の声を必要としている」。"He needs our ~ "「神のメッセージを受け取り、神が定めた人達にそれを届ける手を神は必要としている」。つまり、私達がホーリー・スピリットの役割を担うことを神は望んでいるわけだ。私達の心が幻想から目覚め、浄化されて純粋なスピリットとなることを私達は求められている。その結果、私達は神のメッセンジャーとなるのである。



He needs our feet to bring us where He wills, that those who wait in misery may be at last delivered. 
  • will [wíl] : 「〜を望む、意図する」
  • misery [mízəri] : 「悲惨、不幸、惨めさ」
  • deliver [dilívər] : 「配達する、解放する」
❖ "He needs our ~ "「神が意図した場所に私達を運ぶための足を神は必要としている」。"that those who ~ "「そうすれば、惨めさの中で待ち望んでいる人々は、ついに解放されるだろう」。必要とされる場所に赴いて神のメッセージを伝え、世界を救え、ということ。



And He needs our will united with His Own, that we may be the true receivers of the gifts He gives.
  • will [wíl] : 「意志、意欲、願望」
  • unite [junáit] : 「一体化する、結合する」
❖ "And He needs ~ "「そして、神自身の意志と結合した私達の意志を神は必要としている」。"that we may ~ "「その結果、私達は、神が与えてくれた贈り物の本当の受け手となることが出来るだろう」。



12. Let us but learn this lesson for today: We will not recognize what we receive until we give it. 
  • learn [lə́ːrn] : 「学ぶ、知る、分かる」
  • recognize [rékəɡnàiz] : 「〜を認識する、受け入れる」
❖ "Let us but learn ~ "「今日のための次のレッスンだけを学ぼう」。"We will not ~ "「私達は、受け取ったものを与えるまでは、その受け取ったものを受け入れたことにはならない」。



You have heard this said a hundred ways, a hundred times, and yet belief is lacking still. 
  • heard [hə́ːrd] : 「hearの過去・過去分詞形」
  • hundred [hʌ́ndrəd] : 「100の、100個の」
  • belief [bilíːf] : 「信じること、信用、信頼」
  • lacking [lǽkiŋ] : 「欠けている、足りない」
❖ "You have heard ~ "「あなたはこのことを、何百回も、何百通りにも聞いてきたが、まだ信じる気持ちに欠けている」。



But this is sure; until belief is given it, you will receive a thousand miracles and then receive a thousand more, but will not know that God Himself has left no gift beyond what you already have; nor has denied the tiniest of blessings to His Son. 
  • sure [ʃúər] : 「確かな、確実な」
  • thousand [θáuzənd] : 「1000の、1000個の」
  • left [léft] : 「leaveの過去・過去分詞形」
  • leave [líːv] : 「〜を残す」
  • beyond [bijάnd] : 「〜を越えて、〜を過ぎて」
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、拒む、拒絶する」
  • deny [dinái] A B : 「A に B を与えない 」
  • tiny [táini] : 「とても小さい、ちっぽけな」
  • blessing [blésiŋ] : 「祝福、恩恵、幸運」
❖ "But this is ~ "「しかし、次に言うことは確かなことだ」。"until belief is ~ "「信じる気持ちが与えられるまでは、あなたは何千という奇跡を受け、さらに何千という奇跡を重ねて受けても、神は、あなたが既にもっているもの以上の贈り物を与えずに残してしまったことなどなく、神の子にほんの小さな祝福さえ与えなかったことはないと、あなたは知ることは出来ないだろう」。神はあなたにすべてを与え、すべてを祝福してきた。取り残したものは何もない。しかし、あなたに信じる気持ちが欠けている限り、何度奇跡に出会っても、その神の愛を知ることは出来ない。



What can this mean to you, until you have identified with Him and with His Own?
  • mean [míːn] : 「〜を意味する、…とは〜を指す」
  • identify [aidéntəfài] : 「〜を同一視する、同定する」
  • identify with : 「〜と同一であるとする、〜と一体感を持つ」
❖ "What can this ~ "「あなたが神と、あるいは神自身が創造したものと同一だと認識出来るまでは、このことはあなたにとって、いったいどんな意味があるだろうか」。あなたが神の創造した神の子であり、神と同等の神聖さをもった存在なのだと信じ切れない限り、神の贈り物も祝福も、あなたにとってはまったく意味がない。



13. Our lesson for today is stated thus:

        I am among the ministers of God, 
        and I am grateful that I have the means 
        by which to recognize that I am free.
  • state [stéit] : 「述べる、はっきり言う」
  • grateful [ɡréitfəl] : 「感謝する、感謝している」
  • means [míːnz] : 「手段、方法」
❖ "Our lesson for ~ "「今日の私達のレッスンは、次ぎのように述べることが出来る」。"I am among ~ "「私は、神の神聖な役割を担った者達の中の一人であり、私が自由であることを認識するための手段をもっていることに感謝する」。



14. The world recedes as we light up our minds, and realize these holy words are true. They are the message sent to us today from our Creator. 
  • recede [risíːd] : 「退く、弱まる」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る」
  • sent [sént] : 「sendの過去・過去分詞形」
  • creator [kriéitər] : 「創造者、創作者、創設者」
❖ "The world recedes ~ "「私達が心を(真実の光で)照らし、この神聖な言葉が真実であると知るにつれて、世界は退いていく」。神聖な言葉とは、前出の"I am among the ministers ~ "のこと。心が真実に目覚め始めると、幻想のこの世界はどんどん薄らいでいく。"They are the ~ "「この神聖な言葉は、私達を創造してくれた神から私達に今日送られたメッセージである」。



Now we demonstrate how they have changed our minds about ourselves, and what our function is. 
  • demonstrate [démənstrèit] : 「実証する、実演する」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、作用、働き、効用、職務、役割」
❖ "Now we demonstrate ~ "「この神聖な言葉が私達自身について私達の心をどのように変えるのか、私達の役割が何であるか、今私達はそれを実証する」。



For as we prove that we accept no will we do not share, our many gifts from our Creator will spring to our sight and leap into our hands, and we will recognize what we received.
  • prove [prúːv] : 「証明する」
  • share in : 「〜を分かち合う、〜を共有する」
  • spring [spríŋ] : 「跳ねる、跳ぶ」
  • spring to : 「〜に向かって飛び付く」
  • sight [sáit] : 「視野、視界、眺め」
  • leap [líːp] : 「飛び跳ねる、跳ぶ」
  • leap into : 「〜に飛び込む」
❖ "For as we ~ "「なぜなら、私達が分かち合うことのない意志は決して受け入れないと証明するにしたがい、創造主である神からの多くの贈り物は私達の視野の中に、そして手の中に飛び込んで来て、私達が何を受け取ったのか認識するようになるからだ」。真実の属性の一つに、真実は必ず分かち合われ拡張増大するという性質がある。したがって、神や同胞と分かち合うことのない意志は幻想であり、虚偽である。そんな偽りの意志は排除するのだ。そうすれば、私達が神から継承した神の属性のすべて、神からの贈り物のすべてが今、私達の目の前に存在していることがはっきり認識出来る。つまり、神の愛を知ることになるのだ。






Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

Powered by Blogger.