●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



W-pI.139.1:1 ~ W-pI.139.12:4

Lesson 139



I will accept Atonement for myself.
  • accept [əksépt]: 「受け入れる、承認する」
  • atonement [ətóunmənt] : 「償い、贖罪」
❖ "I will accept ~ "「私は、私自身のために贖罪を受け入れようと思う」。神の子は、神から分離したことを神への裏切りと感じ、罪の意識を覚える。これが罪の原型である。罪の意識は、神の報復に対する恐れを生み出し、これが恐れの原型となる。神の子は分離によって生じた罪と罰を覆い隠すために幻想の世界を構築し、自己を乖離してエゴを生む。もちろん、これは罪と罰の原型であって、あなた自身がその責任を負う必要はない。しかし、あなたがエゴを信奉し、この幻想世界に生きている限り、罪の原型から派生する数々の罪の意識から逃れることは難しい。罪の意識が生み出した夢を見ているからだ。そこで、あなたが心に抱いている罪は単なる夢に過ぎないと認識し、夢を赦して解放してしまうことが求められる。こうしてあなたは夢から目覚め、幻想に過ぎない罪は消滅する。罪は滅ぼされるのだ。これが、ACIMの言う『贖罪』である。



1. Here is the end of choice. For here we come to a decision to accept ourselves as God created us. 
  • choice [tʃɔ́is] : 「選ぶこと、選択」
  • decision [disíʒən] : 「決定、決断、決心」
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
❖ "Here is the ~ "「ここに、選択の終わりがある」。あなたが最終的に贖罪を選択することで、一連の選択は終了する。"For here we ~ "「なぜなら、ここで私達は、神が私達を創造したままの自分自身を受け入れる決断に至るからだ」。贖罪によって幻想の罪が消滅すると、あなたはまったく罪のない無辜(むこ)なる自分自身を知ることになる。無辜なるあなたは、神が創造したままの神の子そのものだ。神の子であることを受け入れるための一連の選択と決断は、これで終了する。



And what is choice except uncertainty of what we are? There is no doubt that is not rooted here. 
  • except [iksépt] : 「ただし、除いて」
  • uncertainty [ʌnsə́ːrtnti] : 「確信のないこと、不確実なこと」
  • doubt [dáut] : 「疑い、疑念、疑惑、懸念」
  • root [rúːt] : 「〜を植え付ける、根付かせる」
❖ "And what is ~ "「そして、本当の私達は何であるか、その不確かさを除けば、いったい選択とは何であるか」。本当の自分が何であるか不確かだからこそ、それを知るために一連の選択を行ってきた。自分が無辜なる神の子であると知った今、もはや選択する意味も必要もはなくなる。"There is no ~ "ここは二重否定、「不確かさに根ざしていない疑いなど存在しない」。本当の自分が何であるか不確かだからこそ、あれこれと疑いが生じてくる。無辜なる自分を知った今、罪があるかないかと、疑いを抱く必要はない。生きているか生きていないか、そんな疑いも抱く必要はない。



There is no question but reflects this one. There is no conflict that does not entail the single, simple question, "What am I?"
  • question [kwéstʃən] : 「質問、疑問、問い、問題」
  • reflect [riflékt] : 「〜を映す、示す、反映する」
  • conflict [kɑ́nflikt] : 「衝突、対立、摩擦、葛藤、軋轢」
  • entail [entéil] : 「〜を伴う、必要とする、引き起こす」
  • single [síŋɡl] : 「ただ一つの、たった一つの」
  • simple [símpl] : 「簡素な、易しい、難しくない」
❖ "There is no ~ "「疑いはこのことだけを反映しており、その他の疑いは存在しない」。不確かさだけが疑いを生むのであって、疑いは自分の不確かさを反映している。"There is no ~ "「たった一つの単純な疑問、『私は何であるか』という疑問を引き起こすことがないような葛藤はない」。本当の自分は何であるかという疑問があるうちは、心の中に葛藤を生み出す。心の中のエゴがあなたを惑わせ、混乱させ、苦と痛みを与えるのである。贖罪によってあなたがエゴを消滅させ、ホーリー・スピリットと一体となった今、あなたは迷うこともコンフリクトを起こすこともない。



2. Yet who could ask this question except one who has refused to recognize himself?
  • except [iksépt] : 「ただし、除いて」
  • refuse [rifjúːz] : 「断る、拒否する、拒絶する」
  • recognize [rékəɡnàiz] : 「〜を認識する、受け入れる」
❖ "Yet who could ~ "「しかし、自分自身を認識することを拒絶する者以外に、いったい誰がこんな疑問を発するだろうか」。コンフリクトに明け暮れして本当の自分を見失い、しかも知ることを拒絶する者だけが"What am I?"という疑問を発する。疑問を発するが、知ることを拒否しているから、いつまでもコンフリクトに振り回される。



Only refusal to accept yourself could make the question seem to be sincere. 
  • refusal [rifjúːzl] : 「拒絶、拒否」
  • accept [əksépt]: 「受け入れる、承認する」
  • sincere [sinsíər] : 「誠実な、正直な」
❖ "Only refusal to ~ "「あなた自身を受け入れることを拒否することだけが、疑問をいかにも誠実なもののように見せかける」。この世で苦と痛みを感じる自分自身は本当の自分ではないと、あなたはうすうす感じている。そこで、『本当の自分は何なのか』と疑問を発するのだが、しかし、あなたは無辜なる神の子だという解答が与えられても、それを受け入れる心の準備は出来ていない。疑問を発するだけでその場に止まり、疑問が誠実なものであることに満足してしまう。



The only thing that can be surely known by any living thing is what it is. 
  • surely [ʃúərli] : 「疑いなく、確かに、確実に」
❖ "The only thing ~ "「どんな生き物にとっても確実に知り得る唯一のことは、それが何であるかということだ」。自己同定が生き物の最低限の知である。最低限の知であるが、むしろ、それだけで十分である。



From this one point of certainty, it looks on other things as certain as itself.
  • certainty [sə́ːrtnti] : 「確実、確実性、間違いないこと」
  • look on : 「〜を見る」
❖ "From this one ~ "「このような確実性の観点から、生き物は他の生き物を、自分自身と同じくらいの確実性をもって見る」。確実な自己同定の基に、他者の確実な同定が可能となる。つまり、あなたは神の子であるという確実な自己同定が出来れば、他者もまたあなたと同一の神の子であると確実に同定することが出来る。自己一如が確実に理解出来る。あるいは、自分は無辜なのだと確信が持てれば、他者もまた無辜なのだと確実に受け入れることが出来る。



3. Uncertainty about what you must be is self-deception on a scale so vast, its magnitude can hardly be conceived. 
  • deception [disépʃən] : 「騙すこと、嘘、ごまかし」
  • scale [skéil] : 「規模、程度」
  • on a scale : 「〜の規模で」
  • vast [vάːst] : 「広大な、非常に広い、巨大な」
  • magnitude [mǽgnətjùːd] : 「規模、大きさ重要性 」
  • hardly [hάːrdli] : 「ほとんど〜ない、とても〜ない」
  • conceive [kənsíːv] : 「思い付く、心に描く」
❖ "Uncertainty about ~ "「本当のあなたは何であるはずなのか、それに関して確信がないことは、規模の大きな自己欺瞞である」。"its magnitude ~ "「その規模は計り知ることが出来ない」。あなたは神が創造した完全、完璧な無辜なる神の子だという確信がない限り、あなたの自己欺瞞は続く。つまり、エゴの描く自己像が本当の自分だと信じてしまうのだ。たとえば、この世で成功し、支配力と富を得て名声を馳せることが自己実現だと信じてしまう。



To be alive and not to know yourself is to believe that you are really dead. 
  • alive [əláiv] : 「生きていて、活動して」
❖ "To be alive ~ "「生きていて、なおあなた自身を知らないでいることは、実際は死んでいると信じていることだ」。自分自身を知らなければ、肉体は生きているが、心は死んだ状態にあると思い込んでいる。しかし、心と命は一体であって、自分自身を知らないでいても、あなたに命がある以上、心は死ぬことはない。あなたの実存の根源には神の子としての命と心があるのであって、それ以外の自分自身を知ることがなければ死んだも同然だと思うことは自己欺瞞である。



For what is life except to be yourself, and what but you can be alive instead? Who is the doubter? What is it he doubts? Whom does he question? Who can answer him?
  • instead [instéd] : 「代わりに、そうしないで」
❖ "For what is ~ "「と言うのも、あなた自身であること以外の命とは何であろうか」。あなが命として生きている限り、それがあなた自身なのだ。"and what but ~ "「あなた以外に、あなたに代わって誰が生きることが出来るだろうか」。あなた自身の命を、他の誰かが生きることは不可能だ。"Who is the ~ "「誰が疑う者だろうか」。"What is it ~ "「彼は何を疑っているだろう」。"Whom does ~ "「誰に疑問をぶつけているだろう」。"Who can answer ~ "「誰が彼に答えるだろう」。あなたの命と心が見るべき方向性を誤って、生きていることを疑い、疑問だらけの迷路に迷い込んでいるのだ。



4. He merely states that he is not himself, and therefore, being something else, becomes a questioner of what that something is. 
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
  • state [stéit] : 「述べる、はっきり言う」
❖ "He merely ~ "「彼は単に、自分は本当の自分自身ではないと述べ、」"and therefore ~ "「したがって、他の何かであるはずだと思い、その何かとは何なのか、それを問いかける者となる」。本当の自分は、その心であり命であるにもかかわらず、自分以外の場所に本当の自分を求めてしまう。



Yet he could never be alive at all unless he knew the answer. If he asks as if he does not know, it merely shows he does not want to be the thing he is. 
  • at all : 「全く〜ない、少しも〜ない」
  • unless [ənlés] : 「〜でない限り、〜である場合を除いて」
  • as if : 「あたかも〜かのように、〜と言わぬばかりに」
❖ "Yet he could ~ "「しかし彼は、答を知らない限り、生きることがまったく出来ない」。本当の自分自身は何なのか、それを知らない限り、本当に生きているという実感はもてないし、本当に生きてもいないと思い込んでいる。"If he asks as ~ "「もし彼が、知らない振りをして尋ねるなら、それは単に、本当の彼になりたいとは望んでいないことを示してるだけだ」。自分には命と心があるという答えを知りながら、知らない振りをして、本当の自分とは何なのかと尋ねたなら、それは、本当の自分になりたいと特別に望んでいるわけではないことを示しているだけだ。答えを知っているのだから、そもそも問いかける必要はない。



He has accepted it because he lives; has judged against it and denied its worth, and has decided that he does not know the only certainty by which he lives.
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、拒む、拒絶する」
  • worth [wə́ːrθ] : 「価値」
  • decide [disáid] : 「決定する、決心する、決意する」
❖ "He has accepted ~ "「彼は生きているので、それを受け入れてきた」。彼は生きているので、命と心という答えを受け入れてきたことは間違いない。しかし、"has judged ~ "「それに対抗して判断し、その価値を否定した来た」。命と心に反する判断を下し、つまり、命と心の実在性を否定し、幻想に過ぎない肉体の実在性を肯定してきた。"and has decided ~ "「そして、生きる拠(よ)り所となる確実性だけは知らないことにすると決めてきた」。生きることの確実な源は実在する命と心であるにもかかわらず、それをベールで覆い隠して知らないことにし、まったく別の場所に本当の自分を探そうとしてきたのだ。



5. Thus he becomes uncertain of his life, for what it is has been denied by him. 
  • uncertain [ʌnsə́ːrtn] : 「不確かな、不明確な、不安定な」
❖ "Thus he becomes ~ "「こうして彼は、彼の命に確信がもてなくなる」。命の実在性に確信できなくなる。"for what it ~ "「なぜなら、命とは何なのか、彼はそれを否定したからだ」。本当の命なるものを否定し、肉体の存続が命であると思い込み、死をもって命は終わると信じてきた。



It is for this denial that you need Atonement. Your denial made no change in what you are.
  • denial [dináiəl] : 「否定、拒否、拒絶、否認」
  • atonement [ətóunmənt] : 「償い、贖罪」
  • make no change : 「変化を起こさない」
❖ "It is for this ~ "「あなたに贖罪が必要なのは、この否定のためである」。命の否定は誤りであり、幻想である。それを取り消しにする贖罪が必要だ。"Your denial ~ "「あなたの否定は、本当のあなたを変えることはなかった」。あなたがどんなに命という真実を否定しても、本当のあなたは実相的な命として生きている事実を変えることはなかった。幻想が実相に変化を与えることは不可能なのだ。夜見る夢の中で、あなたは肉体をもって生き、そして死んだとしても、夢から目覚めたあなたに何の変化があるだろう。その目覚めが、すなわち贖罪である。



But you have split your mind into what knows and does not know the truth.
  • split [splít] : 「〜を割る、〜を分割する、裂く」
❖ "But you have ~ "「しかしあなたは、あなたの心を、真実を知っている心と真実を知らない心とに分割してしまった」。真実を幻想で覆い隠すエゴの支配する心の部分と、真実の命を生きるホーリー・スピリットの宿る心の部分に分割した。



You are yourself. There is no doubt of this. And yet you doubt it. But you do not ask what part of you can really doubt yourself.
  • doubt [dáut] : 「〜を疑問に思う、疑う、信じない」
  • part [pάːrt] : 「一部、部分」
❖ "You are ~ "「あなたは、あなた自身である」。あなたはエゴに支配された幻想のあなたではなく、幻想を贖罪で取り消しにした後のあなた自身である。"There is no ~ "「これにまったく疑いがない」。"And yet you ~ "「しかし、あなたはまだ疑っている」。"But you do ~ "「しかし、あなたは、あなたのどの部分があなた自身を実際に疑うことが出来るのか、尋ねるこはない」。真実に対して疑いの目を向けるエゴの存在に気付かず、問いかけることもない。



It cannot really be a part of you that asks this question. For it asks of one who knows the answer.
  • ask of : 「〜に要求する」
❖ "It cannot really ~ "「(疑いをもって)こんな疑問を投げかけるのは、実際、あなたの一部ではあり得ない」。"For it asks ~ "「なぜなら、それは、答えを知っているあなたの心の部分に尋ねているのだからだ」。本当の命を知り、真実のすべてを知っているホーリー・スピリットが宿る心の部分こそ、あなた自身の心であって、それに対して疑いを抱き疑問を投げかける心の部分は、本当のあなたの心ではない。むしろ、エゴの催眠に掛けられた偽りの心だと言った方がいいかもしれない。
 非常にややこしい構造になっているように見えるだろうが、これが分離のもたらす混乱の一つである。もし、あなたがエゴと完全に同化してホーリー・スピリットを追放できたなら、幻想を現実だと信じ切って楽な生き方が出来るだろう。しかし、あなたは実相として心と命をもって生きている。その結果として、この幻想世界で生きて行くことが非常に困難に見えるのだ。だから、逆転させればいい。あなたがホーリー・スピリットと完全に同化してエゴを追放できたなら、あなたは本当の心と命をもって楽に生きて行けるのだ。



Were it part of you, then certainty would be impossible.
  • impossible [impάsəbl] : 「不可能な、とてもあり得ない」
❖ "Were it part ~ "「もしそれがあなたの一部であったなら、そのときは、確実性は不可能なものとなる」。あなたの心のエゴ的部分が本当のあなたの心の一部だとしたら、命の確実性は不可能だ。幻想が実在するとしたら、真実は不可能だ。しかし、本当は違う。あなたの心は分裂などしておらず、完璧に一つの心として、実相の命をもって生きている。ただ、夢の中であなたは、その心をエゴという黒雲で覆い、あたかも黒雲が自分自身であるかのように錯覚しているだけだ。その黒雲を追い払い、本来の命として心を蘇らせる奇跡が贖罪なのである。



6. Atonement remedies the strange idea that it is possible to doubt yourself, and be unsure of what you really are.
  • remedy [rémədi] : 「改善する、修正する、治療する」
  • unsure [ʌnʃúər] : 「不確かな、確信のない、自信のない」
❖ "Atonement remedies ~ "「あなた自身を疑うことは可能であり、本当のあなたは何なのか確信がもてない、という奇妙な考えを贖罪が修正する」。



This is the depth of madness. Yet it is the universal question of the world.
  • depth [dépθ] : 「深いこと、強烈さ」
  • madness [mǽdnis] : 「狂気、熱狂、熱中」
  • universal [jùːnəvə́ːrsl] : 「全世界の、一般的な、普遍的な」
❖ "This is the ~ "「こんな考えは、狂気の深淵である」。"Yet it is ~ "「しかし、それはこの世界がもつ普遍的な疑問でもある」。本当の自分自身を失い、確信をもつことが出来ないという考えは深い幻想であるが、その幻想のもつ狂気はこの世に蔓延している。



What does this mean except the world is mad? Why share its madness in the sad belief that what is universal here is true?
  • mad [mǽd] : 「気が狂って、怒って」
  • share [ʃέər] : 「分かち合う、共有する」
  • sad [sǽd] : 「悲しげな、悲しそうな」
❖ "What does this ~ "「この世界が狂っているという以外に、これは何を意味するだろうか」。"Why share its ~ "「この世界に蔓延しているものが真実であるとする悲しい信念を抱きながら、なぜその狂気は分かち合われるのだろうか」。世界自体が幻想であり、狂っているからだ。



7. Nothing the world believes is true. It is a place whose purpose is to be a home where those who claim they do not know themselves can come to question what it is they are.
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、目標、狙い」
  • those who : 「〜する人々」
  • claim [kléim] : 「主張する、言い張る」
❖ "Nothing the ~ "「この世界が信じていることはすべて真実ではない」。"It is a place ~ "「この世界は、自分自身を知らないと主張する人々が本当の自分は何なのか問いかけるためにやって来るホームとすることを目的とした場所である」。エゴが人々の心を黒雲で覆い隠し、本当の自分自身を見失った人々が、まるで引き寄せられるかようにこの幻想世界に生まれ出る。あまりにもリアルに見える世界ではあるが、エゴがそんな人々を留め置こうとしてでっち上げた幻の世界である。



And they will come again until the time Atonement is accepted, and they learn it is impossible to doubt yourself, and not to be aware of what you are.
  • learn [lə́ːrn] : 「学ぶ、知る、分かる」
  • impossible [impάsəbl] : 「不可能な、できない」
  • aware [əwέər] : 「気が付いて、承知して、知って」
❖ "And they will ~ "「贖罪が受け入れられ、あなた自身を疑ったりあなたは何なのか知らないでいることは不可能なのだと学ぶ時まで、彼らは何度でもこの世界に生まれ出て来る」。"they"と"you"が混在しているが、彼らはあなたであり、あなたは彼らだと思えばいい。
 余談であるが、ここの"will come again"を「生まれ出てくる」と訳したが、転生に特定しようとしたわけではない。ヘレンの回想には、転生を匂わせる夢や幻視に関する記述が所々に見受けられるが、彼女自身は輪廻転生を信じてはいなかった。イエス自身も輪廻転生は真実ではなく、幻想の続きだというスタンスをとっている。と言うのも、この世で肉体として生きるも夢、また肉体として死ぬも夢であり、したがって肉体としての輪廻転生もまた夢である。



8. Only acceptance can be asked of you, for what you are is certain. It is set forever in the holy Mind of God, and in your own.
  • acceptance [əkséptəns] : 「受け入れること、承認、容認」
  • certain [sə́ːrtn] : 「確実な、確かな、信頼できる」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
❖ "Only acceptance ~ "「受け入れることだけが、あなたに求められている」。"for what you ~ "「なぜなら、本当のあなたは何であるか、それは確実なことであるからだ」。あなたが無辜なる神の子であることは確実な真実であるから、それを受け入れるだけでいい。"It is set forever ~ "「それは、神の神聖な心の中に、そしてあなた自身の心の中に永遠に刻まれている」。



It is so far beyond all doubt and question that to ask what it must be is all the proof you need to show that you believe the contradiction that you know not what you cannot fail to know.
  • beyond [bijάnd] : 「〜の向こうに、〜を越えて」
  • proof [prúːf] : 「証拠、立証、証明、証し」
  • contradiction [kὰntrədíkʃən] : 「矛盾、不両立、否定」
  • fail [féil] : 「失敗する、しくじる」
❖ "It is so far ~ "「それは疑いや疑問を遙かに越えているので、」あなたが神の子であるという真実は疑問の余地のないことなので、"that to ask what ~ "「そうであることが確実なことを(疑問をもって)尋ねるのは、あなたがthat以下であることを示すのに十分な証拠である」。"that you believe ~ "「あなたが知り損ねることのないことを知らないというような矛盾を信じている」十分な証拠である。あなたは神の子であり、神の子以外ではなく、神の子以外にもなれない。存在する真実は唯一それだけだから、それを知り損ねることは不可能だ。それなのに、自分自身を知り得ないとして疑問を発することは、自己矛盾を自ら露呈しているようなものだ。



Is this a question, or a statement which denies itself in statement?
  • statement [stéitmənt] : 「発言すること、発言、意見」
❖ "Is this a ~ "「これは疑問と言えるだろうか」。"or a statement ~ "「あるいは、発言の中にその発言自体を否定している発言ではないだろうか」。たとえば、『私は考えることが出来ない』という発言は、そのように考えているのだから、発言が発言自体を否定している。それと同じように、知り損ねることの出来ないことを知り得ないと疑問を抱くことは自己矛盾である。



Let us not allow our holy minds to occupy themselves with senseless musings such as this.
  • allow [əláu] : 「許す、許可する」
  • occupy [άkjupài] : 「占領する、占拠する、塞ぐ」
  • senseless [sénslis] : 「無分別な、愚かな、無意味な」
  • musing [mjúːzìŋ] : 「物思い、沈思、黙想」
❖ "Let us not ~ "「このような意味のない思いで神聖な心自体を占領してしまうことを許さないようにしよう」。



9. We have a mission here. We did not come to reinforce the madness that we once believed in.
  • mission [míʃən] : 「任務、使命、目的、目標」
  • reinforce [rìːinfɔ́ːrs] : 「強化する、補強する、増強する」
  • madness [mǽdnis] : 「狂気、熱狂、熱中」
❖ "We have ~ "「ここに、私達の使命がある」。"We did not ~ "「私達は、以前信じていた狂気を強化するためにやって来たのではない」。



Let us not forget the goal that we accepted. It is more than just our happiness alone we came to gain.
  • forget [fərɡét] : 「〜を忘れる、〜を思い出せない」
  • accept [æksépt] : 「認める、容認する、受け入れる」
  • alone [əlóun] : 「独りで、独力で、単独で」
  • gain [ɡéin] : 「得る、獲得する」
❖ "Let us not ~ "「私達が受け入れた目的を忘れないようにしよう」。"It is more ~ "「私達が得ようとしてやって来た目的は、一人だけの幸せ以上のものである」。あなたは自分だけの幸せを求めてやって来たかもしれないが、得られる幸せはあなた一人に止(とど)まらない。



What we accept as what we are proclaims what everyone must be, along with us.
  • proclaim [proukléim] : 「公表する、宣言する」
  • along with : 「〜と一緒に、〜とともに、〜に加えて」
❖ "What we accept ~ "意訳する、「本当の私達の姿として私達が受け入れた内容は、私達に止まらず、すべての人達の姿もそうであるに違いないと宣言しているのだ」。私達が、自分は完全な無辜なる神の子であると受け入れることは、他者もまた同様に、完全な無辜なる神の子であると宣言していることになる。



Fail not your brothers, or you fail yourself. Look lovingly on them, that they may know that they are part of you, and you of them.
  • fail [féil] : 「〜を見捨てる、〜を裏切る」
  • lovingly [lʌ́viŋli] : 「愛情を込めて、優しく」
❖ "Fail not your ~ "「あなたの同胞を見捨ててはいけないし、あなた自身を見捨ててもいけない」。"Look lovingly ~ "「愛をもって彼らを見なさい」。"that they may ~ " ここの"that"は"so that"のこと、「そうすれば、彼らはあなたの一部であり、あなたも彼らの一部であると、彼らは知ることになるだろう」。愛に満ちた心の目で見れば、分離しているように見える他者とあなたは、本当は単一の神の子であると知ることが出来る。自他一如を受け入れることが可能なのだ。



10. This does Atonement teach, and demonstrates the Oneness of God's Son is unassailed by his belief he knows not what he is.
  • demonstrate [démənstrèit] : 「実証する、立証する、実演する」
  • oneness [wʌ́nnis] : 「単一性、同一性」
  • unassailed [ʌ̀nəséild] : 「攻撃されていない」
❖ "This does ~ "「これを、贖罪が教えてくれる」。"and demonstrates ~ "「そして、神の子の単一性は、本当の自分が何なのか知らないとする信念によって攻撃されることはないのだと実証してくれる」。神の子はこの幻想世界の中で分離分裂してしまったかに見えるが、それは単なる夢であって、神の子が単一の存在であるという真実は永遠に不変である。そのことに気付かせてくれるのが贖罪。すなわち、贖罪によって幻想から実相に目覚めれば、神の子の単一性は自ずと明白になる。



Today accept Atonement, not to change reality, but merely to accept the truth about yourself, and go your way rejoicing in the endless Love of God.
  • reality [riǽləti] : 「現実、実在、現実のこと」
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
  • rejoice [ridʒɔ́is] : 「うれしがる、喜ぶ、祝う」
❖ "Today accept ~ "「今日、贖罪を受け入れなさい」。"not to change ~ "「それは、現実を変えるのではなく、ただ単に、あなた自身についての真実を受け入れ、尽きることのない神の愛の中にあって、喜びに満ちたあなたの道を進むためなのだ」。



It is but this that we are asked to do. It is but this that we will do today.
  • ask [ǽsk] : 「求める、要求をする」
❖ "It is but this ~ "「あなたがなすようにと求められているものは、ただこれだけだ」。"It is but this ~ "「今日、私達がなすことも、ただこれだけである」。



11. Five minutes in the morning and at night we will devote to dedicate our minds to our assignment for today.
  • devote [divóut] : 「充てる、向ける、専念させる」
  • dedicate [dédikèit] : 「〜をささげる、専念する、打ち込む」
  • assignment [əsáinmənt] : 「任務、割り当て、課題」
❖ "Five minutes ~ "「私達は、今日のために割り当てられた課題に心から打ち込むことに朝と晩の5分間を充てる」。



We start with this review of what our mission is:

        I will accept Atonement for myself,
        For I remain as God created me.
  • review [rivjúː] : 「復習、再考、再吟味、再調査」
  • mission [míʃən] : 「任務、使命、目的、目標」
  • remain [riméin] : 「依然として〜のままである」
❖ "We start with ~ "「私達の使命は何なのか、私達はそれを吟味することから始める」。"I will accept ~ "「私は、私自身のために贖罪を受け入れようと思う」。"For I remain ~ "「なぜなら、私は神が創造したままの自分であるからだ」。



We have not lost the knowledge that God gave to us when He created us like Him.
  • lost [lɔ́st] : 「loseの過去・過去分詞形」
  • knowledge [nάlidʒ] : 「知識、知恵、事実」
❖ "We have not ~ "「神が神に似せて私達を創造したとき、神が私達に与えてくれた叡智を、私達は失ってはいない」。叡智とは真実の総体である。神の子は、叡智も含めて、神の属性のすべてを継承した。忘れることがあっても、それを失うことは不可能である。なぜなら、それが神の子の存在そのものだからだ。



We can remember it for everyone, for in creation are all minds as one.
  • remember [rimémbər] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
  • creation [kriéiʃən] : 「創造、創作、創作物、作品」
❖ "We can remember ~ "「私達はみんなのために叡智を思い出すことが出来る」。あなたが思い出せば、他者も思い出す。"for in creation ~ "「なぜなら、創造にあたって、すべての心は一つだったのだから」。現在形で書かれているが、今も変わらず一つだということを強調しているのだろう。自他一如は永遠不変の真実である。



And in our memory is the recall how dear our brothers are to us in truth, how much a part of us is every mind, how faithful they have really been to us, and how our Father's Love contains them all.
  • recall [rikɔ́ːl] : 「思い出すこと、想起」
  • dear [díər] : 「親愛な、いとしい、敬愛する」
  • faithful [féiθfəl] : 「信頼できる、誠実な」
  • contain [kəntéin] : 「含む、包含する」
❖ "And in our ~ "「そして、私達の思い出の中で、私達の同胞が本当にどんなにか私達にとっていとおしいものであるか、(彼らの)個々の心は私達のどんなに多くの部分となっているか、彼らは実際私達にどんなに誠実であったか、そして、父なる神の愛はどのように彼らすべてを包み込んでいるか、そういうことを思い返すのである」。



12. In thanks for all creation, in the Name of its Creator and His Oneness with all aspects of creation, we repeat our dedication to our cause today each hour, as we lay aside all thoughts that would distract us from our holy aim.
  • in thanks for : 「〜への感謝を込めて」
  • creation [kriéiʃən] : 「創造、創作、創作物、作品」
  • in the name of : 「〜の名において」
  • aspect [ǽspekt] : 「局面、状況、側面、特徴」
  • repeat [ripíːt] : 「〜を繰り返す、〜を繰り返して言う」
  • dedication [dèdikéiʃən] : 「献身、専念、熱心さ、専心」
  • cause [kɔ́ːz] : 「原因、要因、目的、目標」
  • lay aside : 「のけておく、捨てる、放棄する」
  • distract [distrǽkt] : 「そらす、〜の気を散らす」
  • distract someone from  : 「〜を〜に集中できなくさせる」
  • aim [éim] : 「目標、目的、的、標的」
❖ "In thanks for ~ "意訳する、「神によって創造された神の子すべてに感謝しながら、創造主である神の名において、また、神の子のあらゆる側面と神が一体であるという単一性の名において、私達は今日、私達の目標に専念することを1時間ごとに繰り返す」。"as we lay ~ "「同時に私達は、私達を神聖な目的から気をそらせようとする思いのすべてを放棄する」。神の名においてとか、単一性の名においてとは、それを旗印に気持ちを集中させてとか、勇気をもらって、といった意味合い。あなたの側には神がいるし、あなたと神は一体であるから、それを心の支えにして、目標達成のために専心するのである。




For several minutes let your mind be cleared of all the foolish cobwebs which the world would weave around the holy Son of God.
  • several [sévərəl] : 「数個の、いくつかの」
  • clear [klíər] : 「取り除く、一掃する、片付ける」
  • foolish [fúːliʃ] : 「愚かな、分別のない」
  • cobweb [kɑ́bwèb] : 「クモの巣、モヤモヤ」
  • weave [wíːv] : 「織る、編む、組み上げる」
❖ "For several ~ "「数分間、この世界が神聖な神の子の周りに作った愚かな蜘蛛の巣をすべてを取り除いて、あなたの心をきれいにしなさい」。この世界が作った数々の幻想、習慣、しきたり、常識、風習、決まり、法則、等々の蜘蛛の巣を払うのである。エゴの思考システムという蜘蛛の巣を取り除く。



And learn the fragile nature of the chains that seem to keep the knowledge of yourself apart from your awareness, as you say:

        I will accept Atonement for myself,
        For I remain as God created me.
  • fragile [frǽdʒəl] : 「脆弱な、壊れやすい、もろい」
  • knowledge [nάlidʒ] : 「知識、知恵、知見」
  • apart from : 「〜から離れて、〜は別として」
  • awareness [əwéərnəs] : 「自覚、気付いていること、意識性 」
❖ "And learn ~ "「そして、あなた自身の叡智をあなたの意識から遠ざけているかに見えた鎖が脆い性質をもっていることを学び、次のように言いなさい」。"I will accept ~ "「私は、私自身のために贖罪を受け入れようと思う」。"For I remain ~ "「なぜなら、私は神が創造したままの自分であるからだ」。






Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

Powered by Blogger.