●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



W-pI.128.1:1 ~ W-pI.128.8:4

Lesson 128



The world I see holds nothing that I want.
  • hold [hóuld] : 「維持する、保持する、持続する」
❖ "The world I ~ "「私が目にする世界は、私が欲しいものを何も保持してはいない」。この幻想世界は、あなたが欲する真実をもってはいない。



1. The world you see holds nothing that you need to offer you; nothing that you can use in any way, nor anything at all that serves to give you joy. 
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる、〜を提供する」
  • in any way : 「多少なりとも、形はどうあれ」
  • serve [sə́ːrv] : 「〜に役立つ、〜に仕える」
❖ "The world you ~ "「あなたが目にするこの世界は、あなたが自分に差し出す必要のあるものを何も保持してはいない」。"nothing that ~ "「形はどうであれ、あなたが利用できるものは何もない」。"nor anything ~ "「あなたに喜びを与えるのに役立つものもまったくない」。あなたに必要なもの、欲するものは真実であって、それは幻想の中に存在してはいない。



Believe this thought, and you are saved from years of misery, from countless disappointments, and from hopes that turn to bitter ashes of despair. 
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考、思想」
  • save [séiv] : 「救う、助ける」
  • misery [mízəri] : 「悲惨、不幸、苦痛、惨めさ」
  • countless [káuntlis] : 「数え切れないほどの、無数の」
  • disappointment [dìsəpɔ́intmənt] : 「失望、落胆」
  • turn to : 「〜に変わる」
  • bitter [bítər] : 「苦々しい、悲痛な」
  • ash [ǽʃ] : 「灰、灰色」
  • despair [dispέər] : 「絶望、失望、落胆」
❖ "Believe this ~ "「この考え方を信じなさい」。"and you are ~ "「そうすれば、あなたは長年の悲しみから救われ、数え切れないほどの失望から救われ、絶望の苦い灰と化す希望から救われる」。



No one but must accept this thought as true, if he would leave the world behind and soar beyond its petty scope and little ways.
  • accept [æksépt] : 「認める、容認する、受け入れる」
  • leave [líːv] : 「 〜から離れる、〜と別れる」
  • behind [biháind] : 「〜の後ろに、後方に」
  • soar [sɔ́ːr] : 「飛翔する、上昇する」
  • beyond [bijάnd] : 「向こうに、かなたに」
  • petty [péti] : 「わずかな、小さい、けちな」
  • scope [skóup] : 「範囲、領域」
❖ "No one but ~ "意訳する、「もし、この世界を後に残し、制限されたわずかな空間を越えて天に上昇したいと望むなら、誰もが、この考え方は真実だと受け入れなくてはならない」。幻想世界(地上)から実相世界(天上)へとアセンション(Ascension)したいと願うなら、この世界があなたに真実を与えることは不可能だと受け入れなくてはならない。なお、"its petty scope and little ways"の部分であるが、この世界(地上)の思考や行動の範囲がいかにも狭く、制限されていて、身動きが出来ない状態だということを表しているのだろう。



2. Each thing you value here is but a chain that binds you to the world, and it will serve no other end but this. 
  • value [vǽljuː] : 「〜を高く評価する、〜を尊重する」
  • chain [tʃéin] : 「鎖、手枷、足枷」
  • bind [báind] : 「〜を束縛する、拘束する」
  • serve [sə́ːrv] : 「〜に役立つ、果たす、〜に仕える」
  • end [énd] : 「目的、目標、結果」
❖ "Each thing ~ "「この世界であなたが価値を置いているものは、どれも、あなたを世界に縛り付ける鎖にほかならない」。"and it will ~ "「それは、この目的以外の何にも役立たないのだ」。この世であなたが価値を置いているもの、たとえば、お金、地位、名誉、等々は、エゴがあなたを幻想に縛り付けるために用意した甘いあめ玉である。



For everything must serve the purpose you have given it, until you see a different purpose there. 
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、目標、狙い」
  • until [əntíl] : 「〜する時まで」
  • different [dífərənt] : 「相違する、異なる」
❖ "For everything ~ "「なぜなら、あなたがそこに違った目的を見出すまで、すべては、あなたがそれに与えた目的のために仕えるからだ」。あなたの心を支配するエゴがあなたを唆(そそのか)して、意味のないものに価値を与える。あなたが価値を与えたものはすべて、その目的のためだけに存在しているかのように見えてくるのだ。たとえば、お金に価値を置いて金儲けに執着すれば、お金をどう利用するかが問題ではなくなり、ただ金儲けだけを目的としてそれに固着することになる。



The only purpose worthy of your mind this world contains is that you pass it by, without delaying to perceive some hope where there is none. 
  • worthy [wə́ːrði] : 「尊敬すべき、価値ある」
  • contain [kəntéin] : 「含む、包含する」
  • pass [pǽs] : 「通る、通り過ぎる、通過する」
  • delay [diléi] : 「遅れる、〜を遅らせる」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜を理解する」
❖ "The only purpose ~ "「この世にあって、あなたの心にとって価値ある唯一の目的は、それに目をくれないで通過してしまうことだ」。"without delaying ~ "「希望のない所に何らかの希望を見つけようとして、ぐずぐずしてはいけない」。ぐずぐずせずに、本当の価値などない所を通り過ぎてしまわなくてはいけない。



Be you deceived no more. The world you see holds nothing that you want.
  • deceive [disíːv] : 「欺く、惑わす、だます、裏切る」
  • no more : 「それ以上〜ない」
❖ "Be you deceived ~ "「もうこれ以上、騙されてはいけない」。"The world you ~ "「あなたが目にする世界は、あなたが欲するものを何も保持してはいない」。



3. Escape today the chains you place upon your mind when you perceive salvation here. For what you value you make part of you as you perceive yourself. 
  • escape [iskéip] : 「逃げる、脱出する、抜ける」
  • place [pléis] : 「〜を置く、設置する」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い、救世」
❖ "Escape today ~ "「今日、あなたがこの世界にいて救いを知りたいと思ったら、あなたがあなたの心につないだ鎖から逃れなさい」。幻想世界から目覚めて救われたいと願うなら、まず、あなたを幻想世界に縛り付けている鎖を断ち切りなさい。"For what you ~ "「なぜなら、あなたが価値があると思うものを、あなたは自分の一部にしてしまい、それをあなた自身だと知覚するからだ」。たとえば、お金こそが一番価値があると思い込むと、お金が自分自身であって、お金のない自分は自分ではないように思ってしまう。だから、この世界から救われるには、そのお金の呪縛から逃れなくてはならない。価値の絆を断ち切るのである。



All things you seek to make your value greater in your sight limit you further, hide your worth from you, and add another bar across the door that leads to true awareness of your Self.
  • great [ɡréit] : 「大きい、巨大な、主要な」
  • sight [sáit] : 「視力、視覚、視野、視界」
  • limit [límit] : 「〜を限定する、〜を制限する」
  • further [fə́ːrðər] : 「さらにまた、さらに深く」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する」
  • worth [wə́ːrθ] : 「価値」
  • add [ǽd] : 「加える、付け足す」
  • barrier [bǽriər] : 「障害物、障壁」
  • across [əkrɔ́s] : 「〜を横切って、〜を横断して」
  • lead to : 「つながる、結果として〜に導く」
  • awareness [əwéərnəs] : 「認識、自覚、意識性 」
❖ "All things you ~ "「あなたの視野の中で、あなたの価値をさらに大きくするためにあなたが求めるものはすべて、あなたをますます制限する」。"hide your ~ "「それは、あなたの価値をあなたから隠し、本当のあなた自身に気付くという真の意識性へ導くドアに別の障害物を付け加えてしまうのだ」。たとえば、お金が自分の価値を高めてくれると信じてしまえば、もっともっと金儲けをして自分の価値をさらに高めようようとする。歯止めがかからなくなるのだ。それが、あなたの救いに制限をかける。お金に目が行って、自分の本当の価値を見ることが出来なくなってしまう。見つけようという気も起きなくなってしまう。



4. Let nothing that relates to body thoughts delay your progress to salvation, nor permit temptation to believe the world holds anything you want to hold you back. 
  • relate [riléit] : 「結び付ける、関連付ける」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考、思索、思想」
  • progress [prάɡres] : 「前進、進展」
  • permit [pərmít] : 「許可する、許す、容認する」
  • temptation [temptéiʃən] : 「誘惑、衝動、誘惑物」
❖ "Let nothing ~ "「肉体的な思考に関連したものが、救いへのあなたの進歩を遅らせないようにしなさい」。肉体的な思考とは、たとえば、物欲、愛欲、金銭欲、出世欲、権力欲、支配欲、等々のこと。仏教で言うところの『煩悩』である。"nor permit ~ "「この世界が、あなたが自分を引き留めたいと思うような何かを保持しているに違いないと信じたい誘惑を許してはいけない」。



Nothing is here to cherish. Nothing here is worth one instant of delay and pain; one moment of uncertainty and doubt. 
  • cherish [tʃériʃ] : 「〜を大事にする、可愛がる」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • uncertainty [ʌnsə́ːrtnti] : 「確信のないこと、不確実なこと」
  • doubt [dáut] : 「疑い、疑念、疑惑、不安」
❖ "Nothing is ~ "「ここには何も大切なものなどない」。"Nothing here ~ "「ここには、一瞬たりとも遅らせる価値のあるものも、痛みに値するものも、不信や疑いを抱く瞬間に値するものもない」。



The worthless offer nothing. Certainty of worth can not be found in worthlessness.
  • worthless [wə́ːrθlis] : 「価値のない」
  • certainty [sə́ːrtnti] : 「確実、確実性」
  • found [fáund] : 「findの過去・過去分詞形」
  • worthlessness [wə́ːrθlisnis] : 「無価値」
❖ "The worthless ~ "「価値のないものは、何も差し出すことは出来ない」。"Certainty of ~ "「確かな価値は、価値のない所に見い出せるわけがない」。実相の真実は、幻想の中には存在しないのだ。



5. Today we practice letting go all thought of values we have given to the world. 
  • practice [prǽktis] : 「練習する、実践する」
❖ "Today we ~ "「今日、私たちは、私たちが世界に与えた価値評価のすべてを立ち去らせる練習をする」。



We leave it free of purposes we gave its aspects and its phases and its dreams. 
  • leave [líːv] : 「〜を残す、ある状態のままにしておく」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、目標、狙い」
  • aspect [ǽspekt] : 「局面、状況、側面」
  • phase [féiz] : 「局面、段階、面、相」
❖ "We leave it ~ "「私たちが世界のある局面や側面に、またその夢に与えた目的から、世界を解放する」。世界が変化流動するに従って、私たちはその局面に応じて目的を変え、夢を変え、目的自体を幻想に縛り付けてきた。それを今日解放するのである。



We hold it purposeless within our minds, and loosen it from all we wish it were. 
  • purposeless [pə́ːrpəslis] : 「目的のない、無益な」
  • loosen [lúːsn] : 「ほどく、緩める、解放する」
❖ "We hold it ~ "「私たちは世界を、私たちの心の中では何も目的を持たないのだと見なし、私たちがそうあって欲しいと願うものから世界を解放する」。簡単に言えば、自分を物欲や愛欲や権力欲から解放し、世界に対しても、それに応える目的から解放するのだ。



Thus do we lift the chains that bar the door to freedom from the world, and go beyond all little values and diminished goals.
  • lift [líft] : 「解除する、取り除く、撤廃する」
  • bar [bάːr] : 「かんぬきをする」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放、自主」
  • beyond [bijάnd] : 「向こうに、かなたに」
  • diminish [dimíniʃ] : 「減少させる、弱める」
❖ "Thus do we ~ "「こうして私たちは、世界から解放を奪っていたドアの鎖を外し、ちっぽけな価値や弱小化した目的のすべてを越えてその先に行く」。



6. Pause and be still a little while, and see how far you rise above the world, when you release your mind from chains and let it seek the level where it finds itself at home. 
  • pause [pɔ́ːz] : 「中止する、休止する、一息つく」
  • still [stíl] : 「静かな、穏やかな、平穏な」
  • a little while [hwáil] : 「しばらくの間」
  • rise [ráiz] : 「立ち上がる、昇る」
  • release [rilíːs] : 「解放する、自由にする」
  • at home : 「自宅で、くつろいで」
❖ "Pause and be ~ "「しばらくの間、休息をとって心静かに過ごしなさい」。"and see how ~ "「そして、どんなに高く、あなたが世界の上へと昇ったか、見てみなさい」。"when you ~ "「そのとき、あなたはあなたの心を鎖から解き放ち、心がくつろげるレベルの場所を心自体に探させることが出来る」。難しい言い回しをしているが、要するに、心が本来いた場所、つまり、実相世界を探し求めることが出来る、ということ。心はスピリットとなって、神の下(もと)へ回帰するのである。



It will be grateful to be free a while. It knows where it belongs. But free its wings, and it will fly in sureness and in joy to join its holy purpose. 
  • grateful [ɡréitfəl] : 「感謝する、感謝している」
  • a while [hwáil] : 「しばらくの間」
  • belong [bilɔ́ːŋ] : 「属する、所属する」
  • sureness [ʃúərnis] : 「確実さ」
  • join in : 「 〜に加わる、〜に参加する」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、目標」
❖ "It will be ~ "「しばらくの間だ、あなたの心は感謝の気持ちでいっぱいになるだろう」。"It knows ~ "「あなたの心は、あるべき場所を知っている」。"But free its ~ "「しかし、心の翼を自由にしてあげなさい」。"and it will ~ "「そうすれば、心は、自らの神聖な目的に参加するために、自信と喜びをもって飛んで行けるだろう」。あなたの心に限らず、すべての神の子の心は実相世界に回帰するという神聖な目的を共有している。自由になったあなたの心も、その目的に参加するのだ。



Let it rest in its Creator, there to be restored to sanity, to freedom and to love.
  • rest [rést] : 「ある、休む、置かれている」
  • creator [kriéitər] : 「創造者、創作者、創設者」
  • restore [ristɔ́ːr] : 「回復させる、修復する」
  • sanity [sǽnəti] : 「正気、健全さ」
❖ "Let it rest ~ "「心の創造主である神の中で、あなたの心を休ませなさい」。"there to be ~ "「そうすれば、その場所で、心は正気さと自由と愛を修復させてもらえるのだ」。



7. Give it ten minutes rest three times today. And when your eyes are opened afterwards, you will not value anything you see as much as when you looked at it before. 
  • afterwards [ǽftərwərdz] : 「あとで、その後」
  • as much as : 「〜と同じ程度に」
❖ "Give it ten ~ "「今日は3回、心に休息のための10分を与えなさい」。"And when ~ "「その後、あなたが目を開けたとき、あなたは、何ものに対しても以前目にした時ほどの価値を見出せなくなっているだろう」。以前は価値ありと思っていたものが、今はさほどあなたの価値意識を引きつけない。あなたの心の中で価値変革が起こったのだ。



Your whole perspective on the world will shift by just a little, every time you let your mind escape its chains. The world is not where it belongs. 
  • whole [hóul] : 「全部の、すべての」
  • perspective [pərspéktiv] : 「眺め、視点」
  • shift [ʃíft] : 「変わる、移る」
  • by just : 「たった〜」
❖ "Your whole ~ "「あなたがあなたの心を鎖から外すたびに、世界を見るあなたの視野すべてが、少しずつ変わっていくだろう」。"The world is ~ "「世界はもはや、それが属していた場所にはない」。あなたの価値観が変化するにしたがい、世界が少しずつ異なって見えてくる。幻想の黒雲が晴れてくるのだ。世界は以前の世界ではない。



And you belong where it would be, and where it goes to rest when you release it from the world. 
  • release [rilíːs] : 「解放する、自由にする」
❖ "And you belong ~ "「同時に、あなたは、心が望む場所に属すことになる」。"and where it ~ "「その場所は、あなたが心を世界から開放したとき、心が休息を求めて行くところである」。



Your Guide is sure. Open your mind to Him. Be still and rest.
  • guide [ɡáid] : 「指導者、案内人」
❖ "Your Guide ~ "「あなたの案内人は信頼できる」。ホーリー・スピリットを信頼せよ。"Open your ~ "「案内人に、あなたの心を開きなさい」。ホーリー・スピリットにあなたの心を開きなさい。"Be still ~ "「心を穏やかにして、休息をとりなさい」。



8. Protect your mind throughout the day as well. 
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る」
  • throughout [θruːáut] : 「〜の間中」
  • as well : 「同じに、同様にうまく」
❖ "Protect your ~ "「同時に、一日を通して、あなたの心を守りなさい」。エゴの誘惑からあなたの心を守るのである。以前の価値観に戻らないようにする。



And when you think you see some value in an aspect or an image of the world, refuse to lay this chain upon your mind, but tell yourself with quiet certainty:

        This will not tempt me to delay myself. 
        The world I see holds nothing that I want.
  • aspect [ǽspekt] : 「局面、状況、側面」
  • refuse [rifjúːz] : 「断る、拒む、拒絶する」
  • lay [léi] : 「置く、横たえる、用意する」
  • certainty [sə́ːrtnti] : 「確実、確実性」
  • tempt [témpt] : 「〜を誘惑する、〜を唆す」
  • delay [diléi] : 「〜を遅らせる」
❖ "And when you ~ "「この世界のある側面や姿に何らかの価値を見つけたと思ったときは、あなたの心をそんな鎖で縛ることを拒否し、穏やかな確信を抱きながらあなた自身に向かって次のように言いなさい」。"This will not ~ "「こんなことが私自身(の目覚め)を遅らせようと私を誘惑することは出来ない」。"The world ~ "「私が目にする世界は、私が欲しいものを何も保持してはいない」。
 
 
 




Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

Powered by Blogger.