●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



W-pI.127.1:1 ~ W-pI.127.12:5

Lesson 127 


There is no love but God's.

❖ "There is ~ "「神の愛だけがある」。神を愛し、神から愛される、そういう愛だけが本物で、その他の愛は偽物だ、という意味ではない。純粋一元論の愛だけが実在し、憎悪や嫉妬などを隠し持った二元論的な愛はまやかしである、という意味である。一元論的な純粋な愛は、神の子が神から継承した神の属性であり、その愛を分裂させて対立概念を併せ持たせたのは神の子の幻想なのだ。



1. Perhaps you think that different kinds of love are possible. 
  • perhaps [pərhǽps] : 「たぶん、もしかすると」
  • different [dífərənt] : 「違っている、異なる」
  • kind [káind] : 「種類」
  • possible [pάsəbl] : 「可能性がある、あり得る」
❖ "Perhaps you ~ "「多分あなたは、異なる種類の愛が可能だと思っているだろう」。神の愛と呼ばれる一元論的な純粋な愛の外に、この世の二元論的な愛も愛として存在していると思っているだろう。



Perhaps you think there is a kind of love for this, a kind for that; a way of loving one, another way of loving still another. 
  • way [wéi] : 「方法、やり方、手段、様式」
❖ "Perhaps you ~ "「多分あなたは、このための愛、あのための愛、そんな種類の違う愛があると思っている」。意訳する、"a way of ~ "「ある人を愛する愛し方、また別な人を愛する別な愛し方、そのように愛し方に違いがあると思っている」。これが地上的な愛であり、変化し流動する。幻想の愛が生み出す関係性をACIMでは『特別な関係性』と呼んでいる。実相的な真実の愛は不変であり、純粋な愛に支えられた関係性を『神聖な関係性』と言う。



Love is one. It has no separate parts and no degrees; no kinds nor levels, no divergencies and no distinctions. It is like itself, unchanged throughout. 
  • separate [sépərət] : 「分離した、分けられた、別々になった」
  • degree [digríː] : 「度、程度、度合い」
  • level [lévəl] : 「地位、階級、段階」
  • divergence [divə́ːrdʒəns] : 「相違、分岐」
  • distinction [distíŋkʃən] : 「差異、区別、特徴」
  • throughout [θruːáut] : 「初めから終わりまで」
❖ "Love is ~ "「愛は一つである」。愛は、実相的な純粋な愛しか存在しない。"It has no ~ "「愛は、分けられ得る部分などなく、度合いなどもない」。純粋な愛は分離不可能であり、大きな愛とか小さな愛などいう度合いもない。"no kinds ~ "「種類もなければ、レベルもない」。地上の愛は天上の愛よりレベルが低いのではないかと思われるだろうが、そもそも地上の愛は幻想であって存在しない。実在しないものはレベルの対象にならない。"no divergencies ~ "「枝分かれすることもなければ、差異もない」。"It is like ~ "「愛は愛そのもの、終始変化しない」。ここの"It is like itself"は直訳すれば「愛はそれ自体に似ている」となるが、意味合いは、愛は愛それ自体としてある、ということ。



It never alters with a person or a circumstance. It is the Heart of God, and also of His Son.
  • alter [ɔ́ːltər] : 「変わる、様変わりする、改まる」
  • person [pə́ːrsn] : 「人、人間、人物」
  • circumstance [sə́ːrkəmstæ̀ns] : 「環境、状況」
❖ "It never alters ~ "「愛は、(かかわる)人や状況によって変化することはない」。"It is the Heart ~ "「愛は神の心であり、また、神の子の心である」。"mind"ではなく"heart"を使っているのだが、心と訳してみた。意味合いは「愛は神の中枢であり、また、神の子の中枢でもある」。一番大切なものだ、ということ。大切だから、胸の内に秘めている。



2. Love's meaning is obscure to anyone who thinks that love can change. 
  • meaning [míːniŋ] : 「意味、意義、真意」
  • obscure [əbskjúər] : 「よく見えない、ぼんやりした」
❖ "Love's meaning ~ "「愛は変化し得ると考えている者にとっては、愛の意味は見えてこない」。エゴの思考システムに従う限り、実相的な真実の愛は理解出来ない。たとえば、与えることは得ることと同一であることは、エゴの理解を越える。



He does not see that changing love must be impossible. And thus he thinks that he can love at times, and hate at other times. 
  • impossible [impάsəbl] : 「不可能な、とてもあり得ない」
  • at times : 「時々、時たま、時には」
  • hate [héit] : 「〜を憎む、〜をひどく嫌う」
❖ "He does not ~ "「そのような者は、変化する愛など不可能なのだと知ることはない」。"And thus he ~ "「こうして彼は、時には愛し、またある時には嫌うことが出来ると思っているのだ」。二元論的な愛が本当の愛だと信じているので、愛と憎悪が入れ替わり立ち現れてくる。愛に限りらず、喜びや平和も、喜びは悲しみと、平和は争いと、入れ替わり立ち替わり、揺れ動くのである。



He also thinks that love can be bestowed on one, and yet remain itself although it is withheld from others. To believe these things of love is not to understand it. 
  • bestow [bistóu] : 「〜を授ける、与える、贈る」
  • remain [riméin] : 「とどまる、残る、残存する」
  • withhold [wiðhóuld] : 「〜を抑える、与えないでおく」
❖ "He also thinks ~ "「また、愛は変化し得ると考えている者は、愛を誰かに授けながら、しかし、他の者には与えないでおいても、愛は保持できると考えている」。誰かを愛し、また別の誰かを憎んでも、そんな愛さえ本当の愛だと主張する。"To believe these ~ "「こんな愛の有様を信じることは、愛を理解していないことに等しい」。



If it could make such distinctions, it would have to judge between the righteous and the sinner, and perceive the Son of God in separate parts.
  • judge [dʒʌ́dʒ] : 「判断する、〜だと思う」
  • between [bitwíːn] A and B: 「AとBとの間に、AないしB」
  • righteous [ráitʃəs] : 「完璧な、公正な、正しい」
  • sinner [sínər] : 「罪人、罪を犯した人」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く」
  • part [pάːrt] : 「一部、部分」
❖ "If it could ~ "「もし愛がそんな違いを作れるなら、」愛する価値のある者、愛する価値のない者、憎むべき者、というように、違いを設けることが可能だとしたら、"it would have ~ "「それは、正しき者と悪しき者との間に判断を下したに違いなく、神の子をバラバラな部分として見ていることになる」。本来神の子は単一の存在であり、完全に無辜(むこ)である。しかし、夢(幻想)の中で神の子は分裂し、自分と他者を生み出した。そこに善悪の概念を持ち出し、理性的判断によって、他者を正しき者と悪しき者に分けてしまうのである。神の子を一つとして見ることが出来ず、夢の中でバラバラにされた神の子の部分だけを見ているのだ。



3. Love cannot judge. As it is one itself, it looks on all as one. Its meaning lies in oneness. And it must elude the mind that thinks of it as partial or in part. 
  • lie [lái] : 「ある、存在する」
  • oneness [wʌ́nnis] : 「単一性、同一性」
  • elude [ilúːd] : 「〜をうまく避ける、回避する、かわす」
  • partial [pάːrʃəl] : 「部分的な、一部の、不完全な」
❖ "Love cannot ~ "「愛は判断できない」。愛は判断しないし、判断されない。理性的な評価判断の領域を越えている。"As it is one ~ "「愛はそれ自体として一つであるように、すべてを一つと見る」。愛は、いわゆる一元論として世界を見る。分離を見ることはない。"Its meaning ~ "「愛の意味は、単一性にある」。真実は単一であり、究極的に神という一点に収斂(しゅうれん)する。これが純粋一元論であり、愛の意味する真実は、この一点に集約される。"And it must ~ "「愛は、愛を不完全で部分的なものとして考える心を必ず回避する」。変化流動する不完全で部分的な愛を信じる心に、本当の愛は寄りつかない。幻想的に生きている限り、実相の愛は生まれない。



There is no love but God's, and all of love is His. There is no other principle that rules where love is not. Love is a law without an opposite. 
  • principle [prínsəpl] : 「原理、公理、原則、本質」
  • rule [rúːl] : 「統治する、支配する」
  • law [lɔ́ː] : 「法、法律、法規、法令」
  • opposite [άpəzit] : 「反対、正反対」
❖ "There is no ~ "「神の愛だけがある」。"and all of ~ "「そして、すべての愛は神のものだ」。神がすべての愛を所有しているという意味ではない。神が愛を牛耳っているという意味でもない。真実の愛はすべて神という一点に集約される、という意味である。"There is no ~ "「愛のない世界を統治する他の原理はない」。愛のない世界を支配しているのはエゴの思考システムである。結果、この世界はいわば無法地帯と化してしまった。そんな世界ではあるが、仮にも何らかの秩序をもたらすことが出来るとしたら、神の愛をおいて外にない。"Love is a law ~ "「愛は、対立概念をもたない法である」。神の法は対立概念をもたない純粋一元論の法であり、愛は神の法の中枢に位置する。



Its wholeness is the power holding everything as one, the link between the Father and the Son which holds Them Both forever as the same.
  • wholeness [hóulnis] : 「全部そろっていること、完全であること」
  • hold [hóuld] : 「心に抱く、保持する」
  • link [líŋk] : 「結び付けるもの、関連性、相互関係」
  • between [bitwíːn] A and B: 「AとBとの間に」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
❖ "Its wholeness ~ "「愛のもつ完全性は、あらゆるものを一つと見なすパワーである」。愛は、幻想の分離を消滅させるパワーを秘めている。"the link between ~ "意訳する、「愛は父なる神と神の子の間を結びつけ、ともに永遠に同一であると見なすことが出来るようにしてくれる」。神と神の子は分離などしていないのだ。



4. No course whose purpose is to teach you to remember what you really are could fail to emphasize that there can never be a difference in what you really are and what love is. 
  • course [kɔ́ːrs] : 「講座、課程」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、目標」
  • fail [féil] : 「失敗する、しくじる」
  • emphasize [émfəsàiz] : 「強調する、力説する」
  • difference [dífərəns] : 「相違、相違点、区別、差別」
❖ "No course whose ~ "「あなたは実相的に何者なのか、それをあなたに思い出させることを教えの目的とする如何なるコースも、本当のあなた自身や愛には違いがないことを強調し損なうことはない」。このコースは、神の子であるあなたと同胞に違いなどなく単一であること、そして、実相的な愛は神の愛に収斂し、愛に区別はなく純粋に単一であることを教えてくれる。



Love's meaning is your own, and shared by God Himself. For what you are is what He is. 
  • share [ʃέər] : 「分かち合う、共有する」
❖ "Love's meaning ~ "「愛の意味とは、あなたそれ自体であり、愛の意味は神自身と分かち合われている」。"For what you ~ "意訳する、「なぜなら、実相的な本当のあなたは、実相的な神自身であるからだ」。神は神の愛の延長上に神の子を創造した。神の子は神の愛そのものであり、愛が意味するすべては、神による神の子の創造にある。あなたと神は愛の拡張の上にあって、同一なのだ。愛という血を分け合った親子なのである。



There is no love but His, and what He is, is everything there is. There is no limit placed upon Himself, and so are you unlimited as well.
  • limit [límit] : 「限度、制限、限界」
  • place [pléis] : 「〜を置く、設置する」
  • unlimited [ʌnlímitid] : 「制限のない、無制限の、無条件の」
  • as well : 「同じに、同様に、その上」
❖ "There is no ~ "「神の愛以外に愛はなく、神そのものこそ、存在のすべてである」。神が生み出したもの、神が愛の延長上に創造したものが存在のすべてであって、それ以外ない。"There is no ~ "「神自身にかけられた制限などなく、同様に、あなたにも制限はない」。愛の拡張に制限はない。真実の創造には制限はないのだ。



5. No law the world obeys can help you grasp love's meaning. What the world believes was made to hide love's meaning, and to keep it dark and secret. 
  • obey [oubéi] : 「〜に従う」
  • grasp [ɡrǽsp] : 「〜を握る、把握する、理解する」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する、秘密にする」
  • secret [síːkrit] : 「秘密、機密」
❖ "No law the world ~ "「この世界が従うどんな法も、あなたが愛の意味を理解する手助けにはなり得ない」。幻想の法が実相の意味を解するわけがない。"What the world ~ "「この世界が信じているものは、愛の意味を隠し、それを秘密にして闇のままにするために作られたのだ」。



There is not one principle the world upholds but violates the truth of what love is, and what you are as well.
  • principle [prínsəpl] : 「原理、公理、原則、本質」
  • uphold [ʌ̀phóuld] : 「支持する、支える、守る、維持する」
  • violate [váiəlèit] : 「違反する、破る」
  • as well : 「同じに、同様に」
❖ "There is not one ~ "「この世界が支持する原理のうち、本当の愛の真実、そして同様に本当のあなた自身の真実を犯さないような原理は一つもない」。幻想の原理原則は、幻想を維持するためのものであって、実相の真実を破壊するものばかりだ。



6. Seek not within the world to find your Self. Love is not found in darkness and in death. 
  • within [wiðín] : 「〜の中に、〜の内側に」
  • found [fáund] : 「findの過去・過去分詞形」
❖ "Seek not ~ "「本当のあなた自身を見つけようとして、世界の内側を探してはいけない」。幻想の中を探しても、真実は見つからない。"Love is not ~ "「愛は闇の中にも死の中にも見つからない」。愛が光である理由だ。



Yet it is perfectly apparent to the eyes that see and ears that hear love's Voice. 
  • perfectly [pə́ːrfiktli] : 「完全に、完璧に、全く」
  • apparent [əpǽrənt] : 「明らかな、明白な」
❖ "Yet it is ~ "意訳する、「しかし、愛は、見える目にははっきり見え、愛の声が聞こえる耳には完全に明白に聞こえる」。



Today we practice making free your mind of all the laws you think you must obey; of all the limits under which you live, and all the changes that you think are part of human destiny. 
  • free [fríː] : 「〜を自由にする、解放する」
  • limit [límit] : 「限度、制限、限界」
  • part [pάːrt] : 「一部、部分」
  • destiny [déstəni] : 「運命、宿命」
❖ "Yet it is ~ "「今日私たちは、あなたが従わなくてならないと思っている法からあなたの心を解放する練習をする」。"of all the limits ~ "「それは、あなたが生きる上でのあらゆる制限からの解放であり、人間の宿命の一部だとあなたが思っているあらゆる変化からの解放である」。物理的な制約からの解放、そして、変化流動し死に向かう宿命からの解放である。



Today we take the largest single step this course requests in your advance towards its established goal.
  • large [lάːrdʒ] : 「大きい、広い、多い」
  • single [síŋɡl] : 「ただ一つの、たった一つの」
  • request [rikwést] : 「〜を依頼する、頼む」
  • advance [ædvǽns] : 「前進、進歩」
  • towards = toward :[təwɔ́ːd] 「〜の方へ、〜に向かって」
  • establish [istǽbliʃ] : 「確立する、成立させる」
  • goal [ɡóul] : 「目標、目的地、目的」
❖ "Today we take ~ "「目標達成に向けてあなたの前進を促すために、このコースが求める最大の一歩を、今日私たちは踏み出す」。



7. If you achieve the faintest glimmering of what love means today, you have advanced in distance without measure and in time beyond the count of years to your release. 
  • achieve [ətʃíːv] : 「獲得する、成し遂げる、達成する」
  • faint [féint] : 「かすか、ぼやけた」
  • glimmering [ɡlíməriŋ] : 「かすかな光」
  • advance [ədvǽns] : 「促進する、前進させる」
  • distance [dístəns] : 「距離、間隔、隔たり」
  • measure [méʒər] : 「寸法、大きさ、量」
  • beyond [bijάnd] : 「〜の向こうに、〜を越えて」
  • count [káunt] : 「数を数えること、計算」
  • release [rilíːs] : 「救出、解放」
❖ "If you achieve ~ "「今日、もしあなたが、愛が何を意味するのか、そのほのかな光が見え始めたら、あなたの解放に向かって、あなたは計り知れないほどの距離と、数え切れないほどの年月を飛び越えて前進したことになる」。



Let us together, then, be glad to give some time to God today, and understand there is no better use for time than this.
  • together [təɡéðər] : 「一緒に、共に、同時に」
  • glad [ɡlǽd] : 「満足して、うれしく思う」
  • use [júːs] : 「使うこと、利用、使用」
❖ "Let us together ~ "「そこで、一緒になって、少しの時間を神に喜んで捧げよう」。"and understand ~ "「そして、これ以上に時間の有効な使い道はないのだと理解しよう」。



8. For fifteen minutes twice today escape from every law in which you now believe. Open your mind and rest. 
  • escape [iskéip] : 「逃げる、脱出する、抜ける」
  • law [lɔ́ː] : 「法、法律、法規、法令」
  • rest [rést] : 「休む、休息する」
❖ "For fifteen ~ "「今日は1日に15分間、今あなたが信じているあらゆる法から逃れなさい」。"Open your ~ "「あなたの心を開き、安らぎなさい」。



The world that seems to hold you prisoner can be escaped by anyone who does not hold it dear. 
  • prisoner [prízənər] : 「囚人、捕虜」
  • dear [díər] : 「親愛な、いとしい、かわいい」
❖ "The world that ~ "「あなたを囚人として捕らえているかに見える世界から、その世界をいとおしく思わない人なら誰でも逃れることが出来る」。この世界はあなたを幻想の中に閉じ込めているが、それを厭う気持ちがあるなら、いつでもこの世界から抜け出せる。しかし、そんな世界と戦うのではない。世界の幻想性を赦してやればいいだけのだ。赦しが基本。



Withdraw all value you have placed upon its meager offerings and senseless gifts, and let the gift of God replace them all.
  • withdraw [wiðdrɔ́ː] : 「取りやめる、断つ、引っ込める」
  • value [vǽljuː] : 「価値、値打ち」
  • place [pléis] : 「〜を置く、設置する」
  • meager [míːɡər] : 「わずかばかりの、ちっぽけな」
  • offering [ɔ́ːfəriŋ] : 「提供されるもの、ささげ物」
  • senseless [sénslis] : 「無分別な、無意味な」
  • replace [ripléis] : 「〜を交換する、置き換える」
❖ "Withdraw all value ~ "「世界のちっぽけな捧げ物や無意味な贈り物においた価値のすべてを引っ込めなさい」。お金、地位、名誉、優越感、支配欲、物質的豊かさ、名声、出世、愛欲、等々に感じた価値のすべてを放棄する。"and let the gift ~ "「そのすべてを、神の贈り物で置き換えなさい」。愛、慈しみ、喜び、いたわり、優しさ、美、静けさ、創造性、拡張性、分かち合い、等々の真実、つまり神の贈り物で置き換えてしまう。



9. Call to your Father, certain that His Voice will answer. He Himself has promised this. 
  • call to : 「〜に声をかける」
  • certain [sə́ːrtn] : 「〜を確信している」
  • answer [ǽnsər] : 「答える、返事する」
  • promise [prάmis] : 「〜を約束する」
❖ "Call to your ~ "「あなたの父なる神に呼びかけなさい」。"certain that ~ "「神の声が応えてくれると確信しなさい」。"He Himself ~ "「神自身が、このことを約束しているのだから」。



And He Himself will place a spark of truth within your mind wherever you give up a false belief, a dark illusion of your own reality and what love means. 
  • spark [spάːrk] : 「火花、活気、生気」
  • wherever [hweərévər] : 「どこで〜であろうとも」
  • give up :  「あきらめる、断念する」
  • false [fɔ́ːls] : 「誤った、虚偽の、偽の」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
❖ "And He Himself ~ "「そして、あなたが誤って信じていたことや、あなた自身の実相と愛の意味するところに関する暗い幻想をあなたが放棄すれば、それをどこで放棄したとしても、神自身が、あなたの心の中に真実の火花を飛ばしてくれるだろう」。神があなた心の中に真実の息吹を吹き込む。ただし、その前に、あなたは幻想を放棄しなくてはならない。



He will shine through your idle thoughts today, and help you understand the truth of love. 
  • shine [ʃáin] : 「輝く、光る」
  • through [θrúː] : 「〜を通り抜けて、〜の中を通って」
  • idle [áidl] : 「無意味な、無駄な」
thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考、思索、思想」
❖ "He will shine ~ "意訳する、「今日、あなたが無意味な思いを抱いたとしても、その間ずっと、神は輝いている」。あなたが日常の雑事に追われている間もずっと、神は真実の光をあなたの心の中で輝かせてくれる。"and help you ~ "「そして、あなたが愛の真実を理解出来るように手助けしてくれる」。



In loving gentleness He will abide with you, as you allow His Voice to teach love's meaning to your clean and open mind. And He will bless the lesson with His Love.
  • gentleness [dʒéntlnis] : 「優しさ、穏やかさ」
  • abide [əbáid] : 「とどまる、居住する」
  • allow [əláu] : 「許す、許可する」
  • clean [klíːn] : 「汚れていない、きれいな、欠点のない」
  • bless [blés] : 「〜を祝福する、清める、〜を賛美する」
❖ "In loving ~ "「神の声があなたの清らかで開かれた心に愛の意味を教えることをあなたが許したとき、愛に溢れた優しさをもって、神はあなたの側にいてくれる」。"And He will ~ "「そして神は、神の愛をもって、レッスンを祝福してくれるだろう」。



10. Today the legion of the future years of waiting for salvation disappears before the timelessness of what you learn. 
  • legion [líːdʒən] : 「大群、多数」
  • future [fjúːtʃər] : 「未来の、今後の」
  • disappear [dìsəpíər] : 「存在しなくなる、消滅する」
timelessness [táimlisnis] : 「時間が存在しないこと」
❖ "Today the legion ~ "「今日、あなたが学ぶことの無時間性を前にして、救いを待つ膨大な未来の時間は消滅する」。難しい言い回しをしているが、要するに、今日あなたは時間が幻想であって存在しないことをはっきり学ぶのだから、これから先、何年も何年も救いを待つ必要はなくなる、ということ。



Let us give thanks today that we are spared a future like the past. Today we leave the past behind us, nevermore to be remembered. 
  • spare [spéər] : 「〜を見逃す、〜をなしで済ます」
  • past [pǽst] : 「過去、昔、過去のこと」
  • leave [líːv] : 「〜を残す、ある状態のままにしておく」
  • behind [biháind] : 「〜の後ろに、後方に」
  • nevermore [nèveimɔ́ːr] : 「二度と〜しない」
❖ "Let us give ~ "「私たちが過去同様に未来からも逃れられたことを、今日の日に感謝しよう」。"Today we ~ "「今日私たちは、過去を背後に残して去り、二度と思い出すこともない」。



And we raise our eyes upon a different present, where a future dawns unlike the past in every attribute.
  • raise [réiz] : 「上げる、上昇させる、起こす」
  • different [dífərənt] : 「違っている、異なる」
  • present [préznt] : 「今、現在」
  • dawn [dɔ́ːn] : 「明ける、分かり始める、見え出す」
  • attribute [ǽtribjùːt] : 「属性、特質、特性、性格」
❖ "And we raise ~ "「そして、私たちは目を上げて、異なる現在を目にする」。あなたが足下に見ている現在は、時間依存の幻想。目を上げて、無時間の現在、実相的な現在を見るのである。"where a future ~ "「そこに、あらゆる点で過去とまったく似ても似つかない未来が見え始める」。



11. The world in infancy is newly born. And we will watch it grow in health and strength, to shed its blessing upon all who come to learn to cast aside the world they thought was made in hate to be love's enemy. 
  • infancy [ínfənsi] : 「幼年期、幼少」
  • newly [njúːli] : 「新たに、再び」
  • grow [ɡróu] : 「成長する、育つ、大きくなる」
  • shed [ʃéd] : 「発する、発散する」
  • blessing [blésiŋ] : 「祝福、恩恵、幸運」
  • cast [kǽst] : 「〜を投げる、投じる」
  • cast aside : 「投げ捨てる、放棄する」
  • enemy [énəmi] : 「敵、敵国、かたき」
❖ "The world in ~ "「幼い世界が新たに生まれる」。実相世界が生まれ出る。"And we will ~ "「私たちは、その世界が健康に、そして力強く成長していくのを見守ることになる」。"to shed its ~ "「そして、愛の敵となるために憎しみの中で作られたと思っていた世界を放棄することを学びにやって来た人達すべてに、その幼い世界は祝福を与える」。新たに生まれた真実の世界は、真実を求めるすべての人に祝福を与えてくれるのだ。ここも詩的表現なので、フィーリングを味わうだけでいい。原文を音読、朗読してみるのだ。



Now are they all made free, along with us. Now are they all our brothers in God's Love.
  • along with : 「〜と一緒に、〜とともに」
❖ "Now are they ~ "「今や彼らはすべて、私たちとともに解放される」。"Now are they ~ "「今や彼らはすべて、神の愛の内に、私たちの同胞となるのだ」。神の愛に包まれて、互いに互いを神の子と認め合うのである。自他一如の完成である。



12. We will remember them throughout the day, because we cannot leave a part of us outside our love if we would know our Self. 
  • throughout [θruːáut] : 「〜の間中ずっと」
  • leave [líːv] : 「 〜から離れる、〜と別れる」
  • outside [áutsáid] : 「外側に、外部に」
❖ "We will remember ~ "「一日中、私たちは彼らを忘れることはない」。"because we ~ "「なぜなら、もし私たちが本当の自分自身を知ったなら、私たちの愛の外に自分の一部を切り離して置くことなど出来ないからだ」。
自他一如である同胞を切り離すことは、愛する自分の一部をもぎ取ってしまうことと等しい。真実を知った者は、そんなことはしない。



At least three times an hour think of one who makes the journey with you, and who came to learn what you must learn. 
  • at least : 「少なくとも、最少に見ても」
  • journey [dʒə́ːrni] : 「旅、旅行」
❖ "At least three ~ "「少なくとも一時間に3回、あなたとともに旅をする人のことを思いなさい」。あなたと一緒に神への回帰の旅をする同胞のことに思いを馳せなさい。"and who came ~ "「彼は、あなたが学ぶべきことを、それを学ぶためにやって来たのだから」。



And as he comes to mind, give him this message from your Self:

        I bless you, brother, with the Love of God, which I would 
        share with you. For I would learn the joyous lesson that 
        there is no love but God's and yours and mine and everyone's.
  • message [mésidʒ] : 「伝達、連絡、伝言」
  • share [ʃέər] : 「分かち合う、共有する」
  • joyous [dʒɔ́iəs] : 「うれしい、喜びに満ちた、楽しい」
❖ "And as he ~ "「心に彼が浮かんだら、(次のような)本当のあなた自身からのメッセージを彼に伝えなさい」。"I bless you ~ "「同胞よ、私は神の愛をもってあなたを祝福します」。"which I would ~ "「私は、神の愛をあなたと分かち合いたいと思います」。"For I would ~ "「なぜなら、神の愛をおいて、あなたの、そして私の、すべての人達の愛をおいて、その他の愛などないことを教えてくれる楽しいレッスンを学びたいと願っているからです」。
 
 
 



Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

Powered by Blogger.