●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



W-pI.123.1:1 ~ W.pI.123.8:2

Lesson 123




I thank my Father for His gifts to me.
  • thank [θǽŋk] : 「〜に感謝する、〜にお礼を述べる」
❖ "I thank ~ "「私は、父なる神が私に贈り物をくれたことを感謝する」。贈り物とは、この世からの救いであり、救いがもたらす平和、喜び、静寂、等々のこと。あるいは、神が神の子に継承した神の属性、そのすべてだと思ってもいい。実相的真実のすべてである。



1. Today let us be thankful. We have come to gentler pathways and to smoother roads. 
  • thankfully [θǽŋkfəli] : 「有り難いことに、感謝して」
  • gentle [dʒéntl] : 「優しい、寛大な、穏やかな」
  • pathway [pǽθwèi] : 「小道、歩道、通路」
  • smooth [smúːð] : 「滑らかな、平らな、平坦な」
❖ "Today let ~ "「今日は、感謝しよう」。"We have ~ "「私たちは、なだらかな小道、平坦な道にたどり着いたのだ」。この世の苦と痛みの道を離れて、実相へと向かう穏やかな道を歩み始めた。



There is no thought of turning back, and no implacable resistance to the truth. 
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考、思想」
  • turn back : 「後戻りする、引き返す」
  • implacable [implǽkəbl] : 「和解し難い、執念深い」
  • resistance [rizístəns] : 「抵抗、反対、妨害」 
❖ "There is no ~ "「引き返そうなどという思いはない」。"and no implacable ~ "「真実に対する執拗な抵抗感もない」。



A bit of wavering remains, some small objections and a little hesitance, but you can well be grateful for your gains, which are far greater than you realize.
  • a bit of : 「少しの〜、ちょっとの」
  • waver [wéivər] : 「心が揺らぐ、ためらう」
  • remain [riméin] : 「残る、生き残る、残存する」
  • objection [əbdʒékʃən] : 「異論、反対、反発」
  • hesitance [hézətənsi] : 「ためらい、躊躇」
  • grateful [ɡréitfəl] : 「感謝する、感謝している」
  • gain [géin] : 「利益、得ること、獲得」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、自覚する、実感する」
❖ "A bit of wavering ~ "「少しだけ、ためらいは残っている」。"some small ~ "「それは、小さな反発心、わずかな躊躇である」。"but you can ~ "「しかしあなたは、あなたが得たものに十分感謝出来るだろう」。"which are ~ "「それは、あなたが感じる以上に遙かに大きいものなのだ」。



2. A day devoted now to gratitude will add the benefit of some insight into the real extent of all the gains which you have made; the gifts you have received. 
  • devote [divóut] : 「充てる、ささげる、専念させる」
  • gratitude [ɡrǽtətjùːd] : 「感謝、感謝の気持ち」
  • add [ǽd] : 「加える、付け足す、書き加える」
  • benefit [bénəfit] : 「便益、恩恵、利益」
  • insight [ínsàit] : 「洞察力、眼識、見識」
  • extent [ikstént] : 「範囲、規模、広がり、程度」
  • real extent of : 「〜の実際の程度」
  • receive [risíːv] : 「受け取る、聞く、知る」
❖ "A day devoted ~ "意訳する、「今、感謝にささげた一日は、あなたが手に入れたものや受け取ったものすべてが実際はどの程度のものなのか、その見極めに役立つ」。心の平和や喜びや静寂、等々がどれほど価値のなるものなのか、まだ、あなたには理解出来ないかもしれない。しかし、感謝の気持ちをもって得たものを噛みしめているうちに、その大きさが理解出来るようになる。



Be glad today, in loving thankfulness, your Father has not left you to yourself, nor let you wander in the dark alone. 
  • loving [lʌ́viŋ] : 「愛情を抱いた、愛情あふれる」
  • thankfulness [θǽŋkfəlnis] : 「感謝、感謝の気持ち」
  • left [léft] : 「leaveの過去・過去分詞形」
  • to oneself : 「自分だけに、独占して」
  • wander [wɑ́ndər] : 「さまよう、迷う」
  • alone [əlóun] : 「独りで、孤立して、単独で」
❖ "Be glad today ~ "「今日は、愛に溢れる感謝の気持ちをもって、喜びを謳歌しなさい」。"your Father ~ "「父なる神は、あなただけを一人ぼっちにしておかなかったし、闇の中を一人で彷徨(さまよ)わせることもしなかった」。神はホーリー・スピリットをあなたに遣わして、いつもあなたがホーリー・スピリットとともに歩めるようにしてくれた。あなたはそれに気付かず、自分は神に見捨てられた孤独な人間だと思ってきた。しかし、今日、あなたはそうではないと知った。大いに喜び、感謝しよう。



Be grateful He has saved you from the self you thought you made to take the place of Him and His creation. Give Him thanks today.
  • save [séiv] : 「救う、助ける」
  • take the place of : 「〜の代わりをする、〜に取って代わる」
  • creation [kriéiʃən]: 「創造、創作、創作物、作品」
  • give thanks : 「感謝する」
❖ "Be grateful ~ "「神と神が創造したものに置き換えて、あなたが作り上げたと思い込んでいた自分から、神が解放してくれたことを感謝しなさい」。"Give Him ~ "「今日、神に感謝しなさい」。神が神の子というあなたを創造したにもかかわらず、あなたはその事実を神に投げ返して、エゴを偶像とする肉体的自分をでっち上げた。そして、エゴをこの幻想世界に君臨させたのだ。しかし今、あなたはエゴから解放された。神に感謝しよう。



3. Give thanks that He has not abandoned you, and that His Love forever will remain shining on you, forever without change. 
  • abandon [əbǽndən] : 「捨てる、見捨てる、捨て去る」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
  • shine [ʃáin] : 「輝く、光る」
❖ "Give thanks ~ "「神があなたを見捨てなかったことに感謝しなさい」。"and that His ~ "「そして、神の愛が永遠にあなたの上で輝き続け、永遠に変わることがないことに感謝しなさい」。



Give thanks as well that you are changeless, for the Son He loves is changeless as Himself. 
  • as well : 「同じに、同様にうまく、その上」
  • changeless [tʃéindʒlis] : 「変化のない、不変の」
❖ "Give thanks ~ "「また同様に、あなたも変わることがないことに感謝しなさい」。"for the Son ~ "「なぜなら、神が愛する神の子は神同様に変わることがないからだ」。実相的存在のあなたの心、命は永遠不変である。



Be grateful you are saved. Be glad you have a function in salvation to fulfill. 
  • gladly [ɡlǽd] : 「喜んで、喜々として」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、働き、効用、職務、役割」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い、救世」
  • fulfill [fulfíl] : 「(約束を)実行する、(使命を)果たす」
❖ "Be grateful ~ "「あなたが救われたことに感謝しなさい」。"Be glad you ~ "「あなたには果たすべき救いのための役割があることを感謝しなさい」。あなたは幻想から実相へ目覚めるという救いを果たした。今度は、あなたの同胞を救うのである。あなたの神の子としての役割である。



Be thankful that your value far transcends your meager gifts and petty judgments of the one whom God established as His Son.
  • value [vǽljuː] : 「価値、値打ち」
  • transcend [trænsénd] : 「超える、〜を超越する」
  • meager [míːɡər] : 「わずかばかりの、ちっぽけな」
  • petty [péti] : 「わずかな、小さい、けちな、狭量な」
  • judgment [dʒʌ́dʒmənt] : 「判断、判断力、分別」
  • establish [istǽbliʃ] : 「確立する、制定する、成立させる」
❖ "Be thankful that ~ "「あなたが得たちっぽけな贈り物、神が神の子として確立した者に対するケチな判断を、あなたの価値は遙かに超えていることに感謝しなさい」。あなたの神の子としての価値は、あなたがこの世で得たちっぽけな成功や地位や財産などを遙かに超えている。また、もしあなたが自分は人間的には価値のない肉体的生物に過ぎないと判断しているなら、それは大きな間違いである。あなたは永遠の命を与えられた神の子なのだから。



4. Today in gratitude we lift our hearts above despair, and raise our thankful eyes, no longer looking downward to the dust. 
  • lift [líft] : 「持ち上げる、高める」
  • above [əbʌ́v] : 「上に、上へ」
  • despair [dispέər] : 「絶望、失望、落胆」
  • raise [réiz] : 「上げる、上昇させる、起こす」
  • no longer : 「もはや〜でない」
  • downward [dáunwərd] : 「下の方へ、下向きに」
  • dust [dʌ́st] : 「ちり、ほこり」
❖ "Today in gratitude ~ "「今日は感謝の気持ちをもちながら、絶望の上へと心を持ち上げる」。絶望から離れて、希望へと向かう。"and raise our ~ "「そして、感謝の目を上に向け、二度と塵芥(ちりあくた)の世界を見下ろすことはなくなる」。塵にも等しいこの幻想世界に目を向けないようにする。幻想に誘惑されないようにする、ということ。



We sing the song of thankfulness today, in honor of the Self that God has willed to be our true Identity in Him. 
  • in honor of : 「〜に敬意を表して、〜を祝って」
  • identity [aidéntəti] : 「正体、身元、独自性、固有性」
❖ "We sing ~ "「今日、〜を祝って、私たちは感謝の歌を歌う」。"in honor of ~ "意訳する、「私たちの本当の自己は、神が神の子の本当の身元を神自身の中にあるようにと意図した通りの自分であることを祝って、」感謝の歌を歌う。下手な訳で申し訳ない。本当のあなた自身はエゴがでっち上げた自己ではなく、神が意図して創造した通りの神の子なのだと、それを祝って感謝の歌を歌う、ということ。



Today we smile on everyone we see, and walk with lightened footsteps as we go to do what is appointed us to do.
  • smile [smáil] : 「ほほ笑む、微笑する」
  • lighten [láitn] : 「軽くなる、軽減する、楽にする」
  • footstep [fútstèp] : 「足跡、歩み」
  • appoint [əpɔ́int] : 「決める、指定する、定める」
❖ "Today we ~ "「今日私たちは、出会う人みんなに微笑みかける」。"and walk with ~ "「なすようにと決められたことをするために、軽やかにステップを踏んで行く」。ここは深読みせずに、単に、今日一日は心軽やかに、笑顔で人に接し、楽しく仕事をしなさい、ということ。



5. We do not go alone. And we give thanks that in our solitude a Friend has come to speak the saving Word of God to us. 
  • solitude [sάlətjùːd] : 「孤独、独りぼっち」
❖ "We do not ~ "「あなたは独りぼっちで行くわけではない」。"And we give ~ "「孤独な時に友がやって来て、私たちに神の救いの言葉を話してくれることを、私たちは感謝する」。



And thanks to you for listening to Him. His Word is soundless if it be not heard. In thanking Him the thanks are yours as well. 
  • soundless [sáundlis] : 「音のしない」
  • heard [hə́ːrd] : 「hearの過去・過去分詞形」
❖ "And thanks to ~ "「それに耳を傾けるあなたに感謝する」。"His Word is ~ "「彼の言葉は、聞かれることがなければ無音である」。あなたと歩みを供にする同胞の言葉は、同胞の心の中に宿るホーリー・スピリットの声である。あなたが耳を傾けなければ、同胞の心の声は聞こえて来ない。"In thanking ~ "意訳する、「彼に感謝する中で、同時に、その感謝はあなたにも向けられているのだ」。自他一如である同胞と、感謝を分かち合うのだ。



An unheard message will not save the world, however mighty be the Voice that speaks, however loving may the message be.
  • unheard [ʌ̀nhə́ːrd] : 「聞こえない、耳に届かない」
  • mighty [máiti] : 「強力な、強大な、巨大な」
❖ "An unheard ~ "「聞き届けられないメッセージは、語られる声がどんなに大きかろうが、そのメッセージがどんなに愛に溢れていようが、世界を救うことはないだろう」。



6. Thanks be to you who heard, for you become the messenger who brings His Voice with you, and lets It echo round and round the world. 
  • messenger [mésəndʒər] : 「使者、メッセンジャー」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜をもたらす」
  • echo [ékou] : 「反響させる、こだまする」
  • round and round : 「グルグルと」
❖ "Thanks be ~ "、ここは"Thanks should be ~ "、直訳すると、「感謝は、聞いたあなたに贈られるべきだ」。救いのメッセージは、発せられ、そして聞き届けられて初めて命を得る。聞き届けたあなたも感謝に値するわけだ。"for you become ~ "「なぜなら、あなたは彼の声を携えたメッセンジャーになるからであり、世界中にその言葉を反響させるからだ」。"His Voice"「彼の声」とは、同胞の声であり、もちろん、同胞の心の声、つまりはホーリー・スピリットの声、そして、それは神の声である。あなたはその声を聞き、神のメッセージを伝えるメッセンジャーとなる。つまり、あなたはホーリー・スピリットの役割を担って生きることになるのだ。



Receive the thanks of God today, as you give thanks to Him. 
  • receive [risíːv] : 「受け取る、聞く、知る」
❖ "Receive the thanks ~ "「今日、あなたが神に感謝を捧げると同時に、神の感謝を受け取りなさい」。神のメッセンジャーになってくれたあなたに、神は感謝する。



For He would offer you the thanks you give, since He receives your gifts in loving gratitude, and gives them back a thousand and a hundred thousand more than they were given. 
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる、〜を提供する」
  • thousand [θáuzənd] : 「1000の、1000個の」
  • hundred [hʌ́ndrəd] : 「100の、100個の」
❖ "For He would ~ "「なぜなら、あなたが与えた感謝を、あなたに差し出したいと思うからだ」。感謝を感謝でお返ししたいと願う、ということ。"since He receives ~ "「なぜなら、神はあなたからの贈り物を愛に溢れた感謝の気持ちで受け取り、受け取ったときよりも何千倍、何十万倍にも大きくして返してくれるからだ」。



He will bless your gifts by sharing them with you. And so they grow in power and in strength, until they fill the world with gladness and with gratitude.
  • bless [blés] : 「〜を祝福する、清める、〜を賛美する」
  • share [ʃέər] : 「分かち合う、共有する」
  • grow [ɡróu] : 「成長する、育つ、大きくなる」
  • strength [stréŋkθ] : 「力、強さ、体力」
  • until [əntíl] : 「〜する時まで」
  • fill [fíl] : 「いっぱいに満たす、埋める」
  • gladness [ɡlǽdnis] : 「喜ばしさ、喜び」
❖ "He will bless ~ "「あなたの贈り物をあなたと分かち合うことで、神はあなたの贈り物を祝福する」。あなたの贈り物とは、ここでは感謝ととらえてもいいし、あなたが担った救いという役割のことだと思ってもいい。あなたが神の計画に賛同してくれたことを、感謝をもって祝福しているという意味合い。"And so they ~ "「だから、あなたの贈り物はパワーも力もますます大きくなり、やがてそれは、喜びと感謝で世界を満たす」。



7. Receive His thanks and offer yours to Him for fifteen minutes twice today. 
  • fifteen [fìftíːn] : 「15の、15個の」
  • twice [twáis] : 「2回、2度」
❖ "Receive His ~ "「今日は一日に2回、15分間、神の感謝を受け取り、同時に、神への感謝を捧げなさい」。



And you will realize to Whom you offer thanks, and Whom He thanks as you are thanking Him. 
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、自覚する、実感する」
❖ "And you will ~ "「そうすれば、あなたが誰に感謝を捧げているか自覚出来るであろうし、あなたが神に感謝を捧げるとき、神が誰に感謝しているか実感するだろう」。



This holy half an hour given Him will be returned to you in terms of years for every second; power to save the world eons more quickly for your thanks to Him.
  • holy [hóuli] : 「神聖な、聖なる」
  • return [ritə́ːrn] : 「〜を返す、戻す、返却する」
  • in terms of : 「〜を単位として」
  • eon [íːən] : 「10億年、永劫」
  • quickly [kwíkli] : 「速く、すぐに」
❖ "This holy half ~ "「神に捧げるこの神聖な30分は、何年にも渡って、一秒毎に、あなたに返されるだろう」。あなたが一日2回15分の感謝を神に捧げれば、神は何年にも渡って常にあなたに感謝を返してくれる、ということ。先の「神はあなたからの贈り物を愛に溢れた感謝の気持ちで受け取り、受け取ったときよりも何千倍、何十万倍にも大きくして返してくれる」という文章を思い出そう。"power to save ~ "意訳する、「あなたの神への感謝のおかげで、びっくりするほど早く世界を救うパワーを返してくれるのだ」。世界を救う時間を短縮してくれる、ということ。ACIMのTEXTで、イエスは時間を短縮するパワーを握っていると言っている。イエスは、あなたと世界の救いの時間を奇跡的に短くしてくれるのだ。



8. Receive His thanks, and you will understand how lovingly He holds you in His Mind, how deep and limitless His care for you, how perfect is His gratitude to you. 
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、分かる」
  • lovingly [lʌ́viŋli] : 「愛情を込めて、優しく」
  • deep [díːp] : 「深く、強烈に」
  • limitless [límitlis] : 「制限のない、無限の」
  • care for : 「〜を大事に思う、〜の世話をする」
❖ "Receive His ~ "「神の感謝を受け取りなさい」。"and you will ~ "「そうすれば、神がどんなに愛情をもって神の心の中にあなたを抱(いだ)いているか、理解出来るだろうし、」"how deep and ~ "「神がどんなに深く、制限もなく、あなたを大切に思っているか、あなたへの神の感謝がどんなに完璧か、理解出来るだろう」。



Remember hourly to think of Him, and give Him thanks for everything He gave His Son, that he might rise above the world, remembering his Father and his Self.
  • hourly [áuərli] : 「1時間ごとに、時間ごとに、毎時」
  • rise [ráiz] : 「立ち上がる、起立する、増す」
❖ "Remember hourly ~ "「忘れずに、一時間毎に神に感謝しなさい」。"and give Him ~ "「神が神の子に与えてくれたものすべてに対して、神に感謝しなさい」。"that he might ~ "意訳する、「そうすれば、神の子は、父なる神と神の子である自分自身を思い出しながら、この世界から抜け出して天上へ向かうことが出来るだろう」。ここの"rise above the world"の部分であるが、幻想世界の上へと立ち昇るというニュアンスで、いわゆるアセンドする、ということ。TEXTには、神あるいはホーリー・スピリットが、神の子であるあなたを地上から天上へ持ち上げる、引き上げる、という記述があるので、ここもその意味ととらえていいだろう。肉体を離れて、純粋な心となって天(実相)にアセンドするのである。
 
 
 



Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

Powered by Blogger.