●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



W-pI.114.1:1 ~ W-pI.114.3:4

Lesson 114 

Review of Lessons 97 - 98



For morning and evening review(朝と晩のための復習):
1. I am spirit. I am the Son of God.
  • spirit [spírit] : 「霊、魂、霊魂、精霊、精神、気分、気迫」
  • contain [kəntéin] : 「含む、包含する」
❖ "I am ~ "「私はスピリットである」。"I am the Son ~ "「私は神の子である」。ここの"spirit"は、霊的存在、魂、霊魂、精霊、等々の意味合いだが、ACIM においては正確な訳語ではない。むしろ、ホーリー・スピリットの、その『スピリット』そのものだと捉えておくだけでいいだろう。あなたは神が創造した神の子であって、だから、ホーリー・スピリットそのものと同一である。



        No body can contain my spirit,

        nor impose on me a limitation God created not.
  • impose [impóuz] : 「課す、負わす、かける、与える」
  • impose on : 「騙す、つけ込む」
  • limitation [lìmətéiʃən] : 「制限、制約、限界」
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
❖ "No body ~ "「肉体は、決して私のスピリットを内に含むことは出来ないし、神が創造しさえしなかった制限など、肉体が私に課すことは出来ない」。肉体は、あなたが幻想したイメージに過ぎず、神が創造し、あなたに与えたものではない。神は、あなたをスピリットとして創造した。だから、肉体は、実在するスピリットと無関係である。



2. I will accept my part in God's plan for salvation.
  • accept [æksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • part [pάːrt] : 「役割、責任、義務」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い、救世」
❖ "I will accept ~ "「私は、救いのための神の計画における私の役割を受け入れよう」。幻想から実相へ目覚めることが救いであり、神は、神の子を救う計画を、ホーリー・スピリットを通してあなたに与えた。その計画におけるあなたの役割は、幻想をしっかり認識し、その事実を受け入れて赦し、幻想を消滅させること、つまり贖罪である。赦しと贖罪、それがあなたの役割だ。くどくなるようだが、贖罪とは、罪を認めて赦しを請うことではない。罪など存在していないと認識し、その幻想性を赦して消滅させることである。



        What can my function be but to accept 
        the Word of God, Who has created me 
        for what I am and will forever be?
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、作用、働き、効用、職務、役割」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
❖ "What can ~ "「神の言葉を受け入れる以外に、私の役割はあろうか」。神の言葉を受け入れるとは、神による救いの計画を受け入れる、ということ。"Who has created ~ "「神は、本当の私、永遠にそうである私のために、私を創造したのだから」。永遠にそうであるあなたとは、あなたの真実の姿、つまり神が創造したままの神の子、ということ。肉体をもったあなたが、この幻想世界でどんなに苦と痛み、そして罪の意識に苛まれようが、それは単なる悪夢であって、純粋で無辜なる神の子としての本当のあなた自身は永遠に不変である。それに気付くことが救いであり、救いのためにあなたがやるべき役割は、赦しと贖罪である。別な角度から別の言葉で言うなら、『徹底的に愛せ』ということである。



3. On the hour(1時間毎に):
I am spirit.
❖ "I am ~ "「私はスピリットである」。



On the half hour(30分経ったら):

I will accept my part in God's plan for salvation.
❖ "I will accept ~ "「私は、救いのための神の計画における私の役割を受け入れよう」。
 
 
 



Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

Powered by Blogger.