●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



W-pI.104.1:1 ~ W-pI.1-4.5:5

Lesson 104



I seek but what belongs to me in truth.

  • seek [síːk] : 「探し求める、捜し出す、捜索する」
  • belong [bilɔ́ːŋ] to : 「〜に属する、〜の所有である」
  • in truth : 「実のところ、実際に」

❖ "I seek but ~ "「私は、真実、自分に属しているものだけを追い求める」。神の子として神から継承した神の属性のすべて、それが、あなたが本当にもっているもののすべてである。一元論実相世界の純粋な愛、喜び、平和、静寂、美、慈しみ、幸せ、等々のこと。



1. Today's idea continues with the thought that joy and peace are not but idle dreams. They are your right, because of what you are. 

  • continue [kəntínjuː] : 「続く、継続する」
  • continue with : 「〜を続ける、〜を推進する」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考、思想、見解」
  • idle [áidl] : 「動いていない、無意味な、無駄な」
  • right [ráit] : 「権利、利権」

❖ "Today's idea ~ "「今日のテーマは、喜びや平和は単なる無意味な夢などではないという考えを継続する」。"They are ~ "意訳する、「あなたは本当は神の子であるから、喜びと平和はあなたの権利である」。"what you are"は、『本当のあなた』ということ。つまり、神に愛される神の子である。神の贈り物を受け取った神の子である。



They come to you from God, Who cannot fail to give you what He wills. Yet must there be a place made ready to receive His gifts. 

  • fail [féil] : 「失敗する、しくじる」
  • will [wíl] : 「〜を望む、意図する、命ずる」
  • place [pléis] : 「場所、個所」
  • ready [rédi] : 「覚悟ができた、用意ができて」
  • receive [risíːv] : 「受け取る、聞く、知る」

❖ "They come ~ "「平和と喜びは神からやって来る」。"Who cannot ~ "「その神は、意図したものをあなたに与え損ねることは決してない」。平和と喜びは、神があなたに与えたいと意図したものである。だから必ず、あなたはその贈り物を手にすることが出来る。神の辞書に『失敗』という言葉はない。"Yet must there ~ "「しかし、神の贈り物を受け取るには、受け取る場所が用意されていなくてはならない」。神の贈り物である平和と喜びを受け取るには、それを受け入れる心が必要だ。神の贈り物を受け入れるかどうかの選択は、あなたの自由意志が決めるのである。



They are not welcomed gladly by a mind that has instead received the gifts it made where His belong, as substitutes for them.

  • welcome [wélkəm] : 「歓迎する、喜んで受け入れる」
  • gladly [ɡlǽd] : 「喜んで、喜々として」
  • instead [instéd] : 「代わりに、それよりむしろ、そうしないで」
  • belong [bilɔ́ːŋ] : 「あるべき所にある、いるべき所にいる」
  • substitute [sʌ́bstətjùːt] : 「代わりのもの、代用品、代替、代理人」

❖ "They are not ~ "「神の贈り物が受け入れられる場所に、その贈り物に替えて、代わりに、心がでっち上げた贈り物を受け取ろうとするような心では、平和も喜びも喜んで歓迎されることはない」。心がでっち上げた贈り物とは、要するにエゴがあなたに与える甘いアメである。ここの心とは、エゴに支配された心のこと。甘いアメとは、お金や物、名誉、地位、権力、快楽、等々のこと。そんなものをほしがっている心には、神の贈り物である平和や喜びは、ありがた迷惑にしか映らない。



2. Today we would remove all meaningless and self-made gifts which we have placed upon the holy altar where God's gifts belong. 

  • remove [rimúːv] : 「取り除く、取り去る、除去する」
  • meaningless [míːniŋlis] : 「意味のない、無意味な」
  • place [pléis] : 「〜を置く、設置する」
  • holy [hóuli] : 「神聖な、聖なる」
  • altar [ɔ́ːltər] : 「祭壇、聖餐台」

❖ "Today we would ~ "「今日私たちは、神の贈り物が置かれるべき神聖な祭壇の上に置いた、意味のない自家製の贈り物のすべてを除去してしまおうと思う」。あなたの心の大半はエゴに支配されているが、心の奥底には、最も純粋で神聖な部分が残されている。そこに神の祭壇があり、ここが神とあなたと結ぶチャンネルになっている。仲介役がホーリー・スピリットである。祭壇には神からの贈り物、神の属性のすべてが祭られており、ホーリー・スピリットがそれを保管してくれている。と、まあ、神の祭壇をイメージとして描けば、そういうことになる。そして、あなたが偶像として崇めるエゴが作り出した幻想の贈り物を、あなたはちゃっかりと神の祭壇に祭り上げてしまっている、というわけだ。そんな意味のないガラクタを、今日、あなたは取り除こうとしているのだ。大掃除である。



His are the gifts that are our own in truth. His are the gifts that we inherited before time was, and that will still be ours when time has passed into eternity. 

  • inherit [inhérət] : 「〜を引き継ぐ、受け継ぐ、継承する」
  • pass [pǽs] : 「通る、通り過ぎる、通過する」
  • eternity [itə́ːrnəti] : 「永遠、無限」

❖ "His are the gifts ~ "「神の贈り物は、私たちの本当の贈り物である」。神から継承した神の属性だけが、私たちが自分のものだと主張出来る真実の贈り物である。"His are the gifts ~ "意訳する、「神の贈り物は、時間が存在する以前に継承された贈り物であり、時間が過ぎ去り永遠性へ回帰出来た後にもなお、私たちのものである贈り物である」。神からの分離後、神の子は時間と空間を基盤としたこの幻想世界を偽創造した。神の子が神の属性を継承したのは、神からの分離以前のことである。また、神の子が幻想から目覚めて実相世界へ回帰した後にも、つまり時間が消滅し永遠が再起動された後にも、神の属性のすべては神の子の持ち物のままである。



His are the gifts that are within us now, for they are timeless. And we need not wait to have them. They belong to us today.

  • within [wiðín] : 「〜の中に、〜の内側に」
  • timeless [táimlis] : 「時間を超越した、無時間の、永久の、永遠の」
  • wait [wéit] : 「待つ」

❖ "His are the gifts ~ "「神の贈り物は、今も私たちの心の中に存在する贈り物である」。"for they are ~ "「なぜなら、神の贈り物は時間に依存しないからだ」。真実は無時間性を有し、時間依存することはない。永遠不変である。"And we need ~ "「そして、私たちは、神の贈り物が与えられるのを待つ必要などない」。なぜなら、"They belong ~ "「神の贈り物は、今日、私たちのものである」からだ。あなたの心の中に、すでに神の贈り物があるのだと、今日、あなたは気付く。だから、神の祭壇の前に行き着けばいいのだ。



3. Therefore, we choose to have them now, and know, in choosing them in place of what we made, we but unite our will with what God wills, and recognize the same as being one. 

  • therefore [ðέərfɔ̀ːr] : 「それ故に、そのために、従って、だから」
  • choose [tʃúːz] : 「 〜を選ぶ、〜を選択する」
  • in place of : 「〜の代わりに、〜の代理で」
  • unite [junáit] : 「〜を結合させる、一体化させる」
  • recognize [rékəɡnàiz] : 「〜を認識する、認める、受け入れる」
  • same [séim] : 「同じ、同一の、変わらない」

❖ "Therefore, we ~ "「そこで、今私たちは神の贈り物を受け入れる選択をし、私たちがでっち上げたものに代えて神の贈り物を選ぶ中で私たちの意志と神の意志を一体化させるのだと知り、それが同一であると認識するのである」。神の贈り物があなたの心の中に既に存在していると知ることは、あなたの意志でもあり、神の意志でもある。あなたは、自分の意志を神の意志と同化させるのだ。



Our longer practice periods today, the hourly five minutes given truth for your salvation, should begin with this:

        I seek but what belongs to me in truth, 
        And joy and peace are my inheritance.

  • hourly [áuərli] : 「1時間ごとに、時間ごとに、毎時」
  • given [ɡívən] : 「giveの過去分詞形」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い、救世」
  • inheritance [inhérətəns] : 「受け継いだもの、継承物、継承」

❖ "Our longer ~ "「今日の長めの練習は、そして、救いのための真実が与えられる1時間ごとの5分の練習も、次のように言って始めなさい」。"I seek but ~ "「私は、真実、自分に属しているものだけを追い求める」。"And joy and ~ "「そして、喜びと平和は、私が(神から)受け継いだものである」。喜びと平和は、あなたが神から継承したもの。つまり、神からの贈り物である。



Then lay aside the conflicts of the world that offer other gifts and other goals made of illusions, witnessed to by them, and sought for only in a world of dreams.

  • lay aside : 「やめる、捨てる、放棄する」
  • conflict [kɑ́nflikt] : 「衝突、対立、論争、摩擦、葛藤、軋轢」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる、〜を提供する、〜を勧める」
  • goal [ɡóul] : 「目標、目的地、目的、目指すもの」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • witness [wítnəs] : 「証言する、証明する」
  • sought [sɔ́ːt] : 「seek の過去・過去分詞形」

❖ "Then lay aside ~ "意訳する、「そして、神からの贈り物以外の贈り物や目的、それは幻想によって作られ、幻想によってのみ正しいと証言された目的であり、夢の中の世界においてのみ探し求められるものなのだが、そんなものを差し出す世界が作り出すコンフリクトを捨て去りなさい」。長々しい表現をしているが、要するに、神の贈り物である喜びや平和、等々の真実だけを受け入れ、それ以外の幻想は捨ててしまいなさい、ということ。そんな幻想は、エゴが勝手に夢に見ているだけのものであって、この世の苦と痛み、葛藤、コンフリクト等々を生み出すだけだ。幻想が実在すると証言してはいけないし、そもそも、そんな幻想を追い求めてもいけない。



4. All this we lay aside, and seek instead that which is truly ours, as we ask to recognize what God has given us. 

  • instead [instéd] : 「代わりに、それよりむしろ、そうしないで」
  • that which : 「《関係代名詞》〜するもの、関係詞whatと同義」
  • ask [ǽsk] : 「求める、要求をする」
  • recognize [rékəɡnàiz] : 「認める、受け入れる、〜を認識する」

❖ "All this we ~ "「私たちは、神が私たちに与えてくれたものを認識出来るように求めながら、(神の贈り物以外の)こんなもののすべてを捨て、代わりに、本当に私たちのものであるものを探す」。



We clear a holy place within our minds before His altar, where His gifts of peace and joy are welcome, and to which we come to find what has been given us by Him. 

  • clear [klíər] : 「取り除く、除去する、一掃する、片付ける」
  • come to do : 「〜するようになる」

❖ "We clear a holy ~ "「私たちは、私たちの心の中にある神の祭壇の前の神聖な場所をきれいにする」。"where His gifts ~ "「その場所で、平和と喜びという神の贈り物が歓迎され、私たちは、神によって私たちに与えられたものを見つけ出すことになる」。



We come in confidence today, aware that what belongs to us in truth is what He gives. 

  • confidence [kάnfədəns] : 「信頼、信用、信任、確かさ、確信、自信」
  • aware [əwέər] : 「気付いている、気が付いて」

❖ "We come in ~ "「今日私たちは、自信をもって、私たちに本当に属するものは神が与えてくれたものだと気付く」。"come"「来る」とあるが、自信をもてる地点までやって来る、自信がもてるようになる、 という意味合い。



And we would wish for nothing else, for nothing else belongs to us in truth.

  • wish [wíʃ] : 「望む、願う」

❖ "And we would ~ "「それ以外のものを望まないようにしよう」。"for nothing else ~ "「なぜなら、それ以外のものは、本当は私たちのものではないからだ」。それ以外のものは他者のものだ、という意味ではなく、それ以外のものは実相的に存在していないから、幻想に過ぎないから、という意味。



5. So do we clear the way for Him today by simply recognizing that His Will is done already, and that joy and peace belong to us as His eternal gifts. 

  • simply [símpli] : 「造作なく、たやすく、簡単に」
  • done [dʌ́n] : 「doの過去分詞」
  • already [ɔːlrédi] : 「すでに、とっくに〜済み」
  • eternal [itə́ːrnl] : 「永遠の、不変の、永久の、不滅の」

❖ "So do we ~ "「そこで、神の意志は既に達成されており、喜びと平和は、神の永遠の贈り物として、私たちのものであると単に認識することで、今日、神のために道をきれいにする」。神の道をきれいにするとは、神の意志が成就するように努める、ということ。エゴ主導の幻想的な雑念を追い払う、ということ。



We will not let ourselves lose sight of them between the times we come to seek for them where He has laid them. 

  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
  • sight [sáit] : 「視力、視覚、視野、視界、景色、眺め」
  • lose sight of : 「〜を見失う」
  • between [bitwíːn] : 「〜の間で」
  • laid [léid] : 「layの過去・過去分詞形」
  • lay [léi] : 「置く、横たえる、並べる、用意する」

❖ "We will not ~ "「神が贈り物を置いた場所で、その贈り物を探し出すことになる時間と時間の合間にも、神の贈り物を見失わないようにする」。練習と練習の間でも、神の贈り物のことを念頭に置いておくように。見失ってはいけない。



This reminder will we bring to mind as often as we can:

        I seek but what belongs to me in truth. 
        God's gifts of joy and peace are all I want.

  • reminder [rimáindər] : 「思い出させるもの」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜をもたらす」
  • often [ɔ́fən] : 「しばしば、たびたび、ちょくちょく」

❖ "This reminder ~ "意訳する、「出来るだけ頻繁に次の言葉を言って、神の贈り物のことを心の中で思い出すようにしなさい」。"I seek but ~ "「私は、真実、自分に属しているものだけを追い求める」。"God's gifts of ~ "「喜びと平和という神の贈り物は、私が欲するすべてである」。
 
 
 



Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

Powered by Blogger.