●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



W-pI.99.1:1 ~ W-pI.99.12:5

Lesson 99 



Salvation is my only function here.

  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い、救世」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、作用、働き、効用、職務、役割」

❖ "Salvation is ~ "「救いは、この地上における私の唯一の役割である」。"here"を「この地上における」と訳したが、「この世界における、今この場での、今生の」、等々という意味合い。自らも幻想から実相へと目覚め、同時に同胞をも幻想から実相へと目覚めさせること、それが救い。虚偽から真実へ、闇から光へ、非実在から実在へ、エゴからホーリー・スピリットへ、その跳躍が救いである。



1. Salvation and forgiveness are the same. They both imply that something has gone wrong; something to be saved from, forgiven for; something amiss that needs corrective change; something apart or different from the Will of God. 

  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し、容赦、寛容」
  • same [séim] : 「同じ、同一の、変わらない」
  • both [bóuθ] : 「両方ともに、双方ともに」
  • imply [implái] : 「暗に伝える、暗示する、ほのめかす」
  • go wrong : 「間違った方向に進む、うまくいかない、故障する」
  • save [séiv] : 「救う、助ける」
  • forgiven [fərɡívn] : 「forgiveの過去分詞」
  • forgive [fərɡív] : 「許す、容赦する、勘弁する」
  • amiss [əmís] : 「間違って、不適当に、場違いに」
  • corrective [kəréktiv]: 「矯正手段、救済手段」
  • change [tʃéindʒ] : 「変化、変更、移行、交換」
  • apart from : 「〜から離れて、〜は別として」
  • different [dífərənt] : 「相違する、違っている、異なる」

will [wíl] : 「意志、意欲、願望」
❖ "Salvation and ~ "「救いと赦しは同じことである」。"They both imply ~ "「両者とも、何かが間違った方向に進んでしまったことを暗に示している」。つまり、"something to ~ "「救われ赦されるべき何か、修正し、変える必要のある誤った何か、神の意志にほど遠い、あるいはそれと違った何か」。そういうものからの解放が救いであり、救いの手段が赦しである。救いと赦しは表裏一体である。



Thus do both terms imply a thing impossible but yet which has occurred, resulting in a state of conflict seen between what is and what could never be.

  • thus [ðʌ́s] : 「それ故に、従って、このようにして」
  • term [tə́ːrm] : 「用語、言葉、言葉遣い、言い回し、表現」
  • impossible [impάsəbl] : 「不可能な、とてもあり得ない、できない」
  • occur [əkə́ːr] : 「起こる、発生する、生じる、現れる」
  • result [rizʌ́lt] : 「終わる、帰着する、〜の結果となる」
  • state [stéit] : 「状態、形勢、情勢、状況」
  • conflict [kɑ́nflikt] : 「衝突、対立、論争、摩擦、葛藤、軋轢」
  • between [bitwíːn] A and B: 「AとBとの間に、AないしB」

❖ "Thus do both ~ "「このように、二つの言葉は、起こり得ないことが、しかし、起こってしまい、本来あるべきものと決してあり得ないものとの間に見られるコンフリクトを起こした状態に結果したことを暗に示している」。非実在の幻想が実在の実相と衝突し、あなたを混乱に陥れている。現実には起こり得ないことが夢(幻想)の中で起こり、現実(実相)と非現実(幻想)がコンフリクトを起こしているのだ。そんなことが生じていないなら、救いも赦しも必要ない。しかし、あなたの苦と痛みの原因はコンフリクトにあり、あなたは救いと赦しを必要としている。



2. Truth and illusions both are equal now, for both have happened. The impossible becomes the thing you need forgiveness for, salvation from. 

  • equal [íːkwəl] : 「〜と等しい、同等の、程度が等しい、平等な」
  • happen [hǽpən] : 「起こる、発生する、降り懸かる」
  • impossible [impάsəbl] : 「不可能な、とてもあり得ない、できない」
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」

❖ "Truth and ~ "「真実と幻想は、今は、同等である」。"for both ~ "「なぜなら、どちらも起きているからだ」。今のあなたは、実相と幻想の区別をつけることが出来ない。この世界を実在する現実だと思って生きているからだ。"The impossible ~ "「実在し得ないことは、あなたがそれを赦し、そこから救われる必要のあるものとなる」。"The impossible"「不可能なもの」とは幻想のことで、本当は実在不可能なもの、ということ。あなたが虚偽を捨て、真実に生きるためには、あなたはそれを赦し、そこから救われる必要がある。



Salvation now becomes the borderland between the truth and the illusion. 

  • borderland [bɔ́ːrdərlæ̀nd] : 「国境地方、境界地」

❖ "Salvation now ~ "「救いは今や、真実と幻想の間の境界となる」。幻想から真実へと移行するための境界に救いは位置する。



It reflects the truth because it is the means by which you can escape illusions. Yet it is not yet the truth because it undoes what was never done.

  • reflect [riflékt] : 「〜を映す、示す、反映する」
  • means [míːnz] : 「手段、方法」
  • escape [iskéip] : 「逃げる、ずらかる、脱出する、抜ける」
  • undo [ʌndú] : 「元どおりにする、取り消す」

❖ "It reflects ~ "「救いは、あなたが幻想から逃れ得るための手段であるから、真実を反映している」。"Yet it is not ~ "「しかし、救いは決して起こらなかったことを取り消してくれるだけなので、救いは真実そのものではない」。救いは、幻想から真実へ渡る架け橋であって、真実そのものではない。救いを通って、その向こうに真実(実相)が存在する。



3. How could there be a meeting place at all where earth and Heaven can be reconciled within a mind where both of them exist? 

  • meeting place : 「出会いの場、会合場所、集会所」
  • at all : 「とにかく、仮にも、いやしくも」
  • earth [ə́ːrθ] : 「地球、地上、現世、この世」
  • heaven [hévən] : 「天国、神、天」
  • reconcile [rékənsàil] : 「調停する、調和させる、調整する」
  • within [wiðín] : 「〜の中に、〜の内側に」
  • exist [iɡzíst] : 「存在する、生きている、生存する」

❖ "How could there ~ "「真実と幻想の両者が存在する心の中で、仮にも、地上と天上が調和させられ得る出会いの場など、どうして存在出来ようか」。真実と幻想の二つに分裂した心、つまり、エゴとホーリー・スピリットの両者に分裂した心の中に、幻想世界と実相世界が仲良く共存することなど不可能だ。和解は出来ない。真実と虚偽が手をつなぐことは不可能なのだ。



The mind that sees illusions thinks them real. They have existence in that they are thoughts. 

  • existence [igzístns] : 「存在、生存、実存、実在」
  • in that : 「〜という点において、〜であるから」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考、思索、思想、見解」

❖ "The mind that ~ "「幻想を見ている心は、幻想が実在だと思っている」。"They have ~ "「幻想は心の思いなので、それは存在性をもつ」。この世界のあらゆるものは、心が作り出した幻想である。心の思いが、空(くう)なるキャンバスに描き出したイメージなのだ。『色即是空、空即是色』である。夜見る夢を考えればよくわかる。夢を作り出しているのは頭脳であるが、頭脳を動かしているのは心である。心の思いが夢に描かれる。そして、実にリアルな夢を、頭脳は実在する現実だと錯覚するのだ。



And yet they are not real, because the mind that thinks these thoughts is separate from God.

  • separate [sépərət] : 「分離した、分けられた、別々になった」

❖ "And yet they ~ "「しかしそれは、実在ではない」。"because the mind ~ "「なぜなら、これらの思いを抱いている心は、神から遠く離れているからだ」。神から離れた心は、神の属性の一つである創造性を失っている。創造性を失った心は、夢は見ることが出来ても、真実を創造し現実化することは出来ない。



4. What joins the separated mind and thoughts with Mind and Thought which are forever One? 

  • join [dʒɔ́in] : 「参加する、交わる、一緒になる、結合する」
  • separated [sépərèitid] : 「分離した、別々になって」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考、思索、思想、見解」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」

❖ "What joins ~ "「いったい何が、分離した心と思いと、永遠に一つである(神の)心と思いとを結びつけるだろうか」。エゴとホーリー・スピリットの二つに分離したあなたの心と思いは、どうすれば、永遠不変に単一である神の心と思いに回帰出来るだろうか。



What plan could hold the truth inviolate, yet recognize the need illusions bring, and offer means by which they are undone without attack and with no touch of pain? 

  • plan [plǽn] : 「計画、企画、予定、意向、つもり、考え」
  • hold [hóuld] : 「〜の状態にしておく」
  • inviolate [inváiələt] : 「犯されていない、神聖な、破られていない」
  • recognize [rékəɡnàiz] : 「〜を認識する、認める、受け入れる」
  • need [níːd] : 「必要、必要性」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜をもたらす」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる、〜を提供する、〜を勧める」
  • means [míːnz] : 「手段、方法」
  • undone [ʌndʌ́n] : 「undoの過去分詞形」
  • undo [ʌndú] : 「元どおりにする、取り消す」
  • attack [ətǽk] : 「攻撃、暴行、襲撃」
  • a touch of : 「少量の〜、わずかの〜」
  • pain [péin] : 「痛み、痛覚、苦痛」

❖ "What plan ~ "「いったいどんな計画が、真実を破壊されない状態に保ち、さらに幻想がもたらす必要性を認識し、攻撃も少しの痛みもなく幻想を取り消しにする手段を提供してくれるだろうか」。幻想がもたらす必要性とは、文脈から解釈すると、幻想がもたらす必然性、と読み替えればいいだろう。簡単に言えば、幻想がもたらすコンフリクト、つまり苦と痛みである。この幻想を攻撃して消滅させるのではなく、幻想を『赦して』消滅させるのだ。



What but a Thought of God could be this plan, by which the never done is overlooked, and sins forgotten which were never real?

  • done [dʌ́n] : 「doの過去分詞」
  • overlook [òuvərlúk] : 「見落とす、見て見ぬふりをする」
  • sin [sín] : 「罪、罪悪、ばかげたこと、過失、罪業」
  • forgotten [fərɡάtn] : 「forgetの過去分詞形」

❖ "What but ~ "「神の思いでなくて、いったい何がこの計画になり得るか」。"by which ~ "「神の計画によって、なされたこともないことは見過ごしてもらえ、決して実在したことない罪は忘れ去られるのだ」。幻想は実在もしないし、なされたこともない。単なる夢の出来事だ。そんな有りもしないことは大目に見られるし、あなたを苦しめてきた罪の意識もまた、実在しないものとして忘れられるのだ。これが、神の計画の一環である。



5. The Holy Spirit holds this plan of God exactly as it was received of Him within the Mind of God and in your own. 

  • exactly [iɡzǽktli] : 「正確に、厳密に、ぴったり、きっちり」
  • receive [risíːv] : 「受け取る、聞く、知る」
  • within [wiðín] : 「〜の中に、〜の内側に」

❖ "The Holy Spirit ~ "「ホーリー・スピリットは神の計画を、神の心とあなたの心の中で神から受け取ったままに、正確にそのまま保持している」。ホーリー・スピリットは、神の心の中で神の計画を受け取り、あなたの心の中でそれをあなたに伝え、あなたの心が神の計画を受け入れたことを確認し、神の計画を正確に遂行する。ホーリー・スピリットは、神と神の子の間を取り持つ媒介者であるから、神の計画を勝手に変えることはない。



It is apart from time in that its Source is timeless. Yet it operates in time, because of your belief that time is real. 

  • apart from : 「〜から離れて、〜は別として」
  • timeless [táimlis] : 「時間を超越した、無時間の、永久の、永遠の」
  • operate [άpərèit] : 「作する、作動する、機能する、作用する」
  • belief [bilíːf] : 「信じること、信念、信仰、信条、信用、信頼」

❖ "It is apart ~ "意訳する、「神の計画の源は無時間(の世界)にあるので、神の計画は時間に依存しない」。計画の立案者(源)は、時間の存在しない実相世界に住む神であるから、神の計画にはタイム・スケジュールなどない。"Yet it operates ~ "「しかし、時間は実在するとあなたは信じているので、神の計画は時間の中で機能する」。ホーリー・スピリットは、無時間の実相世界と時間依存の幻想世界の両方を行き来する媒介者である。時間依存しない神の計画を、幻想世界に住むあなたに合わせて、時間を追って遂行していくのだ。時間は幻想であるが、学びのための補助装置だというのは、そういう意味である。もちろん、あなたが神の計画を達成出来たなら、時間は消滅する。



Unshaken does the Holy Spirit look on what you see; on sin and pain and death, on grief and separation and on loss. 

  • unshaken [ʌ̀nʃéikən] : 「揺るぎない、不動の、確固たる、迷わない」
  • look on : 「〜を見る」
  • grief [ɡríːf] : 「悲しみ、嘆き、苦悩、心痛」
  • separation [sèpəréiʃən] : 「分離、区別、別居、別離、離脱」
  • loss [lɔ́s] : 「失うこと、喪失、紛失」

❖ "Unshaken does ~ "意訳する、「ホーリー・スピリットは、あなたが見ているもの、たとえば、罪や痛みや死、そして悲しみ、別離、喪失、等々を見ても、決して揺らぐことはない」。あなたは幻想世界で様々な苦難を体験するが、ホーリー・スピリットはそれが単なる夢だと知っているので、心が揺らぐことはない。粛々と神の計画を実行していく。



Yet does He know one thing must still be true; God is still Love, and this is not His Will.

  • still [stíl] : 「まだ、今でもまだ、いまだに、今もなお」
  • will [wíl] : 「意志、意欲、願望」

❖ "Yet does He ~ "「しかし、ホーリー・スピリットは、今なお真実であるに違いない唯一のことを知っている」。"God is still ~ "意訳する、「神は依然として愛そのものであり、こんなこと(あなたが経験する苦と痛みなど)は神の意志ではない」 という真実を知っている。



6. This is the Thought that brings illusions to the truth, and sees them as appearances behind which is the changeless and the sure. 

  • appearance [əpíərəns] : 「外観、外見、見掛け、容姿」
  • behind [biháind] : 「〜の後ろに、後方に、〜の裏側に、〜の陰に」
  • changeless [tʃéindʒlis] : 「変化のない、不変」
  • sure [ʃúər] : 「確かな、確実な、確固とした」

❖ "This is the Thought ~ "意訳する、「これは、幻想を真実にさらし出す考え方であり、変化しないものや確かなものをその背後に隠している表面的な表れに過ぎないと見ている」。ホーリー・スピリットの思考システムは、この世の諸現象は、永遠不変であり確実に存在する真実を隠している幻想に過ぎないと看破し、その幻想性を真実の白日の下(もと)にさらす。簡単に言えば、あなたが経験する苦と痛みはこの世界の表層に過ぎず、単なる幻想であって、その背後には神の思い、神の愛が確実に存在し、それによってあなたは幻想から真実へと救われる、ということ。



This is the Thought that saves and that forgives, because it lays no faith in what is not created by the only Source it knows. 

  • save [séiv] : 「救う、助ける」
  • forgive [fərɡív] : 「許す、容赦する、勘弁する」
  • lay [léi] : 「置く、横たえる、並べる、用意する」
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること、信仰、信念」
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」

❖ "This is the Thought ~ "「これは、救い、そして赦す考え方だ」。ホーリー・スピリットの思考システム、つまり、神の思いと愛は、あなたに赦しと救いを促す思いである。"because it lays ~ "「なぜなら、その考え方が認める唯一の源によって創造されたものではないことを信じていないからだ」。ホーリー・スピリットは、すべての実在は神によって創造されたことを知っており、それ以外の形あるものは心が描き出したイメージや幻想に過ぎないと知っている。だからホーリー・スピリットは、あなたがそんな幻想を赦してそこから救われることを願っている。



This is the Thought whose function is to save by giving you its function as your own. 

  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、作用、働き、効用、職務、役割」

❖ "This is the Thought ~ "「これは、役割をあなた自身の役割としてあなたに与えることで救うという役割を担った考えである」。ホーリー・スピリットが直接あなたを救うというのではなく、赦しと救いをセットにしてあなたの役割とし、それをあなた自身が自分の役割だと認識したとき、初めてあなたの救いが機能し始める。ホーリー・スピリットの思いは、あなたをあなたの役割に導く役目を担っている。



Salvation is your function, with the One to Whom the plan was given. Now are you entrusted with this plan, along with Him. 

  • entrust [intrʌ́st] : 「任せる、委ねる、委任する」
  • be entrusted with : 「〜を受託する」
  • along with : 「〜と一緒に、〜とともに、〜に加えて」

❖ "Salvation is ~ "意訳する、「救いはあなたの役割であり、神の計画が与えられたホーリー・スピリットと一緒になされるものである」。"Now are you ~ "「今あなたは、ホーリー・スピリットとともに、この計画を受託したのだ」。



He has one answer to appearances; regardless of their form, their size, their depth or any attribute they seem to have:

        Salvation is my only function here. 
        God still is Love, and this is not His Will.

  • answer [ǽnsər] : 「答え、回答、返事、応答」
  • regardless [riɡάːrdlis] of : 「〜にかかわらず」
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、構造、現れ、姿、体つき」
  • size [sáiz] : 「大きさ、寸法、体積、容積」
  • depth [dépθ] : 「深さ、奥行き、広さ、大きさ」
  • attribute [ǽtribjùːt] : 「属性、特質、特性、性格」

❖ "He has one ~ "「ホーリー・スピリットは、表面的な表れに対して、それがどんな形をとろうが、サイズがどうであろうが、深さ、あるいは属性がどのように見えようが、たった一つの答えをもっている」。ホーリー・スピリットの幻想に対する答えは、幻想がどんな形をとろうが、ただ一つ。もちろん、あなた自身があらゆる幻想を赦して消滅させることである。救いの道は、唯一それしかない。"Salvation is ~ "「救いは、この地上における私の唯一の役割である」。"God still is ~ "「神は今も愛であり、こんな状況は神の意志ではない」。



7. You who will yet work miracles, be sure you practice well the idea for today. 

  • yet [jét] : 「これから、いつか、やがて」
  • sure [ʃúər] : 「確信して、確信している、固く信じている」

❖ "You who will ~ "「これから奇跡を起こすあなたよ、今日のテーマをしっかり練習するのだと確信しなさい」。



Try to perceive the strength in what you say, for these are words in which your freedom lies. Your Father loves you. 

  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
  • strength [stréŋkθ] : 「力、強さ、体力」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放、自主、独立」
  • lie [lái] : 「ある、存在する」

❖ "Try to perceive ~ "「あなたが口にする言葉の中に力を感じられるように努めなさい」。"for these are ~ "「なぜなら、それらはあなたを自由にする言葉だからだ」。"Your Father ~ "「あなたの父なる神は、あなたを愛している」。



All the world of pain is not His Will. Forgive yourself the thought He wanted this for you.
forgive oneself : 「自分を許す」
❖ "All the world ~ "「痛みのこの世界、そのすべては、神の意志ではない」。苦と痛みのこの世界は神が創造したものではない。"Forgive yourself ~ "「神があなたのためにこの世界を望んだのだという考えを抱いた自分を赦しなさい」。そんな考えは誤りなのだと認識して、受け入れ受け流し、赦してしまいなさい。



Then let the Thought with which He has replaced all your mistakes enter the darkened places of your mind that thought the thoughts that never were His Will.

  • replace [ripléis] : 「〜に取って代る、〜を交換する、置き換える」
  • mistake [mistéik] : 「ミス、誤り、過ち、思い違い、誤解」
  • enter [énter] : 「〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
  • darkened [dάːrkənd] : 「明かりの消えた、暗い」
  • thought [θɔ́ːt] : 「thinkの過去・過去分詞形」

❖ "Then let the Thought ~ "「そこで、あなたの過ちすべてを置き換えてくれる神の思いが、決して神の意志ではない思いを(神の意志だと誤った)あなたの心の中の暗い部分に入って来れるようにしなさい」。



8. This part belongs to God, as does the rest. It does not think its solitary thoughts, and make them real by hiding them from Him. 

  • belong [bilɔ́ːŋ] to : 「〜に属する、〜の所有である」
  • rest [rést] : 「残り、残っているもの、残りの部分、残余」
  • solitary [sάlətèri] : 「孤独な、一人の、独りぼっちの」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する、秘密にする」

❖ "This part ~ "「この心の部分は、残りの部分と同様に、神に属している」。心は単一の存在であり、神が創造したものだ。その心を分裂させ、エゴの支配する暗部を作り出したのは神の子である。だが、その暗部は、元々は神に属する部分である。"It does not ~ "「それは、孤立した思いを抱くことは出来ず、神の目から隠して、その思いを実在させることなど出来ない」。あなたの心の多くの部分を支配するエゴは、幻想を描き出してはそれを現実化しようとする。しかし、神の目を逃れることは出来ない。神の目から隠れて、孤立した思いを抱くことはエゴには不可能だ。もちろん、幻想の思いを実相的な実在にすることも出来ない。



Let in the light, and you will look upon no obstacle to what He wills for you. 

  • look upon : 「〜を見る」
  • obstacle [άbstəkl] : 「障害物、妨害物、邪魔」
  • will [wíl] : 「〜を望む、意図する、命ずる」

❖ "Let in ~ "「光を入れなさい」。暗い心に、真実の光を入れなさい。"and you will ~ "「そうすれば、神があなたのために意志することに対する障害物など、あなたは目にすることはだいだろう」。真実の光があなたの心の中に入り込めば、エゴの作った障害物である幻想の数々は光にかき消されるだろう。光は闇を払拭する。



Open your secrets to His kindly light, and see how bright this light still shines in you.

  • secret [síːkrit] : 「秘密、機密」
  • kindly [káindli] : 「親切な、思いやりのある、優しい」
  • bright [bráit] : 「輝く、輝いている、輝かしい、華やかな」
  • shine [ʃáin] : 「輝く、光る」

❖ "Open your ~ "「神の優しい光に、あなたの秘密をさらしなさい」。あなたの"secrets"「秘密」とは、神の目から隠れようとするエゴのこと。あるいは、エゴの抱いた幻想の数々。たとえば、恐れ、憎悪、嫉妬、欲望、悲しみ、怨念、等々。"and see how ~ "「そして、この光が今なおあなたの心の中で、どんなにきらきらと輝いているか、目にしなさい」。真実の光は失われたものではなく、幻想の黒雲によって隠されていただけである。黒雲が払拭されれば、あなたの心の中の光は今なお輝いていると、あなたは知ることが出来る。目撃出来るのだ。



9. Practice His Thought today, and let His light seek out and lighten up all darkened spots, and shine through them to join them to the rest. 

  • seek [síːk] : 「探し求める、捜し出す、捜索する」
  • seek out : 「〜を捜し出す、〜を追求する」
  • lighten [láitn] : 「〜を明るくする、〜の色を薄くする」
  • spot [spɔ́t] : 「小さな領域、点、場所」
  • shine [ʃáin] : 「輝く、光る」
  • through [θrúː] : 「〜を通り抜けて、〜の中を通って、〜を貫いて 」
  • join [dʒɔ́in] : 「結び付ける、結合する、連結する」
  • rest [rést] : 「残り、残っているもの、残りの部分、残余」

❖ "Practice His ~ "「今日は、神の思いを実践しなさい」。"and let His ~ "「そして、神の光が暗いスポットを探し出し、そこを明るく照らし、その暗いスポットを通って、残りの部分と一緒になり、(心全体が)輝くようにしてもらいなさい」。少々ややこしいのだが、要するに、神の光を招き入れて、エゴの支配する暗部だけにとどまらず、あなたの心全体を神の光で満たしてもらうようにしなさい、ということ。そうすることで、分裂したあなたの心が完全に再統一されるわけだ。



It is God's Will your mind be one with His. It is God's Will that He has but one Son. It is God's Will that His one Son is you. 

  • will [wíl] : 「意志、意欲、願望」

❖ "It is God's ~ "「あなたの心が神の心と一つになることは、神の意志である」。"It is God's ~ "「神はたった一人の神の子をもっていることは、神の意志である」。神はたった一人の神の子を創造した。一つの心を創造した。その単一性を壊し、心を分裂させたのは神の子自身である。"It is God's ~ "「神の唯一の神の子はあなたであることは、神の意志である」。



Think of these things in practicing today, and start the lesson that we learn today with this instruction in the way of truth: 

        Salvation is my only function here. 
        Salvation and forgiveness are the same.

  • instruction [instrʌ́kʃən] : 「指図、指示、命令」

❖ "Think of these ~ "「今日の練習では、次の事柄を考え、真実に至る道を教えてくれる指示に従って、私たちが今日学ぶレッスンをスタートさせなさい」。"Salvation is ~ "「救いは、この地上における私の唯一の役割である」。"Salvation and ~ "「救いと赦しは同じことである」。



Then turn to Him Who shares your function here, and let Him teach you what you need to learn to lay all fear aside, and know your Self as Love which has no opposite in you.

  • turn to : 「〜の方を向く、次に〜のことを考える」
  • share in : 「〜を分かち合う、〜を共有する」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、作用、働き、効用、職務、役割」
  • teach [tíːtʃ] : 「〜を教える、指導する、学ばせる、悟らせる」
  • learn [lə́ːrn] : 「〜を学ぶ、〜であると分かる、〜を覚える、知る」
  • lay aside : 「のけておく、しまっておく、捨てる、放棄する」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖、懸念、心配、不安」
  • opposite [άpəzit] : 「反対、正反対、逆」

❖ "Then turn to ~ "「その後、この地上であなたの役割を分かち合うホーリー・スピリットの方に心を向け、あらゆる恐れを捨てることを学ぶには何が必要か、本当のあなた自身は愛であり、愛に対立するものなどあなたの心の中にはないと知るには何が必要か、ホーリー・スピリットに教えてもらいなさい」。



10. Forgive all thoughts which would oppose the truth of your completion, unity and peace. 

  • forgive [fərɡív] : 「許す、容赦する、勘弁する」
  • oppose [əpóuz] : 「反対する、反抗する、対抗する」
  • completion [kəmplíːʃən] : 「 完成、完了、終了、完全さ」
  • unity [júːnəti] : 「単一性、一つである状態、調和、結合体」

❖ "Forgive all ~ "「あなたの、完成、統一、平和という真実に対してそれに反するような思いのすべてを赦しなさい」。完成とは、エゴ主導の幻想から目覚めて神と再結合すること。統一とは、分裂した神の子の心を再統一すること、あるいは自他一如の状態を実現すること。もっとも、それに限定する必要はなく、統一と完成を同一と考えてもいい。幻想世界を離れ、実相世界へ回帰し、単一の神の子として神と再び一体となる、それが神の子の完成であり、また同時に、それは神の完成でもある。そこに、真の平和が訪れる。
その流れを阻害するエゴ主導の考えのすべて、エゴの思考システムのすべてを赦さなくてはいけない。赦すとは認めるということではない。エゴの存在、そしてエゴの思考システムが単なる幻想だと認識し、その認識を受け入れて受け流すのである。戦ってはいけない。ただ単に、手放すのだ。これが、ACIMの赦しである。この世の苦と痛みを、それは悪夢を見ている結果だと知って、つまり、幻想に翻弄されている結果だと知って、夢を見ている事実を受け入れて、その夢を手放すのだ。幻想は、赦されることで消滅する。赦しは、幻想から救われるための最大、最強、そして唯一の手段である。
より日常的な赦しの実践について考えてみよう。たとえば、あなたがあなたの同僚、伴侶、友人、の誰かに裏切られ、騙され、苦汁を舐めさせられ、怒りを覚えて悲しみに沈んだとしよう。そのとき、あなたはその相手の悪行を『ゆるす』のではない。その出来事や、出来事によって強いられた怒りや悲しみ、そのすべてが夢の中の事象に過ぎないと見抜くのである。つまり、『何だ、夢を見ていたのか』と気付くのだ。そして、その夢を放棄する。夢から目覚める決意をし、夢からの目覚めをホーリー・スピリットに願い出て、導きを求めるのだ。これが、ACIMの赦しである。



You cannot lose the gifts your Father gave. You do not want to be another self. You have no function that is not of God. 

  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
  • gave [ɡéiv] : 「giveの過去形」
  • another [ənʌ́ðər] : 「もう一つの、別の、ほかの」

❖ "You cannot ~ "「あなたは、父なる神があなたに与えてくれた贈り物を失うことなど出来ない」。神があなたに与えてくれた神の属性のすべてを失うことは不可能だ。"You do not ~ "「あなたは、別の自分になろうと望むことはない」。神があなたを神の子として創造したままの自分、それ以外の自分になることなど不可能だ。"You have no ~ "「あなたは、神から与えられなかった役割など、もつことはない」。あなたの唯一の役割は、神があなたに与えたものである。



Forgive yourself the one you think you made. Forgiveness and salvation are the same. Forgive what you have made and you are saved.

  • save [séiv] : 「救う、助ける」

❖ "Forgive yourself ~ "「あなたが作り出したと思っている自分自身を赦しなさい」。あなたは、神の子以外の自分を自分だと信じてきた。エゴという偶像を作り出し、エゴに支配された自分を自分自身だと信じてきた。しかし今、それは幻想だと知って、自分自身を赦すのである。"Forgiveness and ~ "「赦しと救いは同じことである」。"Forgive what ~ "「あなたが作り出してきたものを赦しなさい、そうすれば、あなたは救われる」。幻想は赦されることで消滅する。幻想から解放されること、それが救いである。



11. There is a special message for today which has the power to remove all forms of doubt and fear forever from your mind. 

  • remove [rimúːv] : 「取り除く、取り去る、取り外す、除去する」
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、構造、現れ、姿、体つき」
  • doubt [dáut] : 「疑い、疑念、疑惑、懸念、心配、不安」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖、懸念、心配、不安」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」

❖ "There is ~ "「あらゆる形の疑いや恐れをあなたの心から永遠に取り除くパワーを秘めた、特別な、今日のためのメッセージがある」。特別なメッセージとは、今日のものの見方、今日のテーマのこと。



If you are tempted to believe them true, remember that appearances can not withstand the truth these mighty words contain:

        Salvation is my only function here. 
        God still is Love, and this is not His Will.

  • tempt [témpt] : 「〜を誘惑する、〜を唆す」
  • remember [rimémbər] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
  • appearance [əpíərəns] : 「外観、外見、見掛け、容姿」
  • withstand [wiðstǽnd] : 「 〜に抵抗する、逆らう、耐える、持ちこたえる」
  • mighty [máiti] : 「強力な、強大な、巨大な、壮大な、非常な」
  • contain [kəntéin] : 「含む、包含する」

❖ "If you are ~ "「もし、疑いや恐れを信じたくなったら、表面に現れたものは、これらの絶大なパワーのある言葉が含む真実に抵抗出来ないのだと思い出しなさい」。疑いや恐れは幻想であり、もしあなたが、そんな幻想が実在だと信じたくなったら、形として表面に現れてくる数々の幻想は、実在する真実に打ち勝つことは出来ないのだと知るべきだ。その信念を補強してくれるのが次の言葉。"Salvation is ~ "「救いは、この地上における私の唯一の役割である」。"God still is ~ "「神は今も愛であり、こんな状況は神の意志ではない」。



12.Your only function tells you, you are one. Remind yourself of this between the times you give five minutes to be shared with Him Who shares God's plan with you. Remind yourself:

        Salvation is my only function here.

  • remind [rimáind] : 「〜に思い出させる、〜に気付かせる」
  • between [bitwíːn] : 「〜の合間に」
  • share [ʃέər] : 「分かち合う、共有する」

❖ "Your only ~ "「あなたの唯一の役割は、あなたが単一であることを教えている」。あなたも他者も、神の子として単一の存在である。自他一如である。したがって、あなたの役割は、他者の役割でもある。"Remind yourself ~ "「神の計画をあなたと分かち合っているホーリー・スピリットとあなたが(エクササイズに費やす)5分間と(次の)5分間の間に、次のことを思い出しなさい」。"Salvation is ~ "「救いは、この地上における私の唯一の役割である」



Thus do you lay forgiveness on your mind and let all fear be gently laid aside, that love may find its rightful place in you and show you that you are the Son of God.

  • thus [ðʌ́s] : 「それ故に、従って、このようにして」
  • lay [léi] : 「置く、横たえる、並べる、用意する」
  • gently [dʒéntli] : 「親切に、静かに、優しく、穏やかに」
  • lay aside : 「のけておく、しまっておく、捨てる、放棄する」
  • find [fáind] : 「気付く、分かる」
  • rightful [ráitfəl] : 「正当な、合法的な、正当な、当然な」
  • place [pléis] : 「場所、個所、地域、土地、広場」
  • show [ʃóu] : 「示す、表す、表示する」

❖ "Thus do you ~ "「こうして、あなたは心に赦しを与え、あらゆる恐れを優しく放棄出来る」。あなたの心の中の恐れが幻想であると認識し、それを赦すのだ。赦された恐れは消滅する。"that love may ~ "「その結果、愛は、あなたの心の中に正しい居場所を見つけることが出来、あなたが神の子であることを示してくれるだろう」。幻想が消滅すれば、そこに真実が見えてくる。真実の愛が息を吹き返す。あなたは神に愛される神の子であり、同時に、神を愛することの出来る神の子である。さらに同時に、あなたは他者を本当に愛することも出来る。なぜなら、あなたと他者は自他一如だから。
 
 
 




W-pI.98.1:1 ~ W-pI.98.11:2

Lesson 98



I will accept my part in God's plan for salvation.

  • accept [æksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • part [pάːrt] : 「役割、責任、義務」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い、救世」

❖ "I will accept ~ "「私は、救いのための神の計画における私の役割を受け入れようと思う」。深い眠りから目覚めること、幻想から実相へ目覚めること、それが神の子のための神による救いの計画である。この救いを通して、神の子であるあなたは神の王国へ回帰出来るのだ。神への回帰である。



1. Today is a day of special dedication. We take a stand on but one side today. We side with truth and let illusions go. 

  • special [spéʃəl] : 「特別な、独特の、特別の、特有の」
  • dedication [dèdikéiʃən] : 「献身、専念、熱心さ、専心」
  • take a stand on : 「〜対する態度を明確にする、〜に対する立場を公言する」
  • side with : 「〜側につく、〜に味方する」
  • let go : 「放す、手放す、解放する、捨てる、あきらめる」

❖ "Today is a day ~ "「今日は、特別な(一つのことに)専念する日である」。"We take ~ "意訳する、「私たちは今日、たった一つの側に立つことを明確にする」。"We side with ~ "「私たちは真実の側に立ち、幻想を手放してしまう」。今日は、幻想に見向きもせず、真実だけを追究する。



We will not vacillate between the two, but take a firm position with the One. 

  • vacillate [vǽsəlèit] : 「揺れる、揺れ動く、動揺する」
  • between [bitwíːn] : 「〜の間を行き来して、〜相互間で」
  • take a position : 「見解をはっきり示す、立場をはっきりさせる」

firm [fə́ːrm] : 「堅い、堅固な、頑丈な、しっかりした」
❖ "We will not ~ "「私たちは、その二つの間で揺れ動くことはしまい」。"but take a firm ~ "意訳する、「また、その一方の真実の側に立つことを固く誓う」。エゴの思考システムを放棄して、ホーリー・スピリットの思考システムの側に立つことを心に誓う。



We dedicate ourselves to truth today, and to salvation as God planned it be. 

  • dedicate [dédikèit] : 「〜をささげる、献身する、専念する、打ち込む」

❖ "We dedicate ~ "「私たちは今日、真実に専念し、神がそうあるようにと計画したままに、救いに献身する」。ホーリー・スピリットの思考システムは神の意志に立脚したものであり、神の計画を遂行するための思考マップである。



We will not argue it is something else. We will not seek for it where it is not. 

  • argue [άːrɡjuː] : 「主張する、正当だと論じる、議論する」
  • seek [síːk] : 「探し求める、捜し出す、捜索する」

❖ "We will not ~ "意訳する、「私たちは、神の計画以外のものなどと議論する気は毛頭ない」。"We will not ~ "「私たちは、救いがないところに救いを探すようなことはしまい」。エゴ主導のこの幻想世界に救いを求めるようなことはしまい。なぜなら、それは真実ではないからだ。今日は、真実だけに目を向ける日である。



In gladness we accept it as it is, and take the part assigned to us by God.

  • gladness [ɡlǽdnis] : 「喜ばしさ、喜び」
  • accept [æksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • take the part : 「味方する、役を演じる」
  • assign [əsáin] : 「〜を割り当てる、指定する、任命する、与える」
  • assign A to B : 「AをBに割り当てる、AをBの発明だとする」

❖ "In gladness ~ "「喜びをもって、救いをあるがままに受け入れる」。救いをあるがままに受け入れるとは、神の計画をあるがままに受け入れるということ。ホーリー・スピリットの思考システムを受け入れるということ。"and take ~ "「そして、神が私たちに割り当てた役割を実行する」。



2. How happy to be certain! All our doubts we lay aside today, and take our stand with certainty of purpose, and with thanks that doubt is gone and surety has come. 

  • certain [sə́ːrtn] : 「〜を確信している、〜に疑いを持たない」
  • doubt [dáut] : 「疑い、疑念、疑惑、懸念、心配、不安」
  • lay aside : 「のけておく、しまっておく、捨てる、放棄する」
  • certainty [sə́ːrtnti] : 「確実、確実性、間違いないこと」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、目標、狙い」
  • thank [θǽŋk] : 「感謝、謝意」
  • gone [ɡɔ́ːn] : 「goの過去分詞形」
  • surety [ʃúərəti] : 「自信、疑いのないこと、保証」

❖ "How happy to ~ "「確信があることは、何と幸せなことか」。"All our doubts ~ "意訳する、「私たちは、すべての疑いを脇にのけてしまい、目的は達成出来るのだという確信をもてる立場をとり、そして、疑いが消えてなくなり自信を取り戻すことが出来ることに感謝する立場をとる」。誰に対して感謝するのかというと、あなたの心の中の本当のあなた自身に対して、あるいは、あなたが一体となったホーリー・スピリットに対して、あるいは、救いのための計画をあなたに与えてくれた神に対して。区別する必要はない。そもそも、実相的には区別など存在しないのだから。



We have a mighty purpose to fulfill, and have been given everything we need with which to reach the goal. 

  • mighty [máiti] : 「強力な、強大な、巨大な、壮大な、非常な」
  • fulfill [fulfíl] : 「(約束を)実行する、(使命を)果たす」
  • given [ɡívən] : 「giveの過去分詞形」
  • reach [ríːtʃ] : 「達する、至る、手が届く、〜に連絡する」
  • goal [ɡóul] : 「目標、目的地、目的、目指すもの」

❖ "We have a mighty ~ "「私たちは、達成すべき壮大な目的をもっているし、」"and have been ~ "「その目的に到達するために必要なすべてを与えられている」。ホーリー・スピリットが与えてくれる。だから、ホーリー・スピリットの導きに従えばいいのだ。ACIM の言う絶対他力である。ホーリー・スピリットにすべてを任せればいい。小賢しい評価判断を放棄するのだ。理性を越えて叡智に依存するのである。叡智を与えてくれるのが、あるいは叡智を思い出させてくれるのが、ホーリー・スピリットである。



Not one mistake stands in our way. For we have been absolved from errors. All our sins are washed away by realizing they were but mistakes.

  • mistake [mistéik] : 「ミス、誤り、過ち、思い違い、誤解」
  • stand in someone's way : 「〜の通行を妨げる、〜の前に立ちはだかる」
  • absolve [æbzάlv] : 「〜に無罪を言い渡す、解放する、赦す」
  • error [érər] : 「誤り、間違い」
  • sin [sín] : 「罪、罪悪、ばかげたこと、過失、罪業」
  • wash away : 「洗い流す、洗い落とす、押し流す」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する、実感する」

❖ "Not one mistake ~ "「何一つ、誤りが行く手に立ちはだかることはない」。"For we have ~ "「なぜなら、私たちは過ちから解放されたのだから」。"All our sins ~ "「罪は誤りに他ならないと知ることによって、私たちのすべての罪は洗い流される」。これが、ACIM の言う『赦し』であり、『贖罪』である。罪は滅ぼされるのだ。ここの"mistake"「誤り」、"error"「過ち」とは、幻想のこと。あるいは、幻想や錯覚を実在する現実だと勘違いすること。
神の子が神から分離し、神を裏切ったという罪の意識を抱いたことが、幻想の始まりである。しかし、神への裏切りは、神の子が深い眠りの中で見た夢の出来事であって、実在しない幻想だ。したがって、罪もまた幻想なのだ。そこで、罪の意識は幻想だと知って、それを赦すのである。赦された幻想は消滅する。罪は贖罪され、消える。



3. The guiltless have no fear, for they are safe and recognize their safety. 

  • guiltless [ɡíltlis] : 「罪のない、潔白な、経験のない」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖、懸念、心配、不安」
  • safe [séif] : 「安全な、無事な、まず間違いない」
  • recognize [rékəɡnàiz] : 「〜を認識する、認める、受け入れる」
  • safety [séifti] : 「安全、無事、無難なもの」

❖ "The guiltless ~ "「無辜(むこ)なる者は恐れを知らない」。"for they are ~ "「なぜなら、彼らは安全であるし、安全だと知っているからだ」。自分が無辜であると認識している者とは、罪の意識が幻想であると知った者、そして、自分が神によって創造されたままに完全であると知った者のことである。純粋なスピリットと生きている自分を確信している者は、誰からも傷つけられることはない。攻撃されたり傷つけられたりすることは幻想であると知っているからだ。かくして、彼は完全に安全である。



They do not appeal to magic, nor invent escapes from fancied threats without reality. 

  • appeal [əpíːl] to : 「〜に懇願する」
  • invent [invént] : 「〜をでっち上げる、〜を発明する、考案する」
  • escape [iskéip] : 「逃亡、脱出、逃避」
  • fancy [fǽnsi] : 「〜を心に描く、想像する、空想する」
  • threat [θrét] : 「脅迫、脅し、脅威」
  • without [wiðáut] : 「〜なしで、〜を持たずに」
  • reality [riǽləti] : 「現実性、実在性、現実のこと」

❖ "They do not ~ "「彼らは魔術にすがることはないし、実在性をもたない、空想の恐れから逃れようとあれこれ考えることもない」。ここの『魔術』とは、幻想の対処法、といった意味合い。たとえば、病と死への恐れから、医療や薬物という魔術に救いを求めるわけだ。自尊心の欠如を恐れて、他者を支配する魔術に惹かれるわけである。しかし、スピリットとして生きている無辜なる者は、幻想の魔術に救いを求めることはない。




They rest in quiet certainty that they will do what it is given them to do. 

  • rest [rést] : 「ある、休む、静止する、置かれている」
  • quiet [kwáiət] : 「静かな、静粛な、平穏な、穏やかな」
  • certainty [sə́ːrtnti] : 「確実、確実性、間違いないこと」
  • given [ɡívən] : 「giveの過去分詞形」

❖ "They rest in ~ "「与えられたなすべきことをやって行くだけ、という静かな確信の中に彼らはいる」。神の計画の中における自分の役割を果たしていくだけだと確信して、心静かに役割を遂行していく。それが実在する唯一の現実である。夢ではない。



They do not doubt their own ability because they know their function will be filled completely in the perfect time and place. 

  • doubt [dáut] : 「〜を疑問に思う、〜ではなさそうだと思う」
  • ability [əbíləti] : 「能力、才能、できること、手腕」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、作用、働き、効用、職務、役割」
  • fill [fíl] : 「いっぱいに満たす、埋める」
  • completely [kəmplíːtli] : 「完全に、十分に、全面的に、全く」
  • perfect [pə́ːrfikt] : 「申し分がない、完全な、完璧な」

❖ "They do not ~ "「彼らは自分の能力を疑うことはない」。"because they ~ " 「なぜなら、彼らの役割は、完璧な時間と場所で完全に達成されると知っているからだ」。あなたが自分の無辜性に気付き、スピリットして生き始めると、確実に救いの道を歩むことになる。あなたがいつどこで、その役割をどう果たして行けばいいのか、それは、神の計画の中で既に決められている。完璧なタイミングと場面が与えられ、あなたは自分の役割を完全に果たすことになる。そこに疑いはない。



They took the stand which we will take today, that we may share their certainty and thus increase it by accepting it ourselves.

  • share [ʃέər] : 「分かち合う、共有する」
  • thus [ðʌ́s] : 「それ故に、従って、このようにして」
  • increase [inkríːs] : 「〜を増やす、増大させる、増加させる」

❖ "They took ~ "「今日私たちがとる立ち位置を、彼らもとる」。"that we may ~ "「その結果、私たちは彼らの確実性を分かち合うことが出来、そうして、その確実性が私たち自身のものであると受け入れることで、確実性を増大させることが出来るのだ」。自分が無辜なる神の子であることに目覚め、恐れのすべてを払拭して静かな安全性の中に生きるとき、神の救いの計画における自分の役割が見えてくる。その役割を受け入れて確信を持つとき、自分の存在の確実性は同胞と分かち合われ、それは拡張増大していく。真実は分かち合われることで拡張増大する。神の法である。



4. They will be with us; all who took the stand we take today will gladly offer us all that they learned and every gain they made. 

  • gladly [ɡlǽd] : 「喜んで、喜々として」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる、〜を提供する、〜を勧める」
  • learn [lə́ːrn] : 「〜を学ぶ、〜であると分かる、〜を覚える、知る」
  • gain [géin] : 「利益、得ること、獲得、利得」

❖ "They will be ~ "「彼らは私たちとともにいてくれる」。"all who took ~ "意訳する、「今日私たちがとる立ち位置と同じ立ち位置をとったすべての人たちは、学んだことすべてを、また得たものすべてを私たちに喜んで差し出してくれるだろう」。惜しみなく、喜んで、すべてを分かち合ってくれる。与えることは得ることと同じであり、分かち合えばますます増える。



Those still uncertain, too, will join with us, and, borrowing our certainty, will make it stronger still. 

  • still [stíl] : 「まだ、今でもまだ、いまだに、今もなお」
  • uncertain [ʌnsə́ːrtn] : 「不確かな、不明確な、不安定な」
  • join [dʒɔ́in] : 「参加する、交わる、一緒になる、結合する」
  • borrow [bάrou] : 「借りる、借用する」
  • still [stíl] : 「今後さらに、もっと」

❖ "Those still ~ "「まだ不確実である者もまた、私たちと交わり、私たちの確実性を借りることで、今後さらに確実性を強くしていくだろう」。本当に自分は無辜なのだろうか、確実に神の子なのだろうかと確信を持てない者も、あなたと交流することで確信を強めていく。



While those as yet unborn will hear the call we heard, and answer it when they have come to make their choice again. We do not choose but for ourselves today.

  • while [hwáil] : 「〜する一方で」
  • as yet : 「今のところ」
  • unborn [ʌ̀nbɔ́ːrn] : 「まだ生まれていない、これから現れる」
  • heard [hə́ːrd] : 「hearの過去・過去分詞形」
  • answer [ǽnsər] : 「答える、返事する」
  • have come to : 「〜するようになる」
  • choice [tʃɔ́is] : 「選ぶこと、選択」
  • choose [tʃúːz] : 「 〜を選ぶ、〜を選択する」

❖ "While those as ~ "「一方、まだ生まれていない者は、私たちが耳にした呼び声を聞き、再び選択する場面に出くわした時には、それに答えるだろう」。ここは少し深読みしてみる。まだこの世に転生して来ていない者も、私たちが聞いた神の呼びかけの声をあの世で聞き、再びこの世に転生してきて神の呼びかけに答えるかどうか、その選択を迫られたときには、きっと、今度こそ神の呼び声に答えるだろう。まあ、そこまで深読みしなくても、まだ生まれてこない子供達もまた、神の呼び声を聞くようになり、神を選択するかどうか、再び岐路に立ったとき、きっと神を選択するだろう、ということ。"We do not ~ "「今日、私たちは、自分自身のためだけに選択するわけではないのだ」。少々大げさに言えば、あなたの選択は、過去、現在、未来を通じて、全人類の正しい選択の道筋をつけることになる。



5. Is it not worth five minutes of your time each hour to be able to accept the happiness that God has given you?
worth [wə́ːrθ] : 「〜の価値がある、〜に値する、〜相当の」
be able to : 「〜することができる、〜し得る、〜が可能である」
accept [æksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
❖ "Is it not ~ "「神があなたに与えてくれた幸せを受け入れることが出来るようになるために、あなたが1時間ごとの5分を費やすのは、価値がないだろうか」。



Is it not worth five minutes hourly to recognize your special function here? 

  • hourly [áuərli] : 「1時間ごとに、時間ごとに、毎時、絶えず」
  • recognize [rékəɡnàiz] : 「〜を認識する、認める、受け入れる」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、作用、働き、効用、職務、役割」

❖ "Is it not ~ "「ここでのあなたの特別な役割を認識するために、1時間ごとの5分(を使うこと)は、価値がないだろうか」。



Is not five minutes but a small request to make in terms of gaining a reward so great it has no measure? You have made a thousand losing bargains at the least.

  • request [rikwést] : 「頼むこと、依頼、要求」
  • in terms of : 「〜に関して、〜の観点から」
  • gain [géin] : 「得る、獲得する」
  • reward [riwɔ́ːrd] : 「褒美、褒賞、利益、恩恵、報酬」
  • measure [méʒər] : 「測る、測定する」
  • thousand [θáuzənd] : 「1000の、1000個の、1000人の」
  • losing bargain [bάːrɡən] : 「高い買い、損な買い物」
  • at the least = at least : 「少なくとも、最少に見ても」

❖ "Is not five ~ "「計り知れないほど大きなご褒美を得られることを考えれば、5分間など小さな要求ではないだろうか」。"You have made ~ "「あなたは、少なくとも千回は、損な買い物をしてきたのだから」。"losing bargain"「損な買い物」とは、この幻想世界での苦と痛みを、この幻想世界の中で解決しようとしてきたこと。解決不可能なことをしてきたので、損な買い物をしてきたというわけだ。時間とエネルギーの無駄である。



6. Here is an offer guaranteeing you your full release from pain of every kind, and joy the world does not contain. 

  • offer [ɔ́fər] : 「申し出、申入れ、提案、提供」
  • guarantee [gæ̀rəntíː] : 「保証する、請け合う」
  • full [fúl] : 「いっぱいの、満ちた、最大限の、充実した」
  • release [rilíːs] : 「救出、解放」
  • pain [péin] : 「痛み、痛覚、苦痛」
  • kind [káind] : 「種類」
  • joy [dʒɔ́i] : 「喜び、歓喜」
  • contain [kəntéin] : 「含む、包含する」

❖ "Here is an ~ "「ここに、あらゆる種類の痛みからあなたを完全に解放し、この世界にはない喜びをあたえてくれると保証する申し出がある」。



You can exchange a little of your time for peace of mind and certainty of purpose, with the promise of complete success. 

  • exchange [ikstʃéindʒ] : 「〜を交換する、〜を引き替える」
  • certainty [sə́ːrtnti] : 「確実、確実性、間違いないこと」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、目標、狙い」
  • promise [prάmis] : 「約束、契約、約束したこと」
  • complete [kəmplíːt] : 「全部そろった、完全な、全部の」
  • success [səksés] : 「成功、上首尾、上出来、幸運」

❖ "You can exchange ~ "「あなたは、ほんのわずかの時間を、完全に達成出来るという約束を伴って、心の平和と目的を達成出来る確信と交換出来る」。今日のエクササイズを行うわずかな時間が、あなたを心の平和と目的達成への確信へ導いてくれる。それは約束されたことだ。なぜなら、それは神の計画なのだから。



And since time has no meaning, you are being asked for nothing in return for everything. 

  • since [síns] : 「〜なので、〜だから」
  • meaning [míːniŋ] : 「意味、意義、意図、真意」
  • ask for : 「〜を求める、〜を要求する」
  • in return [ritə́ːrn] : 「お返しとして」

❖ "And since time ~ "「そして、時間はまったく意味を持たないので、」時間は幻想であって意味がないので、"you are being ~ "「あなたは、すべてを得るためのお返しに、何も要求されてはいない」。幻想の始まる以前には、神の子であるあなたはすべてをもっていた。神の属性のすべてを、あなたは継承したのだ。神からの贈り物のすべてを、あなたはもっている。時間は幻想であり、この幻想世界でどんなに時間が経ったかに見えても、あなたは原初のままである。あなたは、すべてを得るために何一つ求められることはない。なぜなら、あなたは既にすべてを持っているからだ。それを思い出すだけでいい。



Here is a bargain that you cannot lose. And what you gain is limitless indeed!

  • bargain [bάːrɡən] : 「駆け引き、取引、格安品、お買い得品」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
  • limitless [límitlis] : 「制限のない、無限の、果てしなく広い」
  • indeed [indíːd] : 「実に、本当に、確かに、いかにも、実際には」

❖ "Here is a bargain ~ "「ここに、あなたが失うことのない取引がある」。エクササイズのためのわずかな時間を掛け金にして、あなたは必ずすべてを手に入れる(思い出す)ことが出来る。失うものも、犠牲にするものも何もない。"And what you ~ "「しかも、あなたが得るものは、本当に無制限なのだ」。神の属性は制限されない。



7. Each hour today give Him your tiny gift of but five minutes. He will give the words you use in practicing today's idea the deep conviction and the certainty you lack. 

  • tiny [táini] : 「とても小さい、ちっぽけな」
  • conviction [kənvíkʃən] : 「信念、確信」
  • lack [lǽk] : 「〜を欠く、〜が欠けている、十分にない」

❖ "Each hour ~ "「今日は1時間ごとに、わずか5分間という、あなたの小さな贈り物をホーリー・スピリットにあげなさい」。そうすれば、"He will give ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたが今日のテーマを練習するとき用いる言葉に対して、あなたに欠けている深い確信と確実性を与えてくれるだろう」。難しい言い回しをしているが、要するに、ホーリー・スピリットに5分間を委ねれば、ホーリー・スピリットは必ずあなたに自信を与えてくれる、ということ。不安や迷いや疑いを払拭してくれるのである。今日のテーマである言葉『私は、救いのための神の計画における私の役割を受け入れようと思う』、この言葉に対して確信が持て、しかもそれが確実に現実化するのだと自信を持つことが出来るのだ。



His words will join with yours, and make each repetition of today's idea a total dedication, made in faith as perfect and as sure as His in you. 

  • join [dʒɔ́in] : 「結び付ける、結合する、連結する」
  • repetition [rèpətíʃən] : 「繰り返し、反復、再上演、再現」
  • total [tóutl] : 「全部の、すべての、全体の、全面的な、完全な」
  • dedication [dèdikéiʃən] : 「献身、専念、熱心さ、専心」
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること、自信、信念、確信」
  • sure [ʃúər] : 「確かな、確実な、確固とした」

❖ "His words will ~ "「ホーリー・スピリットの言葉はあなたの言葉と結合し、今日のテーマを繰り返し述べるたびに、全面的にそれに専心出来るようにしてくれる」。"made in faith ~ "意訳する、「ホーリー・スピリットがあなたを信じていると同じくらい、完全で確かな自信へとつながる」。つまり、あなたとホーリー・スピリットの思い(言葉)が完全に一体化し、ホーリー・スピリットの確信があなたの確信になる。ホーリー・スピリットはあなたを信じており、またあなたも全面的にホーリー・スピリットを信じているからだ。



His confidence in you will bring the light to all the words you say, and you will go beyond their sound to what they really mean. 

  • confidence [kάnfədəns] : 「信頼、信用、信任、確かさ、確信、自信」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜をもたらす」
  • beyond [bijάnd] : 「〜の向こうに、〜を越えて、〜を過ぎて」

❖ "His confidence ~ "「ホーリー・スピリットのあなたへの信頼は、あなたが発する言葉のすべてに光をもたらしてくれるだろう」。あなたを信頼しているホーリー・スピリットは、あなたが発する言葉に、実相的な真実の光を与えてくれる。"and you will ~ "意訳する、「そして、言葉の響きを超越して、言葉が実相的に意味する真実へと、あなたは突き進んでいくだろう」。言葉が、単なる理論や信条の表面的な表現を越えて、実相的な真実を現実化する領域へと入って行くのである。いわば、あなたの言葉が言霊(ことだま)に変化するのだ。



Today you practice with Him, as you say:

        I will accept my part in God's plan for salvation.

  • practice [prǽktis] : 「〜を実行する、順守する、実践する、実施する」

❖ "Today you practice ~ "「今日は、次のように言って、ホーリー・スピリットとともに、(エクササイズを)実践しなさい」。"I will accept ~ "「私は、救いのための神の計画における私の役割を受け入れようと思う」。これはあなたの言葉であるが、視点を変えて、これがホーリー・スピリットの言葉だと思ってみよう。まったく完全に、ホーリー・スピリットの思いを伝えている言葉だと気付くはずだ。



8. In each five minutes that you spend with Him, He will accept your words and give them back to you all bright with faith and confidence so strong and steady they will light the world with hope and gladness. 

  • spend [spénd] : 「使う、費やす」
  • accept [æksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • bright [bráit] : 「明るい、晴れた、輝かしい、輝いている」
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること、信仰、信念」
  • confidence [kάnfədəns] : 「信頼、信用、信任、確かさ、確信、自信」
  • steady [stédi] : 「固定した、安定した、揺るぎない、確固とした」
  • light [láit] : 「〜を明るくする、〜を照らす」
  • gladness [ɡlǽdnis] : 「喜ばしさ、喜び」

❖ "In each five ~ "「あなたがホーリー・スピリットとともに費やす5分間ごとに、」"He will accept ~ "意訳する、「ホーリー・スピリットはあなたの言葉を受け入れ、その言葉をあなたにお返ししてくれるのだが、その言葉はすべて信頼と確信を伴ってあまりにも輝かしいので、希望と喜びをもってこの世界を照らしてくれるだろう」。



Do not lose one chance to be the glad receiver of His gifts, that you may give them to the world today.

  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
  • chance [tʃǽns] : 「チャンス、好機、機会」
  • glad [ɡlǽd] : 「満足して、うれしく思う」
  • receiver [risíːvər] : 「受取人、受信者」

❖ "Do not lose ~ "「ホーリー・スピリットからの贈り物を、喜びをもって受け取ることが出来る一つのチャンスを逃してはいけない」。"that you may ~ "「そうすれば、あなたは今日、世界にその贈り物を与えることが出来るだろう」。前文との絡みで見ると、あなたが神の計画の役割を引き受ける決断をし、その言葉をホーリー・スピリットに伝えると、ホーリー・スピリットもまた、同様の言葉をあなたに返してくれる。それは喜びに満ちた言葉であり、光輝く真実に満ちたものである。そして、真実の光はあなた個人の領域を越えて世界に拡散し、世界を光で満たすことが出来る。つまり、あなたはホーリー・スピリット共々、世界の救い主になるのである。



9. Give Him the words, and He will do the rest. He will enable you to understand your special function. 

  • rest [rést] : 「残り、残っているもの、残りの部分、残余」
  • enable [inéibl] : 「〜を可能にする、〜が〜できるようにする」
  • special [spéʃəl] : 「特別な、独特の、特別の、特有の」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、作用、働き、効用、職務、役割」

❖ "Give Him ~ "「ホーリー・スピリットに言葉を与えなさい」。今日のテーマの言葉をホーリー・スピリットに与える、つまり、あなたの意志を明確にホーリー・スピリットに伝える。"and He will ~ "「そうすれば、ホーリー・スピリットは残りの仕事をしてくれる」。ホーリー・スピリットに委ねるのである。ACIMの絶対他力性。"He will enable ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたがあなたの特別な役割を理解出来るようにしてくれるだろう」。



He will open up the way to happiness, and peace and trust will be His gifts; His answer to your words. 

  • trust [trʌ́st] : 「信頼、信用」
  • answer [ǽnsər] : 「答え、回答、返事、応答」

❖ "He will open ~ "「ホーリー・スピリットは、幸せへの道を開いてくる」。"and peace and ~ "「そして、平和と信頼が、ホーリー・スピリットが与えてくれる贈り物であり、それが、あなたの言葉に対するホーリー・スピリットの答えである」。もちろん、ホーリー・スピリットは神の代弁者であるから、"He"を「神」として解釈してもいい。



He will respond with all His faith and joy and certainty that what you say is true. 

  • respond [rispɑ́nd] : 「反応する、応答する、答える」
  • certainty [sə́ːrtnti] : 「確実、確実性、間違いないこと」

❖ "He will respond ~ "意訳する、「ホーリー・スピリットは、全面的な信頼と喜びと、そして、あなたの言ったことが真実であるという確信をもって、答えてくれるだろう」。



And you will have conviction then of Him Who knows the function that you have on earth as well as Heaven. 

  • conviction [kənvíkʃən] : 「信念、確信」
  • as well as : 「〜と同様に」
  • heaven [hévən] : 「天国、神、天」

❖ "And you will ~ "意訳する、「そこで、あなたは、天の王国と同様にこの地上においてもあなたが果たすべき役割が何であるかを知っているホーリー・スピリットの確信を自分のものとすることが出来るだろう」。ホーリー・スピリットは、神の子としてのあなたの、天の王国(実相世界)やこの地上(幻想世界)における本当の役割を、確信をもって知っている。今、ホーリー・スピリットにすべてを委ねたあなたは、その確信を自分のものとすることが出来る。



He will be with you each practice period you share with Him, exchanging every instant of the time you offer Him for timelessness and peace.

  • share [ʃέər] : 「分かち合う、共有する」
  • exchange [ikstʃéindʒ] : 「〜を交換する、〜を引き替える」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる、〜を提供する、〜を勧める」
  • timelessness [táimlisnis] : 「時間が存在しないこと」

❖ "He will be ~ "意訳する、「あなたがホーリー・スピリットと今日の練習を分かち合うたびに、ホーリー・スピリットはあなたとともにいてくれる」。"exchanging every ~ "「そして、あなたがホーリー・スピリットに差し出す一瞬一瞬を、時間の消滅した瞬間と平和に変えてくれる」。時間という幻想を消滅させ、この世の苦と痛みという幻想を天の王国の喜びと平和という実相に変えてくれる。



10. Throughout the hour, let your time be spent in happy preparation for the next five minutes you will spend again with Him. 

  • throughout [θruːáut] : 「〜の間中、〜の初めから終わりまで」
  • spent [spént] : 「spendの過去・過去分詞形」
  • spend [spénd] : 「使う、費やす」
  • preparation [prèpəréiʃən] : 「心構え、覚悟、用意、準備、支度」

❖ "Throughout the hour ~ "「1時間を通して、」つまり、エクササイズの5分間が過ぎた後の1時間を通して、「あなたがホーリー・スピリットと再び過ごす次の5分間のために、あなたの時間を幸せな準備に費やしなさい」。55分間を、次のエクササイズの準備のために、幸せな気分で過ごせばいい。



Repeat today's idea while you wait for the glad time to come to you again. 

  • repeat [ripíːt] : 「〜を繰り返す、〜を繰り返して言う」
  • while [hwáil] : 「〜の間ずっと、〜する間に、その間に」
  • wait for : 「〜を待つ」

❖ "Repeat today's idea ~ "「あなたが、あなたに再びやって来る喜びの時間を待つ間に、今日のテーマを繰り返し述べなさい」。



Repeat it often, and do not forget each time you do so, you have let your mind be readied for the happy time to come.

  • often [ɔ́fən] : 「しばしば、たびたび、ちょくちょく」
  • forget [fərɡét] : 「〜を忘れる、〜を思い出せない」
  • ready [rédi] : 「〜を用意させる、準備」
  • be readied for : 「用意ができている」

❖ "Repeat it often ~ "「今日のテーマを頻繁に述べ、そうするたびに、あなたの心が、幸せな時間が来るための準備が出来ているようにしなさい」。



11. And when the hour goes and He is there once more to spend a little time with you, be thankful and lay down all earthly tasks, all little thoughts and limited ideas, and spend a happy time again with Him. 

  • once more : 「もう一度」
  • thankful [θǽŋkfəl] : 「感謝している、ありがたく思う」
  • lay down : 「捨てる、明け渡す、投げ出す」
  • earthly [ə́ːrθli] : 「地上の、この世の、世俗的な、世間の」
  • task [tǽsk] : 「仕事、職務、役割、目的」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考、思索、思想、見解」
  • limited [límitid] : 「限られた、有限な、制限された」

❖ "And when ~ "「1時間が過ぎ、再びホーリー・スピリットがわずかの時間をあなたとともに過ごすためにもう一度そこにやって来たとき、感謝の気持ちを抱いて地上的な仕事のすべてを、そして、ちっぽけな思い、制限された考えのすべてを放棄し、ホーリー・スピリットと再び一緒に幸せな時間を過ごしなさい」。



Tell Him once more that you accept the part that He would have you take and help you fill, and He will make you sure you want this choice, which He has made with you and you with Him.

  • part [pάːrt] : 「役割、責任、義務」
  • fill [fíl] : 「いっぱいに満たす、埋める、こなす」
  • sure [ʃúər] : 「確信して、確信している、固く信じている」
  • choice [tʃɔ́is] : 「選ぶこと、選択」

❖ "Tell Him once ~ "「ホーリー・スピリットがあなたにやってほしいと思い、あながそれを果たす手助けをしたいと思った役割をあなたは受け入れたのだと、もう一度ホーリー・スピリットに伝えなさい」。"and He will ~ "「そうすれば、ホーリー・スピリットは、あなたがこの選択を望んでいるのだとあなたに確信させてくれるだろう」。" which He has ~ "「そして、その選択は、ホーリー・スピリットがあなたとともに、あなたがホーリー・スピリットとともに、選んだものなのである」。あなたは自由意志をもって自分の役割を担う選択をした。それは同時に、あなたの心の中に住まうホーリー・スピリットの意志でもあった。今やあなたとホーリー・スピリットは同じ心をもつ存在である。ホーリー・スピリットも神の子も、神が創造した実在である以上、心の同化はごく自然なことなのだ。あなたは決してホーリー・スピリットと分離して存在することは出来ない。それは、あなたが神と分離して存在出来ないことの表れである。 
 
 
 



W-pI.97.1:1 ~ W-pI.97.8:6

Lesson 97



I am spirit.

  • spirit [spírit] : 「霊、魂、霊魂、精霊、精神、気分、気迫」

❖ "I am ~ "「私はスピリットである」。スピリット(spirit)は、心(mind)と同義なのだが、心がエゴとホーリー・スピリットの2つの領域に分裂しているのに対して、スピリットはその一方、ホーリー・スピリットの領域に特化した心のことで、純粋で神聖な心の部分のことである。
神の子が神から分離した後、神の子は単一の心を散り散りに分裂させて多数の心を生み出し、さらに、その一つ一つの心をエゴとホーリー・スピリットの領域に分裂させた。いわば、分離と分裂によって汚された心である。その濁った心を浄化し、昇華させたところにスピリットが現実化する。スピリットは純粋な心の結晶である。



1. Today's idea identifies you with your one Self. It accepts no split identity, nor tries to weave opposing factors into unity. 

  • identify [aidéntəfài] : 「特定する、〜を同一視する、同定する」
  • accept [æksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • split [splít] : 「割ること、分割、分裂」
  • identity [aidéntəti] : 「正体、身元、独自性、固有性」
  • weave [wíːv] : 「織る、編む、作る、組み上げる」
  • oppose [əpóuz] : 「反対する、反抗する、対抗する」
  • factor [fǽktər] : 「要因、因子」
  • unity [júːnəti] : 「単一性、一つである状態、調和、結合体」

❖ "Today's idea ~ "「今日のものの見方は、あなたを単一の自己として同定する」。今日のテーマを通して、あなたは、本当の自分は分裂などしていない単一の自己だと認識する。"It accepts no ~ "「単一の自己は、自分が分裂したものだと認めることはないし、」"nor tries to ~ "「単一性の中に対立する要因を編み込もうなどとすることもない」。"split identity"とは、自分が本来的に分裂した存在だということ。本当のあなたは、それを容認しない。単一である本当のあなた自身は、その心の中に、相反する自己(エゴ的自己)を導入して自己の単一性を壊すようなことは決してしない。



It simply states the truth. Practice this truth today as often as you can, for it will bring your mind from conflict to the quiet fields of peace. 

  • simply [símpli] : 「造作なく、たやすく、簡単に」
  • state [stéit] : 「述べる、はっきり言う、提示する」
  • often [ɔ́fən] : 「しばしば、たびたび、ちょくちょく」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜をもたらす」
  • conflict [kɑ́nflikt] : 「衝突、対立、論争、摩擦、葛藤、軋轢」
  • quiet [kwáiət] : 「静かな、静粛な、平穏な、穏やかな」
  • field [fíːld] : 「領域、分野、場、界」

❖ "It simply ~ "「単一の自己は、ただ単に、真実を述べるだけだ」。本当のあなたは、エゴに毒された嘘をつくことはなく、ホーリー・スピリットの主導する真実だけを述べる。簡単に言えば、本当のあなた自身は、幻想に惑わされることなく真実だけを求める、ということ。"Practice this ~ "「今日は、出来るだけ頻繁に、この真実を実践しなさい」。"for it will ~ "「なぜなら、それは、あなたの心をコンフリクトから静かな平和のフィールドへ連れて行ってくれるからだ」。心の中に矛盾や葛藤を引き起こしているのは、分裂した心のエゴ的側面である。エゴを廃し、ホーリー・スピリット一つに心を単一化すれば、矛盾や葛藤は消え、心は平和になる。



No chill of fear can enter, for your mind has been absolved from madness, letting go illusions of a split identity.

  • chill [tʃíl] : 「冷え、冷たさ、寒さ、寒気、戦慄」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖、懸念、心配、不安」
  • enter [énter] : 「〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
  • absolve [æbzάlv] : 「〜に無罪を言い渡す、解放する、赦す」
  • madness [mǽdnis] : 「狂気、熱狂、熱中」
  • let go : 「放す、手放す、解放する、捨てる、あきらめる」

❖ "No chill of ~ "「ゾッとする恐れが入り込むことなど出来ない」。"for your mind ~ "「なぜなら、あなたの心は狂気から解放され、分裂した自己という幻想を手放したからだ」。



2. We state again the truth about your Self, the holy Son of God Who rests in you; whose mind has been restored to sanity. 

  • rest [rést] : 「ある、休む、静止する、置かれている」
  • restore [ristɔ́ːr] : 「〜を元の状態に戻す、元に戻す、修復する」
  • sanity [sǽnəti] : 「正気、健全さ」

❖ "We state again ~ "「私たちはもう一度、本当のあなた自身について述べよう」。"the holy Son ~ "「あなたは、あなたの心の中にある神聖な神の子である」。真実のあなたは肉体に宿っているのではなく、心の中に存在する。"whose mind ~ "「神の子の心は正気さを取り戻したのだ」。本当のあなたが心に宿っていると知ったとき、あなたは正気さを取り戻す。なぜなら、それが真実だから。偽りのあなたが恐れを抱き、それが狂気なのだ。なぜなら、エゴは虚偽の産物だから。



You are the spirit lovingly endowed with all your Father's Love and peace and joy. 

  • lovingly [lʌ́viŋli] : 「かわいがって、愛情を込めて、優しく」
  • endow [indáu] : 「授ける、与える」
  • endow with : 「〜を与える」

❖ "You are the spirit ~ "「あなたは、父なる神が愛と平和と喜びを優しく与えてくれたスピリットである」。



You are the spirit which completes Himself, and shares His function as Creator. He is with you always, as you are with Him.

  • complete [kəmplíːt] : 「〜を完了する、仕上げる、終える、完成する」
  • share [ʃέər] : 「分かち合う、共有する」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、作用、働き、効用、職務、役割」
  • creator [kriéitər] : 「創造者、創作者、創設者」

❖ "You are the spirit ~ "「あなたは、神自身を完成させるスピリットであり、創造主としての神の役割を分かち合っている」。神は神の愛の延長上に神の子を創造した。その神の子が、受けた愛のお返しに神に愛を返したとき、神自身が完璧な愛として完成する。ならば、創造主としての神の役割を、神の子であるあなたも担っているのだ。"He is with ~ "「あなたが神とともにいる限り、神はあなたとともにいる」。神と神の子は分離出来るものではない。神とあなたは永遠不変にともにある。



3. Today we try to bring reality still closer to your mind. Each time you practice, awareness is brought a little nearer at least; sometimes a thousand years or more are saved. 

  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜をもたらす」
  • reality [riǽləti] : 「現実性、実在性、現実のこと」
  • awareness [əwéərnəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性 」
  • brought [brɔ́ːt] : 「bringの過去・過去分詞形」
  • near [níər] : 「近い、近くにある、接近した」
  • at least : 「少なくとも、最少に見ても」
  • thousand [θáuzənd] : 「1000の」
  • save [séiv] : 「〜を節約する、割り引く、出費を減じる」

❖ "Today we try ~ "「今日私たちは、実相をあなたの心にもっと近づくように持って行くことにする」。あなたの心が真実に触れることが出来るようにしよう。"Each time ~ "「練習をするたびに、少なくとも自覚が少しだけより近くにもたらされる」。練習を重ねていくと、実相の真実に近づきつつある実感が少しずつ増してくる。"sometimes a thousand ~ "意訳する、「あるときは、千年もそれ以上に、時間の短縮が出来る」。実相に覚醒するために要する時間が千年以上も短縮出来る。仏教的な言い方をすれば、悟りへの時間短縮、涅槃(ねはん)へ至る時間短縮、輪廻の輪から抜け出すための時間短縮である。



The minutes which you give are multiplied over and over, for the miracle makes use of time, but is not ruled by it. 

  • multiply [mʌ́ltəplài] : 「〜を増す、増やす、増加させる」
  • over and over : 「何度も繰り返して、何回となく」
  • make use of : 「〜を利用する、〜を使用する」
  • rule [rúːl] : 「統治する、支配する、牛耳る」

❖ "The minutes ~ "「あなたが(練習に)与える数分間は、何度も倍増される」。だから、千年以上の時間短縮が可能となる。"for the miracle ~ "「なぜなら、奇跡は時間によって支配されるのではなく、時間をコントロール出来るからだ」。時間は幻想に過ぎないが、ホーリー・スピリットはその時間を学びのための補助装置として利用する。あなたが真剣にACIMを学ぶとき、実相に覚醒するため要する時間はホーリー・スピリットがコントロールして、期間短縮という奇跡を起こしてくれる。



Salvation is a miracle, the first and last; the first that is the last, for it is one.

  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い、救世」
  • first [fə́ːrst] : 「初め、最初、一番目」
  • last [lǽst] : 「最後、終わり」

❖ "Salvation is ~ "「救いは奇跡であり、最初にして最後、最後はすなわち最初である」。"for it is ~ "「なぜなら、最初も最後も同じものだからだ」。実相に覚醒するとは、とりもなおさず幻想から救われることである。救いは奇跡なのだ。神の子は、『最初』は神とともに暮らしていた。そして、神の子は、神なしで神のように存在出来ないかと、小さな狂った思いを抱いた。神の子は深い眠りに陥り、夢の中で神から分離し、幻想の時間と空間を作った。眠りから覚めるまでの長い長い時間を旅することになったのだ。しかし、その眠りの時間はそもそも幻想であって存在しない。神の子が深い夢(幻想)から救われて実相に覚醒したとき、神の子は一歩たりとも神から離れてはいなかったことに気付く。『最後』は、神とともにいる自分を発見するのだ。最初と最後は同じ、そもそも時間など存在していなかったのだから。



4. You are the spirit in whose mind abides the miracle in which all time stands still; the miracle in which a minute spent in using these ideas becomes a time that has no limit and that has no end. 

  • abide [əbáid] : 「とどまる、居住する」
  • stand still : 「じっと立っている、活動しない、静止する」
  • spent [spént] : 「spendの過去・過去分詞形」
  • spend [spénd] : 「使う、費やす」
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • limit [límit] : 「限度、制限、境界、限界」

❖ "You are the spirit ~ "「あなたはスピリットであり、その心の中には、すべての時間が静止する奇跡が宿っている」。"the miracle in ~ "「これらの考え(今日のテーマ)を練習するために使う1分間が、制限もなく終わりもない時間となる奇跡である」。『制限も終わりもない時間』とは、時間の消滅であり、永遠性が生まれる瞬間である。時間という幻想が消え、実相の永遠性が再生されるのだ。これが真実であり、真実の現実化、すなわち奇跡が起こるのである。その奇跡が起こる場所は、スピリットであるあなたの心の中。そして、奇跡の起こる瞬間は、ACIMの教えに従って行う練習において。



Give, then, these minutes willingly, and count on Him Who promised to lay timelessness beside them. He will offer all His strength to every little effort that you make. 

  • willingly [wíliŋli] : 「喜んで、進んで、積極的に、快く」
  • count on : 「〜を頼りにする、〜を当てにする」
  • promise [prάmis] : 「〜を約束する」
  • lay [léi] : 「置く、横たえる、並べる、用意する」
  • timelessness [táimlisnis] : 「時間が存在しないこと」
  • beside [bisáid] : 「〜のそばに、〜の傍らに」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる、〜を提供する、〜を勧める」
  • strength [stréŋkθ] : 「力、強さ、体力」
  • effort [éfərt] : 「尽力、努力、試み、取り組み」

❖ "Give, then ~ "「ならば、進んで数分間を(今日のテーマのために)与え、その数分間に無時間性を与えてくれると約束したホーリー・スピリットを頼りにしなさい」。"He will offer ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたがわずかの努力をするたびに、その努力に対してホーリー・スピリットの力のすべてを差し出してくれるだろう」。



Give Him the minutes which He needs today, to help you understand with Him you are the spirit that abides in Him, and that calls through His Voice to every living thing; offers His sight to everyone who asks; replaces error with the simple truth.

  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、分かる、把握する」
  • sight [sáit] : 「視力、視覚、視野、視界、景色、眺め」
  • replace [ripléis] : 「〜に取って代る、〜を交換する、置き換える」
  • error [érər] : 「誤り、間違い」
  • simple [símpl] : 「簡素な、簡略した、易しい、難しくない」

❖ "Give Him ~ "「ホーリー・スピリットが今日必要とする数分間をホーリー・スピリットに与えなさい」。"to help you ~ "「それは、ホーリー・スピリットとともに、あなたはホーリー・スピリットの中に宿るスピリットなのだと理解する助けになってもらうためであり、」"and that calls ~ "「そのスピリットは、ホーリー・スピリットの声を通して生きとし生けるものすべてに呼びかけ、求めるすべてのものにホーリー・スピリットの力を差し出し、過ちを易しい真実に置き換えてくれるのだ」。長い文章だが、要するに、あなたの心の中のホーリー・スピリットと一体化し、スピリットそのものに生まれ変わって、他者にスピリットの声で語りかけ、力を与え、過ちを真実で置き換えなさい、ということ。その手助けをホーリー・スピリットに求めればいい。ここは、あまり理詰めに考えずに、詩を朗読する感じで読めばいいだろう。



5. The Holy Spirit will be glad to take five minutes of each hour from your hands, and carry them around this aching world where pain and misery appear to rule. 

  • glad [ɡlǽd] : 「満足して、うれしく思う」
  • carry [kǽri] : 「〜を持ち運ぶ」
  • aching [éikiŋ] : 「痛む、心が痛む、心がうずく」
  • pain [péin] : 「痛み、痛覚、苦痛」
  • misery [mízəri] : 「悲惨、不幸、苦痛、惨めさ、窮状、窮乏」
  • appear [əpíərəns] : 「〜のように見える、〜と思われる」
  • rule [rúːl] : 「統治する、支配する、牛耳る」

❖ "The Holy Spirit ~ "「ホーリー・スピリットは、1時間ごとの5分間をあなた手から喜んで受け取り、」"and carry them ~ "「苦痛と惨めさが支配するかに見えるこの痛みの世界の至る所に、その5分間を運んでくれるだろう」。世界に5分間を運ぶとは、5分間の奇跡を世界に広める、ということ。あなたのエクササイズはあなた一人に止まらない。ホーリー・スピリットを介して、世界と分かち合われるのだ。



He will not overlook one open mind that will accept the healing gifts they bring, and He will lay them everywhere He knows they will be welcome. 

  • overlook [òuvərlúk] : 「見落とす、見て見ぬふりをする」
  • accept [æksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • healing [híːliŋ] : 「癒しの、治療の」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜をもたらす」
  • lay [léi] : 「置く、横たえる、並べる、用意する」
  • welcome [wélkəm] : 「歓迎する、喜んで受け入れる」

❖ "He will not ~ "「5分間がもたらすヒーリングという贈り物を受け入れようとする開かれた心を、ホーリー・スピリットは見落とすことはないだろう」。本当の奇跡を求める人々の心をホーリー・スピリットは忘れることはない。"and He will ~ "「贈り物を歓迎してくれるとわかっているあらゆる場所に、ホーリー・スピリットは贈り物をもたらすだろう」。本当の奇跡を求める人々に、ホーリー・スピリットは奇跡を届ける。ヒーリングの奇跡はホーリー・スピリットを介して分かち合われるのだ。



And they will increase in healing power each time someone accepts them as his thoughts, and uses them to heal.

  • increase [inkríːs] : 「〜を増やす、増大させる、増加させる」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考、思索、思想、見解」
  • heal [híːl] : 「癒やす、救う、治す、治癒する、治療する」

❖ "And they will ~ "「誰かが贈り物を自分の思いとして受け入れ、ヒーリングのためにその贈り物を使うたびに、(奇跡という)贈り物はヒーリングのパワーを増大させていくだろう」。奇跡は、それが分かち合われることで拡張増大していく。実相世界における真実の法則である。



6. Thus will each gift to Him be multiplied a thousandfold and tens of thousands more. 

  • thus [ðʌ́s] : 「それ故に、従って、このようにして」
  • multiply [mʌ́ltəplài] : 「〜を増す、増やす、増加させる」
  • thousandfold [θáuzəndfould]: 「1000倍の数」
  • tens of thousands : 「何万もの、幾万もの」

❖ "Thus will each ~ "「こうして、ホーリー・スピリットに与えられた贈り物は、幾千倍にも幾万倍にも増やされていくだろう」。



And when it is returned to you, it will surpass in might the little gift you gave as much as does the radiance of the sun outshine the tiny gleam a firefly makes an uncertain moment and goes out. 

  • return [ritə́ːrn] : 「〜を返す、戻す、返却する」
  • surpass [sərpǽs] : 「〜を上回る、超える、しのぐ、〜に勝る」
  • surpass in : 「〜においてより勝る」
  • might [máit] : 「権力、勢力」
  • as much as : 「〜するだけの量のもの、〜と同じ程度に」
  • radiance [réidiəns] : 「輝き、光輝」
  • outshine [autʃáin] : 「〜よりよく輝く、〜より強く光る」
  • tiny [táini] : 「とても小さい、ちっぽけな」
  • gleam [glíːm] : 「かすかな光、閃光」
  • firefly [fáiərflai] : 「ホタル、蛍」
  • uncertain [ʌnsə́ːrtn] : 「不確かな、不明確な、不安定な」
  • go out : 「消える、消灯する、立ち消えになる」

❖ "And when it ~ "「そして、贈り物があなたに返されたとき、」"it will surpass ~ "「それは、〜のように、あなたが与えた小さな贈り物を遙かにしのぐ大きさになっているだろう」。"as much as ~ "「蛍が時折光っては消える、その小さな光を、太陽の輝きが凌駕(りょうが)するように、」あなたが与えた小さな贈り物を遙かにしのぐ大きさになっているだろう。



The steady brilliance of this light remains and leads you out of darkness, nor will you be able to forget the way again.

  • steady [stédi] : 「固定した、安定した、揺るぎない、確固とした」
  • brilliance [bríljəns] : 「光り輝くこと、強い明るさ」
  • remain [riméin] : 「とどまる、残る、生き残る、残存する」
  • lead [líːd] : 「〜を導く、案内する、連れて行く」
  • darkness [dάːrknis] : 「暗がり、暗闇」
  • be able to : 「〜することができる、〜し得る、〜が可能である」
  • forget [fərɡét] : 「〜を忘れる、〜を思い出せない」

❖ "The steady brilliance ~ "「この光の揺るぎない輝きはいつまでも残り、あなたを闇の外に導いてくれる」。"nor will you ~ "「そして、あなたは再び、その道を忘れることは出来ないだろう」。その道とは、闇から光へと続く道。



7. Begin these happy exercises with the words the Holy Spirit speaks to you, and let them echo round the world through Him:

        Spirit am I, a holy Son of God, free of all limits, safe and 
        healed and whole, free to forgive, and free to save the world.

  • begin [biɡín] : 「〜を始める、〜するようになる」
  • echo [ékou] : 「反響する、こだまする」
  • through [θrúː] : 「〜を通じて、〜の手を経て、手を通して」
  • whole [hóul] : 「すべてを含んだ、欠けたものがない」
  • forgive [fərɡív] : 「許す、容赦する、勘弁する」

❖ "Begin these ~ "「ホーリー・スピリットがあなたに語る言葉をもって、これらのエクササイズを始め、ホーリー・スピリットを通して、世界中にそれを響かせなさい」。"Spirit am I ~ "「私はスピリット、神聖な神の子、すべての制限から自由であり、安全でヒーリングされており、完全であり、自由に赦しを与え、自由に世界を救う」。ここの"healed"「ヒーリングされた」とは、もちろん、幻想から実相に目覚めた、という意味合い。いわば、『眠り病』から癒やされたのだ。"whole"「完全な」とは、神の子として、神同様に完全だ、ということ。



Expressed through you, the Holy Spirit will accept this gift that you received of Him, increase its power and give it back to you.

  • express [iksprés] : 「表す、示す、述べる、伝達する、表現する」
  • receive [risíːv] : 「受け取る、聞く、知る」
  • increase [inkríːs] : 「〜を増やす、増大させる、増加させる」
  • give back : 「返す」

❖ "Expressed through ~ "「あなたを通して宣言されたので、あなたがホーリー・スピリットから受け取ったこの贈り物を、ホーリー・スピリットも受け入れ、そのパワーを増大させ、あなたに返してくれるだろう」。あなたの宣言はホーリー・スピリットへの贈り物となり、ホーリー・スピリットはそれを受け入れ、パワーを増大させて、あなたに返す。



8. Offer each practice period today gladly to Him. And He will speak to you, reminding you that you are spirit, one with Him and God, your brothers and your Self. 

  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる、〜を提供する、〜を勧める」
  • gladly [ɡlǽd] : 「喜んで、喜々として」
  • remind [rimáind] : 「〜に思い出させる、〜に気付かせる」

❖ "Offer each ~ "「今日は、一つ一つの練習を喜んでホーリー・スピリットに差し出しなさい」。"And He will ~ "「そうすれば、ホーリー・スピリットはあなたに語りかけてくれ、あなたがスピリットであること、そして、あなたが、ホーリー・スピリットと、そして神と、また同胞やあなた自身と一体であることを思い出させてくれるだろう」。



Listen for His assurance every time you speak the words He offers you today, and let Him tell your mind that they are true. 

  • listen for : 「〜に聞き耳を立てる、〜を聞こうと耳を澄ます」
  • assurance [əʃúərəns] : 「断言すること、確実さ、自信、確信」

❖ "Listen for ~ "「今日、ホーリー・スピリットがあなたに語りかける言葉をあなたが口にするたびに、ホーリー・スピリットの確信に耳を澄ましなさい」。"and let Him ~ "「そして、それらの言葉は真実なのだと、あなたの心にホーリー・スピリットが語ってくれるようにしなさい」。ホーリー・スピリットはあなたに、あなたが神の子でありスピリットであると語ってくれる。それはホーリー・スピリットの確信であり、真実である。あなたはそれを信じればいいのだ。



Use them against temptation, and escape its sorry consequences if you yield to the belief that you are something else. The Holy Spirit gives you peace today. Receive His words, and offer them to Him.

  • against [əɡéinst] : 「〜に反対して、〜に逆らって、〜にそむいて」
  • temptation [temptéiʃən] : 「誘惑、衝動、誘惑物」
  • escape [iskéip] : 「逃げる、ずらかる、脱出する、抜ける」
  • sorry [sɔ́ːri] : 「哀れな、惨めな、嘆かわしい」
  • consequence [kάnsəkwèns] : 「結果、結論、帰結、因果関係」
  • yield [jíːld] : 「降伏する、屈服する」
  • yield to : 「〜に負ける、〜に屈する、〜に屈服する、〜に従う」

❖ "Use them against ~ "「誘惑に対して、その言葉を使いなさい」。"and escape its ~ "「そして、もしあなたが、自分は何か(スピリット以外の)別のものだと信じようとしたなら、そんな誘惑の悲しい結末から逃れなさい」。たとえばエゴが、『おまえは罪深い肉の塊だ』などと言って、あなたを幻想の中に止めておこうと誘惑したなら、あなたは、『私は神の子であって、純粋なスピリットだ』と答えればいい。あなたは、エゴが仕掛けた誘惑の悲しい結末を回避出来るはずだ。"The Holy Spirit ~ "「ホーリー・スピリットは今日、あなたに平和を与えてくれる」。"Receive His ~ "「ホーリー・スピリットの言葉を受け取り、そして、その言葉をホーリー・スピリットに返しなさい」。
 
 
 




Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

Powered by Blogger.