●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



W-pI.87.1:1 ~ W-pI.87.4:4

Lesson 87 



Review of Lessons 73 - 74


Our review today will cover these ideas:
今日の私たちの復習は次のテーマを含む

1. I will there be light. (私は、光あれと願う)
I will use the power of my will today. It is not my will to grope about in darkness, fearful of shadows and afraid of things unseen and unreal. 
  • grope [ɡróup] : 「手探りする、手探りで捜す、模索する」
  • darkness [dάːrknis] : 「暗がり、暗闇」
  • fearful [fíərfəl] : 「恐ろしい、ものすごい」
  • shadow [ʃǽdou] : 「影」
  • afraid [əfréid] : 「恐れて、心配して、怖がって」
  • unseen [ʌnsíːn] : 「目に見えない」
  • unreal [ʌnríəl] : 「実在しない、非現実的な、実存しない、虚偽の」
❖ "I will use ~ "「今日、私は私の意思のパワーを利用する」。"It is not ~ "「闇の中で手探りしたり、影に怯えたり、目に見えず、ありもしないものを怖がったりすることは、私の意思ではない」。幻想の中を彷徨(さまよ)い恐れることは、あなたの意思ではない。



Light shall be my guide today. I will follow it where it leads me, and I will look only on what it shows me. This day I will experience the peace of true perception.
  • guide [ɡáid] : 「指導者、案内人、指針」
  • follow [fάlou] : 「〜の後について行く、〜に従う、追随する」
  • lead [líːd] : 「〜を導く、案内する、連れて行く」
  • look on : 「〜を見る」
  • show [ʃóu] : 「示す、表す、表示する」
  • experience [ikspíəriəns] : 「〜を経験する、〜を体験する」
  • peace [píːs] : 「平和、和平、安らぎ、平安、静けさ、静謐」
  • true [trúː] : 「真の、真実の、本当の、本物の」
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、認知、知見、見識」
❖ "Light shall be ~ "「今日、光が私のガイドとなってくれる」。"I will follow ~ "「光が私を導いて行くところへ、私はついて行こう」。"and I will ~ "「そして、光が私に見せてくれるものだけを、私は見よう」。"This day I ~ "「今日というこの日、私は、真の知覚がもたらす平和を経験することになる」。"peace of true perception"「真の知覚がもたらす平和」とは、真実を見抜くヴィジョンで世界を見たときに感じる心の平和。あなたを怖がらせる闇(幻想)が真実の光で消されるので、あなたの心はすこぶる穏やかだ。



2. These forms of this idea would be helpful for specific applications:

        This cannot hide the light I will to see. 
        You stand with me in light, [name].
        In the light this will look different.
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、構造、現れ、姿、体つき」
  • helpful [hélpfəl] : 「役立つ、助けになる、有益な、参考になる」
  • specific [spisífik] : 「具体的な、詳しい、明確な」
  • application [æ̀pləkéiʃən] : 「適用、応用、活用、利用、充当」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する、秘密にする」
  • look [lúk] : 「〜のように見える、〜と思われる」
  • different [dífərənt] : 「相違する、違っている、異なる」
❖ "These forms of ~ "「このテーマのための次のような形は、具体的な適用の助けとなるだろう」。"This cannot ~ "「この状況は、私が目にする光を隠すことは出来ない」。どんな状況にあっても、あなたは真実の光を失わない。"You stand with ~ "「〜さん、あなたは私と一緒に光の中にいます」。"In the light ~ "「光の中では、この状況は異って見えてくる」。ヴィジョンはあなたに真実を見せてくれる。その光景は、普段目にする幻想の醜い姿ではない。



3. There is no will but God's. (神の意思以外に意思はない)
I am safe today because there is no will but God's. I can become afraid only when I believe there is another will. 
  • safe [séif] : 「安全な、無事な、まず間違いない」
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • afraid [əfréid] : 「恐れて、心配して、怖がって」
  • another [ənʌ́ðər] : 「もう一つの、別の、ほかの」
❖ "I am safe ~ "「神の意思を除いて他に意思はないから、今日、私は安全だ」。"I can become ~ "「(神の意思以外に)他の意思があると信じてしまうときだけ、私は恐ろしくならざるを得ない」。エゴの意思に惑わされるとき、あなたは恐れを感じるのであり、それは幻想なのだと知ってしまえば、あなたは神の意思に囲まれて安全だ。



I try to attack only when I am afraid, and only when I try to attack can I believe that my eternal safety is threatened. 
  • try [trái] : 「試す、やってみる、試みる、企てる」
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する、〜を非難する」
  • eternal [itə́ːrnl] : 「永遠の、不変の、永久の、不滅の」
  • safety [séifti] : 「安全、無事、無難なもの」
  • threaten [θrétn] : 「 〜を脅す、脅迫する」
❖ "I try to attack ~ "「私は恐ろしと思ったときだけ攻撃しようとする」。"and only when ~ "「そして、攻撃しようとしたときだけ、私の永遠の安全が脅かされと信じるに足る」。恐怖心が攻撃心を生み出す。ところが、攻撃しようとするとき、それは神の意思に反したことなので、あなたは神が約束する永遠の安全性を放棄してしまうことになるのだ。



Today I will recognize that all this has not occurred. I am safe because there is no will but God's.
  • recognize [rékəɡnàiz] : 「〜を認識する、認める、受け入れる」
  • occur [əkə́ːr] : 「起こる、発生する、生じる、現れる」
❖ "Today I will ~ "「今日、私は、こんなことのすべては起こったことなどないと認識しよう」。この状況がもたらす恐怖も攻撃もすべて幻想なのだと認識しよう。それはエゴの意図する策略であって、エゴ自体、あなたが生み出した幻想である。"I am safe ~ "「神の意思以外に意思はないのだから、私は安全だ」。安全だから、恐れはない。恐れがないから、攻撃する必要もない。



4. These are some useful forms of this idea for specific applications:

        Let me perceive this in accordance with the Will of God.
        It is God's Will you are His Son, [name], and mine as well. 
        This is part of God's Will for me, however I may see it.
  • useful [júːsfəl] : 「役立つ、便利な、有益な、価値ある」
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、構造、現れ、姿、体つき」
  • specific [spisífik] : 「具体的な、詳しい、明確な」
  • application [æ̀pləkéiʃən] : 「適用、応用、活用、利用、充当」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
  • in accordance with : 「〜に従って、〜に一致して」
  • mine [máin] : 「私のもの」
  • as well : 「同じに、同様にうまく、おまけに、その上」
  • part [pάːrt] : 「一部、部分」
  • however [hauévər] : 「どんなに〜でも、いかに〜であろうとも」
❖ "These are some ~ "「具体的な適用のために、このテーマを有用な形にしたものが次である」。"Let me perceive ~ "「神の意思と一致するように、この状況を知覚しよう」。この状況の中に神の意思が隠されていると知覚しよう。"It is God's Will ~ "「〜さん、あなたが神の子であることは、神の意思でもあり、また同様に私の意思でもあります」。"This is part of ~ "「私の目にこの状況がどう映ろうとも、私にとっては、これは神の意思の一部である」。ある状況が痛みと苦に満ちたものに見えたとしても、それは、痛みと苦を幻想だと認識せよという神の意思であると理解すればいい。幻想から目覚めるためのレッスンを神が与えたのだと思えばいい。それは、神の意思、神の計画の一部である。
 
 
 




Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

Powered by Blogger.