●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



W-pI.73.1:1 ~ W-pI.73.11:7

Lesson 73



I will there be light.
  • light [láit] : 「光、光源、ライト、明かり」
❖ "I will there ~ "「私は、光あれと願う」。ここは"I will there should be light."とすれば、意味がはっきりするだろう。"light"「光」は、実在、真実、命、と捉えていい。幻想世界の肉体を離れ、実相世界に目覚めることで、世界は光に満たされ、同時にあなた自身も真実の光を発する。
なお、ACIMでは、"light"という言葉を比喩として使っているのではなく、実体として扱っている。ただし、この世界の電磁波としての光ではなく、物理法則を超えた実相世界の光である。我々にはその光の実体は説明出来ない。説明不可能ではあるが、その光を体験することは可能だ。



1. Today we are considering the will you share with God. This is not the same as the ego's idle wishes, out of which darkness and nothingness arise. 
  • consider [kənsídər] : 「よく考える、熟考する」
  • will [wíl] : 「意志、意欲、願望」
  • share in : 「〜を分かち合う、〜を共有する」
  • same [séim] : 「同じ、同一の、変わらない」
  • idle [áidl] : 「動いていない、無意味な、無駄な」
  • wish [wíʃ] : 「願い、望みの物、願望、希望」
  • darkness [dάːrknis] : 「暗がり、暗闇」
  • nothingness [nʌ́θiŋnis] : 「存在しないこと、無、非実在、無価値」
  • arise [əráiz] : 「起こる、生じる、現れる、生まれる、発生する」
❖ "Today we are ~ "「今日、私たちは、あなたが神と分かち合う意思についてよく考えてみることになる」。"This is not ~ "「これは、エゴの無意味な願いとは同じものではなく、」"out of which ~ "「エゴの願いからは、闇と無が生じてくるだけである」。神の意思は実在であり、真実であり、愛、光、創造、喜びである。エゴの願いは幻想を維持することであり、奪い合い、攻撃し、嘘を嘘で固め、この世を闇と無意味に結果させることである。



The will you share with God has all the power of creation in it. The ego's idle wishes are unshared, and therefore have no power at all. 
  • creation [kriéiʃən]: 「創造、創作、創作物、作品」
  • therefore [ðέərfɔ̀ːr] : 「それ故に、そのために、従って、だから」
❖ "The will you ~ "「あなたが神と分かち合う意思は、その中にすべての創造的パワーを秘めている」。"The ego's idle ~ "「エゴの無意味な願いは分かち合われることがないから、したがって、パワーをまったくもたない」。"the power of creation"「創造的パワー」とは、奇跡を起こすパワーであり、救いをもたらすヒーリングのパワーである。エゴは創造的パワーを持ち得ない。なぜなら、エゴは実在してはいないからだ。
ところで、パワーはエネルギーと異る。エネルギーは物理的には質量と同じものであり、したがって物質と考えていい。つまり、エネルギーは幻想なのだ。パワーは奇跡を生み出す実相的な意思の力であり、物質とは無縁である。



Its wishes are not idle in the sense that they can make a world of illusions in which your belief can be very strong. 
  • in the sense : 「〜という意味で」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • belief [bilíːf] : 「信じること、信念、信仰、信条、信用、信頼」
❖ "Its wishes are ~ "「エゴの願いは、あなたが(その存在を)強く信じる幻想世界を創り出すことが出来るという意味では、何もしていないとは言えない」。エゴは幻想を作り出すことにやっきになっている。その意味では、怠惰ではない。が、無意味である。



But they are idle indeed in terms of creation. They make nothing that is real.
  • indeed [indíːd] : 「実に、本当に、確かに、いかにも、実際には」
  • in terms of : 「〜に関して、〜の観点から」
  • real [ríəl] : 「実在する、現実の、実際の、本物の」
❖ "But they are idle ~ "「しかし、エゴの願いは、創造という観点から見れば、まったく無意味である」。実在する真実を創造することは不可能なのだ。"They make nothing ~ "「エゴの願いは、実相的なものを何も生み出すことはない」。夜見る夢の中で山ほどの富を生み出したとしても、目が覚めれば、そのすべては消えてなくなる。エゴの願いは、それと同様である。創造のまね事はするが、何も生み出すことは出来ないのだ。



2. Idle wishes and grievances are partners or co-makers in picturing the world you see. 
  • grievance [ɡríːvəns] : 「不平のもと、苦情の原因、立腹」
  • partner [pάːrtnər] : 「連れ合い、パートナー、相棒」
❖ "Idle wishes and ~ "「(エゴの)無意味な願いと不平は、あなたが目にする世界を描き出すときのパートナー、あるいは共同製作者である」。エゴの目論みとあなたの不平不満が、この幻想世界の諸現象を空(くう)なるキャンバスに描き出している。この世界をでっち上げているのだ。



The wishes of the ego gave rise to it, and the ego's need for grievances, which are necessary to maintain it, peoples it with figures that seem to attack you and call for "righteous" judgment. 
  • give rise to : 「〜を引き起こす、〜を生じさせる」
  • necessary [nésəsèri] : 「必要な、必須の、欠くことのできない」
  • maintain [meintéin] : 「 〜を保持する、維持する、保つ、堅持する」
  • people [píːpl] : 「一杯にする」
  • figure [fíɡjər] : 「姿、人影、人物」
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する、〜を非難する」
  • call for : 「〜を必要とする、〜を要求する」
  • righteous [ráitʃəs] : 「高潔な、完璧な、公正な、正しい」
  • judgment [dʒʌ́dʒmənt] : 「判断、判断力、意見、分別」
❖ "The wishes of ~ "「世界を生み出したエゴの願いと、世界を維持するために必要な、不平を求めるエゴの要求が、あなたを攻撃し『公正な』判断を求めているかのように見える人々をもって世界をいっぱいにしている」。分離分裂した神の子は、エゴの策略と自らの不平によって、互いに敵対し合う。得るために奪え、攻撃される前に攻撃せよ、勝利した方が正当だ、等々。いわゆる弱肉強食の原理原則が作動し、それが『正当な』判断基準となる。



These figures become the middlemen the ego employs to traffic in grievances. 
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • middleman [mídlmæ̀n] : 「仲介者、仲介役」
  • employ [emplɔ́i] : 「用いる、採用する、使用する」
  • traffic [trǽfik] : 「〜を不正取引する、〜を売買する」
  • traffic in : 「〜を不正に売買する」
❖ "These figures ~ "「これらの人々は、不平不満を不正に取引するためにエゴが雇い入れた仲介者になっている」。あなたが他者に対して不平を抱くのはエゴの策略であって、あたかもエゴがその他者を雇い入れて、あなたに不平を抱かせるように仕向けているようなものだ。あなたが他者に対して不平を抱いている限りは、あなたは真実に気付くことはない。エゴのでっち上げた幻想は安泰というわけである。



They stand between your awareness and your brothers' reality. Beholding them, you do not know your brothers or your Self.
  • between [bitwíːn] A and B: 「AとBとの間に、AないしB」
  • awareness [əwéərnəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性 」
  • reality [riǽləti] : 「現実性、実在性、現実のこと」
  • behold [bihóuld] : 「見守る、注視する」
❖ "They stand between ~ "「彼らは、あなたの意識性とあなたの同胞の真の姿の間に立ちはだかっている」。敵対し不平を抱かせる他者ではあるが、本当はあなたと同じ神の子であり、あなたの同胞である。その真実に、あなたの意識は気付くことはない。同胞の敵対する姿が、あなたの意識を曇らせているのだ。"Beholding them ~ "「彼らの(表面的な)姿だけを見ているので、あなたは、あなたの同胞もあなた自身も知ることが出来ない」。あなたも同胞も、共に神の子であるという真実を知ることが出来ない。あなたと同胞が自他一如であることに気付かないのである。



3. Your will is lost to you in this strange bartering, in which guilt is traded back and forth, and grievances increase with each exchange. 
  • lost [lɔ́st] : 「loseの過去・過去分詞形」
  • strange [stréindʒ] : 「奇妙な、変わった、変な」
  • barter [bάːrtər] : 「物々交換する、交易する」
  • guilt [ɡílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
  • trade [tréid] : 「〜を交換する、〜を売買する、取引する」
  • back and forth : 「前後に、あちこちに、行ったり来たりして」
  • increase [inkríːs] : 「増える、増大する、大きくなる」
  • exchange [ikstʃéindʒ] : 「換えること、交換、やりとり」
❖ "Your will is lost ~ "「この奇妙な取引をすることで、あなたはあなたの意思を失っていく」。"in which guilt ~ "「そこでは、罪の意識がやり取りされ、また、やり取りする度に不平が増大する」。"strange bartering"「奇妙な取引」とは、前段落を引き継いで、エゴがあなたの同胞を敵対者に仕立て上げ、あなたと同胞の間で憎悪や嫌悪や攻撃をやり取りさせること。当然、そこから生み出されるものは罪の意識であり、お互いに対する不平不満、そして憎悪はどんどん増えていく。



Can such a world have been created by the Will the Son of God shares with his Father? Did God create disaster for His Son? 
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
  • disaster [dizǽstər] : 「災害、天災、災難」
❖ "Can such a world ~ "「そんな世界が、神の子が父なる神と分かち合っている意思によって創造された可能性があるだろうか」。"Did God create ~ "「神が、神の子のために災いを創造しただろうか」。この奇妙な取引が蔓延する世界を生み出したものは、あなたであり、エゴである。神は、一切の関わりをもたない。神はこの世界を創造したのではない。



Creation is the Will of Both together. Would God create a world that kills Himself?
  • creation [kriéiʃən] : 「創造、創作、創作物、作品」
❖ "Creation is the Will ~ "「創造性は、(神とあなた)二人の意思である」。"Would God create ~ "「神は自らを殺すような世界を創りたいと思うだろうか」。"Creation"「創造性」とは、愛を拡張していくことであり、真実の現実化である。実相的な自己表現である。神が自らの創造性を殺してしまうような幻想世界を創り出したいなどと思うはずはない。



4. Today we will try once more to reach the world that is in accordance with your will. 
  • once more : 「もう一度」
  • reach [ríːtʃ] : 「達する、至る、手が届く、〜に連絡する」
  • accordance [əkɔ́ːrdns] : 「合致、一致、調和」
  • in accordance with : 「〜に従って、〜に一致して」
❖ "Today we will ~ "「今日、私たちはもう一度、あなたの意思に合致する世界に到達することを試みることになる」。エゴの描く世界ではなく、あなたの心の中に宿るホーリー・スピリットの描く世界、つまり、あなたの実相的な意思に合致した世界に到達することを目指す。



The light is in it because it does not oppose the Will of God. It is not Heaven, but the light of Heaven shines on it. Darkness has vanished. 
  • oppose [əpóuz] : 「反対する、反抗する、対抗する」
  • shine [ʃáin] : 「輝く、光る」
  • darkness [dάːrknis] : 「暗がり、暗闇」
  • vanish [vǽniʃ] : 「消える、消えてなくなる」
❖ "The light is in ~ "「その世界は神の意思に反してはいないから、光が世界に満ちる」。"It is not Heaven ~ "「その世界は天の王国ではないが、天の王国の光がその世界の上に輝く」。"Darkness has ~ "「闇は消えてしまったのだ」。エゴの思考システムに従っている限り、この幻想世界は闇の世界であるが、あなたの意思がエゴの思考システムを捨ててホーリー・スピリットの思考システムに切り替えることで、実相世界の光が幻想世界に差し込んでくる。その世界は天の王国、実相世界ではないのだが、光は本物だ。闇は払拭されるのである。



The ego's idle wishes have been withdrawn. Yet the light that shines upon this world reflects your will, and so it must be in you that we will look for it.
  • withdrawn [wiðdrɔ́ːn] : 「withdrawの過去分詞形」
  • withdraw [wiðdrɔ́ː] : 「引き出す、引き抜く、やめる、断つ」
  • yet [jét] : 「さらに、その上」
  • reflect [riflékt] : 「〜を映す、示す、反映する」
  • and so : 「そこで、それだから、それで」
  • look for : 「〜を探す、〜を期待する」
❖ "The ego's idle ~ "「エゴの無意味な願いは退場させられた」。"Yet the light ~ "意訳する、「しかも、この世界を照らす光はあなたの意思を反映し、だからこそ、光はあなたの心の中にあり、したがって、私たちは(心の中に)光を探すことになる」。ここの"that"は"so that"「〜できるように、〜するために、その結果」。実相世界はあなたの心の中にある。したがって、真実の光はあなたの心の中にある。この光は、幻想世界の電磁波としての光とは異質である。肉体的な目で見ることは出来ない。実相の光を見ることが出来るのは心の目だけである。



5. Your picture of the world can only mirror what is within. The source of neither light nor darkness can be found without. 
  • picture [píktʃər] : 「絵、像、絵画、光景、見物」
  • mirror [mírər] : 「〜を映す、〜を正確に映し出す」
  • within [wiðín] : 「内部で、内側は、内心は、精神的に」
  • source [sɔ́ːrs] : 「もと、源、起源」
  • neither [níːðər] A nor B : 「AでもなくBでもない、AとBのどちらも〜ない」
  • found [fáund] : 「findの過去・過去分詞形」
  • find [fáind] : 「発見する、見いだす、気付く、理解する」
  • without [wiðáut] : 「外で、外側に」
❖ "Your picture of ~ "意訳する、「あなたが描いたこの世界の絵柄は、単に心の中にあるものを映し出しているに過ぎない」。"The source of ~ "「光や闇の源となっているものは、どちらも心の外に見出すことは出来ない」。あなたが目にする外部世界の中に、光や闇を生み出す源があるのではない。実在するのは心だけであって、心の中にこそ光や闇の源がある。あなたの心が闇を想念すれば、目にする世界は闇の世界となり、光を求めれば世界は光に満たされる。



Grievances darken your mind, and you look out on a darkened world. 
  • darken [dάːrkən] : 「〜を暗くする」
  • look out on : 「〜に面する」
❖ "Grievances darken ~ "「不平はあなたの心を暗くし、あなたは闇の世界に直面することになる」。



Forgiveness lifts the darkness, reasserts your will, and lets you look upon a world of light. 
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し、容赦、寛容」
  • lift [líft] : 「持ち上げる、高める」
  • reassert [riəsə́ːrt] : 「再び主張する」
  • look upon : 「〜を見る」
❖ "Forgiveness lifts ~ "「赦しは闇を持ち上げてくれ、」赦しによって闇は払拭され、"reasserts your ~ "「あなたの意思を再主張し、光の世界を見させてくれる」。闇の世界が幻想であると認識し、その事実を受け入れて赦すとき、あなたの実相への意思は再確認されて、あなたは、あなたの心が受け入れた光の世界を目撃することになる。



We have repeatedly emphasized that the barrier of grievances is easily passed, and cannot stand between you and your salvation. 
  • repeatedly [ripíːtidli] : 「繰り返して、たびたび、再三にわたり」
  • emphasize [émfəsàiz] : 「強調する、力説する」
  • barrier [bǽriər] : 「障害物、障壁」
  • easily [íːzili] : 「気楽に、安易に、簡単に、楽に」
  • pass [pǽs] : 「通る、通り過ぎる、通過する」
  • between [bitwíːn] A and B: 「AとBとの間に、AないしB」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い、救世」
❖ "We have repeatedly ~ "「私たちは繰り返し、不平という障害は簡単に乗り越えられ、あなたとあなたの救いの間に立ちはだかることなど出来ないと強調してきた」。不平という障害はあなたの心が作り出した幻想であって、あなたの心を変えれば容易に乗り越えられる。真実を求め、救いを求めるあなたの現実的な障害になることは出来ないのだ。



The reason is very simple. Do you really want to be in hell? Do you really want to weep and suffer and die?
  • reason [ríːzn] : 「理由、動機、原因、根拠」
  • simple [símpl] : 「簡素な、簡略した、易しい、難しくない」
  • really [ríəli] : 「実際には、ほんとうは、確かに、本当に」 
  • hell [hél] : 「地獄、生き地獄、ひどい体験、修羅場」
  • weep [wíːp] : 「嘆く、悼む、泣く、涙を流す」
  • suffer [sʌ́fər] : 「苦しむ、苦痛を感じる、不快な経験をする」
  • die [dái] : 「死ぬ、死亡する」
❖ "The reason is ~ "「理由はいたって簡単である」。"Do you really ~ "「あなたは本当に地獄の中にいたいと望んでいるのだろうか」。"Do you really ~ "「あなたは本当に嘆き苦しみ、そして死んでいきたいと望んでいるだろうか」。



6. Forget the ego's arguments which seek to prove all this is really Heaven. You know it is not so. You cannot want this for yourself. 
  • forget [fərɡét] : 「〜を忘れる、〜を思い出せない」
  • argument [άːrɡjumənt] : 「議論、討論、討議」
  • seek [síːk] : 「探し求める、捜し出す、捜索する」
  • prove [prúːv] : 「証明する、〜が…であることを示す」
  • really [ríəli] : 「実際には、ほんとうは、確かに、本当に」 
  • heaven [hévən] : 「天国、神、天」
❖ "Forget the ego's ~ "「現実的にこのすべてが天国なのだと証明しようとするエゴの議論を忘れてしまいなさい」。嘆きと苦しみと死の世界にあって、そこからはい上がり、富を得、名声を得、権力を得、他者を支配し、世界で成功することこそが天国なのだ、とエゴは囁(ささや)く。それは偽りだから、忘れてしまうに限る。"You know ~ "「あなたは、それはそうではないと知っている」。"You cannot ~ "「あなたは、あなた自身のためには、こんなことを望むわけがない」。



There is a point beyond which illusions cannot go. Suffering is not happiness, and it is happiness you really want. 
  • point [pɔ́int] : 「要点、核心、真意、特徴、特質」
  • beyond [bijάnd] : 「〜の向こうに、〜を越えて、〜を過ぎて」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • suffering [sʌ́(əriŋ] : 「苦しむこと、苦しみ、苦痛、苦難」
❖ "There is a point ~ "「幻想が越えて行けないポイントがある」。幻想は、それがどんなに現実的に見えても、実相への境界線を越えることは出来ない。"Suffering is not ~ "「苦しみは幸せではなく、あなたが本当に望むものは幸せなのだ」。幻想の苦しみは実相の幸せに転じることはない。あなたが望むものは実相の幸せである。



Such is your will in truth. And so salvation is your will as well. You want to succeed in what we are trying to do today. 
  • in truth : 「実のところ、実際には」
  • as well : 「同じに、同様にうまく、おまけに、その上」
  • succeed [səksíːd] : 「成功する」
❖ "Such is your ~ "「真実、それがあなたの意思である」。"And so salvation ~ "「そして、救いも同様にあなたの意思である」。"You want to ~ "「あなたは、今日私たちがなそうとしていることに成功したいと願っている」。



We undertake it with your blessing and your glad accord.
  • undertake [ʌ̀ndərtéik] : 「企てる、始める、〜に着手する、〜に取り掛かる」
  • blessing [blésiŋ] : 「祝福、恩恵、幸運」
  • glad [ɡlǽd] : 「満足して、うれしく思う」
  • accord [əkɔ́ːrd] : 「調和、一致、合意、合致」
❖ "We undertake it ~ "「私たちは、あなたの祝福とあなたの喜ばしい同意を得て、その仕事に着手するのである」。幻想の苦を捨てて、実相の幸せを掴むために、つまり、エゴの思考システムを捨ててホーリー・スピリットの思考システムを得るために、今日のレッスンに着手する。あなたは喜んでそれに同意したのであり、私たちの仕事を祝福してくれたのだから。



7. We will succeed today if you remember that you want salvation for yourself. 
  • remember [rimémbər] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
❖ "We will succeed ~ "「今日、もしあなたがあなた自身のための救いを願っているのだと忘れないなら、私たちは成功するだろう」。



You want to accept God's plan because you share in it. You have no will that can really oppose it, and you do not want to do so. 
  • accept [æksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • share in : 「〜を分かち合う、〜を共有する」
  • oppose [əpóuz] : 「反対する、反抗する、対抗する」
❖ "You want to ~ "「あなたは神の計画を分かち合っているのだから、あなたは、神の計画を受け入れたいと願っている」。実相的にあなたは神と同体であるから、神の計画は実はあなたの計画でもある。意識出来ないにしても、あなたは神の計画を神と分かち合っているのだ。"You have no ~ "「神の計画と実際に対抗する意思は存在しないし、」"and you do not ~ "「あなたは、そんなことをしたいと望んでもいない」。



Salvation is for you. Above all else, you want the freedom to remember Who you really are. 
  • above all else : 「何にもまして」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放、自主、独立」
❖ "Salvation is ~ "「救いはあなたのためである」。"Above all else ~ "「何にもまして、あなたは、あなたが実相的に何者なのか、それを思い出す自由を望んでいる」。いわばあなたは、エゴの催眠術にかかって自分自身を忘れているようなものである。あなたは、あなたが本当は神の子であることを思い出すために、エゴの呪縛から自由になりたいと願っている。



Today it is the ego that stands powerless before your will. Your will is free, and nothing can prevail against it.
  • powerless [páuərlis] : 「無力な、非力な」
  • prevail [privéil] against : 「〜に打ち勝つ、〜をしのぐ」
❖ "Today it is ~ "「今日、あなたの意思の前に力なく立ちつくしているのはエゴである」。"Your will is free ~ "「あなたの意思は自由であり、何ものもあなたの意思に勝つことは出来ない」。"freedom"にせよ"free"にせよ、幻想からの解放が自由を意味するのだが、ACIMでは、自由は解放だけを意味するのではなく、実相への積極的な意思を意味している。解放されただけでは自由だとは言えないのだ。



8. Therefore, we undertake the exercises for today in happy confidence, certain that we will find what it is your will to find, and remember what it is your will to remember. 
  • therefore [ðέərfɔ̀ːr] : 「それ故に、そのために、従って、だから」
  • confidence [kάnfədəns] : 「信頼、信用、信任、確かさ、確信、自信」
  • certain [sə́ːrtn] : 「〜を確信している、〜に疑いを持たない」
  • find [fáind] : 「発見する、見いだす、気付く、理解する」
❖ "Therefore, we undertake ~ "「そこで、私たちは、幸せな確信を胸に抱きながら今日のエクササイズに着手し、」"certain that ~ "「私たちは、あなたの意思が何を見出そうとしているのか、それを見出し、あなたの意思が何を思い出そうとしているのか、それを思い出すことを確信している」。あなたの意思が堅固であれば、必ずその意思は実現する。真実の思いは必ず現実化するのである。



No idle wishes can detain us, nor deceive us with an illusion of strength. 
  • detain [ditéin] : 「引き留める、拘束する」
  • deceive [disíːv] : 「欺く、惑わす、だます、裏切る」
  • strength [stréŋkθ] : 「力、強さ、体力」
❖ "No idle wishes ~ "「どんな無意味な望みも私たちを引き止めることは出来ないし、」"nor deceive ~ "「幻想の力をもって私たちを騙すことも出来ない」。"illusion of strength"とは、金の力、富の力、支配力、権力、等々のこと。エゴはこれらの力をあなたの目の前にちらつかせて、あなたを騙そうとしている。そんな幻想の力で、本当の幸せを得ることは出来ない。幻想的な思いは現実化しないのだ。



Today let your will be done, and end forever the insane belief that it is hell in place of Heaven that you choose.
  • end [énd] : 「終わらせる、やめる、締めくくる」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
  • insane [inséin] : 「ばかげた、愚かな、常軌を逸した、正気でない」
  • belief [bilíːf] : 「信じること、信念、信仰、信条、信用、信頼」
  • in place of : 「〜の代わりに、〜の代理で」
  • choose [tʃúːz] : 「 〜を選ぶ、〜を選択する」
❖ "Today let your ~ "「今日、あなたの意思がなされるようにしよう」。"and end forever ~ "「そして、あなたが選択するものが、天の王国ではなく地獄であるという狂った信念を、永遠に終わらせよう」。



9. We will begin our longer practice periods with the recognition that God's plan for salvation, and only His, is wholly in accord with your will. 
  • begin [biɡín] : 「 始まる、始める、開始する」
  • recognition [rèkəɡníʃən] : 「認識、認証、真価を認めること」
  • wholly [hóulli] : 「完全に、全く、全体として、全体的に、すっかり」
  • in accord with : 「〜と一致して、〜と調和して」
❖ "We will begin ~ "「私たちは、救いのための神の計画が、それだけが、あなたの意思と完全に調和するのだという認識をもって、長めの練習を始めることになる」。



It is not the purpose of an alien power, thrust upon you unwillingly. It is the one purpose here on which you and your Father are in perfect accord. 
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、目標、狙い」
  • alien [éiljən] : 「性質の異なる、異質な、縁もゆかりもない」
  • thrust [θrʌ́st] : 「押し付ける、押しやる」
  • unwillingly [ʌnwíliŋli] : 「嫌々ながら、不本意にも」
  • perfect [pə́ːrfikt] : 「申し分がない、完全な、完璧な」
❖ "It is not the purpose ~ "「神の計画は、不本意ながらもあなたに押し付けられた、あなたとは縁のないパワーの目的などではない」。神は神の子の救いという計画を立て、実相的なパワーをもってその目的を成就しようとしているわけだが、それは、あなたに無理やり押し付けられた計画でもなければ、神のパワーと神の子としてのあなたのパワーが無縁であるわけでもない。神と神の子は一体であり、そのパワーも計画も目的も、共に分かち合われている。"It is the one purpose ~ "「それは、この地上において、あなたと父なる神が完璧に調和しているたった一つの目的である」。



You will succeed today, the time appointed for the release of the Son of God from hell and from all idle wishes. 
  • appoint [əpɔ́int] : 「決める、指定する、定める」
  • release [rilíːs] : 「救出、解放」
❖ "You will succeed ~ "「あなたは今日成功するであろうし、(今日という日は)、神の子が地獄や無意味な願いから解放されるために割り当てられた時である」。



His will is now restored to his awareness. He is willing this very day to look upon the light in him and be saved.
  • restore [ristɔ́ːr] : 「〜を元の状態に戻す、元に戻す、回復させる」
  • awareness [əwéərnəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性 」
  • be willing to : 「〜する意思がある、進んで〜する」
  • this very day : 「まさに今日、今日という今日」
  • look upon : 「〜を見る」
  • save [séiv] : 「救う、助ける」
❖ "His will is now ~ "「神の子の意思は、今や彼の意識性の中で修復される」。神の子の意思が、彼の意識の中で、確かなものとして再生される。簡単に言えば、今日こそやってやるぞ、と決心すること。"He is willing ~ "「神の子は、まさに今日、彼の心の中に光を目撃し、救われたいと意思しているのである」。



10. After reminding yourself of this, and determining to keep your will clearly in mind, tell yourself with gentle firmness and quiet certainty:

        I will there be light. Let me behold the light 
        that reflects God's Will and mine.
  • remind [rimáind] : 「〜に思い出させる、〜に気付かせる」
  • determine [ditə́ːrmin] : 「決定する、決心させる」
  • clearly [klíərli] : 「はっきりと、明らかに、明瞭に、疑いもなく」
  • gentle [dʒéntl] : 「優しい、寛大な、穏やかな」
  • firmness [fə́ːrmnis] : 「堅固、堅さ、断固とした」
  • quiet [kwáiət] : 「静かな、静粛な、平穏な、穏やかな」
  • certainty [sə́ːrtnti] : 「確実、確実性、間違いないこと」
  • behold [bihóuld] : 「見守る、注視する」
  • reflect [riflékt] : 「〜を映す、示す、反映する」
❖ "After reminding ~ "「このことをあなた自身に思い起こさせ、あなたの意思を心の中に明確に保持すると決心した後、穏やかな意思の固さと静かな確信を心に抱きながら、次のようにあなた自身に言いなさい」。"with gentle firmness and quiet certainty"この部分は訳しにくいのだが、要するに、緊張せずに、心静かに、しかししっかりと足場を固めて事に当たれ、という意味合い。"I will there ~ "「私は、光あれと願う」。"Let me behold ~ "「神の意思と私の意思を映し出す光を私に見させてほしい」。



Then let your will assert itself, joined with the power of God and united with your Self. 
  • assert [əsə́ːrt] : 「断言する、強く主張する」
  • join [dʒɔ́in] : 「結び付ける、結合する、連結する」
  • unite [junáit] : 「〜を結合させる、一体化させる」
❖ "Then let your will ~ "「その後、あなたの意思に宣言させよう」。本当の意思をもって宣言しよう、という意味。"joined with ~ "「あなたの意思は神のパワーと結びつき、本当のあなた自身と結合している」。そのように、固い意思をもって宣言すればいい。



Put the rest of the practice period under Their guidance. Join with Them as They lead the way.
  • rest [rést] : 「残り、残っているもの、残りの部分、残余」
  • guidance [gáidns] : 「指導、手引き、案内、指図」
❖ "Put the rest of ~ "「練習の残りは、神のパワーと本当のあなた自身の導きに従うように」。"Join with ~ "「導きに従いながら、神のパワーと本当のあなた自身にあなたを結合させなさい」。



11. In the shorter practice periods, again make a declaration of what you really want. Say:

        I will there be light. Darkness is not my will.
  • declaration [dèkləréiʃən] : 「公表、宣言、布告」
❖ "In the shorter ~ "「短めの練習では、次のように言って、もう一度あなたが本当に望むものが何であるか宣言しなさい」。"I will there ~ "「私は、光あれと願う」。"Darkness is ~ "「闇は私の意思ではない」。



This should be repeated several times an hour. It is most important, however, to apply today's idea in this form immediately you are tempted to hold a grievance of any kind. 
  • repeat [ripíːt] : 「〜を繰り返す、〜を繰り返して言う」
  • several [sévərəl] : 「数個の、いくつかの」
  • important [impɔ́ːrtənt] : 「重要な、重大な、大切な」
  • apply [əplái] : 「適用する、応用する、利用する、当てはめる」
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、構造、現れ、姿、体つき」
  • immediately [imíːdiətli] : 「すぐに、直ちに、早急に、即座に」
  • tempt [témpt] : 「〜を誘惑する、〜を唆す」
  • hold [hóuld] : 「心に抱く、〜であると考える」
  • grievance [ɡríːvəns] : 「不平のもと、苦情の原因、立腹」
  • of any kind : 「いかなる種類の」
❖ "This should be ~ "「これは、1時間に数回、繰り返すべきである」。"It is most important ~ "「しかし、あなたがいかなる不平であっても心に抱きたいと誘惑された時はすぐに、この形で今日のテーマを適用することは、最も大切である」。不平は幻想の闇にあなたを引きずり込む。だから、不平に負けそうなときは、自分は光になろうと宣言するのである。



This will help you let your grievances go, instead of cherishing them and hiding them in darkness.
  • instead [instéd] of : 「〜の代わりに」
  • cherish [tʃériʃ] : 「〜を大事にする、〜を大切にする、可愛がる」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する、秘密にする」
❖ "This will help ~ "「こうすることは、不平を大事にし、不平を闇の中に隠してしまう代わりに、あなたの不平を追い出す手助けになる」。いずれ、エゴに負けないように、エゴの策略に屈しないように、あなたの固い意思を貫くことが肝要である。しかし、あなたはたった一人ではない。いつもホーリー・スピリットがあなたを助けてくれることを忘れないこと。
 
 
 



W-pI.72.1:1 ~ W-pI.72.13:6


Lesson 72



Holding grievances is an attack on God's plan for salvation.
  • hold [hóuld] : 「維持する、保持する、持続する」
  • grievance [ɡríːvəns] : 「不平のもと、苦情の原因、立腹」
  • attack [ətǽk] : 「攻撃、暴行、襲撃」
  • plan [plǽn] : 「計画、企画、予定、意向、つもり、考え」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い、救世」
❖ "Holding grievances ~ "「不平を抱くことは、救いのための神の計画に対する攻撃である」。この世の苦と痛みからの救いを世俗的な成功や金や物に求め、それが叶わないときは周囲に不平不満を抱く。こんな態度は、神の子を幻想世界から救おうとする神の意思に反することである。神の計画に対する攻撃である。



1. While we have recognized that the ego's plan for salvation is the opposite of God's, we have not yet emphasized that it is an active attack on His plan, and a deliberate attempt to destroy it. 
  • while [hwáil] : 「〜なのに、〜ではあるものの、〜だが」
  • recognize [rékəɡnàiz] : 「〜を認識する、認める、受け入れる」
  • opposite [άpəzit] : 「反対、正反対、逆」
  • emphasize [émfəsàiz] : 「強調する、力説する」
  • active [ǽktiv] : 「積極的な、能動的な、活発な」
  • deliberate [dilíbərət] : 「故意の、意図的な、計画的な」
  • attempt [ətémpt] : 「試み、企て」
  • destroy [distrɔ́i] : 「〜を破壊する、ぶち壊す、破損する」
❖ "While we have ~ "「私たちは、エゴの救いの計画が神の計画とは反対なものであると認識したのであるが、私たちはまだ、それが神の計画に対する積極的な攻撃であり、神の計画を破壊しようという意図的な試みであると強調するところまでには至っていない」。エゴの計画と神の計画はその内容が正反対であると知ったのだが、エゴは神を真っ向から攻撃しているという認識にはまだ至っていない。ところで、エゴの攻撃に対して神は反撃するだろうか? いや、神はエゴの攻撃に対して反撃することはない。神は幻想に対して、一切の関わりを持つことはないからだ。そもそも、神には攻撃という概念はない。



In the attack, God is assigned the attributes which are actually associated with the ego, while the ego appears to take on the attributes of God.
  • assign [əsáin] : 「〜を割り当てる、指定する、任命する、与える」
  • attribute [ǽtribjùːt] : 「属性、特質、特性、性格」
  • actually [ǽktʃuəli] : 「実際は、本当は、実は、実のところ」
  • associate [əsóuʃièit] with : 「〜と付き合う、〜を連想する」
  • appear [əpíərəns] : 「〜のように見える、〜と思われる」
  • take on : 「呈する、帯びる、持つようになる、獲得する」
❖ "In the attack ~ "「その攻撃においては、神は、実際はエゴと関連する属性を割り当てられ、一方で、エゴは、神の属性を帯びているかのように見える」。エゴの一方的な神への攻撃においては、エゴの属性である攻撃性や憎悪、嫉妬、怒り、等々の属性が神にも当てはめられて、あたかも神がエゴと対等に戦っているように見えるのである。その一方で、エゴはエゴで、神の属性である絶対的なパワーや能力を有しているかのように錯覚しているのだ。つまり、エゴは、自分が神と対等な神であると思い込んでいるのである。エゴは、世俗で言うところの悪魔の様相を帯びることになる。もちろん、これは単なる幻想であり、神は、幻想に過ぎないエゴや悪魔に対して完全な無視を貫く。神は幻想と一切の関わりを持たない。


2. The ego's fundamental wish is to replace God. In fact, the ego is the physical embodiment of that wish. 
  • fundamental [fʌ̀ndəméntl] : 「基礎の、基本的な、根本的な」
  • wish [wíʃ] : 「願い、望みの物、願望、希望」
  • replace [ripléis] : 「〜に取って代る、〜を交換する、置き換える」
  • in fact : 「実は、実のところ」
  • physical [fízikl] : 「身体の、肉体の、身体的な、物理学の」
  • embodiment [imbάdimənt] : 「具現化、具象化、化身、権化」
❖ "The ego's fundamental ~ "「エゴの基本的な望みは、神に取って代わることである」。"In fact, the ego ~ "「事実、エゴは、神に取って代わりたいという願いの具体化したものである」。神の子が、神なしで神のように存在したいと願った瞬間、神の子は神から分離し、この幻想世界を偽創造した。神への裏切りという罪の意識と、神の報復への恐れから、神の子は自己を乖離し、エゴという新たな自己を作り出した。神に代わる偶像を偽創造したのである。



For it is that wish that seems to surround the mind with a body, keeping it separate and alone, and unable to reach other minds except through the body that was made to imprison it. 
  • surround [səráund] : 「包囲する、囲む、取り囲む」
  • keep [kíːp] : 「保つ、〜の状態にしておく」
  • separate [sépərət] : 「分離した、分けられた、別々になった」
  • alone [əlóun] : 「独りで、孤立して、独力で、単独で」
  • unable to : 「〜することができない」
  • reach [ríːtʃ] : 「達する、至る、手が届く、〜に連絡する」
  • except [iksépt] : 「ただし、除いて」
  • through [θrúː] : 「〜を通じて、〜の手を経て、手を通して」
  • imprison [imprízn] : 「監禁する、拘置する、投獄する」
❖ "For it is that ~ "「なぜなら、それは、肉体によって心を囲み込み、肉体を単独で分離した状態に保ち、心を幽閉するために作られた肉体を通してしか他者の心に達し得ないようにしようという願いだからだ」。この幻想世界は、神の子が神から分離したことを象徴する世界である。つまり、分離が第一原則なのだ。そこで、神の子は単一の心を分裂させ、各々の心を分離した状態にしておくために、心を肉体に閉じこめて孤立化させた。心と心は肉体によって遮断され、かろうじて、その肉体を通してコミュニケーションが取れる状態にされたのだ。これがエゴの策略であり、エゴの思考システムの根幹をなしている。
逆に言えば、分離からの解放が救いであり、分離という幻想が消滅すれば肉体も自ずと消滅する。心は肉体から解放され、一段上のレベルで再統一される。これが、救いの最終目的であり、実相世界に戻った神の子は単一の神の子の心を回復するのである。



The limit on communication cannot be the best means to expand communication. Yet the ego would have you believe that it is.
  • limit [límit] : 「限度、制限、境界、限界」
  • communication [kəmjùːnəkéiʃən] : 「通信、やりとり、連絡、伝達」
  • best [bést] : 「最高の、最も良い、最善の、絶好の」
  • means [míːnz] : 「手段、方法」
  • expand [ikspǽnd] : 「拡大する、拡張する、広げる、展開する」
❖ "The limit on ~ "「コミュニケーションに制限を加えることは、コミュニケーションを拡大する最もよい手段であるはずはない」。"Yet the ego ~ "「しかしエゴは、あなたにそうであると信じさせたいのだ」。もし、心を肉体によって分離させずに、心と心のコミュニケーションを自由に拡張させていったらどうなるか? 心は統合され、最終的に神とのコミュニケーションを再開するだろう。そうなってしまえば、エゴの時代は終焉する。だからエゴは、何が何でも心を分離した状態に保ち、肉体と肉体が攻撃し合う関係性を維持させようとするのである。その状態に心が置かれれば、心は、神とのコミュニケーションを再開させようなどとは思いもよらないからだ。



3. Although the attempt to keep the limitations that a body would impose is obvious here, it is perhaps not so apparent why holding grievances is an attack on God's plan for salvation. 
  • although [ɔːlðóu] : 「〜ではあるが、〜だけれども」
  • attempt [ətémpt] : 「試み、企て」
  • limitation [lìmətéiʃən] : 「制限、制約、限界」
  • impose [impóuz] : 「課す、負わす、かける、与える」
  • obvious [ɑ́bviəs] : 「明らかな、疑う余地のない、見え透いた」
  • perhaps [pərhǽps] : 「たぶん、もしかすると、ことによると」
  • apparent [əpǽrənt] : 「明らかな、明白な、はっきり見える」
❖ "Although the attempt ~ "「ここで、肉体が与える制限を保つ試みは明白になったとは言え、多分まだ、なぜ不平を抱くことが救いのための神の計画への攻撃なのか、さほど明確ではないだろう」。肉体は心を分離し、孤立化させ、心のコミュニケーションに制限を与えてるのだが、それと、不平を抱くことが神の計画への攻撃であることとの関連性は、あなたにはまだ明確ではない。実は、他者に不平を抱くことの源は、分離そのものなのだ。



But let us consider the kinds of things you are apt to hold grievances for. 
  • consider [kənsídər] : 「よく考える、熟考する」
  • kind of : 「〜のような種類の」
  • be apt to : 「〜しがちである、〜する傾向がある、〜しそうである 」
❖ "But let us ~ "「しかし、あなたがどんな種類のものに対して不平を抱く傾向にあるのか、よく考えてみよう」。



Are they not always associated with something a body does? A person says something you do not like. 
  • always [ɔ́ːlweiz] : 「いつも、以前からずっと、常にいつでも」
  • be associated with : 「〜と関係がある、〜と関連する」
  • person [pə́ːrsn] : 「人、人間、人物」
❖ "Are they not always ~ "「それらはいつも、肉体がなすことに関係がないだろうか」。"A person says ~ "「人は、あなたが好きでもないことを言う」。



He does something that displeases you. He "betrays" his hostile thoughts in his behavior.
  • displease [displíːz] : 「〜を不快にする、不愉快にする」
  • betray [bitréi] : 「表す、示す、漏らす、密告する」
  • hostile [hάstl] : 「敵意を持った、敵対性の」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考、思索、思想、見解」
  • behavior [bihéivjər] : 「行動、態度、挙動、振る舞い、言動、素行」
❖ "He does something ~ "「人は、あなたを不快にすることをやる」。"He "betrays" his ~ "「人は態度で、敵意を『表す』」。



4. You are not dealing here with what the person is. On the contrary, you are exclusively concerned with what he does in a body. 
  • deal [díːl] with : 「〜を扱う、〜を取り扱う、〜をテーマにする」
  • on the contrary [kάntreri] : 「それどころか」
  • exclusively [iksklúːsivli] : 「排他的に、独占的に、もっぱら」
  • be concerned [kənsə́ːrnd ] with : 「〜に関係している、携わっている、〜に関心がある」
❖ "You are not ~ "「あなたはここで、人とは何なのか、取り扱ってはいない」。人間の実存性について、あなたはまだ考えていない。人の本当の実在性は肉体なのか、心のなのか? "On the contrary ~ "「それどころか、あなたは、人が肉体をまとって何をしているのか、もっぱらそれだけに関心を抱いている」。肉体をもった他者が何をし、頭脳で何を考えているのか、それだけに関心をもってる。心の存在を忘れているのだ。だからあなたは、他者の肉体的な行為に対して不平を抱くのである。不平は肉体に直結している。



You are doing more than failing to help in freeing him from the body's limitations. 
  • fail in : 「〜に失敗する、不足している」
  • free [fríː] : 「〜を自由にする、解放する」
  • limitation [lìmətéiʃən] : 「制限、制約、限界」
❖ "You are doing ~ "「あなたは、肉体の制限から人を自由にしてあげることに失敗しているだけではない」。あなたは他者を肉体の制限から救ってあげることに失敗しているだけでなく、それは神への攻撃でもある。



You are actively trying to hold him to it by confusing it with him, and judging them as one. 
  • actively [ǽktivli] : 「活発に、積極的に、前向きに」
  • confuse [kənfjúːz] : 「混同する、混乱させる、困惑させる」
  • judge [dʒʌ́dʒ] : 「判断する、〜だと思う」
❖ "You are actively ~ "意訳する、「あなたは、他者を肉体的な存在だと混同することによって他者を肉体に閉じこめ、他者が肉体と一体であると積極的に判断しようとしている」。



Herein is God attacked, for if His Son is only a body, so must He be as well. A creator wholly unlike his creation is inconceivable.
  • herein [hìərín] : 「ここに、この中に、この点で」
  • creator [kriéitər] : 「創造者、創作者、創設者」
  • wholly [hóulli] : 「完全に、全く、全体として、全体的に、すっかり」
  • unlike [ʌnláik] : 「〜とは違って」
  • creation [kriéiʃən]: 「創造、創作、創作物、作品」
  • inconceivable [ìnkənsíːvəbl] : 「想像を超えた、考えも及ばない、あり得ない」
❖ "Herein is God ~ "「ここに、神への攻撃がある」。"for if His Son ~ "「なぜなら、神の子が単に肉体であるなら、神も同様に肉体であらねばならないからだ」。"A creator wholly ~ "「創造主である神が、創造された神の子とまったく似ても似つかないなどとは、考えも及ばない」。神の子が肉体であり、変化流動して死に向かう存在だとすれば、神の子を創造した神もまた、変化流動して死に向かう肉体だということになる。なぜなら、神は神の延長として神の子を創造したからだ。



5. If God is a body, what must His plan for salvation be? What could it be but death? 
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い、救世」
  • death [déθ] : 「死、死亡」
❖ "If God is ~ "「もし神が肉体であったら、神の救いの計画とは何であるか」。"What could it ~ "「神の救いの計画は、死以外の何ものであろうか」。神が肉体的な存在であり、したがって神の子も肉体的な存在だとしたら、肉体がもたらす苦と痛みから神の子を救うという神の計画は、肉体を死をもって滅ぼすこと以外にないではないか、という意味。



In trying to present Himself as the Author of life and not of death, He is a liar and a deceiver, full of false promises and offering illusions in place of truth. 
  • present oneself : 「現れる、出頭する、出席する」
  • author [ɔ́ːθər] : 「創造者、作者、著者」
  • liar [láiər] : 「うそつき、うそをつく人」
  • deceiver [disíːvər] : 「欺く人、詐欺師」
  • full of : 「〜でいっぱいである、〜に満ちている」
  • false [fɔ́ːls] : 「正しくない、誤った、うその、虚偽の、本物でない、偽の」
  • promise [prάmis] : 「約束、契約、約束したこと」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる、〜を提供する、〜を勧める」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • in place of : 「〜の代わりに、〜の代理で」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
❖ "In trying to ~ "「死ではなく命の創造者として神自身を神が表そうとしているなら、神は嘘つきであり、詐欺師であり、嘘の約束をいっぱいたずさえ、真実に代えて幻想を与えていることになる」。神は命の創造者として、神の子を創造し命を与えた。つまり、命ある神の子を創造することで、神は自己を表現したのだ。しかし今、神が肉体的な存在であり、神の子も肉体的な存在であるなら、肉体からの救いは肉体の死をもって贖(あがな)わなくてはならなくなり、命を真っ向から否定することになる。そんなことでは、命を謳(うた)う神は、大ペテン師だということになってしまう。



The body's apparent reality makes this view of God quite convincing. In fact, if the body were real, it would be difficult indeed to escape this conclusion. 
  • apparent [əpǽrənt] : 「明らかな、明白な、はっきり見える」
  • reality [riǽləti] : 「現実性、実在性、現実のこと」
  • view [vjúː] : 「意見、見識、考え、物の見方、見解」
  • quite [kwáit] : 「かなり、なかなか、とても、非常に」
  • convincing [kənvínsiŋ] : 「説得力のある、人を納得させる、信じられる」
  • in fact: 「実際に、実のところ、それどころか」
  • real [ríəl] : 「実在する、現実の、実際の、本物の」
  • difficult [dífikʌ̀lt] : 「困難な、厳しい」
  • indeed [indíːd] : 「実に、本当に、確かに、いかにも、実際には」
  • escape [iskéip] : 「逃げる、ずらかる、脱出する、抜ける」
  • conclusion [kənklúːʒən] : 「結論、決定、結果、成果」
❖ "The body's apparent ~ "「肉体のもつ明白なリアリティは、こんな神の見方を納得させている」。固い言い回しをしているが、要するに、肉体が圧倒的にリアルで実在しているかに見えるので、神が神の子を肉体として創造したのだという見方を堅固なものにしている、ということ。"In fact, if ~ "「事実、もし肉体が実在しているなら、この結論から逃れることはとても難しいだろう」。"this conclusion"「この結論」とは、神は神の子に、肉体からの救いを肉体の死として与えた、という結論。簡単に言えば、肉体は死をもって完結するという事実。



And every grievance that you hold insists that the body is real. It overlooks entirely what your brother is. 
  • insist [insíst] : 「主張する、断言する、要求する、求める」
  • overlook [òuvərlúk] : 「見落とす、見て見ぬふりをする」
  • entirely [entáiərli] : 「全く、完全に、全体に、ひたすら、もっぱら」
❖ "And every grievance ~ "「そして、あなたが抱くあらゆる不平は、肉体が実在すると断言している」。他者が肉体をもって実在していると信じているから、他者の様々な言動に不平を抱くのだ。もし他者が、夢の中に登場する夢の存在なら、その他者が夢の中であなたに何をしようと何を言おうと、あなたは他者に対して不平を抱くことはないはずなのだ。"It overlooks ~ "「不平を抱くことで、あなたの同胞が何であるか、それを完全に見過ごしている」。肉体は夢なのであって、夢を見ている同胞の実体は心なのだ。神の子という心を、あなたは不平を抱くことで見過ごしている。もちろん、あなた自身も肉体的な存在だと信じているから、自分が神の子の心なのだという実存を見誤っている。



It reinforces your belief that he is a body, and condemns him for it. 
  • reinforce [rìːinfɔ́ːrs] : 「強化する、補強する、増強する」
  • belief [bilíːf] : 「信じること、信念、信仰、信条、信用、信頼」
  • condemn [kəndém] : 「〜を非難する、責める、〜に有罪の判決を下す」
❖ "It reinforces your ~ "「不平を抱くことは、同胞が肉体であるという信念を強化し、それゆえに同胞を非難しているのである」。ここの"condemn"「非難する」とは、不平を抱くことだと考えていい。あなたに不幸をもたらしているものは肉体をもった他者であると非難し、不平を抱いているわけだ。



And it asserts that his salvation must be death, projecting this attack onto God, and holding Him responsible for it.
  • assert [əsə́ːrt] : 「断言する、強く主張する」
  • project [prάdʒekt] : 「〜を投影する、発射する、投げ出す」
  • responsible [rispάnsəbl] : 「責任がある、責任の重い」
❖ "And it asserts that ~ "「そして、不平を抱くことは、同胞の救いは死であるに違いないと断言しているようなものであり、この攻撃を神に投射し、その責任を神に負わせようとしている」。あなたは他者に対して、肉体がもたらす苦と痛みからの救いは、肉体の死をもって贖わねばならないと信じ、神の子を肉体として創造した神に対して死の責任を負わせようとする。こうして、あなたは神を攻撃するのだ。
何が誤りであるか、お気付きだろう。神は神の子を肉体として創造した事実はない。神は命を拡張し、その延長線上に神の子を創造した。神の子は神の命そのものであって、肉体ではない。かつて神から分離した神の子が、分離の象徴として肉体をでっち上げ、心の命をその中に閉じこめただけなのだ。



6. To this carefully prepared arena, where angry animals seek for prey and mercy cannot enter, the ego comes to save you. 
  • carefully [kέərfəli] : 「注意深く、丁寧に、慎重に、入念に」
  • prepare [pripέər] : 「〜を準備する、用意する、〜整備する」
  • arena [əríːnə] : 「競技場、アリーナ、活躍の舞台、活動領域」
  • angry [ǽŋɡri] : 「腹を立てて、立腹して、怒って、憤りを感じて」
  • seek for : 「〜を探し求める」
  • prey [préi] : 「犠牲、被害者、餌食、餌、捕獲、捕食」
  • mercy [mə́ːrsi] : 「慈悲、情け、寛大な措置」
  • enter [énter] : 「〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
  • save [séiv] : 「救う、助ける」
❖ "To this carefully ~ "「この入念に用意された闘技場に、エゴはあなたを救うと称して入ってくるのが、そこは、猛り狂った野獣が餌を探し求める場所であり、慈悲が入り込める余地などない」。ここの"arena"「闘技場」とは、簡単に、この幻想世界のことだと思っていい。弱肉強食のこの世のことである。肉体と肉体が生存を賭けて騙し合い、奪い合い、殺し合う世界である。ここにエゴが侵入し、神になり代わって世界に君臨し、エゴの思考システムを強引に流布させているわけだ。



God made you a body. Very well. Let us accept this and be glad. As a body, do not let yourself be deprived of what the body offers. 
  • glad [ɡlǽd] : 「満足して、うれしく思う」
  • deprive [dipráiv] : 「奪う、取り上げる、剥奪する」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる、〜を提供する、〜を勧める」
❖ "God made you ~ "「神はおまえを肉体として作り上げた」。ここからエゴの発言が続く。"Very well"「大いにけっこう」。"Let us accept ~ "「これを受け入れて喜ぼうじゃないか」。"As a body ~ "「肉体として、肉体が提供するものを奪われないようにすることだ」。飽食の満足感、性愛の満足感、他者を支配する満足感、肉体を飾り立てることの満足感、等々、肉体的な感覚を満足させるものなら何でも受け入れて、追い求めよ、とエゴは言う。



Take the little you can get. God gave you nothing. The body is your only savior. It is the death of God and your salvation.
  • savior [séiviər] : 「救助者、救い手、救済者、救い主」
  • death [déθ] : 「死、死亡」
❖ "Take the little ~ "「手にすることの出来るわずかなものを手に入れよ」。"God gave you ~ "「神はおまえに何も与えなかった」。"The body is ~ "「肉体こそが、おまえの救い主なのだ」。"It is the death ~ "「肉体こそ、神の死であり、あまえの救いである」。以上のエゴの発言において、『肉体』を『幻想』に置き換えて読み直してみるといい。エゴは、肉体を利用して、あなたを幻想に縛りつけようとしている。肉体が幻想であること見破られてしまったら、幻想のエゴもまた消滅してしまうからである。
ところで、誤解がないように言っておきたいのだが、ACIMは、肉体を否定し、肉体を拒絶せよ、などとは一言も言っていない。肉体的な快楽を否定し拒絶せよなどとも言っていない。そうではなく、肉体の幻想性を見極めよ、肉体的な快楽の幻想性に気付け、と言っているだけなのだ。夢の中で夢を否定し拒絶しても埒(らち)が明くまい。夢から目覚めることが肝要なのだ。幻想から目覚めることが救いなのである。



7. This is the universal belief of the world you see. Some hate the body, and try to hurt and humiliate it. Others love the body, and try to glorify and exalt it. 
  • universal [jùːnəvə́ːrsl] : 「全宇宙の、全世界の、一般的な、普遍的な」
  • belief [bilíːf] : 「信じること、信念、信仰、信条、信用、信頼」
  • hate [héit] : 「憎悪、憎しみ、嫌悪」
  • hurt [hə́ːrt] : 「〜を傷つける」
  • humiliate [hjuːmílièit] : 「〜に屈辱を与える、恥をかかせる」
  • glorify [ɡlɔ́ːrəfài] : 「〜の栄光をたたえる、美化する、賛美する」
  • exalt [igzɔ́ːlt] : 「〜を高める、〜を褒める、称賛する、あがめる」
❖ "This is the universal ~ "「これが、あなたが目にする世界で一般に信じられていることである」。"Some hate ~ "「ある者は肉体を嫌悪し、傷つけたり卑しめたりしようとする」。"Others love ~ "「またある者は、肉体を愛し、賛美し崇めようとする」。肉体という幻想を憎悪することも愛すことも、ともに真実から遠のいてしまう結果となる。



But while the body stands at the center of your concept of yourself, you are attacking God's plan for salvation, and holding your grievances against Him and His creation, that you may not hear the Voice of truth and welcome It as Friend. 
  • stand [stǽnd] : 「立つ、立っている」
  • center [séntər] : 「中心、軸、中心点」
  • concept [kάnsept] : 「概念、観念」
  • against [əɡéinst] : 「〜に反対して、〜に逆らって、〜にそむいて」
  • welcome [wélkəm] : 「歓迎する、喜んで受け入れる」
❖ "But while the body ~ "「しかし、肉体が、あなた自身に関する概念の中心に位置するなら、」つまり、あなたが自分は肉体的な存在であると思っているうちは、"you are attacking ~ "「あなたは救いのための神の計画を攻撃し、神や神が創造したものに対する不平を抱いていることになる」。"that you may ~ "「その結果、あなたに真実の声が聞こえて来ることはないし、その声を友として受け入れることもないだろう」。あなたの関心事の中心が肉体であるうちは、あなたの心の奥に宿るホーリー・スピリットがあなたに語りかける声は聞こえてこない。幻想に心を奪われている限り、真実の声は聞こえて来ない。



Your chosen savior takes His place instead. It is your friend; He is your enemy.
  • chosen [tʃóuzn] : 「chooseの過去分詞形」
  • choose [tʃúːz] : 「 〜を選ぶ、〜を選択する」
  • take one's place : 「〜の代わりをする、〜と交代する、地位を占める」
  • enemy [énəmi] : 「敵、敵国、かたき」
❖ "Your chosen savior ~ "「あなたが選んだ救い主が、ホーリー・スピリットに取って代わる」。ホーリー・スピリットを捨ててしまえば、エゴがあなたを支配する。"It is your ~ "「エゴがあなたの友となり、ホーリー・スピリットはあなたの敵となってしまうのだ」。



8. We will try today to stop these senseless attacks on salvation. We will try to welcome it instead. 
  • senseless [sénslis] : 「無分別な、非常識な、愚かな、無意味な」
❖ "We will try ~ "「私たちは今日、救いへのこれらの意味のない攻撃を停止してしまうように努めよう」。"We will try ~ "「代わりに、救いを受け入れるように努めよう」。



Your upside-down perception has been ruinous to your peace of mind. 
  • upside down : 「逆さまに」
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、認知、知見、見識」
  • ruinous [rúːənəs] : 「破滅的な、破壊的な」
  • peace [píːs] : 「平和、和平、安らぎ、平安、静けさ、静謐」
❖ "Your upside-down ~ "「あなたの逆さまの知覚が、あなたの心の平和をかき乱してきた」。幻想を実在だと思い、実在を幻想だと知覚するような誤りが、あなたの心の平和を乱してきた。真実のホーリー・スピリットの声を無視し、偽りのエゴの声に耳を傾けてきた結果が、この世における心の苦と痛みである。



You have seen yourself in a body and the truth outside you, locked away from your awareness by the body's limitations. Now we are going to try to see this differently.
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • outside [áutsáid] : 「〜の外に、〜の外部に」
  • lock away : 「しまい込む」
  • awareness [əwéərnəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性 」
  • limitation [lìmətéiʃən] : 「制限、制約、限界」
  • differently [dífərəntli] : 「異なって、違って、そうではなく、別に」
❖ "You have seen ~ "「あなたは、あなた自身を肉体の中に見、真実はあなたの外にあると見なしてきた」。"locked away from ~ "「肉体の制限によって、あなたの意識から真実を締め出してきたのだ」。あなたの心の外の肉体にこそ真実が隠されていると思い込み、心の中の真実性を意識から追い出してきた。"Now we are ~ "「今、私たちは、これを異った見方で見ようとしているのである」。つまり、肉体には真実はなく、心の中にこそ真実はあると、見方を180度変えるのである。肉体は幻想であり実在ではないと、また、心は実在であり幻想ではないと、その真実を受け入れるのだ。



9. The light of truth is in us, where it was placed by God. It is the body that is outside us, and is not our concern. 
  • place [pléis] : 「〜を置く、設置する」
  • concern [kənsə́ːrn] : 「関心事、懸案、心配、不安」
❖ "The light of ~ "「真実の光は、私たちの心の中にあり、そこに、神が真実の光を置いた」。"It is the body ~ "「肉体は私たちの外側にあり、私たちが関心を抱くべきものではない」。



To be without a body is to be in our natural state. To recognize the light of truth in us is to recognize ourselves as we are. 
  • natural [nǽtʃərəl] : 「普通の、ありのままの、自然な」
  • state [stéit] : 「状態、形勢、情勢、状況」
  • recognize [rékəɡnàiz] : 「〜を認識する、認める、受け入れる」
❖ "To be without ~ "「肉体なしでいることは、私たちの自然な状態である」。肉体をもたない状態、つまり、心だけの状態が自然なのだが、それがあまりにも突飛に思えたら、肉体に関心を寄せず心に気持ちを集中させた状態と考えてもいいだろう。"To recognize ~ "「私たちの心の中の真実の光を認識することは、私たち自身をありのままに認識することである」。



To see our Self as separate from the body is to end the attack on God's plan for salvation, and to accept it instead. And wherever His plan is accepted, it is accomplished already.
  • separate [sépərət] : 「分離した、分けられた、別々になった」
  • instead [instéd] : 「代わりに、それよりむしろ、そうしないで」
  • wherever [hwεərévər] : 「どこへ〜しても、どこで〜であろうとも」
  • accept [æksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • accomplish [əkάmpliʃ] : 「成し遂げる、遂行する、果たす、成就する」
  • already [ɔːlrédi] : 「すでに、とっくに〜済み」
❖ "To see our Self ~ "「私たち自身を肉体から分離したものと見ることは、救いのための神の計画を攻撃することを終わりにすることであり、攻撃の代わりに神の計画を受け入れることである」。"And wherever ~ "「そして、どこで神の計画が受け入れられたとしても、神の計画は既に達成しているのである」。実相世界は無時間な世界であり、すべての事象は一瞬にして起き、その一瞬が永遠に続く。あらゆる事象は既に起きてそこにある。あなたは、すでに起きた事象を、この幻想世界にあって、時間を軸にして追体験していくのである。あなたが神の計画を受け入れた時点で、あなたの正しい選択が追体験のスイッチをオンにし、既に達成された神の計画を今度はあなたが体験することになる。



10. Our goal in the longer practice periods today is to become aware that God's plan for salvation has already been accomplished in us. 
  • goal [ɡóul] : 「目標、目的地、目的、目指すもの」
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • aware [əwέər] : 「気付いている、気が付いて、承知して、知って」
❖ "Our goal in ~ "「今日の長めの練習における私たちの目的は、救いのための神の計画が私たちの心の中ですでに達成されていると気付くようになることである」。



To achieve this goal, we must replace attack with acceptance. As long as we attack it, we cannot understand what God's plan for us is. 
  • achieve [ətʃíːv] : 「成し遂げる、達成する、成就する、やり遂げる」
  • replace [ripléis] : 「〜に取って代る、〜を交換する、置き換える」
  • attack [ətǽk] : 「攻撃、暴行、襲撃」
  • acceptance [əkséptəns] : 「受け入れること、承諾、承認、受諾、容認」
  • as long as : 「〜する限り、〜である限りは、〜する以上は」
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、分かる、把握する」
❖ "To achieve this ~ "「この目的に到達するために、私たちは、神への攻撃を、神の計画を受け入れることに置き換えなくてはならない」。"As long as we ~ "「私たちが神の計画を攻撃している限り、私たちは、神の計画が私たちにとって何であるか理解することは出来ない」。救いに対する神の計画が何であるか知りもせずに、私たちは神の計画を攻撃して来たのだ。これが、エゴの作戦である。エゴにとっては、神の計画を私たちが知ってしまったら、終わりなのである。あなたが知らないままに、エゴは神を攻撃させてきたのだ。



We are therefore attacking what we do not recognize. Now we are going to try to lay judgment aside, and ask what God's plan for us is:

        What is salvation, Father? I do not know. 
        Tell me, that I may understand.
  • therefore [ðέərfɔ̀ːr] : 「それ故に、そのために、従って、だから」
  • lay aside : 「やめる、捨てる、放棄する」
  • judgment [dʒʌ́dʒmənt] : 「判断、判断力、意見、分別」
❖ "We are therefore ~ "「したがって、私たちは、知りもしないものを攻撃しているのだ」。"Now we are going ~ "「今、私たちは、判断を脇に置いて、神の計画が私たちにとって何であるか問い掛けてみることにしよう」。"What is salvation ~ "「父なる神よ、救いとは何でしょうか」。"I do not ~ "「私にはわかりません」。"Tell me, that ~ "「お教えください。そうすれば、私にも理解出来るかもしれません」。



Then we will wait in quiet for His answer. We have attacked God's plan for salvation without waiting to hear what it is. 
  • wait for : 「〜を待つ」
  • quiet [kwáiət] : 「静けさ、静寂、しじま、静穏、平穏」
  • answer [ǽnsər] : 「答え、回答、返事、応答」
  • without [wiðáut] : 「〜なしで、〜を持たずに」
❖ "Then we will ~ "「そして、神の答えを静かに待つことにしよう」。"We have attacked ~ "「救いのための神の計画が何であるか聞くのを待たずに、私たちはそれを攻撃してきたのだ」。



We have shouted our grievances so loudly that we have not listened to His Voice. We have used our grievances to close our eyes and stop our ears.
  • shout [ʃáut] : 「〜を叫ぶ、〜を大声で怒鳴る」
  • grievance [ɡríːvəns] : 「不平のもと、苦情の原因、立腹」
  • loudly [láudli] : 「大声で、騒々しく、けばけばしく」
  • listen [listen] to : 「耳を傾ける、聴く、聞く」
  • use [juːz] : 「使う、利用する、生かす、働かせる」
  • close [klóuz] : 「閉じる、閉める」
❖ "We have shouted ~ "「私たちはあまりにも大きな声で不平を叫んだので、神の声を聞くことが出来なかったのだ」。"We have used ~ "「私たちは、目を閉じ耳を塞(ふさ)ぐために不平を利用して来たのだ」。不平不満を声高に言うことで、真実を見る目を閉じ、真実を聞く耳を塞いで来た。



11. Now we would see and hear and learn. "What is salvation, Father?" Ask and you will be answered. Seek and you will find. 
  • learn [lə́ːrn] : 「〜を学ぶ、〜であると分かる、〜を覚える、知る」
  • seek [síːk] : 「探し求める、捜し出す、捜索する」
  • find [fáind] : 「発見する、見いだす、気付く、理解する」
❖ "Now we would ~ "「今こそ、私たちは、見て聞いて学ぼう」。"What is ~ "「『父なる神よ、救いとは何でしょうか』」。"Ask and you ~ "「聞けば、あなたは答えられるだろう」。"Seek and ~ "「探せば、見つかるだろう」。



We are no longer asking the ego what salvation is and where to find it. We are asking it of truth. 
  • no longer : 「もはや〜でない」
❖ "We are no longer ~ "「もはや私たちは、エゴに、救いは何であってどこでそれを見つけたらいいか聞くことはない」。"We are asking ~ "「私たちはそれを、真実なる者から聞いているのだ」。ここの"truth"「真実」とは、ホーリー・スピリットのことであり、あるいは神自身のこと。



Be certain, then, that the answer will be true because of Whom you ask.
  • certain [sə́ːrtn] : 「〜を確信している、〜に疑いを持たない」
❖ "Be certain, then ~ "意訳する、「そして、あなたが尋ねた相手が真実そのものだから、答えも真実であると確信しなさい」。



12. Whenever you feel your confidence wane and your hope of success flicker and go out, repeat your question and your request, remembering that you are asking of the infinite Creator of infinity, Who created you like Himself:

        What is salvation, Father? I do not know. 
        Tell me, that I may understand.

He will answer. Be determined to hear.
  • whenever [hwènévər] : 「〜するときはいつでも、〜したときはすぐ」
  • feel [fíːl] : 「感じがする、感じる」
  • confidence [kάnfədəns] : 「信頼、信用、信任、確かさ、確信、自信」
  • wane [wéin] : 「衰える、徐々に弱まる、薄れる」
  • success [səksés] : 「成功、上首尾、上出来、幸運」
  • flicker [flíkər] : 「揺らめく、点滅する、徐々に消える」
  • go out : 「消える、消灯する、立ち消えになる」
  • repeat [ripíːt] : 「〜を繰り返す、〜を繰り返して言う」
  • question [kwéstʃən] : 「質問、疑問、問い、質疑、課題、問題」
  • request [rikwést] : 「頼むこと、依頼、要求」
  • remember [rimémbər] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
  • infinite [ínfənət] : 「無限の、計り知れない、果てしない」
  • creator [kriéitər] : 「創造者、創作者、創設者」
  • infinity [infínəti] : 「無限であること、無限性」
  • determine [ditə́ːrmin] : 「決定する、決心させる」
❖ "Whenever you ~ "「あなたの自信が萎(な)えてきたように感じたり、成功への希望が揺らめいて消えそうになったら、問い掛けと願いを繰り返し述べ、あなたは、あなたを神と同じように創造した無限なる無限の創造者に求めているのだと思い起こしなさい」。"What is salvation ~ "「父なる神よ、救いとは何でしょうか」。"I do not ~ "「私にはわかりません」。"Tell me, that ~ "「お教えください。そうすれば、私にも理解出来るかもしれません」。



13. One or perhaps two shorter practice periods an hour will be enough for today, since they will be somewhat longer than usual. 
  • perhaps [pərhǽps] : 「たぶん、もしかすると、ことによると」
  • enough [inʌ́f] : 「十分な、足りる」
  • since [síns] : 「〜なので、〜だから」
  • somewhat [sʌ́mhwʌ̀t] : 「いくらか、少々、いくぶんか、やや」
  • usual [júːʒuəl] : 「通常の、通例の、普通の、いつもの」
❖ "One or perhaps ~ "「今日は、短めの練習は、一日に1回か、多分2回で十分だろう」。"since they will ~ "「なぜなら、いつもより幾分長めになるだろうから」。



These exercises should begin with this:

        Holding grievances is an attack on God's plan for salvation. 
        Let me accept it instead. What is salvation, Father? 
  • exercise [éksərsàiz] : 「練習、訓練、課題、学課」
  • begin with : 「〜から始める」
❖ "These exercises ~ "「短めのエクササイズは、次のように始める」。"Holding grievances ~ "「不平を抱くことは、救いのための神の計画への攻撃である」。"Let me accept ~ "「不平に代えて、神の計画を受け入れよう」。"What is salvation ~ "「父なる神よ、救いとは何でしょうか」。



Then wait a minute or so in silence, preferably with your eyes closed, and listen for His answer.
  • wait [wéit] : 「待つ」
  • silence [sáiləns] : 「静けさ、静寂、沈黙」
  • preferably [préfərəbli] : 「好んで、望ましくは、できれば、なるべく」
  • listen for : 「〜に聞き耳を立てる、〜を聞こうと耳を澄ます」
  • answer [ǽnsər] : 「答え、回答、返事、応答」
❖ "Then wait ~ "「そして、1分かそこら、静かに待つ」。"preferably with ~ "「出来れば目を閉じて、そして、神の答えを期待して耳を澄ましなさい」。
 
 
 




W-pI.71.1:1 ~ W-pI.71.10:6


Lesson 71



Only God's plan for salvation will work.
  • plan [plǽn] : 「計画、企画、予定、意向、つもり、考え」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い、救世」
  • work [wə́ːrk] : 「正しく機能する、役に立つ」
❖ "Only God's plan ~ "「神による救いの計画だけが正しく機能する」。神の意思だけが現実化する。神の意思以外が現実化したように見えたなら、それは幻想である。もしあなたの意思が神の意思と同一であるなら、もちろん、あなたの意思は現実化する。



1. You may not realize that the ego has set up a plan for salvation in opposition to God's. It is this plan in which you believe. 
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する、実感する」
  • set up : 「設ける、設定する、仕組む」
  • in opposition to : 「〜に反対して」
  • believe [bilíːv] : 「信じる、確信する、信頼する」
❖ "You may not ~ "「神の計画に反してエゴが救いの計画を立てたということを、あなたは自覚していないかもしれない」。"It is this plan ~ "「あなたが信じているのは、このエゴの救いの計画である」。エゴの救いの計画とは、この世の苦や痛みを、幻想に幻想を重ねることで麻痺させようとするもの。たとえば、お金や物や地位、名誉、愛欲、等々の欲に溺れることで、苦と痛みを麻痺させようとするものである。幻想からの目覚めが本当の救いであるという真実から目を逸らせようとしているのだ。神の計画と真正面から対立している。



Since it is the opposite of God's, you also believe that to accept God's plan in place of the ego's is to be damned. This sounds preposterous, of course. 
  • since [síns] : 「〜なので、〜だから」
  • opposite [άpəzit] : 「反対、正反対、逆」
  • accept [æksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • in place of : 「〜の代わりに、〜の代理で」
  • damned [dǽmd] : 「永遠にのろわれた、ひどく嫌な、忌まわしい」
  • sound [sáund] : 「〜に聞こえる、〜に思われる」
  • preposterous [pripάstərəs] : 「本末転倒の、不合理な、非常識な」
  • of course: 「もちろん、確かに、言うまでもなく、当然」
❖ "Since it is ~ "「エゴの計画は神の計画と正反対のものであるから、あなたは、また、that以下を信じている」。"that to accept ~ "「エゴの計画の代わりに神の計画を受け入れることはいまいましいことだ」と信じている。"This sounds ~ "「もちろん、これは本末転倒なことに思える」。あなたが目にするこの世界は圧倒的にリアルに見えるから、エゴの計画の方が現実的であり、神の計画は非現実的な、単なる観念論に見えてしまうのである。ところが、本当は、エゴの計画は幻想的であり、神の計画は実際的である。だから、エゴの計画を信じることは、本末転倒だというのである。



Yet after we have considered just what the ego's plan is, perhaps you will realize that, however preposterous it may be, you do believe in it.
  • consider [kənsídər] : 「よく考える、熟考する」
  • perhaps [pərhǽps] : 「たぶん、もしかすると、ことによると」
  • however [hauévər] : 「けれども、しかしながら、また一方」
❖ "Yet after we ~ "「しかし、エゴの計画が何であるか、よく考えてみた後では、多分、あなたはthat以下に気が付くだろう」。"that, however ~ "「たとえ本末転倒かもしれないが、あなたはそれを信じている」と気が付くだろう。圧倒的にリアルに見えるエゴの計画をあなたは信じてきたのだと、あなたは気が付く。



2. The ego's plan for salvation centers around holding grievances. 
  • center around : 「〜を軸として展開する、〜に集中する」
  • hold up : 「持ち上げる、支える、支持する」
  • grievance [ɡríːvəns] : 「不平のもと、苦情の原因、立腹」
❖ "The ego's plan ~ "「エゴの計画は、不平を保持することを中心にしている」。エゴはあなたを、お金や物や地位、名誉、愛欲、等々の欲に溺れさせ、その欲が現実化しないときは原因を他者や環境のせいにして、あなたに強烈な不平不満を抱かせるのだ。この不平不満が、ますますあなたを幻想に縛りつけてしまう。



It maintains that, if someone else spoke or acted differently, if some external circumstance or event were changed, you would be saved. 
  • maintain [meintéin] : 「 〜を保持する、維持する、保つ、堅持する」
  • differently [dífərəntli] : 「異なって、違って、そうではなく、別に」
  • external [ikstə́ːrnl] : 「外の、外側の、外部にある、外部の」
  • circumstance [sə́ːrkəmstæ̀ns] : 「環境、状況、周囲の事情」
  • event [ivént] : 「出来事、事件、事象、成り行き」
  • change [tʃéindʒ] : 「〜を変える、〜を変更する、〜を変換する」
  • save [séiv] : 「救う、助ける」
❖ "It maintains that ~ "「もし誰かが違う形で話したり行動したなら、もし外部の環境や出来事が変化したなら、あなたはきっと救われると、エゴの計画は主張する」。あなたの周りがあなたに都合よく動いてくれたら、あなたの欲はすべて達成されて、あなたは苦と痛みから救われると、エゴは主張するのだ。ところが、事はそうはうまく行かない。うまく行かないから、あなたは不平を抱く。悪いのは周りであって、あなたは正しいと主張するのである。



Thus, the source of salvation is constantly perceived as outside yourself. 
  • source [sɔ́ːrs] : 「もと、源、起源」
  • constantly [kάnstəntli] : 「絶えず、しきりに、絶え間なく、常に」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
  • outside [áutsáid] : 「〜の外に、〜の外部に」
❖ "Thus, the source ~ "「こうして、救いの源は、絶えずあなた自身の外側に知覚されることになる」。あなたの心を変えることが、本当の救いの源なのだと、あなたは気付かない。救いの源も不平の原因も、すべて心の外に見ようとしているのだ。



Each grievance you hold is a declaration, and an assertion in which you believe, that says, "If this were different, I would be saved." 
  • declaration [dèkləréiʃən] : 「公表、宣言、布告」
  • assertion [əsə́ːrʃən] : 「主張、表明、断言、断定」
  • different [dífərənt] : 「相違する、違っている、異なる」
❖ "Each grievance ~ "「不平の一つ一つは、あなたが『これが違っていたら、私は救われるはずだ』と言って、そう信じているとする宣言であり、主張である」。たとえば、あなたが大金持ちになり、権力を握ることが出来たら、きっと救われるはずだと宣言しているようなものだ。ただし、そうならないので、あなたは強烈な不平不満を抱くのである。



The change of mind necessary for salvation is thus demanded of everyone and everything except yourself.
  • change [tʃéindʒ] : 「変化、変更、移行、交換」
  • necessary [nésəsèri] : 「必要な、必須の、欠くことのできない」
  • thus [ðʌ́s] : 「それ故に、従って、このようにして」
  • demand [dimǽnd] : 「求める、要求する」
  • except [iksépt] : 「ただし、除いて」
❖ "The change of ~ "「こうして、あなた自身を除いて、誰もがすべて、救いのために心を変える必要があると要求するのである」。あなたに不平を抱かせる周りの者達がすべて心を変えて、あなただけに奉仕するようになれば、あなたは救われると信じている。周りの者がすべて、あなたに従順になるように心を変えれば、あなたは救われると信じているのである。不平を抱くとは、そういうことを意味しているわけだ。



3. The role assigned to your own mind in this plan, then, is simply to determine what, other than itself, must change if you are to be saved. 
  • role [róul] : 「役、役柄、役割、役目、任務」
  • assign [əsáin] : 「〜を割り当てる、指定する、任命する、与える」
  • determine [ditə́ːrmin] : 「決定する、決心させる」
❖ "The role assigned ~ "「そこで、この計画におけるあなた自身の心に割り当てられた役割は、もしあなたが救われるべきであるなら、あなたの心自体以外に何を変えなくてはならないかを単純に決定することとなる」。あなたの心以外の誰の心を変えてあなたに従順に従わせるか、それを決めることがあなたの心の役割になってしまう。簡単に言えば、自分はさておき、周りの状況や他者を変えて、苦と痛みから救われようという虫のいい発想をするわけである。



According to this insane plan, any perceived source of salvation is acceptable provided that it will not work. 
  • according to : 「〜に従って、〜と一致して、〜に準じて」
  • insane [inséin] : 「ばかげた、愚かな、常軌を逸した、正気でない」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜を理解する、〜を把握する」
  • source [sɔ́ːrs] : 「もと、源、起源」
  • acceptable [ækséptəbl] : 「受け入れることができる、容認できる」
  • provided [prəváidid] : 「〜という条件で、もし〜ならば」
  • work [wə́ːrk] : 「正しく機能する、役に立つ」
❖ "According to ~ "「この狂った計画に従えば、知覚されるどんな救いの源も、それが機能しないという条件下において、容認出来るものとなる」。"provided that ~ "この部分の意味が取り難いのだが、「それがうまく機能しないと知りながらも」といったニュアンスに捉えておこう。自分をさしおいて、うまく行かなくても、手当たり次第に周りを変えてそれを救いにしようという魂胆である。金が儲かれば救われると思い、金を追い求めるが、うまく行かないとわかれば、次には、弱い者を支配して威張ってみることで救われようとする。それがうまく行かなくなると、今度は人を騙して貶(おと)めようとする。狂った計画は、失敗するとわかっていながら、次々に救いの源を変えて受け入れていくのである。



This ensures that the fruitless search will continue, for the illusion persists that, although this hope has always failed, there is still grounds for hope in other places and in other things. 
  • ensure [inʃúər] : 「〜を確かにする、確実にする、保証する」
  • fruitless [frúːtlis] : 「無益な、無駄な、実らない、効果がない」
  • search [sə́ːrtʃ] : 「捜索、探査、追求、検査、調査」
  • continue [kəntínjuː] : 「続く、継続する」
  • persist [pərsíst] : 「存続する、持続する、しつこく主張する、言い張る」
  • always [ɔ́ːlweiz] : 「いつも、以前からずっと、常にいつでも」
  • fail [féil] : 「失敗する、しくじる」
  • ground [ɡráund] : 「根拠、原因、理由、基礎、基盤」
❖ "This ensures that ~ "「これは、実りのない追求がいつまでも続くことを確実にする」。あなたの心以外に救いを求めても、決してうまく行くことはない。心の外側に救いを見つけようとすることは、実りのない追求なのだ。"for the illusion ~ "「なぜなら、たとえこの希望がいつも失敗に終わったとしても、まだ他の場所か他のものの中に希望の基盤があるはずだと、幻想はしつこく主張するからだ」。懲(こ)りないのである。幻想は幻想の中にこそ解決策があるはずだと信じているからだ。



Another person will yet serve better; another situation will yet offer success.
  • serve [sə́ːrv] : 「〜に役立つ、果たす、〜に仕える」
  • situation [sìtʃuéiʃən] : 「状況、場所、状態、立場、事情」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる、〜を提供する、〜を勧める」
  • success [səksés] : 「成功、上首尾、上出来、幸運」
❖ "Another person ~ "「他の人なら、もっと役立つかもしれない」。"another situation ~ "「他の状況なら、成功を差し出してくれるかもしれない」。そう考えて、次々に幻想を渡り歩いていく。そして、必ず失望を味わうのだ。が、懲りることはない。人は、性懲りもなく、誤りを繰り返す。



4. Such is the ego's plan for your salvation. Surely you can see how it is in strict accord with the ego's basic doctrine, "Seek but do not find." 
  • surely [ʃúərli] : 「疑いなく、しっかりと、確かに、確実に」
  • strict [stríkt] : 「厳しい、徹底的な、完全な、正確な、厳密な」
  • in accord with : 「〜と一致して、〜と調和して」
  • basic [béisik] : 「基礎の、基本的な」
  • doctrine [dάktrin] : 「教義、信条、教理、主義、原則、原理」
❖ "Such is the ego's ~ "「あなたの救いのためのエゴの計画なんて、こんなものである」。"Surely you can ~ "「あなたは確実に、いかにエゴの計画がエゴの基本的な教義と厳密に一致しているか、見て取れる」。エゴの計画は、エゴの思考システムに一致した内容である。得るためには奪え、攻撃される前に攻撃せよ、殺される前に殺せ、等々。とりわけ、"Seek but do ~ "「『探すのはいいが、見つけてはならない』」というエゴの教義。ホーリー・スピリットの教義は、"Seek and you will find"「探しなさい、そうすれば見出すだろう」である。聖書の言葉を彷彿とさせる。



For what could more surely guarantee that you will not find salvation than to channelize all your efforts in searching for it where it is not?
  • surely [ʃúərli] : 「疑いなく、しっかりと、確かに、確実に」
  • guarantee [gæ̀rəntíː] : 「保証する、請け合う」
  • channelize [tʃǽnəlàiz] = channel [tʃǽnl] : 「道を開く、〜を導く 」
  • effort [éfərt] : 「尽力、努力、試み、取り組み」
❖ "For what could ~ "「なぜなら、存在しない場所に救いを探し出そうとあなたの全努力を傾けること以上に、あなたが救いを見出せないことをより確実に保証するものとは何であろうか」。下手な訳で申し訳ない。救いが絶対存在出来ない幻想世界に救いを見出そうとすることは、確実に救いが見出せないことを保証しているようなものだ、という意味。空に向かって釣り糸を投げても、絶対魚は釣れないのだ。



5. God's plan for salvation works simply because, by following His direction, you seek for salvation where it is. 
  • simply [símpli] : 「造作なく、たやすく、簡単に」
  • follow [fάlou] : 「〜の後について行く、〜に従う、追随する」
  • direction [dirékʃən] : 「方角、方向、向き、指示、指図、命令」
  • seek for : 「〜を探し求める」
❖ "God's plan for ~ "「神の指示に従うことで、あなたは救いがある場所に救いを探すことが出来るという簡単な理由によって、神の計画は正しく機能する」。救いがある場所とは、もちろん、あなたの心の中のこと。あなたの心がある場所は実相である。神はあなたを実相の心へと導いてくれる。その場所で、あなたは救いを求めればいい。必ず、救いは現実化する。



But if you are to succeed, as God promises you will, you must be willing to seek there only. 
  • be to do : 「〜する予定だ、〜したい、〜できる」
  • succeed [səksíːd] : 「成功する」
  • promise [prάmis] : 「〜を約束する」
  • be willing to : 「〜する意思がある、進んで〜する、〜に前向きである」
❖ "But if you are ~ "「しかし、もしあなたが(救いを見つけることに)成功したいと思うなら、神があなたにそう約束したように、あなたはその場所だけを探す気持ちにならなくてはいけない」。神はあなたに、救いを心の中に探せと指示したのだから、あなたは心の中だけを探そうとしなくてはいけない。そうすれば、救いは必ず見つかると、神は約束してくれたのだ。



Otherwise, your purpose is divided and you will attempt to follow two plans for salvation that are diametrically opposed in all ways. 
  • otherwise [ʌ́ðərwàiz] : 「さもなければ、そうしないと」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、目標、狙い」
  • divide [diváid] : 「〜を分ける、分割する」
  • attempt [ətémpt] : 「〜を試してみる、〜を企てる」
  • diametrically [dàiəmétrikəli] : 「正反対に」
  • opposed [əpóuzd] : 「反対した、対抗した、対立した」
❖ "Otherwise, your ~ "「さもなければ、あなたの目的は分裂し、あらゆる点で正反対の2つの救いの計画に従おうと試みることになる」。あなたの目的性は、エゴの計画と神の計画の、2つの正反対な計画に分裂し、時には自分の心の中を覗き、時には周囲に救いを求めるというような混乱が起きてしまう。



The result can only bring confusion, misery and a deep sense of failure and despair.
  • result [rizʌ́lt] : 「結果、結末、成り行き、効果、成果、成績」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜をもたらす」
  • confusion [kənfjúːʒən] : 「混乱状態、混乱、混同、当惑」
  • misery [mízəri] : 「悲惨、不幸、苦痛、惨めさ、窮状、窮乏」
  • sense [séns] : 「感覚、知覚、感触、感じ」
  • failure [féiljər] : 「失敗、不成功」
  • despair [dispέər] : 「絶望、失望、落胆」
❖ "The result can ~ "「その結果、混乱や悲しみ、深い失敗感や絶望感がもたらされるだけだ」。エゴの計画と神の計画の両方に翻弄されるようでは、決して救いは達成されない。混乱、悲しみ、失望感、等々が生み出される結果に終わる。



6. How can you escape all this? Very simply. The idea for today is the answer. Only God's plan for salvation will work. 
  • escape [iskéip] : 「逃げる、ずらかる、脱出する、抜ける」
  • answer [ǽnsər] : 「答え、回答、返事、応答」
❖ "How can you ~ "「このことすべてから、あなたはどうやって逃れることが出来るだろうか」。"Very simply"「とても簡単だ」。"The idea for ~ "「今日の考え方が、その答えである」。"Only God's ~ "「救いのための神の計画だけが、正しく機能するのだ」。



There can be no real conflict about this, because there is no possible alternative to God's plan that will save you. 
  • real [ríəl] : 「実在する、現実の、実際の、本物の」
  • conflict [kάnflikt] : 「不一致、対立、衝突、葛藤」
  • possible [pάsəbl] : 「可能性がある、あり得る、なし得る」
  • alternative [ɔːltə́ːrnətiv] : 「別の可能性、取って代わるもの、代替手段」
❖ "There can be ~ "「これに関しては、現実的なコンフリクトは何もない」。神の計画が現実化するに当たって、矛盾も葛藤も生じることはない。"because there is ~ "「なぜなら、あなたを救う神の計画に取って代わり得るものは何もないからだ」。救いの方法はただ一つだから、コンフリクトを起こすことはない。たとえば、目的地に向かう道が複数あったなら、この道を進まずに別の道を歩むべきだったのではないかと不安や後悔が生じる可能性はあるが、道が一つしかなかった場合は、ただひたすらその道を前に進むだけなので、心にコンフリクトは起きない。デカルト的発想である。



His is the only plan that is certain in its outcome. His is the only plan that must succeed.
  • certain [sə́ːrtn] : 「確実な、確かな、間違いのない、信頼できる」
  • outcome [áutkʌ̀m] : 「結果、結末、成果、所産」
  • succeed [səksíːd] : 「成功する」
❖ "His is the only ~ "「神の計画だけが、その結果において確実な計画である」。必ず成功するのは、神の計画だけである。それしかないから、コンフリクトは起きない。"His is the only ~ "「神の計画だけが、必ず成功する計画である」。



7. Let us practice recognizing this certainty today. And let us rejoice that there is an answer to what seems to be a conflict with no resolution possible. 
  • practice [prǽktis] : 「〜を実行する、順守する、実践する、実施する」
  • recognize [rékəɡnàiz] : 「〜を認識する、認める、受け入れる」
  • certainty [sə́ːrtnti] : 「確実、確実性、間違いないこと」
  • rejoice [ridʒɔ́is] : 「うれしがる、喜ぶ、祝う」
  • resolution [rèzəlúːʃən] : 「決心、決意、解明、解消、決議」
  • possible [pάsəbl] : 「可能性がある、あり得る、なし得る」
❖ "Let us practice ~ "「今日、この確実性を認識する練習をしよう」。救いのための神の計画が確実に実現することを認識する練習をするのである。"And let us rejoice ~ "「そして、可能な解決策がなさそうに見えるコンフリクトに対する答えが存在するのだということを喜ぼう」。エゴの計画に従っている限り救いという解決策は存在しないように思えるだろうが、神の計画こそ唯一の解決策なのだと知って喜び合おう。



All things are possible to God. Salvation must be yours because of His plan, which cannot fail.
  • fail [féil] : 「〜を裏切る、〜を失望させる、失敗する、しくじる」
❖ "All things are ~ "「神にとって、すべてのことは可能である」。"Salvation must ~ "「失敗に終わることのない神の計画ゆえに、救いは必ずあなたのものとなる」。神の計画に従っている限り、失敗することなく、必ずあなたは救われる。



8. Begin the two longer practice periods for today by thinking about today's idea, and realizing that it contains two parts, each making equal contribution to the whole. 
  • begin [biɡín] : 「〜を始める、〜するようになる」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する、実感する」
  • contain [kəntéin] : 「含む、包含する」
  • part [pάːrt] : 「一部、部分」
  • equal [íːkwəl] : 「同等の、程度が等しい、均等な、平等な」
  • contribution [kὰntrəbjúːʃən] : 「 貢献、寄与」
  • make a contribution to : 「〜に貢献する」
  • whole [hóul] : 「すべてを含んだ、欠けたものがない」
❖ "Begin the two ~ "「今日のテーマを考え、そこには2つの部分が含まれており、各々が等しく全体に貢献するのだと知ることから、今日の長めの練習を始めなさい」。



God's plan for your salvation will work, and other plans will not. Do not allow yourself to become depressed or angry at the second part; it is inherent in the first. 
  • allow [əláu] : 「許す、許可する」
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • depressed [diprést] : 「精神的に沈んだ、意気消沈した、元気のない」
  • angry [ǽŋɡri] : 「腹を立てて、立腹して、怒って、憤りを感じて」
  • second [sékənd] : 「第2の、2番目の」
  • inherent [inhíərənt] : 「生まれつきの、生来の、先天的な、特有の」
❖ "God's plan for ~ "「あなたを救うための神の計画は正しく機能し、その他の計画は機能しない」。"Do not allow ~ "「第二の部分に対して、意気消沈したり怒りを覚えたりすることをあなた自身に許してはいけない」。"it is inherent ~ "「第二の部分は、第一の部分を引き継いでいるのだから」。第一の部分とはエゴの計画を放棄すること。第二の部分とは、神の計画を採用すること。エゴの救いの計画を神の計画に代えて、また一からやり直さなくてはならないことに意気消沈したり、エゴに騙されてきたことに対して怒りさえ覚えるかもしれないが、そんな感情は無視すること。エゴの計画の放棄は、神の計画の採用に引き継がれていくのだから。絶望が喜びに変化して引き継がれていくのだから。



And in the first is your full release from all your own insane attempts and mad proposals to free yourself. 
  • full [fúl] : 「いっぱいの、満ちた、最大限の、充実した、活動的な」
  • release [rilíːs] : 「救出、解放」
  • insane [inséin] : 「ばかげた、愚かな、常軌を逸した、正気でない」
  • attempt [ətémpt] : 「試み、企て」
  • mad [mǽd] : 「気が狂って、怒って、頭にきて」
  • proposal [prəpóuzl] : 「提案、提言、提議」
  • free [fríː] : 「〜を自由にする、解放する」
❖ "And in the first ~ "「第一の部分に、あなた自身の狂った試みやあなたを解放すると称した狂気の提案からの完全な解放が存在する」。エゴの計画を放棄することで、あなたはエゴの狂気から解放される。



They have led to depression and anger; but God's plan will succeed. It will lead to release and joy.
  • led [léd] : 「leadの過去・過去分詞形」
  • lead [líːd] : 「〜を導く、案内する、連れて行く」
  • depression [dipréʃən] : 「落ち込み、意気消沈、絶望、鬱」
  • anger [ǽŋɡər] : 「怒り、憤り」
  • succeed [səksíːd] : 「成功する」
  • joy [dʒɔ́i] : 「喜び、歓喜」
❖ "They have led ~ "「狂った試みや狂気の提案が、絶望と怒りにつながって来たのだ」。"but God's plan ~ "「しかし、神の計画は成功する」。"It will lead ~ "「それは、解放と喜びに導いてくれるのだ」。



9. Remembering this, let us devote the remainder of the extended practice periods to asking God to reveal His plan to us. 
  • remember [rimémbər] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
  • devote [divóut] : 「充てる、向ける、ささげる、専念させる」
  • remainder [riméindər] : 「残り、残り物、残余、余り」
  • extend [iksténd] : 「広げる、伸ばす、拡張する、拡大する」
  • reveal [rivíːl] : 「暴く、漏らす、知らせる、示す、明かす、暴露する」
❖ "Remembering this ~ "「これを覚えておいて、拡張された練習時間の残りを、神の計画を私たちに明かすようにと、神に願うために使おう」。



Ask Him very specifically:

        What would You have me do?
        Where would You have me go?
        What would You have me say, and to whom?
  • specifically [spisífikəli] : 「特に、明確に、はっきりと、具体的に」
❖ "Ask Him very ~ "「かなり具体的に神に尋ねなさい」。"What would ~ "「あなたは私に、何をさせたいのですか」。"Where would ~ "「あなたは私に、どこに行かせたいのですか」。"What would You ~ "「あなたは私に、何を誰に対して言わせたいのですか」。



Give Him full charge of the rest of the practice period, and let Him tell you what needs to be done by you in His plan for your salvation. 
  • give someone a charge : 「〜に活力を与える、〜を奮起させる」
  • rest [rést] : 「残り、残っているもの、残りの部分、残余」
  • done [dʌ́n] : 「doの過去分詞」
❖ "Give Him full charge ~ "「練習の残りの時間を、神が十分に活躍出来るように神に与えなさい」。"and let Him ~ "「そして、あなたの救いのための神の計画において、あなたによって何がなされる必要があるのか、神に言ってもらおう」。どこで誰に何をすればいいのか、神の導きを求めるのである。それをあなたに伝えてくれるのは、神のメッセンジャーであるホーリー・スピリットだ。



He will answer in proportion to your willingness to hear His Voice. Refuse not to hear. 
  • in proportion [prəpɔ́ːrʃən] to : 「〜に比例して」
  • willingness [wíliŋnis] : 「 意欲、いとわずにすること、やる気」
  • refuse [rifjúːz] : 「 断る、拒む、拒否する、拒絶する」
❖ "He will answer ~ "「神は、神の声を聞こうとするあなたの意欲に比例して答えてくれるだろう」。あなたが熱く求めれば、神は必ず答えてくれる。"Refuse not ~ "「聞くまいと拒絶してはいけない」。



The very fact that you are doing the exercises proves that you have some willingness to listen. 
  • fact [fǽkt] : 「事実、真相、現実、実際」
  • prove [prúːv] : 「証明する、〜が…であることを示す」
❖ "The very fact ~ "「あなたが練習をするという、まさにその事実が、あなたが神の声を聞こうと意欲していることを示している」。



This is enough to establish your claim to God's answer.
  • enough [inʌ́f] : 「十分な、足りる」
  • establish [istǽbliʃ] : 「確立する、制定する、成立させる」
  • claim [kléim] : 「要求、主張、〜を要求する権利、〜の正当な資格」
  • answer [ǽnsər] : 「答え、回答、返事、応答」
❖ "This is enough ~ "「このことだけで、あなたが神の答えを要求する権利を十分に確立している」。あなたが熱意をもって今日のテーマを練習することが、それだけで、十分に神の声を聞く資格があるということを示している。



10. In the shorter practice periods, tell yourself often that God's plan for salvation, and only His, will work. 
  • work [wə́ːrk] : 「正しく機能する、役に立つ」
❖ "In the shorter ~ "「短めの練習では、救いのための神の計画は、それだけが、正しく機能するのだと、あなた自身に向かってしばしば言いなさい」。



Be alert to all temptation to hold grievances today, and respond to them with this form of today's idea:

        Holding grievances is the opposite of God's plan 
        for salvation. And only His plan will work.
  • alert [ələ́ːrt] : 「油断のない、用心深い、注意を怠らない」
  • temptation [temptéiʃən] : 「誘惑、衝動、誘惑物」
  • grievance [ɡríːvəns] : 「不平のもと、苦情の原因、立腹」
  • respond [rispɑ́nd] : 「反応する、対応する」
  • opposite [άpəzit] : 「反対、正反対、逆」
❖ "Be alert to all ~ "「今日は、不平を抱きたいと思うあらゆる誘惑に対して警戒し、今日のテーマを次のような形にして対応しなさい」。誘惑に負けそうな時は、今日のテーマをちょっと変形して、次のように自分自身に言い聞かせればいい。"Holding grievances ~ "「不平を抱くことは、救いのための神の計画とは正反対のことである」。"And only His ~ "「神の計画だけが、正しく機能する」。



Try to remember today's idea some six or seven times an hour. There could be no better way to spend a half minute or less than to remember the Source of your salvation, and to see It where It is.
  • remember [rimémbər] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
  • spend [spénd] : 「使う、費やす」
❖ "Try to remember ~ "「1時間に6〜7回、今日のテーマを思い出すように努めなさい」。"There could be no ~ "「あなたの救いの源を思い出し、それが存在する場所を知ること以上に、30秒かそれ以下の時間を使うより良い方法は決してあり得ない」。"Source of your salvation"「あなたの救いの源」とは、もちろん、神の計画のこと。"where It is"「それが存在する場所」とは、神自身と考えていい。あるいは、神が住まう実相世界。
 
 
 



Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

Powered by Blogger.