●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



W-pI.69.1:1 ~ W-pI.69.9:8


Lesson 69



My grievances hide the light of the world in me.

  • grievance [ɡríːvəns] : 「不平のもと、苦情の原因、立腹」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する、秘密にする」
❖ "My grievances hide ~ "「私の不平は、私の心の中の世界の光を覆い隠している」。あなたの心の中の世界とは、ホーリー・スピリットの宿る実相部分のこと。実相的な真実の光が、あなたの不平によって隠されてしまう。幻想が実相を隠してしまうのだ。



1. No one can look upon what your grievances conceal. 
  • look upon : 「〜を見る」
  • conceal [kənsíːl] : 「隠す、隠匿する、秘密にする」
❖ "No one can ~ "「あなたの不平が隠しているものを、誰も見ることは出来ない」。真実が幻想のベールで覆われてしまえば、誰も隠された真実を見ることは出来ない。



Because your grievances are hiding the light of the world in you, everyone stands in darkness, and you beside him. 
  • darkness [dάːrknis] : 「暗がり、暗闇」
  • beside [bisáid] : 「〜のそばに、〜の傍らに」
❖ "Because your ~ "「なぜなら、あなたの不平が、あなたの心の中の世界の光を隠し、誰もが闇の中に立ち尽くし、また、あなたもその傍らにいるからだ」。あなたは、この幻想世界も実相世界も、あなたの心の外にあると思っているかもしれないが、それは違う。どちらも、あなたの心の中にある。厳密に言えば、幻想世界は、あなたが心のキャンバスに描いた架空の世界であり、心の中の実相世界だけが実在である。この架空の世界が実在の世界を闇で覆っている。あなたも同胞も、その闇の世界に立ち尽くしているわけだ。



But as the veil of your grievances is lifted, you are released with him. 
  • veil [véil] : 「ベール、覆い隠すもの」
  • lift [líft] : 「持ち上げる、高める」
  • release [rilíːs] : 「解放する、自由にする」
❖ "But as the veil ~ "「しかし、あなたの不平というベールが持ち上げられてしまえば、あなたはみんなと一緒に解放される」。幻想の黒雲が払拭されれば、実相の光が戻ってきて、世界は闇から解放される。幻想という悪夢からみんなが目覚めるのだ。



Share your salvation now with him who stood beside you when you were in hell. 
  • share [ʃέər] : 「分かち合う、共有する」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い、救世」
  • stood [stúd] : 「standの過去・過去分詞形」
  • hell [hél] : 「地獄、生き地獄、ひどい体験、修羅場」
❖ "Share your salvation ~ "「あなたが地獄にいたときにあなたの傍らに立ち尽くしていた者とともに、今、あなたの救いを分かち合いなさい」。あなたが光となって自らを闇から救い、同時に、同胞をあなたの光で闇から救う。真実の光を分かち合うのだ。



He is your brother in the light of the world that saves you both.
  • save [séiv] : 「救う、助ける」
  • both [bóuθ] : 「両方ともに、双方ともに」
❖ "He is your brother ~ "意訳する、「彼はあなたの同胞であり、世界の光があなたも同胞も救ってくれる」。彼とあなたは自他一如であり、あなたが光となれば、彼も光となる。あなたが彼を救い、彼はあなたを救う。世界の光とは、神の子自身の光である。神の子とは、神の光を発する実体なのだ。神の子が光の子と呼ばれる所以(ゆえん)である。まぎれもなく、あなたは光の子である。



2 Today let us make another real attempt to reach the light in you. 
  • another [ənʌ́ðər] : 「もう一つの、別の、ほかの」
  • real [ríəl] : 「実在する、現実の、実際の、本物の」
  • attempt [ətémpt] : 「試み、企て」
  • reach [ríːtʃ] : 「達する、至る、手が届く、〜に連絡する」
❖ "Today let us ~ "「今日は、あなたの心の中の光に到達する、また別の実際的な試みを行おう」。



Before we undertake this in our more extended practice period, let us devote several minutes to thinking about what we are trying to do. 
  • undertake [ʌ̀ndərtéik] : 「企てる、始める、〜に着手する、〜に取り掛かる」
  • extend [iksténd] : 「広げる、伸ばす、拡張する、拡大する」
  • devote [divóut] : 「充てる、向ける、ささげる、専念させる」
❖ "Before we undertake ~ "「より長めに拡張された練習において、私たちがこれに着手する前に、私たちが何をしようとしているのか、それを考えるために数分間を費やしてみよう」。



We are literally attempting to get in touch with the salvation of the world. 
  • literally [ítərəli] : 「文字どおり、本当に、まさに」
  • attempt [ətémpt] : 「〜を試してみる、〜を企てる」
  • get in touch with : 「〜と連絡を取る、〜に接触する」
❖ "We are literally ~ "「私たちは、文字通り、世界の救いに直接タッチしようとしている」。救いの実践そのもである。あなたの心の中の闇を払拭(ふっしょく)し、光を取り戻すことが直接救いに繋がるからだ。あなた自身の救いであり、同時に同胞のための救いでもあり、結局は世界の救いとなる。



We are trying to see past the veil of darkness that keeps it concealed. 
  • past [pǽst] : 「〜のそばを過ぎて、〜を過ぎ去って」
  • keep [kíːp] : 「保つ、〜の状態にしておく」
  • conceal [kənsíːl] : 「隠す、隠匿する、秘密にする」
❖ "We are trying ~ "「私たちは、救い(光)を隠してきた闇のベールを通り越して、(光を)見ようとしているのである」。



We are trying to let the veil be lifted, and to see the tears of God's Son disappear in the sunlight.
  • tear [tíər] : 「涙、悲しみ、悲嘆」
  • disappear [dìsəpíər] : 「存在しなくなる、なくなる、消滅する」
  • sunlight [sʌ́nlàit] : 「太陽の光、日の当たる所」
❖ "We are trying ~ "「ベールを持ち上げてしまい、陽の光の中に、神の子の涙が消滅するのを見ようとしているのだ」。"tears of God's Son"「神の子の涙」とは、ACIMには珍しい叙情的な表現であるが、この幻想世界に生きる苦と痛みのこと。



3. Let us begin our longer practice period today with the full realization that this is so, and with real determination to reach what is dearer to us than all else. 
  • begin [biɡín] : 「〜を始める、〜するようになる」
  • full [fúl] : 「いっぱいの、満ちた、最大限の、充実した、活動的な」
  • realization [rìːəlizéiʃən] : 「認識、実感、実現、成就、具現化」
  • determination [ditə̀ːrmənéiʃən] : 「決断、決意」
  • dear [díər] : 「親愛な、いとしい、かわいい、敬愛する」
❖ "Let us begin ~ "「このことはその通りなのだと十分に認識し、私たちにとって他の何よりも愛すべきものに到達するのだと本当に決心することで、今日の長めの練習を始めよう」。生半可な決心では不十分だ。真実を愛し、愛をもってそれを求めるのである。



Salvation is our only need. There is no other purpose here, and no other function to fulfill. Learning salvation is our only goal. 
  • need [níːd] : 「必要、必要性」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、目標、狙い」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、作用、働き、効用、職務、役割」
  • fulfill [fulfíl] : 「(約束を)実行する、(使命を)果たす」
  • learn [lə́ːrn] : 「〜を学ぶ、〜であると分かる、〜を覚える、知る」
  • goal [ɡóul] : 「目標、目的地、目的、目指すもの」
❖ "Salvation is our ~ "「救いこそが、私たちにとって唯一必要なものである」。"There is no ~ "「ここ(この世界)には、他の目的は何もないし、達成すべき他の役割もない」。幻想から実相へと救われ、また救うこと、それだけが目的であり、あなたの唯一の役割である。"Learning salvation ~ "「救いを学ぶことこそが、私たちの唯一の目的である」。今まさに、あなたはこのACIMを通して、実相的な救いを学んでいるのである。



Let us end the ancient search today by finding the light in us, and holding it up for everyone who searches with us to look upon and rejoice.
  • end [énd] : 「終わらせる、やめる、締めくくる」
  • ancient [éinʃənt] : 「古代の、古くからの、古い、古びた」
  • search [sə́ːrtʃ] : 「捜索、探査、追求、検査、調査」
  • find [fáind] : 「発見する、見いだす、気付く、理解する」
  • rejoice [ridʒɔ́is] : 「うれしがる、喜ぶ、祝う」
❖ "Let us end ~ "「私たちの心の中に光を見つけ出し、私たちとともに(光を)探している人達みんながその光を見て喜べるように、光を高く掲げることで、昔求めていたものを終わりにしよう」。昔は、エゴの思考システムに惑わされて、世俗的な地位や名誉や、物やお金を求めていたが、それを終わりにする。他者を憎むこと、羨むこと、攻撃すること、傷つけること、卑しめること、奪うこと、恐れること、そのすべてを放棄する。それは、あなたの目的ではない。役割ではない。あなたの役割は、世界の救いであり、それだけが今生(こんじょう)の目的である。



4. Very quietly now, with your eyes closed, try to let go of all the content that generally occupies your consciousness. 
  • quietly [kwáiətli] : 「静かに、黙って、平穏に」
  • closed [klóuzd] : 「閉ざされた、閉じた」
  • content [kɑ́ntent] : 「内容、中身、在中物」
  • generally [dʒénərəli] : 「 一般に、通例、通常、概して、おおむね」
  • occupy [άkjupài] : 「占領する、占拠する、塞ぐ」
  • consciousness [kάnʃəsnis] : 「意識、正気、自覚、感情、思想」
❖ "Very quietly now ~ "「今、まったく無言になって目を閉じ、普段あなたの意識を占領している思いのすべてを去らせてしまう」。このあたりは、東洋的な瞑想の形式と同じ。ただし、瞑想時の姿勢に関しては何も言っていない。リラックス出来るなら、どんな姿勢でもいいということだ。



Think of your mind as a vast circle, surrounded by a layer of heavy, dark clouds. 
  • vast [vάːst] : 「広大な、非常に広い、巨大な」
  • surround [səráund] : 「包囲する、囲む、取り囲む」
  • layer [léiər] : 「皮、層、地層、レイヤー」
  • heavy [hévi] : 「重い、ずっしりした、厚い、厚手の」
  • dark [dάːrk] : 「暗い、闇の、暗黒の」
  • cloud [kláud] : 「雲」
❖ "Think of your ~ "「あなたの心は大きな円で、重く暗い雲の層で覆われていると思ってみる」。実相の心と幻想の雲を図式的に、イメージとして描いてみる。イメージ化は瞑想の常套手段。



You can see only the clouds because you seem to be standing outside the circle and quite apart from it.
  • outside [áutsáid] : 「〜の外に、〜の外部に」
  • quite [kwáit] : 「かなり、なかなか、とても、非常に」
  • apart from : 「〜から離れて、〜は別として」
❖ "You can see ~ "「あなたはその円の外側に立ち、しかもかなり遠く離れているので、あなたは雲しか見ることが出来ない」。



5. From where you stand, you can see no reason to believe there is a brilliant light hidden by the clouds. 
  • reason [ríːzn] : 「理由、動機、原因、根拠」
  • believe [bilíːv] : 「信じる、確信する、信頼する」
  • brilliant [bríljənt] : 「さんさんと輝く、光り輝く、素晴らしい」
  • hidden [hídn] : 「hide の過去分詞形、隠された、秘密の」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する、秘密にする」
❖ "From where ~ "「あなたが立っている所からは、雲によって隠されているさんさんと輝く光が存在すると信じる理由が見当たらない」。光が見えないから、存在することすら信じられない。



The clouds seem to be the only reality. They seem to be all there is to see. 
  • reality [riǽləti] : 「現実、実在、現実のこと」
❖ "The clouds ~ "「雲だけが実在しているかに見えるだろう」。"They seem ~ "「雲は、見ることの出来るすべてだと思われる」。



Therefore, you do not attempt to go through them and past them, which is the only way in which you would be really convinced of their lack of substance. We will make this attempt today.
  • therefore [ðέərfɔ̀ːr] : 「それ故に、そのために、従って、だから」
  • attempt [ətémpt] : 「〜を試してみる、〜を企てる」
  • go through : 「通り抜ける、通過する、体験する、味わう」
  • really [ríəli] : 「実際には、ほんとうは、確かに、本当に」 
  • convinced [kənvínst] : 「確信して、固く信じて」
  • lack [lǽk] : 「不足、欠乏、欠如、欠落」
  • substance [sʌ́bstəns] : 「実体、実質、本質、物質、内容」
❖ "Therefore, you ~ "「したがって、あなたは雲を通り過ぎて、その向こうに行こうと試みることはしない」。"which is the only ~ "「しかし、雲を突き抜けて向こうに行くことは、雲が実体のないものだと本当に確信する唯一の方法なのだ」。幻想の黒雲は実体がない。あなたの心が描いたイメージに過ぎない。それを確信する方法は、その雲の中を通り過ぎて向こうに行ってみることなのだ。"We will make ~ "「今日、私たちはこれを試みることになる」。



6. After you have thought about the importance of what you are trying to do for yourself and the world, try to settle down in perfect stillness, remembering only how much you want to reach the light in you today,-- now! 
  • importance [impɔ́ːrtəns] : 「重要性、大切さ、重大さ」
  • settle [sétl] down: 「身を落ち着ける、定住する」
  • perfect [pə́ːrfikt] : 「申し分がない、完全な、完璧な」
  • stillness [stílnis] : 「静けさ、静止、沈黙、平静」
  • remember [rimémbər] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
❖ "After you have ~ "「あなたがあなた自身と世界のためにやろうとしていることの大切さについて考えた後、完全な静けさの中に身を落ち着けて、今日、今こそ、あなたがどんなにあなたの心の中の光に到達したいと望んでいるか、それだけを思い出しなさい」。



Determine to go past the clouds. Reach out and touch them in your mind. 
  • determine [ditə́ːrmin] : 「決定する、決心させる」
  • touch [tʌ́tʃ] : 「〜に触れる、作用する、〜を感動させる」
❖ "Determine to go ~ "「雲を通し越して行くのだと決心しなさい」。"Reach out and ~ "「あなたの心の中で、その雲に手を伸ばし触ってみなさい」。ここからが、瞑想でよく使う動きを伴ったイメージングである。雲がそこにあるようにイメージし、実際に触った感触を想像するのである。



Brush them aside with your hand; feel them resting on your cheeks and forehead and eyelids as you go through them. Go on; clouds cannot stop you.
  • brush [brʌ́ʃ] : 「〜を払い落とす、〜を無視する」
  • aside [əsáid] : 「わきへ、離れて、それて」
  • feel [fíːl] : 「感じがする、感じる」
  • rest [rést] : 「ある、休む、静止する、置かれている」
  • cheek [tʃíːk] : 「頬」
  • forehead [fɔ́ːrhèd] : 「額、前額部、前面」
  • eyelid [áilid] : 「まぶた」
❖ "Brush them ~ "「あなたの手を使ってその雲を払いのけてしまいなさい」。"feel them resting ~ "「あなたが雲の中を進むにしたがい、あなたの頬、額、まぶたの上に、雲が触れるのを感じなさい」。"Go on; clouds ~ "「進み続けなさい、雲はあなたを止めることは出来ないのだから」。



7. If you are doing the exercises properly, you will begin to feel a sense of being lifted up and carried ahead. 
  • properly [prάpərli] : 「適切に、ちゃんと、正確に、正しく、厳密に」
  • begin [biɡín] : 「〜を始める、〜するようになる」
  • sense [séns] : 「感覚、知覚、感触、感じ」
  • carry [kǽri] : 「〜を持ち運ぶ」
  • ahead [əhéd] : 「前方に、前途に」
❖ "If you are doing ~ "「もしあなたが、エクササイズを適切に実行出来たなら、体が持ち上げられ、前方に運ばれるような感覚を感じ始めるだろう」。前方に光が見え、光のトンネルに吸い込まれていく感覚である。いわゆる、アセンドする感覚。あなたのイメージングが、そういった感覚を作り出す。



Your little effort and small determination call on the power of the universe to help you, and God Himself will raise you from darkness into light. 
  • effort [éfərt] : 「尽力、努力、試み、取り組み」
  • determination [ditə̀ːrmənéiʃən] : 「決断、決意」
  • call on : 「求める、要求する」
  • power [páuər] : 「力、能力、勢力、権限、権威」
  • universe [júːnəvə̀ːrs] : 「宇宙、銀河、全世界」
  • raise [réiz] : 「上げる、上昇させる、起こす」
  • darkness [dάːrknis] : 「暗がり、暗闇」
❖ "Your little effort ~ "「少しの努力と小さな決心が、あなたを助ける宇宙のパワーを求め、」"and God Himself ~ "「神自身が、あなたを闇から光へと持ち上げてくれるのだ」。ここの"universe"「宇宙」は、実相世界と考えていい。実相世界を包み込んでいる神自身ととらえていい。神のパワーがあなたを幻想(闇)から実相(光)へとアセンドさせてくれる。あなたがイメージングしたものは、そのまま現実化するのだ。



You are in accord with His Will. You cannot fail because your will is His.
  • in accord with : 「〜と一致して、〜と調和して」
  • will [wíl] : 「意志、意欲、願望」
  • fail [féil] : 「失敗する、しくじる」
❖ "You are in accord ~ "「あなたは神の意思と調和している」。神の意思はあなたの意思であり、あなたの意思は神の意思となる。だから、アセンドが現実化する。"You cannot fail ~ "「あなたの意思が神の意思でもあるので、あなたは決して失敗することはない」。必ず成功する。思いは必ず実現するものなのだ。



8. Have confidence in your Father today, and be certain that He has heard you and answered you. 
  • confidence [kάnfədəns] : 「信頼、信用、信任、確かさ、確信、自信」
  • have confidence in : 「〜を信頼している、〜に自信を持つ」
  • certain [sə́ːrtn] : 「〜を確信している、〜に疑いを持たない」
  • heard [hə́ːrd] : 「hearの過去・過去分詞形」
  • answer [ǽnsər] : 「答える、返事する」
❖ "Have confidence ~ "「今日こそ、父なる神を信頼しなさい」。"and be certain ~ "「そして、神があなたの声を聞き、あなたに答えてくれるのだと確信しなさい」。もちろん、神とあなたの間には、ホーリー・スピリットが介在してくれる。



You may not recognize His answer yet, but you can indeed be sure that it is given you and you will yet receive it. 
  • recognize [rékəɡnàiz] : 「〜を認識する、認める、受け入れる」
  • answer [ǽnsər] : 「答え、回答、返事、応答」
  • indeed [indíːd] : 「実に、本当に、確かに、いかにも、実際には」
  • sure [ʃúər] : 「確信して、確信している、固く信じている」
  • given [ɡívən] : 「giveの過去分詞形」
  • yet [jét] : 「これから、いつか、やがて」
  • receive [risíːv] : 「受け取る、聞く、知る」
❖ "You may not ~ "「あなたはまだ、神の答えを認識していないかもしれない」。"but you can indeed ~ "「しかしあなたは、神の答えが与えられ、いつかそれを受け取ることになると、本当に確信することが出来るのだ」。今日の練習だけで、あなたが神の光に向かってアセンド出来ると期待しない方がいい。しかし、諦めてはいけない。あなたが熱く望めば、その声に神は必ず答えてくれる。それを確信することが大切である。



Try, as you attempt to go through the clouds to the light, to hold this confidence in your mind. 
  • attempt [ətémpt] : 「〜を試してみる、〜を企てる」
  • confidence [kάnfədəns] : 「信頼、信用、信任、確かさ、確信、自信」
❖ "Try, as you ~ "「雲を通り抜けて光に向かおうと試みるのと同時に、あなたの心の中で、このことを確信するように努めなさい」。試みがうまく行かなくても、決して確信を失ってはいけない。必ずいつか、試みは達成され、あなたの望みは現実化する。



Try to remember that you are at last joining your will to God's. 
  • at last : 「最後に、ついに、とうとう、やっと、ようやく」
  • join [dʒɔ́in] : 「参加する、交わる、一緒になる、結合する」
❖ "Try to remember ~ "「あなたは、ついには、あなたの意思を神の意思と結びつけることになるのだと、覚えておくように努めなさい」。



Try to keep the thought clearly in mind that what you undertake with God must succeed. 
  • clearly [klíərli] : 「はっきりと、明らかに、明瞭に、疑いもなく」
  • undertake [ʌ̀ndərtéik] : 「企てる、始める、〜に着手する、請け負う」
  • succeed [səksíːd] : 「成功する」
❖ "Try to keep ~ "「あなたが神とともになそうとしていることは必ず成功するのだという思いを、心の中に明白に保持するように努めなさい」。



Then let the power of God work in you and through you, that His Will and yours be done.
  • work [wə́ːrk] : 「働く、作業する、勉強する、正常に機能する」
  • done [dʌ́n] : 「doの過去分詞」
❖ "Then let the power ~ "「その後、あなたの心の中で、あなたを通して、神のパワーが活動出来るようにしなさい」。"that His Will ~ "「そうすれば、神の意思とあなたの意思はなされるのだ」。ここの"that"は"so that"のことで、「〜できるように、その結果」。



9. In the shorter practice periods, which you will want to do as often as possible in view of the importance of today's idea to you and your happiness, remind yourself that your grievances are hiding the light of the world from your awareness. 
  • often [ɔ́fən] : 「しばしば、たびたび、ちょくちょく」
  • as A as possible [pάsəbl] : 「できるだけAの」
  • in view of : 「〜を考慮して」
  • importance [impɔ́ːrtəns] : 「重要性、大切さ、重大さ」
  • happiness [hǽpinis] : 「幸福、喜び、幸せ」
  • remind [rimáind] : 「〜に思い出させる、〜に気付かせる」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する、秘密にする」
  • awareness [əwéərnəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性 」
❖ "In the shorter ~ "「短めの練習では、」"which you will ~ "「あなたとあなたの幸せにとって今日の練習が重要だと考えれば、出来るだけ頻繁に練習をしたいと思うだろうが、」"remind yourself ~ "「あなたの不平が、世界の光をあなたの意識から隠していることを思い起こしなさい」。



Remind yourself also that you are not searching for it alone, and that you do know where to look for it. Say, then:

        My grievances hide the light of the world in me. 
        I cannot see what I have hidden.
        Yet I want to let it be revealed to me, for my 
        salvation and the salvation of the world.
  • alone [əlóun] : 「独りで、孤立して、独力で、単独で」
  • look for : 「〜を探す、〜を期待する」
  • hidden [hídn] : 「hide の過去分詞形」
  • reveal [rivíːl] : 「暴く、漏らす、知らせる、示す、明かす、暴露する」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い、救世」
❖ "Remind yourself ~ "「また、あなたが一人だけで光を探しているのではないこと、そして、どこを探せばいいか知っていることを思い起こしなさい」。"Say, then ~ "「そして、次のように言う」。"My grievances ~ "「私の不平は、私の心の中の世界の光を覆い隠している」。"I cannot see ~ "「私は、私が隠しているものを見ることが出来ない」。"Yet I want to ~ "「しかし私は、私の救いと世界の救いのために、それを私に明かして欲しいと思う」。



Also, be sure to tell yourself:

        If I hold this grievance the light of 
        the world will be hidden from me,

. . . if you are tempted to hold anything against anyone today.
  • tempt [témpt] : 「〜する気にさせる、〜を誘惑する」
❖ "Also, be sure ~ "「また、あなた自身に向かって、必ず次のように言うこと」。"If I hold this ~ "「もし私がこの不平を持ち続けたなら、世界の光は私から隠されてしまうだろう」。"if you are ~ "「もし、あなたが、今日誰かに対して何かの不平を抱きたいと誘惑にかられたら、」なおさらこのように言えばいい。
 
 
 



Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

Powered by Blogger.