●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



W-pI.64.1:1 ~ W-pI.64.8:4

Lesson 64 



Let me not forget my function.
  • forget [fərɡét] : 「〜を忘れる、〜を思い出せない」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、作用、働き、効用、職務、役割」
❖ "Let me not ~ "「私の役割を忘れまい」。実相的な赦しを通して真実に目覚め、世界と同胞を幻想から救うことがあなたの役割である。あなたはキリストという役割を担っている。



1. Today's idea is merely another way of saying "Let me not wander into temptation." 
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
  • another [ənʌ́ðər] : 「もう一つの、別の、ほかの」
  • wander [wɑ́ndər] : 「さまよう、迷う、横道にそれる」
  • wander into : 「流れ込む、入り込む」
  • temptation [temptéiʃən] : 「誘惑、衝動、誘惑物」
❖ "Today's idea is ~ "「今日のテーマは、単に、『誘惑の中に入り込まないようにしよう』と言うことの別の言い方である」。誘惑とは、金、物、地位、名誉、愛欲、等々の幻想のこと。エゴの誘惑である。真実から遠ざかるような誘惑に負けたのでは、あなたは自分の実相的な役割を果たすことは出来ない。



The purpose of the world you see is to obscure your function of forgiveness, and provide you with a justification for forgetting it. 
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、目標、狙い」
  • obscure [əbskjúər] : 「〜を曖昧にする、見えなくする」
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し、容赦、寛容」
  • provide [prəváid] : 「準備する、もたらす、与える、提供する」
  • justification [dʒʌ̀stəfikéiʃən] : 「正当化、理由、言い訳」
❖ "The purpose of ~ "「あなたが目にする世界の目的は、赦しというあなたの役割を曖昧にし、赦しを忘れることを正当化させようとすることだ」。エゴは必死に、あなたが真実に目覚めることを阻止しようとする。あなたが幻想を赦し、幻想を消滅させることを恐れているのだ。なぜなら、あなたが赦しによって幻想を消滅させてしまったら、幻想のエゴ自体も消滅してしまうからだ。エゴは、世界という物質的な煙幕をあなたの目の前に張って、あなたの目から真実を隠そうとしている。



It is the temptation to abandon God and His Son by taking on a physical appearance. It is this the body's eyes look upon.
  • abandon [əbǽndən] : 「捨てる、見捨てる、捨て去る」
  • take on : 「呈する、帯びる、持つようになる」
  • physical [fízikl] : 「身体の、肉体の、身体的な、物理学の」
  • appearance [əpíərəns] : 「外観、外見、見掛け、容姿」
  • look upon : 「〜を見る」
❖ "It is the temptation ~ "「それは、肉体的な外観をとることで、神と神の子を捨てようとする誘惑である」。あなたの真実の存在は心であるにも関わらず、エゴは、あたかも肉体こそが実在であるかのように錯覚させ、心が求める神や神の子の存在を否定させようと誘惑するのである。"It is this ~ "「肉体的な目が見ているものが、これである」。知覚は騙されて、肉体的なイメージを実在だと錯覚する。あなたが目にしている世界は幻想である。



2. Nothing the body's eyes seem to see can be anything but a form of temptation, since this was the purpose of the body itself. 
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、構造、現れ、姿、体つき」
  • since [síns] : 「〜なので、〜だから」
❖ "Nothing the body's ~ "「肉体的な目が見ていると思われるものは、誘惑の形以外の何ものでもあり得ない」。あなたが見ていると思っているものは、幻想以外の何ものでもない。あなたを夢の中に留め置こうとする誘惑である。"since this was ~ "「と言うのも、これは、肉体自体がもつ目的だからだ」。神の子は本来単一の存在であったが、神から分離したとき、その分離を象徴する形で自己を肉体化して分裂させた。肉体は分離の象徴であり、これを保っている限り、幻想は安泰なのだ。肉体の目的は、分離を象徴する二元論の幻想世界にあなたを留め置くことである。



Yet we have learned that the Holy Spirit has another use for all the illusions you have made, and therefore He sees another purpose in them. 
  • learn [lə́ːrn] : 「〜を学ぶ、〜であると分かる、〜を覚える、知る」
  • have use of : 「〜を使用する、〜を利用する」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • therefore [ðέərfɔ̀ːr] : 「それ故に、そのために、従って、だから」
❖ "Yet we have ~ "「しかしあなたは既に、ホーリー・スピリットは、あなたがでっち上げた幻想のすべてを別の(目的の)ために利用し、したがって、ホーリー・スピリットは幻想の中に別の目的性を見ているのだ、と学んだ」。ホーリー・スピリットは幻想を、幻想から目覚めるための道具(チャンス)として利用する。あなたが自分の肉体を実在することのない幻想だと見破ることが出来るように、ホーリー・スピリットはあなたを真実に導いてくれるのである。



To the Holy Spirit, the world is a place where you learn to forgive yourself what you think of as your sins. 
  • place [pléis] : 「場所、個所、地域、土地、広場」
  • sin [sín] : 「罪、罪悪、ばかげたこと、過失、罪業」
❖ "To the Holy Spirit ~ "「ホーリー・スピリットにとって、世界は、あなたがあなたの罪だと思っているものを自ら赦すことを学ぶ場所なのだ」。罪という幻想を受け入れて赦し、罪を消滅させるのは、ホーリー・スピリット自身の仕事ではなく、あなたの役割である。その手助けをするのがホーリー・スピリット。



In this perception, the physical appearance of temptation becomes the spiritual recognition of salvation.
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、認知、知見、見識」
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • spiritual [spíritʃuəl] : 「精神の、霊的な、崇高な、精神的な」
  • recognition [rèkəɡníʃən] : 「認識、認証、真価を認めること」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い、救世」
❖ "In this perception ~ "「こういう見方をすれば、誘惑の肉体的な外観は、救いのスピリチュアルな認識となる」。あなたを幻想に留め置こうとする誘惑は、物質的な外観をとってあなたの関心を引きつけているのだが、ホーリー・スピリットの見方では、それを利用して幻想から目覚めるという救いの道具に見えるわけだ。これが、世界に対するスピリチュアルな認識である。いわば、毒をもって毒を制するのである。幻想を利用して幻想を消滅させるのだ。



3. To review our last few lessons, your function here is to be the light of the world, a function given you by God. 
  • review [rivjúː] : 「もう一度見る、見直す、洗い直す、振り返る」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、作用、働き、効用、職務、役割」
❖ "To review our ~ "「ここ数回の私たちのレッスンを振り返ると、ここでのあなたの役割は世界の光となることであり、それは、神によってあなたに与えられた役割である」。キリストとなって世界を救うことは、あなたに与えられた天命である。もちろん、それを受け入れるか拒絶するかは、あなたの自由選択にかかっている。どちらでもいい。拒絶したからといって、罰が科せられるわけではない。



It is only the arrogance of the ego that leads you to question this, and only the fear of the ego that induces you to regard yourself as unworthy of the task assigned to you by God Himself. 
  • arrogance [ǽrəɡəns] : 「尊大、横柄、傲慢」
  • lead [líːd] : 「案内する、先導する、率いる」
  • question [kwéstʃən] : 「質問する、〜を疑問に思う」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖、懸念、心配、不安」
  • induce [indjúːs] : 「〜を生じさせる、引き起こす、誘発する」
  • regard [riɡάːrd] : 「見なす、思う、考える」
  • unworthy [ʌnwə́ːrði] : 「値しない、価値のない、取るに足りない 」
  • task [tǽsk] : 「仕事、職務、役割、目的」
  • assign [əsáin] : 「〜を割り当てる、指定する、任命する、与える」
❖ "It is only ~ "「これに対して疑問を抱かせるようにあなたを導こうとするのは、エゴの傲慢さだけである」。エゴはあなたに対して、神を裏切った罪深い者が世界の光となって救うことなど出来るわけがない、と言う。"and only the fear ~ "「そして、あなたは神自身によってあなたに割り振られた仕事にふさわしくないと、あなたに思わせようとするは、エゴの恐れである」。エゴの傲慢さは、エゴの恐れから生じている。あなたが幻想から目覚めれば、エゴは消滅してしまうからだ。



The world's salvation awaits your forgiveness, because through it does the Son of God escape from all illusions, and thus from all temptation. The Son of God is you.
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い、救世」
  • await [əwéit] : 「〜を待つ、待ち受ける、待望する」
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し、容赦、寛容」
  • through [θrúː] : 「〜を通じて、〜の手を経て、手を通して」
  • escape [iskéip] : 「逃げる、ずらかる、脱出する、抜ける」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • thus [ðʌ́s] : 「それ故に、従って、このようにして」
  • temptation [temptéiʃən] : 「誘惑、衝動、誘惑物」
❖ "The world's ~ "「世界の救いは、あなたの赦しを待っている」。"because through ~ "「なぜなら、あなたの赦しを通して、神の子はあらゆる幻想から逃れることが出来、したがって、あらゆる誘惑から逃れることが出来るからだ」。"The Son of ~ "「神の子とは、あなたである」。あなたがキリストとなって同胞を幻想から救い、同時に、同胞もキリストとなってあなたを幻想から救う。あなたと同胞は神の子として一体なのだ。



4. Only by fulfilling the function given you by God will you be happy. 
  • fulfill [fulfíl] : 「(約束を)実行する、(使命を)果たす」
❖ "Only by fulfilling ~ "「神によってあなたに与えられた役割を果たすことによってのみ、あなたは幸せになれる」。神によって与えられた真実を実行する以外に、あなたが本当の幸せを得る道はないのだ。ACIMで言う『幸せ(happiness)』は、我々が日常使う意味合いとは少し異る。静けさの中で、愛と喜びに包まれた心の状態、ユーフォリア(euphoria)、絶対的な心の平和、等々といった意味合いである。



That is because your function is to be happy by using the means by which happiness becomes inevitable. There is no other way. 
  • means [míːnz] : 「手段、方法」
  • happiness [hǽpinis] : 「幸福、喜び、幸せ」
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • inevitable [inévətəbl] : 「防げない、避けられない、免れない」
❖ "That is because ~ "「それは、幸せが必ず訪れる方法を用いることで幸せになることが、あなたの役割だからだ」。幻想によって、あるいは誘惑によって、あなたは幸せを得ることは出来ない。真実を実行する以外に、幸せになる方法はない。"There is no ~ "「他の方法はない」。



Therefore, every time you choose whether or not to fulfill your function, you are really choosing whether or not to be happy.
  • therefore [ðέərfɔ̀ːr] : 「それ故に、そのために、従って、だから」
  • choose [tʃúːz] : 「 〜を選ぶ、〜を選択する」
  • whether [hwéðər] : 「〜かどうか、〜であろうとなかろうと」
  • really [ríəli] : 「実際には、ほんとうは、確かに、本当に」 
❖ "Therefore, every ~ "「したがって、あなたがあなたの役割を果たすか果たさないか選択するたびに、」"you are really ~ "「あなたは、実際に幸せになれるかどうかを選択しているのである」。



5. Let us remember this today. Let us remind ourselves of it in the morning and again at night, and all through the day as well. 
  • remember [rimémbər] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
  • remind [rimáind] : 「〜に思い出させる、〜に気付かせる」
  • as well : 「同じに、同様にうまく、おまけに、その上」
❖ "Let us remember ~ "「今日こそ、このことを思い出そう」。"Let us remind ~ "「朝に思い出し、夜にも再び思い出し、一日を通してずっと覚えておこう」。



Prepare yourself in advance for all the decisions you will make today by remembering they are all really very simple. 
  • prepare [pripέər] : 「〜を準備する、用意する、〜整備する」
  • in advance [ædvǽns] : 「前もって、あらかじめ、先立って」
  • decision [disíʒən] : 「決定、決断、決心」
  • really [ríəli] : 「実際には、ほんとうは、確かに、本当に」 
  • simple [símpl] : 「簡素な、簡略した、易しい、難しくない」
❖ "Prepare yourself ~ "「今日あなたが下すあらゆる決断に対して、そのすべてが実に簡単であると思い起こして、あなた自身の心の準備をしておくように」。光となって世界を救う役割を受け入れる心の準備をしておくように。真実はすべて単純なことであって、その実現も容易である。あなたの役割もまた真実であるから、容易なのだ。



Each one will lead to happiness or unhappiness. Can such a simple decision really be difficult to make? 
  • lead [líːd] : 「案内する、先導する、率いる」
  • unhappiness [ʌnhǽpinis] : 「不運、不幸、悲運、不遇、惨めさ」
  • difficult [dífikʌ̀lt] : 「困難な、厳しい」
❖ "Each one will ~ "「あなたの決断の一つ一つが幸せに導くか、不幸せに導くかのどちらかである」。あなたが真実を選択し、その実現を決断すれば、必ずあなたは幸せになれる。幻想を選択すれば、その逆である。"Can such a simple ~ "「そんな簡単な決断が、どうして現実的に難しいことがあろう」。あなたが悪夢を選択すれば、夜見る夢の中でモンスターと戦わなければいけない。そっちの方がよほど困難ではないか。悪夢を放棄し、目覚めを選択することの方が、ずっと簡単なのだ。



Let not the form of the decision deceive you. Complexity of form does not imply complexity of content. 
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、構造、現れ、姿、体つき」
  • deceive [disíːv] : 「欺く、惑わす、だます、裏切る」
  • complexity [kəmpléksəti] : 「複雑さ、複雑性、複雑度、複雑なもの」
  • imply [implái] : 「暗に伝える、暗示する、ほのめかす」
  • content [kɑ́ntent] : 「内容、中身、在中物」
❖ "Let not the form ~ "「決断の形に騙されないようにしよう」。"Complexity of form ~ "「形の複雑さが、内容の複雑さを示しているとは限らない」。あなたが世界を痛みと苦から救おうと決断したとき、いろいろな形でその決断の内容を選択し決定するだろうが、見た目が複雑だからと言って、その内容まで複雑だとは限らない。決断の具体的な表れは千差万別であっても、内容が真実であるなら、それはシンプルであるに違いない。



It is impossible that any decision on earth can have a content different from just this one simple choice. 
  • impossible [impάsəbl] : 「不可能な、とてもあり得ない、できない」
  • different [dífərənt] : 「相違する、違っている、異なる」
  • choice [tʃɔ́is] : 「選ぶこと、選択」
❖ "It is impossible ~ "「この地上におけるいかなる決断も、この一つの簡単な選択と異った内容を持つことが出来るなど、不可能である」。この地上におけるあなたの選択と決断が真実であるなら、その表面的な表れはどうであれ、決断の内容は、あなたが光となって世界を幻想から救うという内容と少しも変わらないはずだ。



That is the only choice the Holy Spirit sees. Therefore it is the only choice there is.
  • therefore [ðέərfɔ̀ːr] : 「それ故に、そのために、従って、だから」
❖ "That is the only ~ "「それこそ、ホーリー・スピリットが目に出来る唯一の選択である」。"Therefore it is ~ "「したがって、それこそが、存在し得る唯一の選択である」。ホーリー・スピリットは、あらゆる選択、あらゆる決断の表層的な形を通り越して、その内容の真実性を見極める。その、選択や決断の真実性とは、あなたが神の子であることに目覚め、神の子の役割を果たしていくという一点に集中している。それはホーリー・スピリットの目にする唯一の目的性でもある。



6. Today, then, let us practice with these thoughts:

        Let me not forget my function.
        Let me not try to substitute mine for God's. 
        Let me forgive and be happy.
  • practice [prǽktis] : 「〜を実行する、順守する、実践する、実施する」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考、思索、思想、見解」
  • substitute [sʌ́bstətjùːt] : 「〜を代わりにする、代用する、置き換える」
❖ "Today, then ~ "「そこで今日は、次の言葉から練習を始めよう」。"Let me not ~ "「私の役割を忘れないことにしよう」。"Let me not try ~ "意訳する、「神から与えられた役割を自分で勝手に作ったものと置き換えないようにしよう」。"Let me forgive ~ "意訳する、「赦しを実行し、幸せになろう」。神から与えられた役割、すなわち、赦しを実行して幻想から実相に目覚め、光となって世界を救うこと、それをあなたが勝手に作った幻想的な役割と入れ替えてはいけない。天命はあなたに下された。それを受け入れて、幸せになるべきなのだ。



At least once devote ten or fifteen minutes today to reflecting on this with closed eyes. 
  • at least : 「少なくとも、最少に見ても」
  • devote [divóut] : 「充てる、向ける、ささげる、専念させる」
  • reflect [riflékt] : 「〜を熟考する、思案する」
❖ "At least once ~ "「今日は少なくとも1回は、目を閉じて、このことに関して思いを馳せるために10分か15分の時間を割り当てなさい」。



Related thoughts will come to help you, if you remember the crucial importance of your function to you and to the world.
  • related [riléitid] : 「 関係のある、関連した」
  • crucial [krúːʃəl] : 「極めて重要な」
  • importance [impɔ́ːrtəns] : 「重要性、大切さ、重大さ」
❖ "Related thoughts ~ "「もしあなたが、あなたや世界に対するあなたの役割の重要性を思い出したなら、関連する思いがあなたを助けるために浮かんでくるだろう」。たとえば、赦しが大切だと覚えていれば、あなたは贖罪(atonement)という関連した思いを思い出すだろう。贖罪は、あなたの罪の意識を赦して、それを消滅させることだからだ。もちろん、他者の罪もあなたは赦すことになり、あなたは他者を罪の意識から救うのである。



7. In the frequent applications of today's idea throughout the day, devote several minutes to reviewing these thoughts, and then thinking about them and about nothing else. 
  • frequent [fríːkwənt] : 「たびたび起こる、よくある、常習的な」
  • application [æ̀pləkéiʃən] : 「適用、応用、活用、利用、充当」
  • throughout [θruːáut] : 「〜の間中、〜の初めから終わりまで」
  • devote [divóut] : 「充てる、向ける、ささげる、専念させる」
  • review [rivjúː] : 「もう一度見る、見直す、洗い直す、振り返る」
❖ "In the frequent ~ "「一日を通じて、今日のテーマを頻繁に適用する中で、これらの考えを振り返って見ることに数分を充てるようにしなさい」。"and then thinking ~ "「そして、その後は、それ以外のことは考えずに、それだけを考えるように」。



This will be difficult, at first particularly, since you are not proficient in the mind discipline that it requires. 
  • difficult [dífikʌ̀lt] : 「困難な、厳しい、苦しい、つらい」
  • at first : 「最初は、初めは」
  • particularly [pərtíkjulərli] : 「特別に、とりわけ、非常に」
  • since [síns] : 「〜なので、〜だから」
  • proficient [prəfíʃənt] : 「堪能な、上達した、熟練した、敏腕な」
  • discipline [dísəplin] : 「訓練、鍛錬、統制」
  • require [rikwáiər] : 「〜を必要とする、求める、〜に要求する」
❖ "This will be ~ "「これは、特に初めは、難しいだろう」。"since you are ~ "「なぜなら、それが求める心の訓練に、あなたは熟達していないからだ」。真実を実行することは容易なことではあるが、心を集中させる訓練は必要である。なぜなら、心は容易に誘惑に屈してしまいがちであり、心は訓練の継続や持続を嫌うからだ。これはエゴの策略であって、心の訓練はエゴとの戦いでもある。



You may need to repeat "Let me not forget my function" quite often to help you concentrate.
  • repeat [ripíːt] : 「〜を繰り返す、〜を繰り返して言う」
  • quite [kwáit] : 「かなり、なかなか、とても、非常に」
  • concentrate [kάnsəntrèit] : 「集中する」
❖ "You may need ~ "「あなたが集中するための助けとするために、極めて頻繁に『私の役割を忘れないようにしよう』と繰り返し述べることが必要だろう」。あなたの心のほとんどはエゴに支配されており、ホーリー・スピリットが制御している心の部分はとても小さい。実相的な心の部分と幻想的な心の部分がせめぎ合うわけだから、集中力を欠いてしまえば、すぐに幻想的な心の部分が実相的な想念をかき消してしまうだろう。それを回避するために、今日のテーマを頻繁に口にして、ホーリー・スピリットの心へ立ち返るのだ。



8. Two forms of shorter practice periods are required. At times, do the exercises with your eyes closed, trying to concentrate on the thoughts you are using. 
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、構造、現れ、姿、体つき」
  • at times : 「時々、折々、時たま、時には」
  • concentrate on : 「〜に集中する、〜に焦点を合わせる」
❖ "Two forms of ~ "「2つの形の短い練習が求められる」。"At times ~ "「時には、目を閉じて練習をし、あなたが利用している思いに集中するように努める」。



At other times, keep your eyes open after reviewing the thoughts, and then look slowly and unselectively around you, telling yourself:

        This is the world it is my function to save.
  • at other times : 「普段は、またある時には」
  • keep [kíːp] : 「保つ、〜の状態にしておく」
  • slowly [slóuli] : 「ゆっくり、のろのろと」
  • unselectively [ʌnsiléktivli] : 「無差別に、区別せず」
  • around [əráund] : 「〜の周りに、〜の周囲に」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、作用、働き、効用、職務、役割」
  • save [séiv] : 「救う、助ける」
❖ "At other times ~ "「また別の時には、思いを振り返った後に目を開けたままにし、ゆっくりと周りを区別することなく見渡し、次のようにあなたに自身に言う」。"This is the world ~ "「私の役割はこの世界を救うことだ」。
 
 
 




Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

Powered by Blogger.