●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



W-pI.41.1:1 ~ W-pI.41.10:1

Lesson 41 



God goes with me wherever I go.
  • wherever [hwεərévər] : 「どこへ〜しても、どこで〜であろうとも」
❖ "God goes with ~ "「私がどこへ行こうと、神は私とともに行く」。
"go"「行く」とあるが、「私がどこにいても、神は私とともにいる」というニュアンス。神の子は神の属性のすべてを神に投げ返して、神から分離し神を忘れたが、神は決して神の子を放棄していない。神の子がいつか神の元へ回帰出来るように、ホーリー・スピリットを神の子に遣わし、その帰還を静かに待っている。神は、あなたの心の中のホーリー・スピリットを介して、常にあなたとともにいるのだ。



1. Today's idea will eventually overcome completely the sense of loneliness and abandonment all the separated ones experience. 
  • eventually [ivéntʃuəli] : 「最終的には、結局は、ついに、いつかは」
  • overcome [òuvərkʌ́m] : 「克服する、乗り越える、打開する、打ち勝つ」
  • sense [séns] : 「感覚、知覚、感触、感じ」
  • loneliness [lóunlinəs] : 「孤独、孤独感、寂しさ、独りぼっち」
  • abandonment [əbǽndənmənt] : 「見捨てられること、放棄、自暴自棄」
  • separated [sépərèitid] : 「分離した、別々になって」
  • experience [ikspíəriəns] : 「〜を経験する、〜を体験する」
❖ "Today's idea will ~ "「今日のものの見方は結果的に、孤独感や分離した者が経験する見捨てられたような感覚のすべてを、完全に凌駕(りょうが)する」。あなたは自分が完全に孤立、独立し、肉体という壁をもって他者とも外部世界とも神とも断絶していると感じているが、それはあなたの誤った独断である。孤立の夢を見ているだけだ。実相的に、あなたの心は断絶、孤立など出来ない。神の愛を吹き込まれて創造された存在が、その神の愛を切り離すことは絶対出来ないからだ。神の愛とはあなたの命であり、永遠不変の命が絶えることは原理的に不可能だからだ。



Depression is an inevitable consequence of separation. So are anxiety, worry, a deep sense of helplessness, misery, suffering and intense fear of loss.
  • depression [dipréʃən] : 「落ち込み、意気消沈、絶望、鬱」
  • inevitable [inévətəbl] : 「防げない、避けられない、免れない、当然の」
  • consequence [kάnsəkwèns] : 「結果、結論、帰結、因果関係」
  • separation [sèpəréiʃən] : 「分離、区別、別居、別離、離脱」
  • anxiety [æŋzáiəti] : 「心配、不安、懸念」
  • worry [wə́ːri] : 「不安、心配、気掛かり、気苦労、懸念、憂慮」
  • deep [díːp] : 「深い、深さがある」
  • helplessness [hélplisnis] : 「どうすることもできないこと、無力」
  • misery [mízəri] : 「悲惨、不幸、苦痛、惨めさ、窮状、窮乏」
  • suffering [sʌ́fəriŋ] : 「苦しみ、苦痛、悩み」
  • intense [inténs] : 「強烈な、激しい、非常に強い」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖、懸念、心配、不安」
  • loss [lɔ́s] : 「失うこと、喪失、紛失」
❖ "Depression is an ~ "「気分の落ち込みは、避けることの出来ない分離の結果である」。神からの分離は、あなたに意気消沈をもたらす。"So are anxiety ~ "「心配もしかり、不安も、深い不幸感も、惨めさも、苦痛も、喪失への強烈な恐れも、避けることの出来ない分離の結果である」。分離とは真実からの乖離であって、真実を幻想の黒雲で覆い隠してしまうことだ。その黒雲が描く文様が、不安であり落ち込みであり、不幸感、惨めさ、苦痛、恐れ、等々の悪感情である。



2. The separated ones have invented many "cures" for what they believe to be "the ills of the world." 
  • invent [invént] : 「〜をでっち上げる、〜を発明する、考案する、創作する」
  • cure [kjúər] : 「治療、治療法、矯正、解決策」
  • believe [bilíːv] : 「信じる、確信する、信頼する」
  • ill [íl] : 「苦しみ、災難、不運、不幸、罪悪、悪、害悪」
❖ "The separated ones ~ "「分離した者は、彼らが『世界の病』であると信じていることに対する多くの『治療法』を発明した」。心の苦や痛みに対して、たとえば快楽の追求という治療法を生みだした。金を貯め、物に溢れ、地位を得、他者を支配し、快楽を自由に手に入れることが出来れば、苦も痛みも麻痺して忘れることが出来ると思い込む。つまり、幻想を幻想でうやむやにしようという治療法である。



But the one thing they do not do is to question the reality of the problem. Yet its effects cannot be cured because the problem is not real. 
  • question [kwéstʃən] : 「質問する、〜を疑問に思う」
  • reality [riǽləti] : 「現実性、実在性、現実のこと」
  • problem [prάbləm] : 「問題、課題、困難な状況」
  • effect [ifékt] : 「結果、影響、効果、効き目、効力」
  • cure [kjúər] : 「治す、治療する、癒す、矯正する」
  • real [ríəl] : 「実在する、現実の、実際の、本物の」
❖ "But the one thing ~ "「しかし、分離した者がやらないことの一つは、問題となっていることの実在性を問うことである」。問題となっていること自体が幻想なのかどうなのか、考えもしない。"Yet its effects ~ "「しかし、問題となっていることは実在しないので、問題となっていることが生み出した結果は治療されることはない」。心に抱く痛みや苦や孤独感は、神からの分離が生みだした幻想であるから、たとえお金を蓄えても、物に埋もれて暮らそうと、地位や名誉を得ても、他者を支配し隷属化しても、快楽に溺れても、問題は決して解決されるものではない。



The idea for today has the power to end all this foolishness forever. And foolishness it is, despite the serious and tragic forms it may take.
  • power [páuər] : 「力、能力、勢力、権限、権威」
  • end [énd] : 「終わらせる、やめる、締めくくる」
  • foolishness [fúːliʃnis] : 「愚かさ」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
  • despite [dispáit] : 「〜にもかかわらず、〜をよそに」
  • serious [síəriəs] : 「重大な、重篤な、真面目な、厳粛な」
  • tragic [trǽdʒik] : 「痛ましい、悲惨な、悲劇的な」
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、構造」
❖ "The idea for today ~ "「今日のものの見方は、こういったすべての愚かさに永遠に終止符を打つパワーをもっている」。幻想的問題を幻想的手段で解決しようとする愚かさは、元を正せば神からの分離による偽創造から始まる。だから、神がいつでも共にいる、という今日のテーマは、その分離を解消するパワーがあるのだ。"And foolishness it ~ "「そして、問題がどんなにシリアスな形をとろうと悲劇的な形をとろうと、それは愚かなことなのである」。幻想は、どんな形をとろうと、愚かなことである。



3. Deep within you is everything that is perfect, ready to radiate through you and out into the world. 
  • deep [díːp] : 「深い、深さがある」
  • within [wiðín] : 「〜の中の、〜の内側の」
  • perfect [pə́ːrfikt] : 「申し分がない、完全な、完璧な」
  • ready [rédi] : 「覚悟ができた、用意ができて」
  • radiate [réidièit] : 「放射する、発する、明るくする、輝かせる」
  • through [θrúː] : 「〜を通じて、〜の手を経て、手を通して」
❖ "Deep within you ~ "「あなたの心の中の深い場所に、完璧なるすべてのものが存在し、あなたを通して世界へと光を放つ準備が整っている」。あなたの心の中の最も純粋で神聖な部分にホーリー・スピリットが宿り、そこに神へ通じる祭壇が祭られている。そこがあなたの実相であり、真実の光が湧き上がる場所である。光はあなたの心の中に留(とど)まってあなたを癒し、さらに、あなたの心から出て世界を照らし、世界を癒すことになる。あなたはキリストとなって同胞を救う役割を担うのだ。



It will cure all sorrow and pain and fear and loss because it will heal the mind that thought these things were real, and suffered out of its allegiance to them.
  • sorrow [sάrou] : 「悲しみ、悲哀」
  • pain [péin] : 「痛み、痛覚、苦痛」
  • heal [híːl] : 「癒やす、救う、治す、治癒する、治療する」
  • thought [θɔ́ːt] : 「thinkの過去・過去分詞形」
  • real [ríəl] : 「実在する、現実の、実際の、本物の」
  • suffer [sʌ́fər] : 「苦しむ、苦痛を感じる、不快な経験をする」
  • allegiance [əlíːdʒəns] : 「忠誠、義務、誠心、誠実」
❖ "It will cure all sorrow ~ "「完璧なるものは、あらゆる悲しみ、痛み、恐れ、そして喪失感を癒してくれるだろう」。完璧なるものとは、光であり、ホーリー・スピリットとであり、あなた自身の真実である。"because it will heal ~ "「なぜなら、これらのものが実在だと信じ、それらに対する忠誠心のためにともがき苦しんできた心をヒーリングしてくれるからである」。エゴに支配された心の部分は、悲しみ、痛み、恐れ、喪失感を実在だと信じ、それを唆(そそのか)したエゴに忠誠心を尽くして苦しんできたが、完璧なる真実の光は、それが幻想に過ぎないと教えてくれて、あなたの心を癒してくれるのだ。



4. You can never be deprived of your perfect holiness because its Source goes with you wherever you go. 
  • deprive [dipráiv] : 「奪う、取り上げる、剥奪する」
  • holiness [hóulinis] : 「神聖、神聖さ、高潔」
  • source [sɔ́ːrs] : 「もと、源、起源」
  • wherever [hwεərévər] : 「どこへ〜しても、どこで〜であろうとも」
❖ "You can never be ~ "「あなたの神聖さの源である神が、あなたがどこへ行こうとも、ともにいるのだから、あなたは、あなたの完璧な神聖さを奪われるとは不可能である」。へたな解説は加えまい。



You can never suffer because the Source of all joy goes with you wherever you go. 
  • joy [dʒɔ́i] : 「喜び、歓喜」
❖ "You can never suffer ~ "「あらゆる喜びの源である神が、あなたがどこへ行こうとも、ともにいるのだから、あなたは心に苦痛を感じることは不可能である」。



You can never be alone because the Source of all life goes with you wherever you go. 
  • alone [əlóun] : 「独りで、孤立して、独力で、単独で」
  • life [láif] : 「命、生命、一生、生涯」
❖ "You can never be ~ "「あらゆる命の源である神が、あなたがどこへ行こうとも、ともにいるのだから、あなたは孤独になることは不可能である」。



Nothing can destroy your peace of mind because God goes with you wherever you go.
  • destroy [distrɔ́i] : 「〜を破壊する、ぶち壊す、破損する」
  • peace [píːs] : 「平和、和平、安らぎ、平安、静けさ、静謐」
❖ "Nothing can destroy ~ "「神は、あなたがどこへ行こうとも、ともにいるのだから、何一つ、あなたの心の平和を破壊することは不可能である」。



5. We understand that you do not believe all this. How could you, when the truth is hidden deep within, under a heavy cloud of insane thoughts, dense and obscuring, yet representing all you see? 
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、分かる、把握する」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • hidden [hídn] : 「hide の過去分詞形、隠された、秘密の」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する、秘密にする」
  • within [wiðín] : 「内部で、内側は、内心は、精神的に」
  • under [ʌ́ndər] : 「下に、下の方に」
  • heavy [hévi] : 「重い、ずっしりした、厚い、厚手の」
  • cloud [kláud] : 「雲」
  • insane [inséin] : 「ばかげた、愚かな、常軌を逸した、正気とは思えない」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考、思索、思想、見解」
  • dense [déns] : 「濃密な、密度の高い、濃い、深い、濃厚な」
  • obscure [əbskjúər] : 「〜を曖昧にする、見えなくする」
  • represent [rèprizént] : 「〜を表す、描く、描写する、意味する」
❖ "We understand that ~ "「私たちは、あなたがこのすべてを信じてはいないと理解している」。"How could you ~ "「真実が心の奥深くに隠され、狂った思いの雲の下に隠されて、その雲は厚く曖昧であるにも関わらず、あなたが目にするすべてを表しているというのに、あなたはどうして、このすべてを信じられるだろうか」。もちろん、雲とは幻想のこと。狂った思いとは、あらゆる悲しみ、痛み、恐れ、そして喪失感、等々。本文は、簡単に言えば、エゴに支配されたあなたは、まだ、ホーリー・スピリットの真実が信じられない、ということ。



Today we will make our first real attempt to get past this dark and heavy cloud, and to go through it to the light beyond.
  • real [ríəl] : 「実在する、現実の、実際の、本物の」
  • attempt [ətémpt] : 「〜を試してみる、〜を企てる」
  • get past : 「〜のそばを通る、〜を通り抜ける、克服する」
  • dark [dάːrk] : 「暗い、闇の、暗黒の」
  • go through : 「通り抜ける、通過する、体験する、味わう」
  • light [láit] : 「光、光源、ライト、明かり」
  • beyond [bijάnd] : 「〜の向こうに、〜を越えて、〜を過ぎて、〜のかなたに」
❖ "Today we will make our ~ "「今日私たちは、この暗くて重い雲を突っ切って、それを越えた所にある光へと達する、初めての現実的な試みを行うことになる」。いよいよ、あなたの心の中の最も純粋で神聖な部分に突き進むのだ。ホーリー・スピリットの宿る神の祭壇こそが、光である。



6. There will be only one long practice period today. In the morning, as soon as you get up if possible, sit quietly for some three to five minutes, with your eyes closed. 
  • long [lɔ́ːŋ] : 「長い、長くかかる」
  • practice [prǽktis] : 「練習、訓練、演習、実践、実行、履行」
  • period [píəriəd] : 「期間、時期、時間」
  • morning [mɔ́ːrniŋ] : 「朝、午前、夜明け」
  • as soon as : 「〜するとすぐに、〜するや否や」
  • get up : 「起き上がる、立ち上がる、起床する」
  • if possible : 「可能なら、できたら」
  • sit [sít] : 「座る、腰掛ける、着席する」
  • quietly [kwáiətli] : 「静かに、黙って、平穏に」
  • closed [klóuzd] : 「閉ざされた、閉じた」
❖ "There will be only ~ "「今日は、長い練習が一回だけある」。"In the morning ~ "「朝、出来るなら起きてすぐ、3〜5分間、目を閉じて静かに座る」。



At the beginning of the practice period, repeat today's idea very slowly. Then make no effort to think of anything. 
  • at the beginning : 「手始めに、初めに、まず最初は、最初に、当初は」
  • repeat [ripíːt] : 「〜を繰り返す、〜を繰り返して言う」
  • slowly [slóuli] : 「ゆっくり、のろのろと」
  • effort [éfərt] : 「努力、尽力、骨折り」
  • think [θíŋk] : 「〜を考える、〜を思う」
❖ "At the beginning of ~ "「練習を始めたら、今日のテーマをゆっくり繰り返し述べる」。"Then make no ~ "「その後、何かを考えようと努力してはいけない」。



Try, instead, to get a sense of turning inward, past all the idle thoughts of the world. 
  • try [trái] : 「試す、やってみる、試みる、企てる」
  • instead [instéd] : 「代わりに、それよりむしろ、そうしないで」
  • sense [séns] : 「感覚、知覚、感触、感じ」
  • inward [ínwərd] : 「内側に向けて、中心へ」
  • turn inward : 「内部に向かう」
  • past [pǽst] : 「〜のそばを過ぎて、〜を過ぎ去って」
  • idle [áidl] : 「動いていない、無意味な、無駄な」
❖ "Try, instead, to get ~ "「その代わり、感覚を内側に向けるよう努める」。"past all the idle ~ "「世界の無意味な思いをすべて無視する」。たとえば、何を食べようかとか、何を着ようか、などと、無駄な思いを通り越す。ここでやっていることは、典型的な東洋的瞑想である。
ACIMのTextにおいては、殊更に瞑想を推奨することはない。もちろん、否定することもない。ただ、瞑想だけに固執することは、覚醒への遠回りな道だということを言いたいのだろう。ACIMは、覚醒への最速最短な方法である。



Try to enter very deeply into your own mind, keeping it clear of any thoughts that might divert your attention.
  • enter [énter] : 「〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
  • deeply [díːpli] : 「奥深く、内奥に、徹底的に、完全に」
  • keep [kíːp] : 「保つ、〜の状態にしておく」
  • clear [klíər] : 「澄んだ、きれいな、汚れていない、明快な」
  • divert [divə́ːrt] : 「〜をそらす、転換する」
  • attention [əténʃən] : 「注意、留意、注目」
❖ "Try to enter very ~ "「あなたに自身の心の奥深くへ入って行くように努める」。"keeping it clear ~ "意訳する、「あなたの注意を逸らすかもしれない思いを排除して心をクリーンな状態に保つ」。



7. From time to time, you may repeat the idea if you find it helpful. But most of all, try to sink down and inward, away from the world and all the foolish thoughts of the world. 
  • from time to time : 「時々、折りに触れて」
  • repeat [ripíːt] : 「〜を繰り返す、〜を繰り返して言う」
  • find [fáind] : 「発見する、見いだす、気付く、理解する」
  • helpful [hélpfəl] : 「役立つ、助けになる、有益な、参考になる」
  • most of all : 「何より、とりわけ、なかんずく」
  • try [trái] : 「試す、やってみる、試みる、企てる」
  • sink [síŋk] : 「沈む、徐々に下がる、落ち込む、沈没する」
  • inward [ínwərd] : 「内側に向けて、中心へ」
  • away from : 「〜から離れて」
  • foolish [fúːliʃ] : 「愚かな、分別のない、ばつが悪い、恥ずかしい」
❖ "From time to time ~ "「時おり、役に立つと思ったら今日のテーマを繰り返し述べてもよい」。"But most of all ~ "「しかし何より、心の内側、奥深くに潜行し、世界と世界の愚かな思いから遠ざかるように努める」。瞑想の鉄則である。



You are trying to reach past all these things. You are trying to leave appearances and approach reality.
  • reach [ríːtʃ] : 「達する、至る、手が届く、〜に連絡する」
  • past [pǽst] : 「〜のそばを過ぎて、〜を過ぎ去って」
  • leave [líːv] : 「〜を残す、〜を任せておく、ある状態のままにしておく」
  • appearance [əpíərəns] : 「外観、外見、見掛け、容姿」
  • approach [əpróutʃ] : 「〜に近づく、〜に接近する」
  • reality [riǽləti] : 「現実性、実在性、現実のこと」
❖ "You are trying ~ "「これらのすべてを通り越して、あなたは心の奥へ達するように努めているのである」。"You are trying ~ "「見掛けを置き去りにして、実在に近づくように努めているのだ」。心の奥深くに潜行することで、幻想から脱して実相に近づいて行く。心の奥底には純粋で神聖な部分があり、そこにホーリー・スピリットが宿っている。また、そこには神の祭壇があり、ここが神とのチャンネルになっている。



8. It is quite possible to reach God. In fact it is very easy, because it is the most natural thing in the world. 
  • quite [kwáit] : 「かなり、なかなか、とても、非常に」
  • possible [pάsəbl] : 「可能性がある、あり得る、なし得る、実行できる」
  • in fact : 「実は、実のところ」
  • easy [íːzi] : 「たやすい、容易な、困難がない」
  • natural [nǽtʃərəl] : 「普通の、ありのままの、自然な」
❖ "It is quite possible ~ "「神に到達することは、極めて可能である」。"In fact it is ~ "「事実、とても簡単である」。"because it is ~ "「なぜなら、それは、世界で一番自然なことだからだ」。幻想のエゴがあなたの心を支配し、神の祭壇を祭る寺院が荒廃していることの方が、よほど不自然である。実在する神の祭壇に到達することは可能であるばかりか、実に簡単で自然なことなのだ。



You might even say it is the only natural thing in the world. The way will open, if you believe that it is possible. 
  • believe [bilíːv] : 「信じる、確信する、信頼する」
❖ "You might even say ~ "「神に到達することは、世界で唯一自然なことだとさえ言っても差し支えない」。"The way will ~ "「もしあなたが、それは可能なのだと信じれば、道は開かれるだろう」。あなたに信じる気持ちがあれば、心の中の幻想の黒雲は晴れて、そこに、神の祭壇へ繋がる道が現れてくる。『叩けよさらば開かれん(Knock, and it shall be opened to you : Matthew 7:7)』とは、そういうことだ。



This exercise can bring very startling results even the first time it is attempted, and sooner or later it is always successful. 
  • exercise [éksərsàiz] : 「練習、訓練、課題、学課」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜をもたらす」
  • startling [stάːrtliŋ] : 「驚くべき、衝撃的な」
  • result [rizʌ́lt] : 「結果、結末、成り行き、効果、成果、成績」
  • attempt [ətémpt] : 「〜を試してみる、〜を企てる」
  • sooner or later : 「いつかは、遅かれ早かれ」
  • always [ɔ́ːlweiz] : 「いつも、以前からずっと、常にいつでも」
  • successful [səksésfəl] : 「達成できた、思い通りになった、成功した」
❖ "This exercise can ~ "「このエクササイズは、それを初めて試みた時でさえ、非常に驚くほどの結果をもたらしてくれる」。最初から必ずとは言えないかもしれないが、"and sooner or later ~ "「遅かれ早かれ、必ず成功する」。このように確信的に言われると、希望が湧いてくる。勇気が湧いてくる。



We will go into more detail about this kind of practice as we go along. But it will never fail completely, and instant success is possible.
  • detail [ditéil, díːteil] : 「詳細、細部、細目」
  • kind [káind] : 「種類」
  • go along : 「進行する」
  • fail [féil] : 「失敗する、しくじる」
  • completely [kəmplíːtli] : 「完全に、十分に、全面的に、全く」
  • instant [ínstənt] : 「すぐの、即時の」
  • success [səksés] : 「成功、上首尾、上出来、幸運」
❖ "We will go into ~ "「レッスンを進めるにしたがい、私たちは、この種の練習に関するさらなる詳細に突き進むことになる」。"But it will never ~ "「しかし、完全に失敗してしまうなどということは決してないし、すぐにでも成功を手にすることも可能である」。これまた、頼もしい助言ではある。



9. Throughout the day use today's idea often, repeating it very slowly, preferably with eyes closed. Think of what you are saying; what the words mean. 
  • throughout [θruːáut] : 「〜の間中、〜の初めから終わりまで」
  • often [ɔ́fən] : 「しばしば、たびたび、ちょくちょく」
  • slowly [slóuli] : 「ゆっくり、のろのろと」
  • preferably [préfərəbli] : 「好んで、望ましくは、できれば、なるべく」
  • closed [klóuzd] : 「閉ざされた、閉じた」
  • think [θíŋk] : 「〜を考える、〜を思う」
  • mean [míːn] : 「〜を意味する、…とは〜を指す」
❖ "Throughout the day ~ "「一日を通して、ちょくちょく、今日のテーマを用いなさい」。"repeating it ~ "「お好みによって目を閉じ、極めてゆっくりと繰り返すこと」。"Think of what ~ "「あなたが何を言っているのか、その言葉は何を意味しているのか、よく考えなさい」。



Concentrate on the holiness that they imply about you; on the unfailing companionship that is yours; on the complete protection that surrounds you.
  • concentrate on : 「〜に集中する、〜に注意を向ける、〜に焦点を合わせる」
  • holiness [hóulinis] : 「神聖、神聖さ、高潔」
  • imply [implái] : 「暗に伝える、暗示する、ほのめかす 」
  • unfailing [ʌnféiliŋ] : 「信頼できる、失敗しない、確かな、常に変わらない」
  • companionship [kəmpǽnjənʃìp] : 「交際、交友、親交、交わり」
  • yours [júərz] : 「あなたのもの」
  • complete [kəmplíːt] : 「全部そろった、完全な、全部の」
  • protection [prətékʃən] : 「保護、擁護、防御」
  • surround [səráund] : 「包囲する、囲む、取り囲む」
❖ "Concentrate on the ~ "「その言葉があなたについて示している神聖さに、心を集中させなさい」。神があなたとともにいるということは、あなたが神聖だからだ。その事実に心を集中させなさい。"on the unfailing ~ "「あなたのものである、信頼に足る結びつきについて集中しなさい」。神との結びつきは信頼に足るのであって、その結びつきはあなたのものである。"on the complete ~ "「あなたを包み込んでいる完全な守りについて集中しなさい」。神があなたを完璧に守っているのだという思いに集中しなさい。



10. You can indeed afford to laugh at fear thoughts, remembering that God goes with you wherever you go.
  • indeed [indíːd] : 「実に、本当に、確かに、いかにも、実際には」
  • afford [əfɔ́ːrd] : 「〜をすることができる、〜をする余裕がある」
  • laugh [lǽf] : 「笑うこと、笑い声」
  • laugh at : 「〜を笑う」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖、懸念、心配、不安」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考、思索、思想、見解」
  • remember [rimémbər] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
❖ "You can indeed ~ "「あなたは本当に、恐ろしい思いを笑い飛ばすことが出来るのである」。"remembering that ~ "「なぜなら、あなたがどこへ行こうと、神はあなたとともに行くからである」。神とともにあって真実を知れば、幻想など笑い草に過ぎない。心配も、不安も、深い不幸感も、惨めさも、苦痛も、喪失への強烈な恐れも、あなたはすべてを笑い飛ばしてしまうのだ。
 
 
 


Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

Powered by Blogger.