●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



W-pI.32.1:1 ~ W-pI.32.6:3

Lesson 32



I have invented the world I see.
  • invent [invént] : 「〜をでっち上げる、〜を発明する、考案する、創作する」
❖ "I have invented ~ "「私は、私が目にする世界をでっち上げた」。この世界は、あなたの心が想念を外部に投影して作り出した幻想の世界である。空(くう)なるキャンバスに、思いをイメージとして描き出した幻想世界である。神の子が神から分離した後、神の創造をまねて、分離を象徴する世界を偽創造したのである。圧倒的なリアルさをもっていはいるが、実在はしない。



1. Today we are continuing to develop the theme of cause and effect. 
  • continue [kəntínjuː] : 「〜を続ける、継続する」
  • develop [divéləp] : 「発達させる、発展させる、進展させる」
  • theme [θíːm] : 「話題、論題、テーマ、主題」
  • cause [kɔ́ːz] and effect [ifékt] : 「因果、原因と結果」
❖ "Today we are ~ "「今日は、私たちは、原因と結果についてのテーマを発展させ続けることになる」。世界が原因となってあなたが結果として存在しているのではない。あなたの心が原因で、投射によって、結果、世界が作られているのだ。したがって、この世界を変えることも消滅させることも、原因であるあなたの心を変えればいい。原因が変われば、自然に、結果も変化する。因果律である。



You are not the victim of the world you see because you invented it. You can give it up as easily as you made it up. 
  • victim [víktim] : 「被害者、犠牲者」
  • give up :  「あきらめる、断念する、降伏する」
  • easily [íːzili] : 「気楽に、安易に、簡単に、楽に」
  • make up : 「作り出す、捏造する、でっちあげる」
❖ "You are not the victim ~ "「あなたが世界をでっち上げたのだから、あなたは目にする世界の犠牲者ではない」。"You can give it up ~ "「あなたが世界を安々と作ったように、あなたはこの世界を簡単に放棄出来るのだ」。空(くう)なるキャンバスにイメージを描き出して安々と作り上げた世界であるから、絵の具を拭きとってしまうか、あるいは絵を描くこと自体を止めてしまえばいいのだ。



You will see it or not see it, as you wish. While you want it you will see it; when you no longer want it, it will not be there for you to see.
  • wish [wíʃ] : 「望む、願う」
  • while [hwáil] : 「〜の間ずっと、〜する間に、その間に」
  • no longer : 「もはや〜でない」
❖ "You will see it ~ "「あなたの望むままに、あなたは世界を見ることも、あるいは見ないことも出来る」。夢を見続けることも、夢から覚めてしまうことも、あなたの望みで通りであり、あなたの自由選択に任されている。"While you want it ~ "「あなたが、この世界があって欲しいと望む間は、あなたは世界を見る」。"when you no longer ~ "「あなたが、この世界はもう必要ないと思ったなら、あなたが目にすべき世界は、もうそこにはない」。



2. The idea for today, like the preceding ones, applies to your inner and outer worlds, which are actually the same. 
  • preceding [prisíːdiŋ] : 「〜に先行する、先立つ」
  • apply [əplái] : 「適用する、応用する、利用する、当てはめる」
  • inner [ínər] : 「 内部の、内面的な、精神的な」
  • outer [áutər] : 「外側の、外面の」
  • actually [ǽktʃuəli] : 「実際は、本当は、実は、実のところ」
  • same [séim] : 「同じ、同一の、変わらない」
❖ "The idea for today ~ "「今日のものの見方は、以前のものと同様に、あなたの内部世界と外部世界に適用出来る」。"which are actually ~ "「もっとも、内部世界も外部世界も実際は同じなのだが」。どちらも、あなたの心が作り出した幻想である。外部世界はこの幻想世界であり、内部世界はエゴが作り上げた世界である。心の内外の幻想世界に対して、あなたはその制作者であり、犠牲者ではないと宣言するのである。



However, since you see them as different, the practice periods for today will again include two phases, one involving the world you see outside you, and the other the world you see in your mind. 
  • however [hauévər] : 「けれども、しかしながら、また一方」
  • since [síns] : 「〜なので、〜だから」
  • different [dífərənt] : 「相違する、違っている、異なる」
  • practice [prǽktis] : 「練習、訓練、演習、実践、実行、履行」
  • period [píəriəd] : 「期間、時期、時間」
  • again [əɡéin] : 「再び、かさねて、この場合もやはり」
  • include [inklúːd] : 「含める、含有する、包含する」 
  • phase [féiz] : 「局面、段階、面、相 」
  • involve [invɑ́lv] : 「〜を含む、伴う、巻き込む、関与させる」
  • outside [áutsáid] : 「〜の外に、〜の外部に」
❖ "However, since you ~ "「しかし、あなたが内部世界と外部世界を異っていると見ているので、」"the practice periods ~ "「今日の練習は、再び二つの面を含むことになる」。"one involving ~ "「一つは、あなたが外に見る世界に関してであり、他方は、あなたの心の中に見る世界である」。



In today's exercises, try to introduce the thought that both are in your own imagination.
  • exercise [éksərsàiz] : 「練習、訓練、課題、学課」
  • try [trái] : 「試す、やってみる、試みる、企てる」
  • introduce [ìntrədjúːs] : 「取り入れる、取り込む、導入する、招く、紹介する」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思い、考え、思考、思索、思想、見解」
  • both [bóuθ] : 「両方、双方、両者」
  • imagination [imæ̀dʒənéiʃən] : 「想像、想像の産物、心象、空想」
❖ "In today's exercises ~ "「今日の練習の中で、内部世界も外部世界も両方ともに、あなた自身の想像の中にあるという考えを導入するように努めなさい」。内部世界も外部世界も、あなたのイマジネーションが描き出した幻想に過ぎない。想像の産物なのだ。実在する、本当の世界は実相世界のみである。



3. Again we will begin the practice periods for the morning and evening by repeating the idea for today two or three times while looking around at the world you see as outside yourself. 
  • begin [biɡín] : 「〜を始める、〜に取り掛かる、着手する」
  • morning [mɔ́ːrniŋ] : 「朝、午前、夜明け」
  • evening [íːvniŋ] : 「晩」
  • repeat [ripíːt] : 「〜を繰り返す、〜を繰り返して言う」
  • look around : 「周りを見回す、見て回る、状況を考える」
❖ "Again we will ~ "「今日もまた、あなた自身の外部世界としてあなたが目にする世界を見渡しながら、朝と夕の練習を、今日のテーマを2〜3回繰り返し述べることから始める」。



Then close your eyes and look around your inner world. Try to treat them both as equally as possible. 
  • close [klóuz] : 「閉じる、閉める」
  • treat [tríːt] : 「扱う、取り扱う、処理する、待遇する、受け止める」
  • both [bóuθ] : 「両方ともに、双方ともに」
  • equally [íːkwəli] : 「同じように、同様に」
  • as A as possible : 「できるだけAの」
❖ "Then close your eyes ~ "「その後、目を閉じ、あなたの内部世界を見渡す」。"Try to treat them ~ "「出来るだけ、両方の世界を平等に扱うよう務めなさい」。



Repeat the idea for today unhurriedly as often as you wish, as you watch the images your imagination presents to your awareness.
  • unhurriedly [ʌnhə́ːridli] : 「急がずに、ゆっくりと」
  • often [ɔ́fən] : 「しばしば、たびたび、ちょくちょく」
  • wish [wíʃ] : 「望む、願う」
  • watch [wάtʃ] : 「じっと見る、観察する」
  • image [ímidʒ] : 「イメージ、画像、像、映像、心象、象徴」
  • imagination [imæ̀dʒənéiʃən] : 「想像、想像の産物、心象、空想」
  • present [préznt] : 「渡す、提示する、伝える、述べる」
  • awareness [əwéərnəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性 」
❖ "Repeat the idea for ~ "「あなたの想像力があなたの意識に提供するイメージを見つめながら、好きなだけ頻繁に、急がずに今日のものの見方を繰り返し述べる」。たとえば、内部世界を見渡しながら、誰かを嫌悪している自分がイメージされたら、自分の嫌悪感や憎悪の感情は、あなたが作り出した幻想であると宣言すればいいのだ。あなたは、嫌悪感や憎悪感の犠牲者ではない。



4. For the two longer practice periods three to five minutes are recommended, with not less than three required. 
  • long [lɔ́ːŋ] : 「長い、長くかかる」
  • minute [mínit] : 「分、わずかな時間、寸刻」
  • recommend [rèkəménd] : 「〜を推奨する、〜を推薦する、〜を薦める」
  • less than : 「〜未満の、〜に満たない」
  • require [rikwáiər] : 「〜を必要とする、求める、〜に要求する」
❖ "For the two longer ~ "「(朝と夕の)二回の長めの練習には、3〜5分を割り当てることが推奨される」。"with not less ~ "「3分より少ない練習時間は求められていない」。



More than five can be utilized, if you find the exercise restful. 
  • more than : 「〜を超える、〜より多い、〜を上回る」
  • utilize [júːtəlàiz] : 「利用する、活用する、役立たせる」
  • find [fáind] : 「気付く、理解する、発見する、見いだす」
  • restful [réstfəl] : 「静穏な、リラックスした、落ち着いた」
❖ "More than five ~ "「もし練習がリラックス出来るものとわかったら、5分以上の練習も効果がある」。



To facilitate this, select a time when few distractions are anticipated, and when you yourself feel reasonably ready.
  • facilitate [fəsílətèit] : 「楽にする、手助けする、促進する」
  • select [səlékt] : 「〜を選択する、〜を選ぶ」
  • few [fjúː] : 「少ない、わずかの、少数の」
  • distraction [distrǽkʃən] : 「気を散らすこと、注意をそらすもの」
  • anticipate [æntísəpèit] : 「〜を予測する、〜を見込む、〜を期待する」
  • feel [fíːl] : 「感じがする、感じる」
  • reasonably [ríːzənəbli] : 「合理的に、道理にかなって、無理なく」
  • ready [rédi] : 「覚悟ができた、用意ができて」
❖ "To facilitate this ~ "「これを助長するために、気が散らないと予想出来る時間や、無理なく心の準備が出来ていると感じられる時間を選ぶこと」。だから、朝や夕方などの、くつろげる時間を練習時間に割り当てればよい。



5. These exercises are also to be continued during the day, as often as possible. 
  • also [ɔ́ːlsou] : 「〜もまた、同様に、また」
  • continue [kəntínjuː] : 「〜を続ける、継続する」
  • during [djúəriŋ] : 「〜の間ずっと、〜の期間に、〜の間に」
  • often [ɔ́fən] : 「しばしば、たびたび、ちょくちょく」
  • as A as possible : 「できるだけAの」
❖ "These exercises are ~ "「これらの練習は、出来るだけ頻繁に、一日を通して続けることもよい」。リラックス出来るなら、朝夕に限らず、一日を通して頻繁に練習してもいい。



The shorter applications consist of repeating the idea slowly, as you survey either your inner or outer world. It does not matter which you choose.
  • short [ʃɔ́ːrt] : 「短い、短期間の」
  • application [æ̀pləkéiʃən] : 「適用、応用、活用、利用、妥当性、有用性」
  • consist [kənsíst] of : 「〜から成る、〜で構成される」
  • slowly [slóuli] : 「ゆっくり、のろのろと」
  • survey [sərvéi] : 「見渡す、見晴らす、調査する、検査する」
  • either [íːðər] : 「どちらの〜でも、どちらの〜も」
  • matter [mǽtər] : 「重要である、問題である、大きな違いがある」
  • choose [tʃúːz] : 「 〜を選ぶ、〜を選択する」
❖ "The shorter applications ~ "「短めの練習を適用するときは、内部世界か外部世界のどちらか一つだけを探査しながら、ゆっくりと今日のものの見方を繰り返し述べること」。



6. The idea for today should also be applied immediately to any situation that may distress you. 
  • immediately [imíːdiətli] : 「すぐに、直ちに、早急に、即座に」
  • situation [sìtʃuéiʃən] : 「状況、場所、状態、立場、事情」
  • distress [distrés] : 「〜を苦しめる、悩ます、疲れさせる」
❖ "The idea for today ~ "「今日のものの見方は、あなたを悩ます状況が生じたらすぐに適用してみるべきである」。心の探査を行わなくても、悩みが生じたら、今日のテーマを当てはめてみる。



Apply the idea by telling yourself:

        I have invented this situation as I see it.
  • apply [əplái] : 「当てはまる、妥当する、適用される、適合する」
  • tell [tél] : 「〜に話す、言う、告げる、教える、伝える」
❖ そのときは、"Apply the idea by ~ "「あなた自身に次のように言って、ものの見方を適用する」。"I have invented ~ "「わたしは、この状況を、私が目にするままに、でっち上げたのだ」。悩みを生じさせた状況は、あなたが幻想としてでっち上げたものなのだ。実相的に実在するものではない。










Notification

My photo


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp

Powered by Blogger.